NiKKA本舗のMaschine × Logic

2014/8以前の音声はサーバー用Blog死亡の為現在聴けなくなってます。ウボァ。復旧見込みは無さそうかな…

機材棚、キーボードスタンドの自作 その2

お久しぶりです。前回に続いて機材棚自作の話です( ̄∇ ̄)v

前回機材棚作りましたと書いたのですが、天井つっぱり式でずっと使ってると天井にダメージが行きそうな事、地震があった時に崩れる危険がありそうな事などなどの理由から安定した自立式の物を新たに作ってみました。

↓ででん 自立型スタンド 費用大体15000円位 全部1から揃えたら20000円くらい?ホームセンターが近くにあればもっと安く済むかも
008


どうでしょうか?これは使い勝手良いなぁと我ながら思います!
そもそもなんで自作したのかというと、既成品で丁度いいサイズかつ欲しい仕様の物が無かったからです( -д-)ノ
【希望仕様】
・スペース的に奥行50cmが限界、40cmが理想
・大きすぎても持て余すし49鍵以上の鍵盤は使わないので幅90cm~100cmが理想
・手が届きやすく視認性の良い傾斜棚も欲しい(既成品はこれがなかなか無い(;´∀`))
・頻繁に入れ替えするのでレイアウトの変更が容易
・4段以上欲しい
・揺れずに安定してる

これら全部を満たすドイツ産のJasper Standsもあるのですが、幅はオーダーして加工してもらわないといけず価格も5万前後するので諦めました( -д-)ノ


↓前回Ver(天井つっぱり式)
7c4f961d


031

↑これも悪くなかったんですけどいつ崩れてもおかしくないのは精神的に怖かった…笑 結局崩れなかったですけど


今回新たに作ったタイプの物は主に2×4材、ポリランバー板、L字金具と100均のネジだけで出来てます。あとチャンネルサポートの金具類。全部ネットで揃えました笑
材料さえ揃えば半日もかからずしかも安価に作れてしまうので、もし同じく丁度いい機材棚が無くて困ってるという悩みを持つ方は自作が近道かもしれませんよ( ̄∇ ̄)v 自分も初めて家具らしい家具作りましたが簡単でした。実際に作るまでは面倒で数ヶ月悩んでましたが…
参考になるか不明ですが以下に詳細書いてみます。買った所も同じ所を載せてます。

【実際作った奴の材料詳細】
・ポリランバー棚 欲しいサイズを4枚 カット費込み8000円~9000円
by 北零Wood 楽天 
自分は厚さ21mm、幅900mm、巾450の物を選び、巾は400mmにカットしてもらいました。端材も貰いました(後述、傾斜棚の棚受けの為)
それとフチに貼るポリロールテープテープも以前購入してたので使ってます。
・SPFツーバイフォー材 脚4本、背柱2本、背柱固定用4本 カット費送料込み4000円
by Wood Mart 
spf_2x4_143
http://www.nanap.co.jp/shopping/spf_s.html
14フィートと18フィートを1本ずつ購入し、脚665mm、背柱1450mm、背柱固定用を510mmにカットしてもらいました。完成写真で見える様に一番長い背柱は白く塗装し、それ以外は素のままです。
背柱固定用の510mmは特に意味はなくこれくらいかなぁと指定したのですが、今思えば440mmに指定して19インチラック機材も固定できる様にすれば更に便利だったかな?と思ったり

 ・L字金具 ユニクロ特厚金折 45mm長×28ヶ、35mm長×8ヶ 、平横金具×8ヶ 3500円くらい
by モノタロウ
 mono39462421-120611-02
http://ihc.monotaro.com/item/C39462446/
mono58892556-150706-02
http://ihc.monotaro.com/item/C58892556/
全部これで固定してます。基本45mmで組んでますが、ポリランバー板と背柱の固定は35mm使用(ツーバイフォー材の厚みが38mmなので)

・100均で木ネジ 3箱くらい 300円
特にこだわり無しで適当に笑

・ロイヤル チャンネルサポート 600mmホワイト×2 600円
by 金森金物 楽天
あと傾斜ブラケットも以前つっぱり式の時から使ってたので流用してます。
この傾斜ブラケットAL-55S/56Sはいくらネット上を探しまわっても全くレビューが見つからず、本当に使えるのか?と不安だったんですががっちり固定されます!無断階では無くちゃんと段階の溝があり、それを更に上からネジで押さえて固定する感じなので鍵盤はもちろん叩く系機材も全然いけます。

他あると便利なのは電動ドリルとツーバイフォー定規ですね。あとセンターポンチは絶対必要だと思います(100均にもあると思います)
↑まさにこの2つ使ってます。

材料はこんな感じでしょうか?あとはもうノリと気合だけで組んで行きます笑
まず脚4本とポリランバー棚2枚を繋げて
004

006
↑床で水平と直角を作る荒業笑 こんな風にノリでどんどん繋げて土台を作り、

007
こんな風に固定されます。

そのあと背柱の準備です。
019
背柱固定用の端材はこんな風に繋げてます。

あとは背柱と最初に作った棚を後ろ側で繋げて
009

補強のためにポリランバー板の裏ともL字金具で繋ぎ
017
ツーバイフォー定規のセンター穴を目安に使って上手いことチャンネルサポートを背柱上部に固定します。

傾斜ブラケットとポリランバー板は裏からネジ止め
014

傾斜棚を作った場合棚受け(落っこちてこない様にする支え)が必要なので、ポリランバー板を買う際細く切ってもらった端材を使用します。ポリロールテープを無理やり貼ると見栄えが良くなります笑 これも裏から3、4箇所ほどネジ止めするだけ
015


こんな風にノリで作っていきましたが何とかなりました笑 
↓実際に並べた図 
024
 
コンパクトだけど色々詰め込めた感じです。 置いてないですが49鍵のキーボードもジャストで置けるサイズです。
しかしそろそろメインのデスクと合わせても置き場所がないので(入出力も一杯)物を増やすのはこれで終わりしてじっくり制作に入ろうと思います( ´_ゝ`)ノ T-resonator Ⅱが僕と相性良いみたいです。


最後におすすめのMaxパッチの紹介。
http://www.maxforlive.com/library/device/1372/fp-8bits
ダウンロード
まさにOTO Biscuitですが無料です。Compressが効きまくって良い感じです。
本家欲しいですけど数制限なくインサート出来るのはやっぱりDAWの強みだなぁ…
 

機材棚やら二重ドアやら自作しました

(ただの日記です)

お久しぶりです。タイトルの様に機材棚(キーボードスタンド?)を自作してみました。
以前より広い部屋には引っ越せたんですが、それでも限りある空間を(壁に穴を開けずに)有効活用しようという作戦です( ̄∠  ̄ )ノ
 
こんなかんじ↓
027
 
ぱっと見結構綺麗に出来ました! まだまだスペースがあるので色々置けそうです。
参考にさせていただいたサイトさん
http://www.almostdead.net/?p=898 
http://yamatabi-lodge.com/2015/02/24/post-2030/

ツーバイフォー材にチャンネルサポートを打ち込み、それに上記サイトさんにあるようにアジャスターを打ち込んで天井と突っ張らせました。
アジャスターはモノタロウ、チャンネルサポート類やポリランバー棚は楽天でゲットしました。
ツーバイフォー材はWood Martで買ってカットしてもらいました。
http://www.nanap.co.jp/shopping/spf_s.html#spf204top


しかし…賃貸ゆえ天井に穴を開けられないので端材を挟んで全力で突っ張らせたのですが、天井が歪んでしまった気が(;´∀`)
031
しかも荷重のせいか日々前にずれてきてるような…笑 
万が一の事を考えるとやっぱりちゃんとラック買った方が良さそうですね。。

事故が起こる前にJasperのラックスタンドを輸入しようかと考え中です笑  棚も流用できますしね。
http://www.jaspers-alu.de/eng/keyboards.html
 5D-120-1
(ドイツ製なんですが送料込で5万くらい掛かりそうなんですよね…高いヨ!)


 それと防音にも気をつけようということで腰窓はインプラスを施工してもらいました。5店くらい見積もり頼んだんですが施工費込みで5万~15万とかなり差がありました。引っ越しと同じく色々と見積頼んでみたほうがいいですね!
外からの音が全く聞こえなくなったので以前より大きな音で制作出来るようになりました。

もう一つ、玄関のドアがペラペラの鉄板で音漏れが半端無かったのでこっちは自作で2重玄関ドアにしてみました。
033

 こっちも突っ張り棒的にツーバイフォー材を立ててそれに蝶番やら木板やらをくっつけ、上からロックウール吸音材を貼り付けました。
 パカっと開けると…
037
吸音材を敷き詰めた本来のドアが。(よく配達の方がギョッとしてますね…)

ちなみに表は吸音材ですが、裏には以前使っていた遮音材の静床ライトをネジで打ち付けてます。
038

 かなり歪になりましたが音漏れ対策としてはばっちりです!防音は遮音すること、空気層を設けること、吸音する事の三点が大事な訳ですが、この手製ドアは一応全部クリアしている…はず…笑

 
まぁそんな訳で色々と試してみました、という日記でした( -д-)ノ
今まで音漏れに気を使って制作してきたのですが、今はわりかしラフに大きめの音出せてます。低域が作りやすいです!
次は音源載せたいなぁと思ってます~


 

ハンドメイド発振器『PPoscillator』の紹介

こんばんは。前回書いたようにSoundFrog製作の発振器の紹介です。
引っ越し準備やら転職やらで制作時間が無かった為曲UPは次回になります(;´∀`)

発振器「PPoscillator」 動画

ホームページ http://yutamura3.blog.fc2.com/
Twitter https://twitter.com/yutamura0401
YouTube https://www.youtube.com/watch?v=bcwvHLXnFk0&list=UUymU3NTgtvxT29gWD645RJg
Soundcloud https://soundcloud.com/soundfrog-yutamura
メルカリの出品ページ http://www.mercariapp.com/jp/u/178395699/

SoundFrogでは主にエレキギターやベースのエフェクターをオーダーメイドで製作されていて、オーバードライブやブースターといった定番物から、サンプルホールドエフェクターや宇宙深海系の変態ディレイ、パワーサプライまで幅広く作られています。
発振器の製作は少し例外的な位置付けの様ですが、音を聞いた瞬間これだ!と思い購入の打診をしたのでした(爆

この発振器ですが完全に自己発振型で、スイッチを入れた瞬間ノイズが発振されます。OFFにするとトゥルーバイパスになるので入力音に対しモジュレーションは掛けられませんが、自己発振の音自体音色幅がかなり広いので非常に使いやすいです。太いギターの電子音版的な感じ?ペダルエフェクターに通しても面白そうです。
加工した音も聴いてもらいたかったので受け取り当日のテンションで3トラック程PPoscillatorのデモトラックを作らせて頂きました。趣味全開

#1 キックとパッドな和音のみVST(Microtonic+ACE)
#2 ドラムのみドラムマシン(ER-1)
#3 ボーカルのみサンプル(John Cage 笑)
です。他は全部発振器を重ねてます。
加工を加えると更に音色幅が広がる事を聴いてもらえると思います( ̄∇ ̄)v ガジェット系機材全般に言えることですが自分と相性の合う物は加工が楽しくて仕方ないです!

__ 1
外観

出力は左側なので上の写真は間違ってますね…実は最初気付かず入力側から音引っ張ってきて(アースから流れてきた音みたいです)DAW側で+70db上げて録ってました笑 「ん~音小さいなぁ。プリアンプいるのかなぁ」みたいな笑 なので受け取ってすぐ作ったデモトラックも入力からの音です…ちゃんと出力から録れば更に音太いですよ。音量も余裕でラインレベルです。

こちらでご本人も紹介されていますが、左上がパワー、右上がLFO、中央がボリューム、その左右がトーンです。しかし一般的なシンセの信号の流れとは違ってオシレーターからLFOと別オシレーター(トーン)に並列で繋いでいる?そうで、3VCO、1LFO、1VCFといえば近いかもしれないですが実際使ってても上手く言い表せないです(;´∀`)
回路

NiKKA本舗作やっつけイメージ図

右下左下の謎の金属ボタンがアースで、触れると指がアースになり全体のトーンが変わるという変態仕様です。 
触り方でトーンが変わり、電気を通す物であれば指以外でもライター、フォンプラグ、ハサミ等々で質感変わります。もっと言えばボディやスイッチ自体も触れると音が変わります。ここがフレーズ制作のキモですかね?
アナログシンセの鍵盤の代わりにタッチボタンが付いている感じかもしれません。Gizmo-Musicのガジェットの中にあってもおかしくなさそうです。

現在なかなかお忙しいようですが、製作依頼は随時受け付けられているそうです。
この同型発振器は現在10000円ジャストで販売されています。ノイジーかつインダストリアルな雰囲気を求めている方に是非おすすめヾ(´ω`)ノ
また回路図からクローンエフェクターを起こしたりもされているのですが、その延長でシンセを起こしたり、基板だけで売られているようなマイナーシンセの組み立て代行も引き受けてくださるそうです。(出来るかどうかは相談次第との事)
僕も色々気になってる機材があるのでまたお世話になると思います!


__ 2
一緒に3口のミニパワーサプライも作って頂きました。特別小さく大変だった様で申し訳ない(;´∀`)


次こそは曲UPしたいんですが時間あるかしら…形から入る人間なのでまずは部屋を完璧な状態にしたいんですよね…( ´_ゝ`)
2重窓にしてグラスウールパネルも自作して床積みのレコードも整理して~と色々妄想してます。(そんな費用あるだろうか、いや、ない

色々移り変わる時期ですね。皆さんも改めて良い生活をお過ごしください(・◇・)ゞ 
リンク集
・MeloDealer
おすすめDTM情報サイト。フリーサンプル等即戦力情報からオモシロ音楽ニュースまで。
・Hyakken M4L Patch

ハイクオリティなMax For Liveパッチを販売されてます。どれも非常に音楽的!
・SoundFrog


自作発振器やエフェクターを製作されてます。お世話になってます。
ギャラリー
  • 機材棚、キーボードスタンドの自作 その2
  • 機材棚、キーボードスタンドの自作 その2
  • 機材棚やら二重ドアやら自作しました
  • ハンドメイド発振器『PPoscillator』の紹介
  • Doepfer MAQ16/3ライクなステップシーケンサー、hyakken Max For Liveパッチの紹介
  • Maschineで作った曲その2
  • Maschineのステップシーケンサーで外部ドラムシンセやプラグインをコントロールする方法(リアルタイムMIDI吐き出しとルーティング)
  • Maschineのステップシーケンサーで外部ドラムシンセやプラグインをコントロールする方法(リアルタイムMIDI吐き出しとルーティング)
  • DTMで手軽にアナログ感を出す方法
  • DTM環境でMacからWindowsへ移行した感想
  • DTM環境でMacからWindowsへ移行した感想
  • Maschine サンプリングの使い方 〜パソコンからの出音をそのままサンプリングしよう編 その2 オーディオインターフェースのループバック回 RME TotalMixの巻〜
  • Maschine サンプリングの使い方 〜パソコンからの出音をそのままサンプリングしよう編 その2 オーディオインターフェースのループバック回 RME TotalMixの巻〜
  • アナログ機材使ってますか?〜ラック型FMシンセ YAMAHA TX81Z編〜
  • アナログ機材使ってますか?〜ラック型FMシンセ YAMAHA TX81Z編〜
  • MaschineとLogicでお手軽サイドチェーンしよう
  • Maschine サンプリングの使い方 〜パソコンからの出音をそのままサンプリングしよう編〜
  • Maschine サンプリングの使い方 〜パソコンからの出音をそのままサンプリングしよう編〜
  • Logicとの同期問題と僕的最終セットアップ
  • AOCのI2367FH 23インチ IPSモニターレビュー
  • Sound MIDI Batch SetupとController Editorの活用 〜Logicとの真の融合編〜
  • Sound MIDI Batch SetupとController Editorの活用 〜Logicとの真の融合編〜
  • Sound MIDI Batch SetupとController Editorの活用 〜Logicとの真の融合編〜
  • 1.8のタイムストレッチとピッチシフトを試してみる
  • Maschine MK2が出ましたね
  • SSDとかMaschineのバッグとか
  • モニタースピーカースタンドのこと
  • モニタースピーカースタンドのこと
  • MaschineでのBUS(AUX)とボコーダーの使い方
  • MaschineをFX(エフェクト)としてMIDIコン的に使ってみる
  • Maschine サンプリングの使い方 〜ボカロで遊んでみる編〜
  • Magic TrackpadとDTMの相性的なもの
  • Maschineが重いとき 〜CPU問題をLogicで解消出来るか?〜
  • MaschineをLogicのMIDIコントローラーとして使う?その1(というかnanoKONTROL2のレビュー)
  • Keystation Mini 32とMaschineは相性が良いと思う(レビュー的なもの
  • MaschineとDAWでマルチティンバーを活用してみる
  • MaschineとDAWでマルチティンバーを活用してみる
  • Maschineでサイドチェーンを使ってみる
  • Maschine スタンドの自作(安上がり
  • Maschine スタンドの自作(安上がり
  • Maschine スタンドの自作(安上がり
  • Maschine スタンドの自作(安上がり
最新コメント
livedoor プロフィール
記事検索
記事一覧
これから始めるMaschine MK2
これから始めるMK2 MIKRO
Live9教則本セット!ableton Live 9 Standard 教則本 SET

Live9教則本セット!ableton Live 9 Standard 教則本 SET
価格:46,080円(税込、送料込)

  • ライブドアブログ