くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

カテゴリ : 硝酸塩還元対策

とまぁ 色々書かせていただいたが・・・・プロテインスキマーと ろ過槽 どちらがおすすめか?
という 問にたいしての回答を まとめると・・・
アンモニア・亜硝酸に弱い 魚を中心に飼育するのであれば  濾材を使用した ろ過槽がおすすめ・・・
硝酸塩に弱い サンゴ・イソギンチャクを中心に飼育するのであれば プロテインスキマーがおすすめ・・・・

という事になる。 

なるほど と いう事は・・・・・・
 クマノミと イソギンチャクは 一緒に 飼育できないの? 長期飼育は無理なの?
それぞれのろ過方式に 一長一短があるから 仕方がない
とは言え クマノミと イソギンチャクを 同じ水槽で飼育したい 長きにわたり 飼育し繁殖させたい・・・
04170838_553047e48f925

これは 誰もが 一度は 心に抱く  要望の一つである。


そこで 出てきたのが 弊店独自の 硝酸塩還元システム である。
濾材で しっかりろ過をし・・・・まずは アンモニア 亜硝酸を ゼロにする。
 ろ過する事によって 生成される 硝酸塩を 今度は 硝酸塩還元システム を使い ゼロにする

これで 一つの水槽で アンモニア 亜硝酸 硝酸塩を 常に ゼロにする事を実現したのである。

もう少し 細かくいうと
これまで ろ過槽のなかで働いてきた アンモニア 亜硝酸を 分解してきた バクテリアは バクテリアの中でも 酸素を好む 好気性バクテリア とよばれるグループに属する種類のバクテリアであるのに対し・・・・

硝酸塩を 分解するバクテリアは 酸素を好まない 通性嫌気バクテリアの一種である事がわかった。
 好気性バクテリアは他にも 我々の周りでも 良く見かける事が出来る。例えば 納豆菌 や ヨーグルト菌 もその一つである。

そんな  好気性バクテリアの一種が 硝酸塩(No3)を 窒素 と 酸素に分解してくれることがわかったのだ。

餌➔ 魚のふん➔ アンモニア➔ 亜硝酸➔ 硝酸塩➔ 窒素と酸素 
これは 餌が 最終的に 窒素と酸素といった 気体に変化する という事を意味している・・・・
極端な話 水交換をしなくても 良質な水質を維持できるという事になる。・・・・・・。

これぞ ろ過の真髄といえるであろう。

そもそも ろ過をする とは 同じ水を リサイクルするためのものである。
川のように 川上から じゃんじゃん 水をいれ 川下へ どんどん 捨てていける システムなら 濾過槽など まったく いらない。

水槽管理も同等 2週間に 半分ほど 水替えするという方々が おられるが・・・それは 一ケ月に全取り替えしている事と同じだね。それでは 同じ水をリサイクルしている ろ過とは思えない。

水槽内の限られた飼育水を どれだけ 長く きれいに 保てるか? これが 弊店の推奨するろ過槽であったり 硝酸塩還元システムなのだ。

ちなみに 弊店のオリジナル水槽の場合 換水は 飼育数がおおいい場合(60cm水槽で 30匹以上飼育)なら2週間に1度  飼育数が少なければ4週間に1回でOK.

どれくらい 交換するのか? ここが  弊店のセールスポイント。
交換量は なんと  1~2割程度。60cm水槽なら 5~10リットル と言ったところである。

このくらいの交換量なら 人工海水等のランニングコストもこれまでの 4分の1 5分の1 年間で計算すると 凄い額が 安くなる計算になる。

このように 交換量が減れば 財布にやさしくなるし 作業時間短縮にもつながる。 
なんたって お魚が 一番喜んでいるはずだ。 なぜならば 水交換時に発生する 急激な水質の変化や 濁りは お魚がもっとも嫌う事だからだ。

だから 多量の水交換はだれも 喜んでいない。 しいて言うならば あなたの気持ちぐらいかな?
「 たっぷり交換して すっきりした― 」
でも その裏側では  財布も 時間も お魚も 実は 悲鳴をあげているのだ。


硝酸塩対策商品は こちら 


お魚大好き君だよ。今回は、HBの良さに
ついてのお話だよ。
php_edited
一番の特徴は極めて多孔質な構造であることだよ。その為
ろ過材の下層部分に使用すると、嫌気バクテリアの活動により、
硝酸塩還元効果が期待できるんだよ。これは、日海のデ-タ-
でも確認済みだよ。
image
又、ろ過材の上部に使用すれば、好気性のバクテリアの活着にも
勿論優れているんだよ。
image
それと、非常に硬くて丈夫なので、崩れたり、割れたりするリスクが
ほとんどないので、相当な長期使用が可能なんだよ。ただ、PHを
高く保つ作用はないので、混合ろ材との併用をお勧めしてるんだよ。
日海オリジナルの硝酸塩還元塔では、メインのろ材として、大活躍
してるよ。まだ、使用していない方は、是非これを機会に、日海オリ
ジナルのろ過材の使用を検討されてはいかがかな。
お魚大好き君でした。■日海センター:オンラインショップは こちら

弊店オリジナル商品の一つ。

硝酸塩還元シリーズ
こちらも いつのまにか 気が付いたら こんなに種類が増えていた。


deba5264

そりゃぁ 水槽サイズに合わせて 色々なサイズが出てくるのも 当然って いっちゃぁ 当然。

でもね、 大は 小を兼ねる・・・・・・・ って 言うよね。
「デカいのが 一つ あれば いいんじゃない?
まぁ あったとして デカいのと 中ぐらいの 2種類あれば、 後は いらんでしょ。 」

と 思うでしょ。 そりゃぁ~ 甘い。 考えが 甘すぎる。
くまぱぱの 考えは もっと 辛いのだ。

 大は 小を兼ねる・・ と いう理論では そうだが、 小さいのを 作ったのには 深~~い 深~~~~い 訳がある。

このサイズでしか 納まらない 現状がそこに あったからだ。

皆さん ご存じ かんたん槽シリーズには 標準で この 硝酸塩還元システムが 付いてくる。
どのかんたん槽にも 入れなければならない。
SUISEN13-9

かんたん槽NK-90には 黄色い丸の部分が 還元筒である。↑




こちらは 他社の人気水槽 ニッソクロスミニ。
IMG_3948

この水槽の面白いところは・・・・ 水槽幅も20cm 奥行も 20cm 水量にして たったの 7リットル
こんな小さな水槽でありながら 一応 オーバーフロー水槽である。

この水槽 弊店でも 良く売れている。 そこで、 この水槽にも 硝酸塩還元システムを 取り入れたい。

でも かんたん槽用でも 大きすぎる。
deba5264



そこで ニッソ クロスミニ水槽用 硝酸塩還元筒が 登場したと 言うわけだ。
IMG_3937

これが 濾過槽部分。この濾過槽部分に ちゃんと 納まっている
IMG_3938


そして 水槽を置けば 


IMG_3944

セット完了。

IMG_3948


ところで 硝酸塩還元システム 皆さんの水槽には 付いている?
水槽内の硝酸塩が 無くなると・・・・・・
それはそれは 素晴らしい 環境が 広がりますよ。

まずは 苔が生えない?・・・・・・ とは までは 言わないが、 極力 苔の発生が遅くなります。
下手をすると 生えている苔が 減っちゃったりするから すごいよね。

サンゴ イソギンチャクが 飼える?・・・・・ いままで、 なんとも 長生きしなかった、無脊椎が 数か月 一年・・・・・生きる・・・・
だけでなく  いや 水槽で 成長を遂げていく様が 普通になる。

とにかく、 普通に水槽内に残留していく 硝酸塩・・・・・・魚には関係なくても
これが、無脊椎動物には 死活問題にあたる。

海の中は 硝酸塩 ゼロ だからね。

ところで 硝酸塩って ご存じ? だよね。
だけど 念のため・・・ 確かめておきたい・・・・・ という方は こちらへ

 



硝酸塩とは なにか? そして なぜ たまるのか? の続編

魚に与えた餌が フンとなり アンモニアとなり 亜硝酸となり 最終的に硝酸塩の状態で 水槽にたまっていく。
このたまっていく 硝酸塩は 基本 魚にはそんなに有害ではないが、
サンゴや イソギンチャク 一部の小型ヤッコにとっては 有害である。

だから この硝酸塩を下げなければならない。この 硝酸塩対策は 3つ方法がある・・・・ というお話を 先日ブログで書いた。


その一つが 弊店の方法
①硝酸塩還元塔を用いて その筒の中に 生分解樹脂や 濾材をいれて  通性嫌気バクテリアを繁殖させ 脱窒する方法


②硝酸塩還元塔など 道具は使わずに 厚く敷いた底砂の中に生分解樹脂をいれて、通性嫌気バクテリアを繁殖させ、 脱窒する方法。

第3の方法が、 硝酸塩還元塔も 生分解樹脂もつかわないもっともシンプルな方法。
③硝酸塩を下げる添加剤を添加して 硝酸塩を下げる方法である。

ぶっちゃけ どの方法がいいの?
といきなり 聞きたくなるよね。
一言で 答えよう。そりゃぁ 決まっている ①の弊店の方法が一番いいよ。
と・・・・・・・
 声をにして言いたい 。

IMG_2782


その理由は 一番 硝酸塩を下げるから・・・・・・・・・・・・ではない。
どの硝酸塩対策よりも 安定して 一番メンテナンスが少ないのが 特長である。

硝酸塩を下げる第二の方法 底砂を厚くする方法・・・・・この方法で 懸念される点が、底砂が厚いという点である。
底砂を厚く敷くと・・・・・嫌気性バクテリアが働き硝酸塩が下がる一方 腐敗菌も発生し 水を腐らせてしまう状況もありうる。なぜ ありうるのか?

それは、我々 が  嫌気性バクテリアが働く条件と 腐敗菌が働く条件を 混同してしまっているところにある。
嫌気性バクテリアは正式には 通性嫌気バクテリアと言い、名まえからわかるように 全く水が動かない 嫌気の場所では働かない。 ゆっくりと水が動いているところで働く バクテリアである。

それに対し 全く水が動かない 場所で発生し 働くのが 腐敗菌である。腐敗菌は 硝酸塩を下げず、むしろ 硫化水素(有毒ガス)を発生させ 魚を死なせてしまう。

ここで 考えてみよう。 厚く敷いた底砂の中の水は ゆっくり動いているだろうか それとも 止まっているだろうか?

水中ポンプでも入れて 意図的に 水を動かさない限り、常識的に考えて 厚く敷いたすべて
底砂中の水がゆっくりと動くだろうか?

すべて・・・・・ ここが 大事である。底砂中の水が動いているところもあれば 動かないところもある。
これでは ダメだ。動いていないところから 硫化水素が発生してしまう。


思い出してほしい 弊店は 硝酸塩還元塔を用いて通性嫌気バクテリアを 繁殖させる方法をとっている。
硝酸塩還元塔には 水中ポンプで 強制的にゆっくりの水流を循環させているシステムを取っている。 だから 通性嫌気バクテリアが安定して 増える事が出来る。


③添加剤を 添加して硝酸塩を下げる方法はどうだろうか?
この方法が 一番シンプル・・・ 
硝酸塩還元塔を買う必要もなければ・・・・
底砂を厚く敷く必要もない。 添加剤を購入し 添加すればよい。

但し 結構するね。価格。 見てびっくりしちゃった。
まぁ 価格はさておき・・・・・。

この方法でも 硝酸塩は下がる。・・・・・が・・・・・・
この方法は 添加量を間違えると・ 一気に水槽の状況が悪化することが 知られている。だから 添加量は厳密に行う必要がある。
しかも、 最初の数日は 添加する量は 日々 増やしていく・・・・・らしい。その後は・ 硝酸塩の下がり具合によって調整する。
添加するタイミングは 添加剤の種類によって異なるらしいが、 ほとんどの添加剤は 毎日、または 二日に一回 又は 週二回添加すればよいものが多い。

という事は、三日間以上 家を空けることが出来ない????? 

弊店は 硝酸塩還元塔を用いて通性嫌気バクテリアを 繁殖させる方法をとっているので 早い方で 3っか月に一度のメンテナンス(通性嫌気バクテリアの餌を追加する)でよし。
もし 飼育している魚数が少なければ 半年に一度のメンテナンス(通性嫌気バクテリアの餌を追加する)で硝酸塩ゼロを キープしてくれる.これは 嬉しいでしょ。

また 添加剤と 異なり、メンテナンス時の 通性嫌気バクテリアの餌の入れすぎは 全くない。
もし 規定量より 入れすぎたとすると・・・・ 次のメンテナンス時に まだ 残っている・・・・・って感じ ただ それだけだ。 

IMG_2783


今日も一台の 硝酸塩還元塔が売れていく。 なんたって 売出し中 1割引きだから・・・・ネ
配管は くまぱぱが・・・・
IMG_2785

ちょちょいの ちょい と 
IMG_2787

やっちゃうので、 
IMG_2788

お客様は ここに ホースを指せば 
配管OK だよ。
IMG_2789


配管の流水は毎分5リットル以下・・・ 硝酸塩還元塔の 下からいれて 上から 出す。 ここがポイント。
IMG_2790


中に入れるものは この 3種類。
写真 左が 商品名バイオチップ 通性嫌気バクテリアの餌。
右上が ハイブリットボール。通性嫌気バクテリアの住まい。
右下が 通性嫌気バクテリア。
IMG_2792

この 商品名・・・・バイオチップ が 硝酸塩還元塔のなかで 消費されなくなっていくので、これを 3か月から半年に一度追加すればよい。 この追加する事・・・・・これが メンテナンスである。

簡単でしょ。  硝酸塩還元塔を洗浄したり オーバーホールする必要は全くない。

この 長きにわたり 安定して 確実に硝酸塩を下げる 方法が 弊店のお勧めする 方法である。
 



こちらが(下の写真) 弊店で 良く売れている 硝酸塩還元塔 という 商品だ。
弊店の水槽セット一式の中に必ず といっていいほど、含まれていて よく紹介している・・・・

IMG_2782

ちなみに 以前紹介した1200オーバーフロー水槽には・・・・

IMG_2794

ここについていた。↓ 硝酸塩を下げるための 必須アイテムである。

IMG_2795

硝酸塩とは なにか? そして なぜ たまるのか?

魚に餌を与える
魚がフンをする
フン・・・・→アンモニアとなる
アンモニアがろ過され 分解され 亜硝酸になる
亜硝酸もさらに ろ過され 分解され 硝酸塩となる。

通常のろ過では 硝酸塩までの分解しかしない。
つまり 与えた餌分だけ 硝酸塩は 増える。
水交換は 定期的にしか行わない反面、餌は 毎日与えるよね。しかも 日に数回。
だから 硝酸塩は たまりにたまっていくのである。

この硝酸塩は 魚には無害であることが知られていたので このような飼育方法が一般的であった。
近年 サンゴや イソギンチャクにとっては この 硝酸塩が有害物質であることが明なになっている。
また一部の魚(小型ヤッコなど)にも有害であることも確認された。

サンゴや イソギンチャクがうまく飼育できない人の理由のほとんどが この 硝酸塩の問題である。

なんたって 自然界の海の硝酸塩濃度は ゼロ である。従って、それを 再現することで サンゴや イソギンチャクの飼育が 簡単にできるようになる。

この硝酸塩を下げるための対策を 弊店では 硝酸塩対策と呼んでいる。
実は 硝酸塩対策 とは 大きく分けて 3の方法がある。

その一つが 弊店の方法
①硝酸塩還元塔を用いて その筒の中に 生分解樹脂や 濾材をいれて  通性嫌気バクテリアを繁殖させ 脱窒する方法


硝酸塩還元塔を用いない方法もある。
②硝酸塩還元塔など 道具は使わずに 厚く敷いた底砂の中に生分解樹脂をいれて、通性嫌気バクテリアを繁殖させ、 脱窒する方法。

第3の方法が、 硝酸塩還元塔も 生分解樹脂もつかわないもっともシンプルな方法。
③硝酸塩を下げる添加剤を添加して 硝酸塩を下げる方法である。


もちろん、 弊店は ①の方法を推薦する。
その理由は・・・・・
とにかく 長期間 安定して 確実に硝酸塩を下げる事が出来るからである。硝酸塩全くなくす。ゼロにすることも 夢ではない。

その長期間安定させる 弊店の硝酸塩対策の裏ワザ そして その長期に安定させる事の必要性について 次のブログで解説したい。



このページのトップヘ