くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

2012年09月

IMG_1651-3
ゼンスイのLEDに また また 新色がでた。 オリジナルの限定色。
ピンクホワイトブルー だ。 つまり、照明1台に3色が配色されている。これぞ マルチカラーだ。


もともと、
メーカーとしては、
● 白
● ブルー
● ピンク
● 白・ブルー
の4色のラインナップだ。

IMG_2546-2[1]


そこに、
問屋さんレベルで、オリジナル配色を特注でリクエストし 生まれたのが、
● ピンク・ホワイト ↑ と
● ピンク・ホワイト・ブルー ↓ だ。

コピー ~ IMG_1654-3

ちなみに 水槽で照射した場合、どのような色合いになるのか やってみた。
まず、白のみでは↓
IMG_8701[1]
IMG_1655-3

ピンクホワイトブルーで照射すると こんな感じだ。
なんとも 暖かい感じだ。

http://nikkai-web.com/SHOP/3313.html



いよいよ 明日に迫った。 

 何が??

video[1]

結婚式だよ。 結婚式。 でも、普通の結婚式じゃないんだ。 
くまぱぱも このブログに書いた・・・・・例の ・・・・・
そう あの結婚式だ。 その時のブログはこちら

IMG_8528-2[1]


結婚式を明日に控えた彼が 今日買いに来たこの水槽セット↑。
この水槽に、オリジナルの混合濾材・・ しかも 種バクテリア付↓
dsc00019[1]

を 濾過槽に無理やり 入れ込むのだ。 そうすることによって、この水槽で 案外簡単に海水魚飼育が楽しめるのだ。
まぁ 今回は 楽しむのが 目的ではなく、新郎が現在飼育しているカクレクマノミ↓
IMG_6204[2]
を 自分の結婚式に出席させるのが最大の目的。

サブ目的として、・・・・・・・・
結婚式に ご招待した、新郎新婦の親戚や友人を このカクレクマノミに出迎えてもらう ちょっと変わった、
受け付け として、結婚式を マリンへ と 演出する。 

結婚式を明日に迎えて、新郎が口を開いた。

「今 もっとも心配することは・・・・・・・。
家のカクレクマノミにそんな 大役が勤まるのだろうか。 水槽の中で ビビッて 泳がないのではないか?」

ここまで来て、今更 そんなことを 心配してもしょうがない。
後は、うまくいうよう、カクレクマノミにも 神様にも お願いするしか・・・・ ないよね。
「大丈夫、きっと うまくいきますよ。 日海センターで買ったカクレクマノミだから・・・・・。」



ところで、 自分がしゃべる・・・・新郎の スピーチ・・・
まだ 半分しか 考えてないんだって・・・・。

明日だよ結婚式は・・・・大丈夫?
カクレクマノミを心配する前に・・・・そっちのほうが 心配だなぁ。 くまぱぱは・・・・・。
 






都内の有名大学付属 W高校へ 90センチ水槽用 上部濾過槽のセットが決まった。 突然に。

いや 本当は 突然ではなく 、以前 お問い合わせがあて、お見積りしていたのだが・・・・・
先日 突如 予算が降りたとのことで、決まったのである。

当初 本日発送 明日到着予定だった。
割れ物だけに 90cm濾過槽の梱包だけでも かなりの時間を費やす。
だって 大きいから・。

だったら、お届けしちゃおう・・・と 車を走らせ・持って行ちゃった。
IMG_1512
90cm用 海水魚濾過槽は大きいぞ。
幅は90cm これは 当たり前。
だって90cm水槽用濾過槽だから・・・。
高さと奥行が、一般的な濾過槽とは全く違う。

高さが20cm 奥行が25cm。中に入れられる濾材の量は 20Kg。
濾材が20kgも入るんだよ。
20kgって  10kgのお米が 二つだよ。

IMG_1516

濾過槽の上に載っている グレーの太い塩ビパイプが、あの 有名な? ”オリジナル硝酸塩還元塔NKー150”である。



魚を飼育する事で生じる有害なアンモニア や 亜硝酸を 無毒の硝酸塩にまで 好気性バクテリアにより素早くさせる分解させるために、しっかりとした濾過槽を使用する。
海水魚は しっかりとした濾過槽をつける事で、容易に飼育できる。 これが 世の常識である。

しかし・・・・・魚には無毒のはずの硝酸塩は 実は イソギンチャクや サンゴには 大敵である。
そこで、登場していただくのが この オリジナル硝酸塩還元塔である。

IMG_1519

このオリジナル硝酸塩還元塔は 内に 繁殖させる通水嫌気性バクテリアの力によって、硝酸塩(No3)を
窒素(N) と 酸素(02)に分解してくれる。

これにより、 飼育水の硝酸塩値は ゼロになる。
これにより、サンゴも イソギンチャクも飼育可能になる。
これにより、苔の発生が極力抑えられる。
これにより、 水交換頻度も 減らす事が可能だ。

今回の配管は↓
IMG_1520
 水槽循環用ポンプを 配管上 二分にわけ、一方を濾過槽へ・・・。
もう一方を 硝酸塩還元塔に配管してある。

IMG_1518

硝酸塩還元塔の付け根に 赤いコックが付いている。 ここで、硝酸塩還元塔側への水流入を 毎分2から5リットルに絞るのだ。
毎分2リットルとは・・・・・・一分間に 2リットルのペットボトルが満タンになる量・・・・・・少な・・・・
でしょ。この条件により 通水嫌気バクテリアが大繁殖するのである。

それ以外の流水量がすべて 濾過槽への循環になる・・・・ というわけだ。

このように、 水槽内の硝酸塩値が上がらないようにする事を 弊店では”硝酸塩対策” と呼んでいるが、
この硝酸塩対策の普及率は、
弊店では、ここ10年ぐらい・・・、新規に水槽や濾過槽を立ち上げる方の 実に9割に上る。

 ”硝酸塩対策”も 今や、世の常識になりつつ・・・・・・ある。







 弊店の常連様 及び このブログ毎晩読者様・・・・S様 の飼育しているサンゴが 添加剤を変えたら 急ピッチで 成長し始めた・・・・・。 と二日前のブログに書いた。その時のブログはこちら

その時(ブログを書いている最中)、 くまぱぱは・・・・・
「本当は s様の水槽写真があれば、いいんだけど、ないので、(あったら メールで送って頂戴)改めて 弊店のサンゴから ミドリイシの成長ぶりを ちょっと観察してみた。」

と 書いたところ・・・・・・

そのブログを見ていた S様から さっそく 成長ぶりを収めた写真が、弊店のメールボックスに届いた。

では 写真を開封してみよう。 楽しみだな・・・、 でもちょっと怖い。
だって、 
「え~~~~どこが 成長してるの?」 なんていう写真だったら、 二日前のブログが  になっちゃう。

では では ↓ びりびりびり 封筒をあけると・・・・ いや ダブルクリックで開封できた。
2

あ ほんとだ。 このサンゴを見て くまぱぱ 思い出しちゃった。↑
s様 ごめんね。 ちょっと 暴露しちゃうと・・・。
あの時買っていったこのサンゴ↑。 枝状の骨格は全くなく、 くまぱぱが小分けサンゴを作るのに 枝打ちし丸坊主になったサンゴだったんだ。
そのサンゴを あえて S様は買って行かれた。

その理由は・・・・・ここから育ててみたい。
という事もあるが、
もう一つの理由が・・・おもしろい。
あからさまに 枝ぶりのきれいな 目立つサンゴを買って帰ろうものならば、頭に角が生えている奥様に サンゴを買ってきた事がばれちゃう。

というのだ。 さまざまな 家庭の事情がある中で、 さまざまな海水魚の楽しみ方があり、
さまざまな すり抜け方もあるものだ。
くまぱぱも 見習わなければ・・・・。

続いてはこのサンゴ↓ これには くまぱぱも びっくり この成長ぶりに絶賛しちゃった。
先端の白くなっているところがそうだ。

27

わかりやすく 〇をつけたぞ↓
27

ブルーライトでみると これまた 綺麗だ。↓
これの美しいサンゴをみれば、奥さんの角も引っ込む ・・・・・・・ といいのにな。

27 02

s様が 買われた 例の添加剤とは これだ。↓

IMG_9535-3[2]

サンゴ育成ビギナーズ5点セット(海水魚用品)

サンゴに どんな添加剤がいいのか? 添加剤が多数ある中で 最低限そろえるには、何を選択すればいいのか・・・・ と悩んているあなたに ズバリ出した商品が これなんだ。

今日 ご紹介した S 様も これをご使用 ・・・・・弊店もまた  これだけを 使っているのだ。
あと 照明は S 様も 弊店も すべて LED。 LEDは 白や ブルーだけではダメ ダメ ダメ。
必ずピンクも混ぜて使うのがポイントだよ。





ライブロックにつく 石灰藻。 そう ライブロックをきれいにする紅い、やつだ。その石灰藻を更に紅く仕上げる添加剤 

ポタシオンが最近脚光を浴びている。↓

IMG_1495


弊店でも使い始め 2ケ月あまり。 確かに、紅い石灰藻の中に、更に紅い石灰藻が増えてきた。↓
新しく増えた円形の石灰藻が わかるかな?

IMG_1494

こちらもそうだ。 画面ど真ん中。 オーバーフロー加工の写真だ。

IMG_1492

話変わって、昨日のブログで サンゴの成長具合を
1→2→3→4→・・・と記述したんだけど、 結構 「わかんな~~~I」
との 事だったので、改めて、各数字ごとに 写真も6分割した。

これなら わかりやすい????  かな

もともと 良く開いているポリプ↓

IMG_1496

成長期になると、触手を 必要以上にださず、そのエネルギーを新芽造礁に使う↓
先端が 白くなっているのがわかる。↓
コピー (5) ~ IMG_1496

ちょっと 伸びた感じでしょ。
伸びた周りには まだ ポリプはなく つるっとした感じだ。
コピー (4) ~ IMG_1496

今度は 伸びた先端から たくさんのポリプが発生。
コピー (3) ~ IMG_1496

この時期になると、 つるつるだった周囲にもポリプが咲き出す。
コピー (2) ~ IMG_1496

ポリプを咲かせ始めると、骨格も太くなり・・・
コピー ~ IMG_1496

しっかりとした姿になる。
IMG_1496

ごらんのように成長過程は 大きく分けると二つに分けることができる。

1から3 の時期は、 とにかく上に向かっての 成長。
4から6 の時期は 上に 向かっての成長は一旦
やめ、周囲にポリプを咲かせ 骨格を太くする成長だ。
この 1番から6番までの一連の動きは  たったの 1週間程度のサイクルだ。
つまり 週に5-6ミリは成長しているわけだ。

この調子で成長すれば、二ケ月も経てば、ミドリイシ全体の形が変化する。

すごいよね。自然って。



このページのトップヘ