くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ ライン インスタグラム ティックトックもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

先日 かんたん槽がお嫁に行きました。

濾過槽が 水槽のど真ん中にあって 魚が泳ぐスペースは 左右に二つある
DSC02584

かんたん槽ツイン(商品はこちら
DSC02585

これまでの水槽を 一新 サイズアップして 新規に 設置予定。



なぜならば こちらのお客様 4月から あたらしい新居で 新生活をスタートさせるのだから
水槽も 新しく 設置 というわけらしい。


DSC02586


ヒーターや サーモスタット 照明まで フル装備。
DSC02588

では 旦那様と 水槽と スリーショット。
DSC02589


「左の水槽が 旦那様が 好きな魚を 飼うための水槽で・・・
DSC02590

右の水槽が 奥様専用の水槽ですか?」とお聞きした所・・・

「両方とも 私専用です・・・・といいますか カクレクマノミのペアーが居るんですが 気が強くて 喧嘩ばかりなんですよ」
「 喧嘩してたら それ ペアーじゃないでしょ」
「いや ペアーですよ え? あ そうじゃなくて ペアーが 他の子をいじめるんです。どうも 産卵時期みたいです。だから 二匹を分けるんです」
「 2匹を分けるんですか? それ かわいそうですよ せっかくペアーなんだから」
「 え あ そうじゃなくて ペアーの2匹と 他の魚を分けるんです」
「 ですよね・・・ びっくりしたー 」
「だから 旦那専用水槽は なしです」


DSC02591

というわけで 現状 もう 新規水槽に入れたい魚が それなりにいるので、
DSC02592

弊店の水槽から抜いた 種海水で 今夜にもセットだそうです。
いいですね・・・・
落ち着いたら・・・旦那様の水槽も・・・考えてくださいね。

くまぱぱでした

■★■★ 入荷速報購読希望お客様位 ■★■★

■■■ クマノミスズメ類 Webページはこちら

カクレクマノミ 国内ブリード ▼▼18匹

シリキルリスズメ3cm前後 ▼▼18匹



■■■ヤッコ・チョウチョ類 Webページはこちら

ルリヤッコ 5-6cm ▼▼3匹

フレームエンゼル (クワジェリン・マーシャル)6-7cm ▼▼2匹



■■■ハゼベラ・ハナダイ類 Webページはこちら

スカーレットフィンラス5-6cm ▼▼1匹

グリーンコリス5-7cm ▼▼3匹

ホンソメワケベラ6-7cm ▼▼5匹

ジュズタマギンポ  ▼▼2匹

ハナゴンベ(フィリピン産)4-5cm ▼▼2匹



■■■その他  Webページはこちら

ゼブラモーリーイールL40-50cm ▼▼1匹

メイタイシガキフグ9-11cm ▼▼1匹

サラサゴンベ5-6cm ▼▼2匹

レッドスポットドッティーバック6-7cm ▼▼1匹


■■■エビ・ウミウシ Webページはこちら

イッテンコテナガエビ ▼▼120匹

ホリテッポウエビ ▼▼4匹

エメラルドグリーンクラブ ▼▼8匹



■■■イソギンチャク・ソフト・ハード Webページはこちら

バンダコウイカ卵 ▼▼5匹

・ハタゴイソギン:ブラウン(10-15cm)  ▼▼2匹

チクビイソギンホワイト(15-20cm) ▼▼3匹


大き目の中古水槽が出だ。

お引越しのため どうしても 手放さずほか 無かった水槽 泣く泣く放出。


アクリル水槽に少々 細かい クラックが入っているが 、とても きれいな水槽である
1500x600x600 オーバーフロー水槽一式 が 5万円(税抜き) と破格値

発送は していません。
店頭渡し 現状渡し価格です。


もちろん、

ご要望があれば 配管 及び 配達 設置等承ります ヨ(有料)



付属品

●アクリル水槽 1500x600x600(幅x奥行x高)

●アクリル濾過槽 1200x600x400高

●アングル台  1500x620x920高

●揚水ポンプ レイシーRMD701

 

 

 

 




商品はこちら



水槽が危ない。 お客様曰く 
「水槽の底板に 亀裂のような ひびのような 物が 数か所 現れている。
セット時には 確かになかった。 
セットしてから まだ 半年なのに。 日海さん ちょっと 大至急 この状況を確認して欲しい。」

という 電話が 昨日 あった。



その  お客様、90x45x45cm水槽は 弊店でご購入され、 
濾過槽 と 架台は 別途 ご自分で 用意したものだ
いずれも 中古ではなく 新品。

capture-20240410-191151


もし 水槽に ひび 亀裂などが はいっていたら 大問題。お客様曰く 亀裂が入っている場所は 底板  らしい。
  なぜ そんなところに  入ったのか? 


などなど 思いながら、 くまぱぱは お客様宅へ 1時間 車を走らせた。


 

お客様宅へ着き、 水槽を見た くまぱぱは 胸をなでおろした。

「 なんだ お客さん。 これ 亀裂じゃ ないっすよ。」
それは 水槽と 架台の隙間に入り込んだ海水が乾き 潮の結晶となって白く見えている現象だった。
capture-20240410-191223

しかし 次の瞬間  「なんで ここに 隙間が?」
安堵感が 一瞬にして 消えた。


上の図のように、
水槽と台の間に 隙間がある?  水槽の中心部分が最も広く
最大 2から3ミリほど 水槽と 架台の間に 隙間が空いていたのである。




つまり 台が 水槽の重さに耐えきれず しなっている現象だ
これが ひどくなると・・・・ 水槽が割れる・・・可能性が出てくる。

「 お客さん これ 水槽台に問題ありですよ 。水槽の重みで 台が歪んでいるのです。 このままいきますと 水槽が割れてしまうかもしれません。購入した所か メーカーに問い合わせた方がいいかもしれません」

 「わかりました」お客様は 木の台のメーカー に 速攻で 連絡をした。

すると 明日 、木の台のメーカーが 応急処置的に 架台に補強を 入れてくれることになった。

そして、夏が 過ぎたら 某メーカーの補償により もっと頑丈な 新品の台に入れ替える予定となっている。


ちょっとまてよ・・・・この台? と

 くまぱぱは言いたい・・・・メーカーに・・・・・

「この 台 90センチ水槽用の 架台でしょ? なして 標準の90センチ水槽を 置いているだけなのに 補強しなければ ならないの?
じゃあ 市販されている 標準型の 御社の台は 90センチ水槽用 と 明記しておきながら、標準の90センチ水槽は 置けないって事。 だって 置くには 補強が要るんでしょ。
違うの・・・・。」






弊店は 60cm水槽以上の場合 怖いので 木の台は 一切 使用しない。 
必ず アングル台(鉄の台)を使う。
アングル台(鉄の台)なら こんなことは 起きない。


木の強度 と 鉄の強度が どれほど違うのかは  想像するまでもない。



よく  鉄は錆びるから やだ と言う事を言われる。
木も 海水がかかれば そのうちに腐食してくる。 同じ事だ。 

それよりも 木が しなることで 水槽が割れて 大量の水が出てくる ことのほうが くまぱぱには 恐ろしい。

また 地震による水槽トラブル ゆれて水槽が破損した方のほとんどは、台の問題であることが多い
台が 横揺れに耐えられす、 グシャァ と崩壊 
すると 水槽は 床に叩き落される・・・・・これで 水槽が割れ 大量の水が お部屋に拡散してしまう

木の台がすべて こうである とは 思わないが、 とにかく 安全が第一。


不安を抱えてみている水槽から  どうやって 癒しをゲットするのか いささか 疑問だ。

そういう意味で アングル台は 頑丈で お勧めである。

ちなみに 弊店の アングル台なら オーダーメイドなので、 高さも自由。
形も自由。 こんな 深さが3段水槽の台も作れてしまう。

IMG_9263







先日 納品した 60x45x45の オーバーフロー水槽・・・
こんな感じで アングル台になっている。
S__87580687

しかし カバーをつければ・・・・その景観も すっきり。
そこで 一句

S__87580679

水槽が 台無しになる その前に、 
 台から 安心 支えよう
  

くまぱぱでした 

前から 憧れの 海水魚を飼育してみたい・・・・
それを 後押ししたのは 新年度4月になったことと・・・・
余っているガラスの水槽・・・・・
DSC02538

この 水槽があるので・・・ 何とかこれで 海水魚できませんか?


DSC02536

と ご来店されたのは 車で30分離れたところにお住まいの K様

「色々 ネットで調べたんですが・・ 引掛けフィルターではなく 外部フィルターじゃないとダメですよ。と書いてあるサイトがあったり 
いやいや 外部フィルターは 海水魚には 向かないです・・やはり オーバーフロー水槽がいいです・ と書いてあるサイトもありましたが・・ 実際問題 どうなんですか?」
 
6761414d
(外部フィルター↑)

と 弊店に ご来店された。

「ご来店ありがとう ございます。 ネットは あくまでも ネットの情報なので それが 正しいとか 間違っているとか という意味ではなく、 いろんな 飼育方法が 世には 存在するんだなぁ ぐらいに 思っていただければ いいいですよ。 」

「なるほどですね」

「そんな 色々ある飼育方法の中に 弊店の飼育方法も 独自にあります。」
「そうなんですね ・・・ え? 独自 
なるほど だから 50年も 続いているショップなんですね」



DSC02545

「ありがとうございます。 弊店の中にも 数種類の飼育方法がありますが・・・
この ガラス水槽には この 外掛けフィルターと ハイブリットボールが 最適ですよ。」


DSC02538

「なるほど・・・ちなみに どれくらいの額になりますか?」
濾過槽と ろ材で・・・ザクっと 7~8千円ぐらいです」
「え! 安!・・・じゃ 揃えてください」

との事で、準備開始
 お客様は 弊店の水槽をご覧になっておられている間に 準備終了。


DSC02542
「え っと 水はどれくらい回していると 魚を入れられますか? 1~2週間で生体を入れるのは 無理ですよね」
「いえ いえ 今日 お魚さんを 持っていかれても 大丈夫ですよ」
「 なるほど 今日なんですね・・・・? え 今日?
「ええ」
「え 今 お魚さん 買って帰る事できるんですか?」
「もちろんです。 そのための 種海水なんですよ この袋は」
IMG_3866
「やった じゃ カクレクマノミと カサゴ 買ってかえろうか?」

「 カ サ ゴ・・・ですか?結構 マニアックですね 」
「ええ この子が カサゴのファンで 絶対 飼育したい魚種の一つなんです」

DSC02540

といわれ カクレクマノミと 小さな カサゴを 持って帰られました。
良かったね。

カサゴファンって 居るんですね
ここにも・・・・。

このページのトップヘ