関東地方の皆様、計画停電が各地で実施されてるね。一日 3時間ぐらいの停電で、皆が電化生活を送れるのであれば、それは有りがたい事。停電は、交代だから、お互い様。

先日、弊店近くの交差点で、警察官が二人が交通整理のため 停電に備えて 待機していた。
思わず 聞いてしまった。
「 いよいよ 停電ですかね?」
警察官
「そういう連絡が来てるので待機してるんだよ」
くまぱぱ
「でも もう 15分も過ぎてますよね」
警察官
「そうなんだよ、皆さんと同じで、 東電の発表により 待機させられているから、”中止” という発表もしくは 連絡が無いと、このまま、3時間待ってなくちゃいけないんだ。仕事だからね。」
くまぱぱ
「そうなんですか。 東電も ハッキリしないですからね。 お仕事頑張ってください」
と別れたのですが、結局 停電にならず、無駄足だった警察官。

なんとか、密に連絡をとって、こんな無駄がないように。  停電をしないのであれば、その3時間 他に仕事が出来たでしょうに。 停電もしない交差点に立っている警察官の その3時間の給料は誰が払うのでしょうか?
私たちの税金を もっと もっと 有効に使っていただけないですかね。

おそらく 100人態勢の警察官が 色々な 大きな交差点に配備されていたと思います。 無駄 無駄 無駄。 でも ご苦労様。

ところで、 エアーポンプってどこに置くもの? 置いてはいけない場所てあるの?
先日 あるお客様から 上記のような素朴な質問を受けた。


ea-p1

エアーポンプは 電池式 電源式 は問いません。両方に共通して言える事です。

① 水槽の上 
② 水槽の横
③ 水槽の下 (上の図にはありません)

皆さん、当然ですよね。 知ってますよね。 

正解は①のみですよ。 ②と③は ダメ ダメ。
要するに 水面より上にセットするのです。

停電になった時、或いは 電池が切れた時、 エアーポンプからのエアーの出力が止まるでしょ。すると 水槽の水がエアーチューブを逆流
する可能性があるのです。
逆流するという事は、水槽の水が水槽外へ出ていく という事。つまり 漏水と同じである。
さらに、 エアーポンプの中に海水が入り、エアーポンプは壊れる。
電源式のエアーポンプの場合、さらに 、困った事が起きる可能性がある。
それは、停電が終わった時に起こる。
通電した瞬間に、お部屋のブレーカーが落ちる。
なぜなら、エアーポンプの中に海水が入っているのだから、漏電し ブレーカーが落ちるのである。
という事は、部屋全体の電気の供給がストップ。 そこの部屋に他の水槽があったら・・・・・。冷蔵庫があったら・・・・・。 旅行中だったら・・・・・・。

考えると ぞ~~~~~とする。

水面より 高い位置に置くんですよ エアーポンプは・・・・・・

では お休みなさい。