くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

カテゴリ : 飾りサンゴについて

ところで、皆さん 不思議には思わないだろうか?
 生きているサンゴ ミドリイシ や ハナガササンゴが 問題なく輸入されているのに、
死んでいる 飾りサンゴは 輸入禁止となっているわけ。

本来 逆であろう。 
飾りサンゴは もう すでに 砂浜に 打ち上げられ 死んでいるサンゴ達のこと。
すでに死んでいるのだから、輸出をしても 自然破壊にはつながらない。

生きているサンゴほど、生きているのだから、守らなければならない。
と 先日のブログで 書き終わった。

こう考えてみよう・・・・。
そうすると 上記の謎が解ける。

皆さんが、もし、 インドネシアに渡って、サンゴを採取する商売を ゼロから 始めようとしよう。
サンゴを採取する商売と言っても 大きく分けて 二通りある。
❶生きているサンゴを取り扱う。
❷死んでいるサンゴ(飾りサンゴ)を取り扱う。

どちらが 容易に商売をスタートさせることが出来るだろうか?
当然ながら ❷のほうに違いない。

❶のほうでは、莫大な資金が必要だ。 生きているサンゴをストックするための 多数の水槽、設備、それを、管理するためのノウハウ 及び 人材など・・・・。
❷なら、 ストックするのに 死んでいるサンゴだけに 空き地に野積みでOKだ。また、生きているサンゴではないから 、サンゴが死ぬことも無い。

圧倒的に ❷を商売にする人が多いはず。なぜなら 容易に始める事が出来るからだ。
だから そこに、歯止めをかけるのである。

砂浜に転がっているサンゴなどは、採りつくされて そう あるものでは無い。じゃぁ どうするか?
夜間に、生きているサンゴを 採取し、 砂浜に 転がしておくのだ。
そして、 朝 同じ(グループの)人間が 砂浜に転がっていたサンゴを採取する。
「これ 死んでましたよ」 と言って・・・・

こんな事をされては、あっという間に サンゴは乱獲されてしまう。

生きているサンゴを取り扱う業者であれば、それなりの規模が必要だし、届出をすることで 国も 監視の目を配ることが出来る。

密漁になりやすいのは だれの 目も 触れない 個人(小人数)の仕事である。
だから、 飾りサンゴは 全面禁止になっている・・・・・というわけ・・・。

くまぱぱでした。


今や ワシントン条約により 輸入禁止となっている 飾りサンゴ。 そう そんな 貴重な飾りサンゴを 倉庫から沢山 いや ちょびっと・・・ いや それなりの数、 処理し 昨日店頭に出した。
下記の動画は その中の一つ。




魚を専門に飼育される方に、飾りサンゴは必須アイテムである。 レイアウトに使うのは、ライブロックでは無く、 飾りサンゴなのだ。なぜなら・・・・・

ライブロックは 何しろ、 天然の海から採取してきた 生きている岩だけに、 色々な付着物がついている。 それが、ライブロックの良さなのだ。

その ライブロックの良さが、逆に 飼育する魚の種類にとっては あざになってしまう場合も多々ある。

 その魚種とは 白点病などの 病気にそんなに強くない チョウチョウウオや ヤッコ類がその代表選手であろう。

病気に強くない魚にとって  ライブロックの付着物は、余計な付着物でもあり、
ライブロックを水槽に入れる事は 余計な雑菌を、水槽に入れてしまう事になりかねない。
また、万が一 病気になった時、ライブロックが水槽に入っていたら、投薬治療ができない。

そこで 重宝されるのか、 いまや 貴重な飾りサンゴ。弊店の飾りサンゴは 煮沸消毒等行っているので、雑菌の持ち込みが無い。
また 飾りサンゴは ライブロック(生きている岩)ではないので、投薬しても、関係なし。

ところで、皆さん 不思議には思わないだろうか?
 生きているサンゴが 問題なく輸入されているのに、
死んでいる 飾りサンゴは 輸入禁止となっているわけ。

本来 逆であろう。 
飾りサンゴは もう すでに 砂浜に 打ち上げられ 死んでいるサンゴ達のこと。
すでに死んでいるのだから、輸出をしても 自然破壊にはつながらない。

それより 生きているサンゴの輸出を許可する事のほうが、自然破壊となりうる。
何か、変だ。
そのあたりは、 後日のブログで・・・・・・。

処理したサンゴ達はこちら

それにしても 大きな飾りサンゴ達・・・・・
数十年前に 海外から輸入した飾りサンゴの中に・・・・・ 時折 大きな・・・
いや とてつもなく 大きな飾りサンゴが あってね・・・・

こんな デカいの探してたよ・・・・ と言う方のために・・・・・ ちょこっと ご紹介するね。
それにしても デカいので、 一般の方が 水槽に入れるのは 無理。

幅 1メートル × 奥行 1メートル 以上の水槽なら 入れられるかな。 やっぱー
水族館クラスには ぴったりの飾りサンゴ だね。

 いまや 貴重なサンゴだけに、お部屋に飾っても OK  ちなみに 価格も特大・・・

では ゆっくり ご覧あれ
  ■枝振り見事な 特大 飾りショウガサンゴ ■


■ 真っ赤な 特大飾りパイプサンゴ ■


■ 巨大ミドリイシの飾りサンゴだ。 ■


その他にも 少々 あるよ 
こちらを見てね 

お魚大好き君だよ。今回は、飾りサンゴのご紹介の仕方が
新しくなったので、そのご報告ですよ。今までは、その
形状を見てもらうのに、素手でサンゴをクルクル回していたんだよね。
それを、空冷ファンをうまく利用してね、ろくろのように回転させて
みたんだよね。それが、なかなか良い感じなので、是非皆さんに、
見てもらいたいんだよね。まずはね、どんな飾りサンゴがあるのか、
写真で見てね。
image
image
image
image
これらのサンゴをね、ご紹介の新兵器がこれだ。
image
image
では、実際のご紹介映像は、日海のホームページでご覧ください。
■日海センター:ホームページは こちら
■日海センター:オンラインショップは こちら
飾りサンゴのコーナーは

お魚大好き君だよ。今回はね、以前にご紹介させて
もらった パズルピースの続編だよ。では、その
種類と形状を写真で見てね。
 
image
image
image
image
image
この透明な棒の部分を利用して台の穴に上手く固定するんだよ。では、
次回は具体的なレイアウト編だよ。お楽しみに。
お魚大好き君でした。商品の確認は、
■日海センター:ホームページは こちら

                              

このページのトップヘ