くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

2018年04月

本日は 塩ビフタ 製作のご紹介。
お客様から 水槽のフタの依頼があった。
お客様自身で採寸した マイタンクにピッタリのフタである。

え~~っと どの板にしようかな?

IMG_7807


今回の寸法は 420×250 2ミリ厚
あった あった 2ミリ厚の原板

IMG_7808


原板は 1800×900  
IMG_7809

鋸刃の寸法を 420にセット 

IMG_7812


ウィ~~~~ン ウィ~~~~ン と まっすぐ切れる。
IMG_7811

出来上がった。 今回は 切りっぱなし  つまり それ以外になんの加工も無し。
何の加工も・・・・ とは 例えば

IMG_7813


コード抜きのエグリ を入れたり、
三角形に 角を 切り落としたり・・・・ それは お客様によってさまざま。

76f96d80

ちなみに 今回の寸法 420×250であると 1500円の消費税
今回は 同じ板が 2枚だから 3000円と消費税
もし コード抜き等 の加工があった場合 一加工につき +200円と消費税。

IMG_7814

 ただし・・・・・
ご来店されて  ご注文をいただいても 即 作成は出来ない。
なぜならば 閉店後 店をはなれ 工場で フタを製作するからだ。

したがって 翌日以降の納品となる。

でもね 事前に連絡をいただければ・・・。
つまり 寸法を ご来店の1日以上前に 前もって 教えてください。 電話 メール fAX いずれでも OK。

そしたら ご来店時に 即 お渡し可能。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

cats


採寸のポイントは・・上記の場合 A部分と C部分の切り落としは  それぞれの切り落とす部分の 縦横の 二つの寸法がわかればOK であるのに対し・・・・・・
B部分のような コード抜きの場合は 上記のように 3つの寸法が必要となる。
どれぐらい 深く えぐるのか が 縦寸法にあたり 
どれくらいの幅で えぐるのか 横寸法
忘れがちなのが・・・ そのエグリを どこに えぐるのか? という事である。
上記の場合 左から5cmの所に そのエグリを切り込む。 と言った感じである。


ピッタリのフタ。 これは 魚の 飛び出し事故の最大の防止対策であり  飼育水蒸発防止にもなる。 また 保温維持にも 大いに役に立つ。

特に海水魚の場合は 飼育水が蒸発すると 比重の変化にも直結するだけに、ピッタリのフタが重宝されるわけだ。


ピッタリの寸法のフタで ぴったり お魚を 飼育しよう じゃ あ~~~りませんか。

くまぱぱ でした。






こちらが 90cmアクリル水槽・・・・ さすがに でかい・・・・迫力ありますね・・・・。
でも 大人なら・・・・  片腕で もてる軽さなのだ。

IMG_7784


しかも 丈夫。 軽くて丈夫。 アクリル水槽は 30年間以上も 普通に 使っていただける 丈夫さのだ。


この 水槽の上に載っている 横に長い 黒い箱・・・・ これが 弊店オリジナル 上部濾過槽。
デカいでしょ。 ざくっと 濾材が 20kgも 入っちゃう。

一般的に売られている 90cm水槽用 下置き濾過槽でも 20kgも入らない そんな 濾過槽が たくさん出回っているからね。
下手な下置き濾過槽より 濾材が沢山入るのが 弊店オリジナル上部ろ過槽の特長である。

そのろ過槽周辺に 今回追加されるのは 殺菌灯 と 硝酸塩還元塔だ。
IMG_7785

接着剤を塗り
IMG_7788

硝酸塩還元塔に付ける。
IMG_7790

接着剤をつけちゃったら もう 動かせない????
IMG_7791

大丈夫 この ユニオンソケットをつけておくと 接着後も 配管の向きを自由に変えられる。
IMG_7792

ネジを回せば、、、配管から 外すことも 出来る。
IMG_7793

さて、 下準備が 出来たところで・・・・これらを 配管で繋げる。
IMG_7794
IMG_7796
IMG_7797
IMG_7798

これで完成。中央から上がってきた配管(水色の➔)が 左右に分けられ・・・一つは 殺菌灯(黄色➔)
一つは 硝酸塩還元筒(赤い➔)
IMG_7799


次 は 殺菌灯から 戻ってくる配管だ。
IMG_7801
そして 硝酸塩還元塔からの
IMG_7802

戻りも 完成。

IMG_7803

なぜ それぞれに 配管をするのか? というと・・・

例えば ポンプ ➔ 殺菌灯 ➔ 硝酸塩還元塔 と言う順番で配管する事もできる。
この配管の場合、 殺菌灯も 硝酸塩還元塔も 同じ流量に 必然的になってしまう。

でも 本来は それぞれに流し込む 流量が 違うのだ。殺菌灯は 毎分10~15リットルが適量であるのに対し 硝酸塩還元塔は 毎分2~5リットルと 少量流すのが 適である。

従って、直列配管はどうしても出来ないのである。


IMG_7804

ちなみに 90cm水槽の水量は 約180リットル。
スズメ サイズのお魚なら 喧嘩は別として 水量と同じ 180匹くらいは 飼育可能である。

これなら 水槽だけでなく お部屋も にぎやかになるよね。

くまぱぱでした。

お魚大好き君だよ。今回はすごく印象的な美しさのあるお魚さんの
ご紹介だよ。では写真を見てね🎵
DSC_2773
DSC_2786

DSC_2779
DSC_2793
DSC_2798
DSC_2804
名前はね、上からアフリカンエンゼル、ヒオドシべラ、
スミレナガハナダイ、アカククリ、トミニエンシスタング、
シモフリタナバタウオ君だよ。御興味お持ちのかたは、
下記にアクセスしてね、お魚大好き君でした。
■日海センター:オンラインショップは こちら

とまぁ 色々書かせていただいたが・・・・プロテインスキマーと ろ過槽 どちらがおすすめか?
という 問にたいしての回答を まとめると・・・
アンモニア・亜硝酸に弱い 魚を中心に飼育するのであれば  濾材を使用した ろ過槽がおすすめ・・・
硝酸塩に弱い サンゴ・イソギンチャクを中心に飼育するのであれば プロテインスキマーがおすすめ・・・・

という事になる。 

なるほど と いう事は・・・・・・
 クマノミと イソギンチャクは 一緒に 飼育できないの? 長期飼育は無理なの?
それぞれのろ過方式に 一長一短があるから 仕方がない
とは言え クマノミと イソギンチャクを 同じ水槽で飼育したい 長きにわたり 飼育し繁殖させたい・・・
04170838_553047e48f925

これは 誰もが 一度は 心に抱く  要望の一つである。


そこで 出てきたのが 弊店独自の 硝酸塩還元システム である。
濾材で しっかりろ過をし・・・・まずは アンモニア 亜硝酸を ゼロにする。
 ろ過する事によって 生成される 硝酸塩を 今度は 硝酸塩還元システム を使い ゼロにする

これで 一つの水槽で アンモニア 亜硝酸 硝酸塩を 常に ゼロにする事を実現したのである。

もう少し 細かくいうと
これまで ろ過槽のなかで働いてきた アンモニア 亜硝酸を 分解してきた バクテリアは バクテリアの中でも 酸素を好む 好気性バクテリア とよばれるグループに属する種類のバクテリアであるのに対し・・・・

硝酸塩を 分解するバクテリアは 酸素を好まない 通性嫌気バクテリアの一種である事がわかった。
 好気性バクテリアは他にも 我々の周りでも 良く見かける事が出来る。例えば 納豆菌 や ヨーグルト菌 もその一つである。

そんな  好気性バクテリアの一種が 硝酸塩(No3)を 窒素 と 酸素に分解してくれることがわかったのだ。

餌➔ 魚のふん➔ アンモニア➔ 亜硝酸➔ 硝酸塩➔ 窒素と酸素 
これは 餌が 最終的に 窒素と酸素といった 気体に変化する という事を意味している・・・・
極端な話 水交換をしなくても 良質な水質を維持できるという事になる。・・・・・・。

これぞ ろ過の真髄といえるであろう。

そもそも ろ過をする とは 同じ水を リサイクルするためのものである。
川のように 川上から じゃんじゃん 水をいれ 川下へ どんどん 捨てていける システムなら 濾過槽など まったく いらない。

水槽管理も同等 2週間に 半分ほど 水替えするという方々が おられるが・・・それは 一ケ月に全取り替えしている事と同じだね。それでは 同じ水をリサイクルしている ろ過とは思えない。

水槽内の限られた飼育水を どれだけ 長く きれいに 保てるか? これが 弊店の推奨するろ過槽であったり 硝酸塩還元システムなのだ。

ちなみに 弊店のオリジナル水槽の場合 換水は 飼育数がおおいい場合(60cm水槽で 30匹以上飼育)なら2週間に1度  飼育数が少なければ4週間に1回でOK.

どれくらい 交換するのか? ここが  弊店のセールスポイント。
交換量は なんと  1~2割程度。60cm水槽なら 5~10リットル と言ったところである。

このくらいの交換量なら 人工海水等のランニングコストもこれまでの 4分の1 5分の1 年間で計算すると 凄い額が 安くなる計算になる。

このように 交換量が減れば 財布にやさしくなるし 作業時間短縮にもつながる。 
なんたって お魚が 一番喜んでいるはずだ。 なぜならば 水交換時に発生する 急激な水質の変化や 濁りは お魚がもっとも嫌う事だからだ。

だから 多量の水交換はだれも 喜んでいない。 しいて言うならば あなたの気持ちぐらいかな?
「 たっぷり交換して すっきりした― 」
でも その裏側では  財布も 時間も お魚も 実は 悲鳴をあげているのだ。


硝酸塩対策商品は こちら 


こんにちは!くぼたです!(^^)/
桜の季節も終わり、ぼちぼちスギ花粉の悩ましさも終わるころでしょうか???(^^;

さて、3/23より開催させていただきました、日海センター創業47周年の店頭販売創業感謝祭、そしてその後の通販創業感謝セール、一昨日4/16をもって終了いたしました。
約一カ月弱の開催中、今回も非常に多くのお客様にご利用いただき、心よりお礼申し上げたいと思います。

本当に本当にご利用ありがとうございました。

ご利用いただけるお客様がいなければお店は成り立ちません。
心より感謝させていただきたいです。

昨日の定休日を経て、また何とか少しでもお客様に喜んでいただけるような店、会社になるようスタッフ一同努力させていただきたいと思います。

まだまだ至らぬ点も多くあり、勉強、成長しなければなりませんが、何卒どうぞこれからも暖かく応援、ご愛顧頂けたら、嬉しく思います。

今後とも日海センター、よろしくお願いいたします。

今回はご挨拶まで
最近撮った店内での写真です。よろしければ見てください♪(^^)

30698346_1901396333204578_9002382546220492746_n

30723664_1902259039784974_5224874538928709607_n

29694763_1889869817690563_268545800276694278_n

29683973_1887005734643638_1213293526606463127_n

29572703_1882294745114737_7622495438865529649_n

29497991_1876883195655892_8443875601535243881_n

29026028_1865884933422385_5523323184035985262_n

26730817_1808463832497829_7204883087887563919_n

29511295_1881454825198729_8665811792348563737_n

24852533_1768217119855834_2486296994250764222_n

このページのトップヘ