くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

2014年03月


先日 水中ポンプの寿命は1年どころではないよ。
数年も持つんだ。
、水中ポンプの心臓部分である インぺラーの掃除 あるいは インペラーの交換をすることで、
水中ポンプ本体を買い替えなくても、末永く使えます・・・・・・
といった内容のブログを書いた。

その時のブログはこちら

その時 インペラーの掃除 あるいは 交換方法も写真で記した。
インペラーの掃除は重要なので、そこのところだけ 簡単に再チェック。


まず、カバーをはずす。

IMG_5240

ピンクの矢印を 赤点まで回転させる。

BlogPaint

そして 引っこ抜くとインペラーカバーが外れ インペラーが抜ける。
IMG_5246

ところで・・・・・ 水中ポンプの吸い込み口は 購入当時は下記のよに標準スタイルである。
IMG_5238

そこに メーカーから出ている カミハタ水中ポンプ専用 コンバージョンキット

というい商品がある。↓
安価なので 是非つけよう。

IMG_5241

これを つけることで 格段に良くなる。
下記の写真は 他のメーカーのスポンジフィルターをつけた様子である。
78bf9368

どのメーカーでも 配管後継が 合えば それで良し。
IMG_6075

このスポンジが、 1週間で このざまである。↓
IMG_6076
IMG_6077

この汚れたスポンジを 水洗いしてみよう。
IMG_6079
IMG_6080

こんなにもの汚れがスポンジから出てきた。これは モーターすわれる前の スポンジに付いていた汚れである・・・・・よね・。
IMG_6081
もし このスポンジがついていなければ、この汚れは そのまま モーターに吸われ そのまま送り出される。
例えば 濾過槽につけたモーターなら、これだけの汚れを 濾過槽に行く前に このスポンジでカット出来たことになる。 つまり、インペラーそのものを この汚れから守ったことにもなる。

このように、 水中ポンプにスポンジフィルターを付ける 意義は大きい。
ちなみに URLは下記 

http://www.nikkai-web.com/products/detail.php?product_id=720
 

こんにちは!久保田です。(^^)/

寒く長い冬がようやく明けましたね....(^^;;
やっと待ちに待った春ですよ~!
ただ、花粉症の方には辛い季節になってしまいましたね.....(^^;;
くれぐれもご自愛くださいね。

暖かくなったところで、ぜひ皆さんにチェックして頂きたいのが、ろ過槽のOH(オーバーホール)を前回いつやったか?と、言う事です。 
真冬のOHはろ材洗浄の前後置いておくことでどうしてもろ材が冷えてしまうため、再セットしてまわした後の水質変化も手伝って、白点病が出やすくなってしまいます....
少しでもお部屋を暖かくしたり、暖かい海水を用意したりして、少しでもろ材が冷えないようにするんですが....
寒いと身体も動きたくない!と、言いますしね!(笑)
暖かくなってくれてそういう心配も無くなり、暑すぎるわけでもないので身体も動かしやすいですよね!(^^)v
ヒーター、クーラーで管理しているとは言え気温室温が上がると多少水温も上がります。
水温が上がり美味のときは水質も悪化しやすいですから、ろ過槽が汚れたままでは不安です!
ろ過槽(ろ材)をすっきり綺麗にして暖かい季節を迎えましょう! 
ろ過槽OHの仕方はろ過方式 、ろ材の種類により多少変わります。
ポイントはろ材の洗い方!汚れはしっかりと洗い流さなければいけません。
しかしろ材をお米を研ぐようにろ材を洗ってしまうと、バクテリアに影響がでてしまいます。
海水(種水)を多めに使用し底から大きく撹拌し浮いてきた汚れで汚い海水を洗い流すようにします。
ろ材一粒一粒を綺麗にすると言うよりはろ材とろ材に挟まっている汚れを撹拌して浮き立てせて洗い流すという感じです。
再セットしたら念のためバクテリアを再度入れます。

ご不明な点等はお気軽に日海センタースタッフに聞いて下さい。
失敗の無いよう、丁寧にご説明させて頂きます。

この冬は大雪にもやられて特別寒く、長い冬でしたが、気分を変えて、水槽も綺麗にしてアクアリウムを楽しみましょう !(^^)/
ろ過槽お掃除して水槽が綺麗になると、新しい生体を入れたくなりますから~!(^^)♪  

 お魚大好き君だよ。今回は先週お約束した通り、
無脊椎を中心のご紹介だよ。

キャプチャ3

キャプチャ5

キャプチャ2

キャプチャ1

キャプチャ

12JPG

4JPG

キャプチ5ャ

キャプチャ7

キャプチャ9

キャプチャ10

キャプチャ11

キャプチャ13

キャプチャ15

キャプチャ16

キャプチャ18

次回は、エビやカニ等の、甲殻類を紹介させてもらうので、宜しくね。

              お魚大好き君でした。

IMG_5971-1
さてさて、 インドネシアからの入荷・・・・ 箱から 袋づめされた海水魚を取り出しているのは・・・・
やっぱり・・・・・お客さん。
何が入荷したか? 見たくて  見たくて 待ちきれない・・・・って  自分で箱を開けてしまう・・・・・・

という・・のもあるし・・・
また 手伝っていただいている・・・・・というのも 否定できない。 毎度ありがとうございます。

IMG_5972-1


毎度おおきに・・・。                                                        箱から  取り出された海水魚は・・・つぎつぎと 水槽へ運ばれていいく。
水槽へ 運んでいるのも・・・ お客さん。
でうぁ 店の定員はいずこに・・・・。                                                                                                                                                                                
IMG_5974-1

これは カニ???
そう シオマネキのメスである・・・・アカガニである。
IMG_5976-1

入荷したての コバルト。
IMG_5977-1

こちらは まだ 洗面器に はいっているカクレクマノミ。
ここは どこ?   って 言っているみたいだ。↓
IMG_5979-1
IMG_5980-1

ところで、こちらのお客様。ご来店2回目・・・・。
「先日 ご購入していただいた、ラクトフェリンが 素晴らしくよかったです」
と ラクトフェリンをほめていただいた。

「 あ・・・そうですか? ありがとうございます。 え、 あの 飼っているお魚ってなんでしたっけ」
「ええ 飼っている魚はカクレクマノミです・・・・っていっても、買ってきたのじゃなくて・・・家の前でとったカクレクマノミなんですけど・・・」

「え ~~そうなんですか? え 採ってきた・・・・・ ど 、 どちらからいらっしゃっているのですか?」


IMG_5968-1

「 あ 僕ですか? 沖縄からきました」

「ハイ? オ キ ナ ワ」
「またまた 東京へ出張だったもんで、1日前の飛行機で 東京いりして、こちら日海センターへ遊びに来ました。」
くまぱぱは 驚き・・・・しかも 他店には 興味なし・・・・
沖縄から 弊店 日海センターだけに ご来店されたようだ。 めちゃ うれしいですね?


ただいま・・、 明らかな 駆け込み需要。 かんたん槽がよく売れている。 本日も 昨日につづき・・・
IMG_6048-1

弊店の場合、↓ 海水を・・・・種水でお渡し・・・・だから 即、生体が入れられるのだ。
IMG_6049-1

このセットには 生きているバクテリア と 生きている海水が付いている。
IMG_6050-1

だから・・・ そのまま 即 カクレクマノミが入れられる。
IMG_6053-1

さあて、記念撮影・・・・。
満点の絵がお
IMG_6055-1

IMG_6024-1

さすが、でかい・・・・。 
何が?って・・・・。  箱。


IMG_6026-1


よいしょ・ と・・・・

IMG_6027-1


やっと着いた。  日本に・・・・ 東京に・・・・町田市に・・・・日海センターに・・・
IMG_6028-1

木枠だから、
IMG_6032-1


バールでこじあける。 だって ほら見えた・・・・ 
釘だ。  釘で こんこん フタをしてある。
輸送中に サメが飛び出してこないように・・・。
IMG_6033-1

サメが入った・・・箱としては 確かに無事に入荷したが・・・・ちゃんと生きてる? 
泳いでいる??
IMG_6034-1


お ちらっと 見えた。。。 いるいる・・・。
IMG_6035-1


いました。  早速 水中ポンプと ヒーターを サメのいるケースに入れるのだ。
だって 水槽に浮かべて・・・・の 水温合わせができないんだ。
袋がおおきすぎて。
IMG_6036-1

なんで こんなに 多きい箱なのか?  ブラックチップシャークは 常に・・・寝ているときも
泳いでいる生き物なんだ。 でないと、エラが発達していない サメは 呼吸ができない。
それは 箱の中でも同じ・・・・。
IMG_6040-1

だから 箱の中で 泳ぎまわれる広さが必要なんだ。
IMG_6041-1
IMG_6042-1

さて、 水槽に 無事に 入ることができるか????
水槽で泳いでいる姿は・・・・・ また 後日・・・・・・・
 餌を食べるシーンなどでも  撮影するね。

このページのトップヘ