くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

2016年10月

お魚大好き君だよ。海水魚、サンゴ無脊椎動物の専門誌の
コーラルフリークスの20号が、28日に新発売されたよ。
サンゴの飼育特集が組まれていてね、マニアの方には、
見逃せない内容だよ。。では、その一部を写真で
ご紹介させてもらうよ。 
 image

image

image

image

image

今、話題のナンヨーハギの特集も組まれているよ。ご興味をお持ちの方は、
日海センターまで連絡してね。  お魚大好き君でした。 

IMG_4930

「海水魚に底砂は必要ですか?」 と聞かれれば・・・・・
くまぱぱは、即 考える間も無く 「必要です」
と答える。
なぜなら 底砂は断然 必要と認識しているからだ。

一般的に 底砂を敷くことを嫌う人が口をそろえて言う理由は?


IMG_4932


① 底砂を敷くと  汚れが沈殿してまう。
或いは
② サンゴ砂は 初めは白くてきれいだが そのうち茶色く汚れてしまう。



ちなみに 下記の水槽は 底砂を敷いていない。
下の写真を見て 答えてほしい。
① この水槽に汚れは沈殿していませんか?
② 底板は汚れていませんか?


IMG_4934

もう くまぱぱの言いたいことが 一部わかったであろう。
① 底砂を敷こうが 敷くまいか 汚れは沈殿する。 だって 地球上に水槽が有るわけだから、引力の影響をうけるでしょ 汚れも・・・・。
引力があるから沈殿する。  だよね。

② サンゴ砂は 確かに 汚れてくる・・・・・苔が付くから・・・・
じゃぁ 底板はどう? 苔付かないの?
底板も 汚れてくるよね、 同じように・・・・・。 
汚れた底板は 交換できないが 汚れた 底砂は交換できるから やっぱ 交換できる方が 良いよね。


くまぱぱが 本当に言いたいことは 実は ここからだ。

汚れは 引力により 沈殿する。 その 汚れを 固定するのが 底砂を敷いた場合だ。

底砂を敷かないと、汚れは 一見沈殿しないように見える・・・・・・。
底砂を敷かないと、 本当に 汚れは沈殿しないのだろうか?


いや 汚れは ライブロックや 飾りサンゴなどの レイアウトの下に ふき溜まっているのだ。

このたまった汚れが、 レイアウトを 変えた時に 舞うのが 底砂をしいてない水槽だ。
レイアウトを 変えても 汚れが舞わないのが 底砂をしいてある場合だ。

つまり   引力により 沈殿した 汚れを 固定するのが 底の役割なのだ。
固定だけではない。 底砂の表面のバクテリアが 汚れを 分解してくれているのだ。



じゃぁ 底砂って どれくらいの深さで、 どれくらいの粒の砂を敷くのが良いのだろう。
弊店は 細目から中目サンゴ砂を 1cmぐらい敷く。 
IMG_4932



中には パウダーサンゴ砂を 10cm以上も敷く人がいる。
IMG_2989



これは くまぱぱは お勧めしない敷き方の一つである。

そのあたりは 後日 話させてもらいたい。





こんにちは!くぼたです!(^^)/

東京は昨日、一昨日の残暑のような暑さから、今日は一気に師走並みの寒さになりました!(×_×)
夏男のおいらとしてはホント勘弁!って感じなのです....(^^;
みなさん、風邪に十分気を付けてくださいね!

んで、毎年必ずこの時期にブログでお知らせさせていただいている事があるので、しつこく今年も言わせていただきます!(笑)

「みなさん!お使いのヒーターのチェック!必ずしましょう!!!」 


当たり前ですが、ヒーターには寿命があります。
使用状況によって、物凄く差があるので、ヒーターの寿命は何年!って全く言い切れないんです! 
冬でも暖かいお部屋に置いてある水槽と、寒い玄関先に置いてある水槽では、何年も!ヒーターの寿命に差が出ます!

なので、弊社ではヒーターはおおよそ2年に一回の交換をお勧めさせていただいてます。
もしかしたら、まだまだ何年も使えるかもしれない!でも、もしかしたら明日切れるかもしれない!
それがヒーターです!
携帯の電池のようなインジケーターは無いので仕方ないと思ってます。

万が一それで、水温がドン!と下がって魚が白点病まみれになってしまったり、死んでしまったら、物凄く後悔しますよ!
「あー!ヒーター換えときゃよかった!」って・・・

照明と違い、ヒーターは切れてから取り替えるでは遅いですよね?!
大事な生体が犠牲になります・・・

なので、今ご使用jのヒーター、いつ取り替えましたか?いつから使ったますか?
必ずチェックしてみて下さい!
一昨年より前から使用しているものは本格的な冬を迎える「今!」交換しましょう!
大切な生体を守る為です!
どうぞ、気を付けてください!

何かご不明な点等ございましたら、いつでも気軽に弊社スタッフにお聞きください。
どうぞ宜しくお願いいたします。

では、また!(^^)/ 



本日は お客様宅で 水槽の引っ越し・・・・・・ というか・・・・・移動。
ま 水槽は移動で・・・・・ 中のお魚は 引越しっと 言うところだろうか。

こちらが 1200ガラスの水槽 この水槽を とにかく 移動しなければならない家の事情が
発生。

というのは、 防音工事に一貫として お部屋の壁紙を全部張り替えるのだ。
そこで 問題なのが この 1200ガラス水槽。

 IMG_4935

水槽も 古くなったし、 塩だれも結構ある。
そこで、 水槽を 処分するわけではないが・・・・
一時的に  お庭に避難。
IMG_4936


で もともと 入っていたお魚は 新設の小型のアクリル水槽へ引越し。

IMG_4938


その水槽が 下の写真 最右側の水槽 丁度 スタッフが セット中・・・・・・。
IMG_4939


はいった 入った。 25cm級のサザナミヤッコ ホンソメワケベラ 写真では見えないが、 イエローバンドマロンクマノミの 3匹。 その3匹が 新設 45×45×35の水槽に引越した。
IMG_4940


そもそも 60×40×35という水槽が 別途お持ちだった。 その横に 45×45×35水槽を新設したのだ。
新設といっても、 濾材も 海水も すべて お魚ちゃんが居た撤去中の1200から持ってきたものだから 水質変化のショックはないに等しい。 底砂が新しくなったくらい。

これが 撤去中の 1200水槽の濾過槽。 特に左側の塩だれの後が激しい。
IMG_4941

さぁ~~~~て 撤去。

IMG_4944


水槽がなくなったところは、 奥様が お掃除・・・。
IMG_4946


サザナミヤッコちゃん。 移動したのがわかるのか? 常に 元水槽があったところを眺めている。
IMG_4947

お庭に 一次避難した 水槽。
IMG_4948


こんな 家庭内における 水槽の移動など、 ちょちょいの ちょい と やりますので、 その際は 声をかけてくださいね。

くまぱぱでした。 

 弊店 日海センターなら テトラワンタッチフィルターでも なんのこのそ 海水魚飼育を楽しむ事が できる。
今日も そんな水槽セットが 一つ スタートした。


IMG_4927

お客様が持ち込んだのは この ガラス水槽・・・・・。上写真

この水槽を使って テトラワンタッチフィルターと 硝酸塩還元筒セット で海水魚飼育スタート。

10301256_5270835b6e281


このように 海水魚がなんらく 普通に飼えるよう、 弊店が この水槽に
「海水魚が飼えますように・・・・・」
と くまぱぱが 命を吹き込む。 
具体的には このフィルター内部の隙間に・・・・・
IMG_4929

弊店オリジナルの ハイブリットボール(赤茶色い玉)を 敷き詰める・・・・すると 魚のふんから生じる アンモニアや亜硝酸を 強力分解 これで 海水魚が 普通に飼育で来るようになる。

しかし これだけでは、魚は飼育出来るが イソギンチャクやサンゴの飼育が難しい。
なぜなら ろ過をする事によって  発生した硝酸塩が イソギンチャクや サンゴにとって有害な物質であるからだ。

そこで  硝酸塩還元筒セット をセットする。 すると イソギンチャクや サンゴにとって有害な硝酸塩を 窒素と酸素に分解してくれるのだ。

その他 もろもろ は ご覧のように↓
IMG_4926

水槽の底に敷く サンゴ砂 ヒーターとサーモ一式 LED照明 
 
IMG_4924

水槽の フタも ワンタッチフィルターが入るよう切り込み。
IMG_4925

餌をあたえるための穴も フタに用意されている。 ↑↑


カクレクマノミ と お客様 初ご対面。 お互いに 「よろしくね」 と 挨拶でもしているのだろう。
IMG_4923

最後は 将来の ご主人さま と カシャ。


IMG_4921

素晴らしい笑顔 これなら大丈夫・・・・・・
この笑顔なら カクレクマノミも キット幸せになるに違いない。 

と言うわけで、 持ち込みの水槽があるなら 或いは 何か お持ちなら それを最大限に生かして 魚達ををたっぷり生かす 。

これこそ 弊店が 皆さんのお役に立たせていただく 仕事の一つ・・・。

 弊店も・・・・お客様も・・・・ そして お魚たちも・・・・・
末永く ニコニコに・・・・・
 
くまぱぱでした。

あ、 今日のお客様に 魚の餌 渡し忘れた・・・・・・・ 

このページのトップヘ