くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

2014年04月

お魚大好き君だよ。今週はね、ちょっとかわったお魚達の
紹介だよ。大きいのや、小さいのいろいろ楽しんでね。

キャプチャ

キャプチャ1
キャプチャ2

キャプチャ3

キャプチャ4

5JPG

キャプチャ6

キャプチャ7

キャプチャ8

キャプチャ9

キャプチャ10
キャプチャ11

キャプチャ12

13JPG

キャプチャ14

キャプチャ15

どうでした、なかなか面白い魚たちでしょ。次回は、美しい魚達をテーマに紹介
するので、お楽しみにね。

                     お魚大好き君でした。


まだまだ、ニッソクロスミニの人気がおさまらない。
本日も一台 売れた。

ニッソークロスミニは20cm角水槽でありながら オーバーフローであるところが凄い。
0137a2d4-s


分解すると こんな感じだ。
c94441c6-s

よく見ていただくと おわかり・・・・・
ここにも 弊店のこだわりが 隠されている。
メーカー標準規格には 入っていない・・・・
弊店オリジナル嫌気筒ミニが 確認いただけただろうか>

7a70acf3-s

この嫌気筒と 水中ポンプが 結ばれている。
これで ニッソークロスミニにも 弊店なら 硝酸塩還元筒が標準で搭載された事になる。



そして、 これを どう?セットするのか 
どう組み立てるのか? ここが このニッソークロスミニの 最大の難しいところ。

79d82f5c-s


ご覧のように 水槽部分を 濾過槽の上にセットすれば いいのだけれど。
これ簡単。 どこが 難しいの? と思われるかもしらないけれど・・・・
8e4cef2c-s


最初 セットするときはいいんだけれど・・・・
だって 水槽の中が空っぽだもの。

本来ならば、 水槽の中に生体が入っているはず・・・・。

お客様にも デモストレーションしてもらった。

IMG_6668

垂直に 上げ下げしないと いけないよね。
そして 戻すときは
ヒーターや水中ポンプのコードの位置を確認しながら 水槽を戻す。
IMG_6669

あとは 慣れてもらう事・・・かな。

それ以外では ほんと 素晴らしいセットだと思うよ。
まず 
◆価格帯が安価。
◆サイズが20cm角 つまり 場所をとらない
◆地震に強い アクリル製である
◆小さいながらもオーバーフローシステムである
◆ろ過能力がものすごい
◆日海バージョンセットがあること

最後の 記念写真。
ほら こんなに小さい オーバーフロー水槽なんだよ。
IMG_6670


くまぱぱより


またもや売れた。
これが・・・・あのオニヒトデ。

IMG_6615


オニヒトデは 猛毒をもつヒトデの仲間で、サンゴ礁を食い荒らす悪者。
と されてきた。 くまぱぱも そういう認識でいたんだが。

 オニヒトデは、実は素晴らしい影響を海水魚たちに与えている事が、愛○大学の研究により明らかにされつつある。公開URLはこちら




IMG_6616


ということで、 こちらのお客様が 本日 買っていかれる。
めったに 入荷しない オニヒトデを・・・・・。
IMG_6617

濾過槽にいれて飼育する事によって、 水槽で飼育しているヤッコやチョウチョウウオの 病気に対する抵抗力を上げてしまおうという作戦なのである。
IMG_6618


このようにサンゴにとっては 有害なオニヒトデも 魚にとっては 有益な生物になっている。

このことから・・・・言えることは、生物というものは、 いい意味でも 悪い意味でも 近隣生物に影響を与えているし、また 影響を与えられている。つまり 関係しあっている。 これこそが 俗にいう 生態系のバランスの正体ではなかろうか。

人間のエゴで 乱獲された ホラガイ。ホラガイは美味しいため食べたり・・・・
その大きな貝殻で 笛を作ったりして、利用されてきた。
今 ホラガイの減少で、 ホラガイの餌であった オニヒトデが大量発生し、サンゴ礁を食いあらしている。

人間は 今度 オニヒトデを大量駆除しようとしている。
そんなことをすれば・・・・海水魚の病気が 自然の海のなかで 大発生し海水魚の激減につながる可能性を
この研究は示唆している。


IMG_6620

かといって、大量発生したオニヒトデを そのまま放置してしまうのも、サンゴ礁の減少につながるし、
サンゴ礁の減少が進むという事は 結局 魚類の減少につながってしまう。 

では どうすれば よいのか?考えてみよう。


くまぱぱは こう思うんだ。
本来 生息していたホラガイが、日々 食べていた量を 日々 駆除すれば、よい。
それが 具体的にどれくらいの量なのかは くまぱぱに聞かれてもわからないが・・・・・。

とにかく 大量駆除は バランスをくずす。これは避けるべきだ。
いかに バランスというものが 大切な事であるのか、 我々は もっと もっと 思い知らなければならない。


くまぱぱより 


店内の 上からみる水槽 通称 磯水槽と呼んでいる。
おもに イソギンチャクとクマノミをベースに シュリンプ類 貝類が入っている水槽である。


IMG_6632

濾過槽の砂を 洗うための 海水。
濾過槽を洗う水は 溶いたばかりの海水より 水槽の飼育水で洗う方が良い。

しかし、水槽の飼育水を使用してろ過砂を洗うと、水槽の水が大幅にへり、激変。
この海水は 他の水槽から抜いた種海水である。

IMG_6631

濾材を出し始めると・・・・
IMG_6633

ほうら 真っ黒。
IMG_6634

最後に ネットが敷いてあるので、それごと出せば、濾材が出しやすい。
IMG_6636


ほんと 真っ黒。
IMG_6639

その泥水をすべて きれいに取り出し・・・・・・・↓タオルでふき取り・・・。
IMG_6641

すのこを 戻し あとは 炉材の洗浄。
IMG_6643

この汚れ・・・・
IMG_6646

ここまで 洗えばOK
IMG_6647


これも また 真っ黒。
IMG_6650
これは 汚れではない。
活性炭を洗った時に生ずる 水である。

そのみずをよ~~~く 水を切って使用。
IMG_6651


外では、 取り出した濾材の洗浄が行われている。
IMG_6654

通常 弊店の濾材は2種類。 混合濾材 と ハイブリットボール。
それらを 上下に敷き分ける。

ところが 長年 使用していると 両砂が混じってくるのだ。
今回は 炉材の中に混じってしまった ハイブリットボールを 取り出してみよう。
IMG_6655

それには 買い物かごを利用する。すると・・・・・。
下記のように ハイブリットボールが混じった混合濾材から ・・・
IMG_6656

ハイブリットボールだけを取り出せるのだ。
IMG_6657

これで、きれいになりました。

くまぱぱより 

IMG_6664
デマシタ 待望のコーラルフリークス。

今回の特集は 
●リーフタンクによく映える人気もの ストライプバスレッド


●愉快なやどかりワールド


●ブリードSPSのエトセトラ

その他 いろいろ 盛りだくさん。


IMG_6665


ミドリイシの小分け その 方法と楽しみ方。

ミドリイシを割り  思いのままに 小さなライブロックに植え付けていく。
これが 成長してくるから 面白い。
IMG_6666

ヤドカリコレクション。
ヤドカリの外貝殻が面白い。 それらを上手に利用することによって、
IMG_6667

ご購入は こちらからどうぞ

このページのトップヘ