くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

2014年01月

こんにちは、久保田です!(^^)

マリンアクアリストなら誰でも持っている比重計
昔はボーメ計って浮かばせて計るタイプでしたけど、今はボーメ計もまだありますが、ほとんどはワンタッチタイプの中に水を入れると、針が比重の数値を指してくれるタイプですね。

見やすくて便利で良いのですけど、気を付けないと計測数値が狂ってしまう事もありますので、要注意です!!!
自分では正常値!と思っていたら、いつの間にやらとんでもない比重に!ってかたも実際にいるんですよ!
まさかそんなに比重計が狂っているとは思わないじゃないですか???

でも比重が狂っていたら、当然餌くい等にも影響しますよね?
魚が体調を崩す大きな原因にもなりますから、ここはやはり気をつけていきましょう!

まず使った比重計は「必ず毎回」水道水で水洗いしましょう!
コップのように逆さにして水をちゃんときるといいですね。
これだけでもかなり違うはず!
そして何よりも問題なのは比重計が狂っているかどうか?が分からない事です!
当たり前ですよね?
これは一番正確に測れる「塩分濃度屈折計」と数値を比べるしかありません。
 「塩分濃度屈折計」は弊社でも販売しております(11000円)が!お高いので(^^;;まず現在の比重をお手持ちの比重計で計って、その水を弊社にお持ち下さい。
「塩分濃度屈折計」ではかってその差を確認していただければOKです。
薄いなり、濃いなり、本来の比重とのその「差」を認識の上でお使いいただければよいのですから!

ちょっとした事で、魚の体調が崩れるのを防いであげることが出来ます!
まずは是非一度確認して下さい。 そして定期的に確認する事をお勧めします。
一番は「塩分濃度屈折計」を買って頂くことなんですけどねぇ....(笑)

ではでは!(^^)/ 


おととい、 水戸ナンバーのお車が店頭にご到着・・・・。
タツノオトシゴの繁殖がうまくいかない・・・・・とうお客様だ。
孵化したブラインシュリンプを与えても、食べるものの・・・・一向に成長しない・・・。
しかも、毎日 ぽち  ぽち  と・・・・数を減らし・・・・・
1週間で・ いなくなってしまうそうだ。

行きつけのショップに、ご相談したところ・・・・・・ワムシというブラインシュリンプより細かい餌を 与えないといけないんじゃない? といわれ、

ネットで ”ワムシ” を検索したところ・・・・弊店が引っかかってきた・・・・というわけだ。
それにしても、茨城県水戸市から わざわざ、足を運んでいただいている事に、感謝感謝、、、、です。

IMG_1204

という事で、ワムシ培養セットをご購入いただいたんだけれど・・・・・・。

くまぱぱに言わせてもらうと、 タツノオトシゴの餌は、孵化したブラインシュリンプでも食べてくれるし、成長するはず・・・・・。

要点は ワムシとか ブラインシュリンプとか・・・・という事ではなくて、その与える餌を2次培養しているか どうかという事である。2次培養していない餌を与えても・・・タツノオトシゴ(にかかわらず海水魚の稚魚は・・・)は成長しない。

2次培養をするための商品は ”マリンスペシャル栄養強化剤” という商品で・・・ちゃんと・・・ワムシ培養セットの中に付属されている・・・。上の写真で言うと 緑色の粉末である。

2次培養とは・・・・・・

その前に 1次培養とは・・・・ ワムシ(あるいは ブラインシュリンプ)等のプランクトンを ストックしたり、増やすための培養の事をいう。

2次培養とは・・・・・・ その増えたワムシ(あるいは ブラインシュリンプ)等のプランクトンを 稚魚に与える前に栄養を強化するための培養の事をいう。

1次培養と 2次培養と 具体的にどう違うのか・・・・ というと・・・・
、 ワムシ(あるいは ブラインシュリンプ)等のプランクトンを培養するときに使う 餌が異なる。

1次培養に使う餌は 淡水産クロレラ、
2次培養に使う餌は マリンスペシャル栄養強化剤     ・・・・である。ただ それだけ・・・・

 栄養強化・・・・2次培養しなければならない理由の一つは・・ 不飽和脂肪酸を含有しているところである。
淡水産クロレラには 不飽和脂肪酸(DHA/EPA)は含まれない。 この不飽和脂肪酸は海水魚の 特に稚魚には必須成分で、これが 含有されていない餌を食べても・ 速やかに成長することが出来ないし、いずれ★になってしまう。
もちろん、それ以外に アスタキサンチンや ・・・・稚魚の成長に必要なあらゆる栄養素が含有されているのが さきほど ご紹介した 弊店オリジナル マリンスペシャル栄養強化剤なのである。
弊店は この マリンスペシャル栄養強化剤を 親たちにも 与えているのだ。
なぜか?って 言うまでもない。 栄養満点の卵を産んでもらうためである。



ところで・・・培養するときの話にもどすと・・・・。
最初から つまり 1次培養の時から マリンスペシャル栄養強化剤を使っていれば いいんじゃないの?
と 思うかもしれないけれど・・・  それは・・・・ブー  ブー
マリンスペシャル栄養強化剤は 養分が有り過ぎて、プランクトンの飼育水を 速攻で腐らせてしまう。
そのため、マリンスペシャル栄養強化剤を添加した飼育水は 1日で新しいものと 交換しなければ 培養中のプランクトンが死んでしまう。

毎日 プランクトンの水を全部取り替える????? そんなこと で  き  な  い 。  でしょ。

要するに、マリンスペシャル栄養強化剤では うまく 培養が出来ないのだ。
単純に 培養(1次培養)するには・・・・・やはり、淡水産クロレラ・・が・良い。



という事で、 茨城県水戸市から ご来店のお客様。 マリンスペシャル栄養強化剤も セットに含まれている・・・・という事で、ワムシ培養セットを 1式 ご購入いただいた。

最後に 「遠いところありがとうございました・・・。」 と 言ったくまぱぱに・・・

「 いえ いえ でも  そんなでもないですよ・・・・ すいていると、1時間30分ぐらいで つきましたよ」

??? そんなに 近い? 
 は は~~~ん。
 信号を守っていないのか?   それとも スーパーカー か?
外見は 普通の国産車だったが・・・。












お魚大好き君だよ。先週お話した通り、今回は、
東京の汐留駅そばの イタリア街にある芸能プロダクションの
インテリア水槽のご紹介だよ。ここともお付き合いが長くてね、
20年以上にもなるんだよ。
御客様応接室に120cmの熱帯魚水槽と、隣接するカフェに
160cmの大型淡水魚水槽を、日海でセットさせていただいてね、
私がずっと、メンテナンスさせていただいているんだよ。
まずは、カフェの160cm水槽の写真から紹介するね。

キャプチャ165

キャプチャ160

キャプチャ162

キャプチャ163

マスターがお魚に理解のある方でね、良く面倒を見ていただいているので、
魚達は凄く元気だよ。
次が120cm水槽だよ。ここには、ネオンテトラとか、小型の熱帯魚がメインで
飼育されているよ。

キャプチャ123

キャプチャ125

キャプチャ121
キャプチャ124

キャプチャ126

日海というとね、海水魚のイメージが強いと思うけど、普通の熱帯魚や、
金魚 川魚 錦鯉等も幅広く扱っていてね、海水魚飼育で培ったノウハウを
生かしてね、いろいろな飼育相談にもお答えさせていただくので、よろしくね。
では、又、来週ね。               お魚大好き君でした。







お疲れ様です。
まだまだ、冬の最中ですが最近は少し暖かくなって来たように感じます・・・みなさんはいかがですか!?
だんだん気温の変化が出て来ますので白点病に気をつけて下さい。

今回は水中ポンプ、カミハタのポラリオシリーズを紹介したいと思います。
サンゴの飼育には細かく複雑な水流を送る事が生体をより良い状態に 向かわせるため、色々な所で情報が手に入りますが
今回は魚の水槽にも付けてみては・・・と思い提案させて頂けたらと考えます。
魚の水槽では、メインのポンプ(濾過槽などの戻り)の流れのみの方も多いようです。
ポンプのフィルターが詰まると水量も落ちますし・・・水中ポンプがあればそのような場合にも、補助的に活躍してくれますので是非、検討してみて下さい。
良い面は
1、泳ぎの上手い魚は活発に泳ぎ、しっかり餌を食べられれば綺麗な形で成長する
2、流れがある事で白点病虫なども付きにくくなるなどのメリットもあります など

ポラリオはランダムに水流を作る事のできる水中ポンプでは比較的、安価ですし(苦笑)
使って頂いてる、お客様にお聞きしても強さも感じないようです。
少し強く感じるようでしたら、付ける位置などを変えることで対応できるのでご相談下さい。

 



さてさて 今夜は ようやくまとまった入荷・・・・・・である。
IMG_4233

というのも、 天気の関係で なかなか 魚が集まらない。 
実は 今週 入荷予定の マニラ便が 取りやめになった。 不漁のためである。
IMG_4234

今日 入荷したのは、 そのまた向こうの国 インドネシア便である。
IMG_4235

いい ツノダシが 泳いでいますねぇ。
IMG_4238


水槽に 浮かぶ 入荷魚たち・・・・・ 英字新聞に囲まれて・・・・ぷかぷか・・・
IMG_4239


まずは 袋から 開けられてのは・・・・ センジュイソギンチャク・・・・・・である。
これまた たくさん 入荷したよ・・・。
IMG_4241
IMG_4242

こちらは スズメを開けている。
IMG_4243

イエローベリーダムセル・・・ 光沢のある スズメダイの仲間だ。
IMG_4244


水槽に入れた直後は・・・・ みな 固まる。
IMG_4251

新しい水槽・・・ 環境・・・・に慣れるまで・・・・・・・・・
みんなで いると 怖くない・・・・・ てか?
IMG_4245
 
ようやく にぎやかになってきた・・・・・ 。 

このページのトップヘ