くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

カテゴリ : プランクトンについて

いや 解剖はしないよ。 解剖するのは プランクトンの意味だ。

●魚の稚魚は プランクトン (成魚はプランクトンとは呼ばない。)
●1メートルを超す 越前くらげ もプランクトン
(くらげ は 種類 サイズに関わらず すべて プランクトンである。)

●微生物 は もちろん プランクトン。

いったい 何を境界線に プランクトンである とか プランクトンではない とか 区別しているのであろう。

今日はプランクトンについて ちぃ~~~と 考えてみよう。

上記の三種の共通点は、明らかに大きさで無い事がわかる。だって、3cmのカクレクマノミは プランクトンでは無い のに対し  直径1メートルの越前くらげは プランクトンに位置付けられる。

体色も関係なさそうだ。 

実は、大きさ でも 固さ 軟らかさでもなく、 遊泳力 が焦点と なている。

どれだけ速く泳げるか? て事だ。

って 事は ある程度泳げれば プランクトンでは無い? ある程度って どこに 境界線があるのか?

どれくらい泳げれば プランクトンでは無い といえる のだろうか?

それは 潮の満ち引きのスピード・・・・・・ 潮が満る という事は、深い所から 浅い所へ 海水が移動するという事だよね。その移動するスピードの平均値が境界線である。

なんでまた そんな物が境界線になるのか?

いや実に大切な事である。実に意味がある事なのである。潮の流れが境界線である事は・・・。

潮の流れより速く泳げないという事は、自分のテリトリーに 自分をとどめて置く事が出来ない と言う事だ。

例えば イソギンチャクに入っている クマノミ。 潮の流れより速く泳げるからこそ、毎日 イソギンチャクに入り続ける事が可能なのである。

もし、 それが出来ない。 つまり、自分が居たい所に留まれない・・・・流されてしまう・・・・ と言う事は、捕食されやすい立場にある。 → 海の中では 他の生物の餌になってしまう立場にあるという事だ。

どの生物も テリトリーを作ったり、特定の場所に居る 或いは  隠れていると言う事は、捕食されないための 知恵である。

それが出来ない のが プランクトンである。

それに対し ベントス や ネクトン という言葉がある。 ベントスとは、底生生物、の総称。 
基本的に泳がない底物。 エビや カニ 貝 ゴカイなど。
ベントスの場合 遊泳能力が低くても 水底を這う(歩く)事で自分の居場所に居れるので プランクトンとは区別できる。

ネクトンとは、 プランクトンにも  ベントスにも 属さない それ以外の水生生物の事をいう。ま、いわゆる 普通のお魚たちの事である。

プランクトンにしても ベントスにしても ネクトンにしても、 遊泳能力を境界線として区分している呼び名 なので、 この生物が こうだ と、生物ごとに区分するものではない。

ほとんどの生物は、成長にともなって 変化する。
例えば お魚は、生まれたばかりは プランクトン やがて ネクトンへと成長する。
甲殻類 エビやカニは やはり 生まれたばかりは プランクトン やがて ベントスへと 成長する。


くらげ ぐらいだろうか、一生 プランクトンなのは・・・・・・。

ワムシの話が 数日間続いているんだけど、そもそも ワムシって何?

何のために ワムシが必要なの? 何に使うの? などの質問があった。 そうだよね。 初めて ワムシって言葉を聞いた方は、さっぱりでしょう。 実物は 写真でわかったとしてもね。

ワムシっていうのは、稚魚の餌なんだ。

卵からかえった稚魚が真っ先に食べるもの・・・・それが このワムシなんだ。
クマノミやスズメ類の繁殖に・・・、 食用では マダイ や ヒラメ などに、幅広く 使われている生きているプランクトンである。

海水魚の稚魚って  ワムシ以外にも食べるでしょ? それとも、ワムシしか食べないの?

いやいや おっしゃるとおり、自然界には 無数種類のプランクトンがいるから、何でもいいんだ。 

じゃあ なぜ、ワムシなのか?
というと、簡単に培養して増やせるからなんだ。

他のプランクトンで、簡単に培養して増やせる種類が見つかれば、それも使うだろうね。今後。

生きているプランクトンで、ブラインシュリンプはどうなの?
良く ショップで 乾燥卵で売っていて、孵化させて、稚魚に与えるやつ。

そうそう、それでもいいんだけど、海水魚の稚魚には・・・・・・

大きすぎて、稚魚の口には入らないんだよね。

そこで登場するのが、このワムシなんだ。

乾燥卵をふ化させて 与える生ブラインシュリンプと違い、
ワムシは 簡単に自分で増やすことができるメリットもある。

だから、一回買えば、後は ただだ。
(ただし、ワムシの餌のクロレラは要るよ。)

後、ブラインシュリンプをふ化する時に必ずでる殻(カラ)も、ワムシの培養なら出ない。

ワムシの培養方法は下記をみてね。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              


12

① ② ③ を繰り返すと ワムシはどんどん増える。

なんたって、ワムシ全員が 卵を産むからね。 そうなんだ。
ワムシって みんな メスなんだ。

実は、ブラインシュリンプもそうなんだけど、生まれたら みんな メスなんだ。
だって、その方が増えるからね。

 
じゃあ オスは いないって事?

いや、時期的に オスが出現するんだ。

ブラインシュリンプでいうと、大繁殖しているブラインシュリンプが生息している ソルトレイク (アメリカの塩湖) では、メスだけで、どんどん増えていくんだ。

殻なんか出ないよ。殻無で増えるんだ。

ところが・・・・

乾期になると だんだん水位が低下し、塩分も濃くなっていく。 

うわぁぁぁ 水がなくなる!!!!

と ブラインシュリンプが あわてた時に 

この、、、、大変な時期に 生まれた子供の中に 不思議と オスとして生まれてくる個体が出現するんだ。

その オス と メス の間に 授けられた子供が 殻付の乾燥卵なんだ。

乾燥卵なら、全く 塩湖から水が無くなっても 一年は命をつなげられる。

数か月もすると、今度は 雨期になり、また 塩湖に 水が戻ってくる。
すると、乾燥卵から、

待ってました!!!

と ブラインシュリンプが沢山生まれてくるんだ。

素晴らしい、本能である。

という事で、 ブラインシュリンプの卵って 年に一回しか 採れないんだよ。

ワムシも ブラインと 同様の生活史である。 だから、乾燥ワムシ卵もある。
しかしながら、ワムシは容易に増やせるので、乾燥ワムシ卵の出る幕はほとんど無い。


どーもー これ 昨日の写真です。

口 や 胃 消化管 膀胱  肛門  ワムシって 色々複雑なつくりだよね。

目 が あるんだよ 目が。 IMG_7449人間の基本的な器官のほとんどが この時点でそろっている。 そしゃくのう って 書いてあるの?  
これは、そしゃくする所。 食べた物を噛み砕くところだ。

爪 って 面白いよね。 我々でいうと 手だね。 足の先に物につかむ手があるのだろうか。

卵があったでしょ。 卵って ワムシの大きさの1/4ぐらいまで、ワムシのお腹の中で成長するんだ。 でかい卵だね。なんたって 一生に 3個の卵しか産まないんだから、とびっきり 大きな卵をうむのかな?

ワムシはね。もともと純海水に生息しているんだけど、汽水でも生きられるんだ。・・・・・・・・・・・・・・でね。    培養するときは 薄めの海水で培養するのが良いんだ。 何がいいのかってね。 要するに 単純な事。
汽水(薄い海水)で培養した方が、良く増えるんだ。 しかも、確実に。

海水で培養すると、 もちろん 増えるけれど、増え方にむらがあったり、 時折全滅したり、 培養するには 非常に不安定なんだ。 

それは、なぜか?

培養を不安定にしているのは、雑菌だ。 

雑菌???? えわぁ 汚い・・・・。

と思うでしょ。 いやいや ここでいう雑菌とは、むしろ 皆がいつも欲しがっている、必要な物。 おそらく 貴方。( ̄∠  ̄ )ノ ショップで買い求めた事が 一回や二回 や 三回 や・・・・・・
必ず あるはず。

そう ショップに売ってるものだ。  バクテリア だ。

バクテリアが ワムシの 雑菌なんだ。 

ひえ、バクテリアって ワムシを食べるの? 恐ろしいぃ。

ちゃう ちゃう。 そうじゃない。
ワムシの餌である ”クロレラ” を食べてしまうのだ。ワムシよりも素早く。

だから、ワムシには餌が回らず、数が減ってくる。 そのうち ワムシは
ゼロ になっちゃうんだ。

逆に バクテリアは わんさか 増えてくる。

ところが、汽水にすると バクテリアは わきにくい。

あ、あ、あ、 ワムシの培養って 基本的に 飼育水じゃだめだよ。

必ず 新しい海水。 今溶いたばかりの薄い新海水を使うんだ。比重は1.015から17 ぐらいが 丁度いい。
すると、沢山増えるよ。

ワムシの雄と雌の見分け方 知ってる? 知らないでしょ。
それは 明日にしよう。



この写真は、 ある私立大学の大学院生が 弊店のワムシを電子顕微鏡で、最高倍率にて撮影した写真である。
別に お願いしたわけじゃないよ。 勝手に 撮ってきたんだ。

でも 素晴らしい写真だ。 なんたって、 肛門 とか 胃 とか 口 が あるんだね。ワムシって。


IMG_7449


そりゃ 生き物なんだから、口や 肛門ぐらいあるでしょ。 と思うかもしれないけど、ワムシに 口と 肛門がある事は、ある意味、びっくりですよ。

驚いたのは 口と 肛門の 両方が存在するって事。
考えてみて、 クマノミが大好きなイソギンチャク。 口から食べて、口から排泄するんだ。 つまり、口と肛門が同じなんだ。

それから比べたら、 ワムシって 進化してるよね。

ところで ワムシの寿命は おおよそ 1week 。 短命だね。 死ぬとどうなるか? 溶けてなくなっちゃうんだ。だから、ワムシの死骸って 見た事ないよね。

で、 一生のうちに、どれくらい子供を生むのか、 だいたい 3匹ぐらいだそうだ。 たったの3匹?  いやいや 3匹も。

だって、100匹いるワムシが 1週間で300匹(元々いた100匹のワムシは寿命で死んだとしてだよ) 2週間で900匹 3週間で2700匹。

一か月で100匹のワムシは  8100匹にもなる計算だ。

だよね こりゃ 増えるは。

ワムシはね、弊店でもず~~~~と培養しているんだ。 
培養するときは 汽水で培養するんだ。

”えっ ワムシって 海に住んでいるんでしょ? ” 

ですよ。海です。 でも 培養は 汽水なんです。 詳しくは明日ね。


昨夜 目覚ましをかけた。早朝5時に起きるためだ。
気になってゆっくり眠れず ふと目が覚めたのは4時。

え~~~~ぃ 早い方が良い、と そのまま起き、朝の一杯、苦いコーヒーで、頭を眠りから覚ました。
エンジンをかけ、向かった先は 東京都にある 海水魚ショップ 日海センター 。この時間なら、込まずに すんなり行けるはずだ。

予想通り、休憩も含め、日海センター 開店時間10:00過ぎに無事到着。

と話されたのは、三重県で釣り具屋を営んでおられる Aさん。

「遠いところ ご来店 ありがとうございます。」

Aさんの目的は、海水魚飼育でもなければ 魚の繁殖でもない。全く関係のないものであった。
言うならば、ある事に使いたくて、繁殖グッズを探していたのだ。
昨年夏頃から、弊店のホームページで、繁殖グッズの存在を チェック。
行こう 行こう と 思われてそうである。

繁殖グッズの使用目的である ある事とは、イシダイの餌に使う ”スナホリ”
と言う生き物の飼育である。下記のURLを参考


http://www.chiks.net/fish/sunamogu.html

それが、最近、乱獲で大きいサイズが取れなくなっており、困っていた。
ならば、小さいサイズでも採集して、水槽で大きくしてから販売しよう、という計画が発足したのである。
ところが、”スナホリ”は 何を与えても 食べてくれない。

そこで、ご相談というわけだ。

くまぱぱも 初めて知る 初めて見る ”スナホリ”に対して、 この生物は、何々を食べますとははっきり言い切れない。

しかし生息場所などを Aさんに 伺うと、”スナホリ”はもっぱら、砂地の中に 生息している との事。
砂の中にあるもの・・・・・・、ゴカイやプランクトンだ。それに、”スナホリ”は 生き物なんだから、何かは食べるはずである。

”スナホリ”は全長2cm ぐらいだが、実際食べさせたいのは小さいサイズ。 サイズは1cmぐらい。 となると、プランクトンであろう。

弊店のクマノミの繁殖の時に与える餌もそうだが、 小さい時は、冷凍餌は食べない。生きているブラインシュリンプは食べるのに、冷凍ブラインシュリンプには寄っても来ない。
餌の 生死をはっきり見分けているのである。

ってことは、やはり、生餌で 勝負である。

それ以上の事は、くまぱぱ にもわからない。
なんとか 頑張って食べてそしいな。

ブラインシュリンプを求め、遠方からのご来店に感謝いたします。

このページのトップヘ