くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

カテゴリ : ワムシについて

ところで、・・・・・・
先日お話しした ワムシ。
ワムシの起源は 先日もお話ししたように、 以外に新しい。
いろんな微生物が地球上にいるのかで、 なんと ワムシの出現は ウニやヒトデよりも遅く 魚類の出現した時期であった。
この事から、魚類の繁栄に ワムシが 一枚絡んでいるのは 確かではないか と くまぱぱは 考える。

そんなワムシ。 今では 魚類の繁殖に、欠かせないプランクトンである 。
だからこそ 弊店でも 売られていて 人気商品になっている。

では
一体誰が 最初に ワムシを培養したのであろう。 どこかの国の 誰かが ワムシを培養し始めたわけだ。
それが 今日に引き継がれている。

ワムシの培養って いつごろから始まったのか? 何十年前? いや 百何十年前から・・・・・。
そして それを始めた人は どこに住んでいた 何人なのだろうか。 欧米の方々? アジア人?

ちなみに 100年前の日本は 丁度 明治時代から大正時代に移った頃である。





そのころ、  これまで 育ててきた養殖ウナギが 一晩で 全滅という 事態が 時折 各地で起きていた。
 調べてみたところ あるプランクトンが大繁殖していた。そして 池の中が酸欠状態になる事が原因で ウナギが全滅していることが付きとめられた。

そのプランクトンこそが ワムシである。 当時 ワムシは 害虫扱いをされていたプランクトンであった。
 それに目を付けたのが 三重県立大学教授の 伊藤教授である。
当時 伊藤教授は アユの繁殖の研究を任されていた。アユの繁殖のカギを握るのが 言うまでも無いが 稚魚の餌となるプランクトンである。 色んなプランクトンを採取して与えるものの、安定供給が難しい。 プランクトンが取れる日もあれば 取れない日もある。

そこで 伊藤教授が目を付けたのが、 増えすぎて ウナギを死なせてしまっている ワムシである。
このワムシなら 汽水のウナギの養殖池に いつも 居る。それを 採取して 稚魚に与えることを 試みた。 すると これまでになく アユの稚魚は成長し、一回で1万匹の稚魚を育てられるまでになった。

この時点で アユの稚魚にワムシが有効であることが 認められた。
そこで 次のステップである。 ワムシを 人工的に培養するには どうしたらいいのであろうか?
その研究が始まったのが昭和38年である。
ワムシは汽水で爆発的に増える事 植物プランクトンを食べている事などが 次々に明らかになってきた。

でも 当時は まだ ワムシを培養するのに効率のよい 濃縮クロレラなど無い。 当店でも扱っている 濃縮クロレラが 世に出たのは なんと 最近の事 昭和50年代に入ってからの事である。

 と言うわけで、 フタを開けてみると、 ワムシを培養した最初の人は やっぱり 日本人であった。
伊藤教授は ワムシの培養の第一人者 草分け的存在である。 その技術は 国内だけでなく いまや 世界中で 当たり前のように培養されている。 

くまぱぱでした。 

クマノミの繁殖に欠かせないのが プランクトンの ワムシ。 いやいや クマノミ類だけではない。 そもそも 魚類の繁殖 アユから始まり 鯛 ヒラメ マグロにまで あらゆる魚類の繁殖を 成功に導いたのが このワムシである。

ワムシの起源を調べていくと・・・・・・ とんでもない事に遭遇してしまった。
ワムシは 0.08~0.2ミリの 微細なプランクトン。 アメーバーや ゾウリムシのような 微生物の一員である。・・・・・・
と思っていたら 全くそうでないことに 驚かされてしまった。

ワムシは イソギンチャクや クラゲ・・・・・・よりも 後に生まれた・・・・ つまり 進化して 生まれている。
 その次の世代 ウニや ヒトデ ナマコ・・・・ 二枚貝 よりも 後に生まれた つまり 進化して生まれている。

年代表で見ると、 古生代のオルドビス紀。 ワムシが出現したのは 約5億年前の事である。
また 別の年代表で他の生物の起源を 見てみると・・・・・

何と

魚が 出現した時期と ぴったり重なった。
魚類が出現したのは 古生代のオルドビス紀 約5億年前の事である。

こんな 偶然が あろうものか?
下記の写真は 弊店のワムシの 電子顕微鏡写真である。

IMG_4200

確かに 口と肛門がそれぞれある。 食べたものを そしゃくするところもあれば 膀胱(ぼうこう)まである。 目もある。

この ワムシの出現こそが これまで 細々と 生きていた魚類の発展の起爆剤になったのではないか すくなくとも  何らかの影響を 及ぼしたことは 明らかだ・・・・・・ と くまぱぱは 思ってしまった。

いろんなプランクトンがいる中で 魚類は どうも ワムシを 好んで食べてきたことも 最近明らかになってきている。

どうにも こうにも 魚類にとって 美味らしい。 ワムシが・・・・・・。

ところで 

ワムシの培養は 一体 どこの国の 誰が始めたことなのか、何のために・・・・ そして それは いつごろ?

そのあたりは 次号のこの ブログにて・・・・・・ 



生ワムシお試しパック 新登場。なんです。です です。

「え? ワムシって 昔から あったでしょ。日海に・・・・」

もちろんありました。 そのワムシは 購入後 培養して増やして・・・・さらに 栄養強化して
稚魚に与える・・・・・・ という ための 種のワムシ....といったような 商品だったのだけど・・・。

IMG_7366

しかし 多数のお客様に 
「それ めんどくさい」
「培養ってどうするの?難しそう」.................などなど、

という理由なのか?  せっかくクマノミが繁殖したのにも かかわらず、
ワムシの培養という 大きな壁で 稚魚の育成をあきらめていた   断念していた人が 多いいんじゃないの.........と お客様に 指摘をされた。 


そこで 登場したのが・・・・この商品。 ””生ワムシお試しパック””
 
稚魚は 育ててみたいけれども、 ワムシの培養はしたくない・・・という わがまま な いえいえ 大切なお客様のご要望によって 実現しちゃいました。

下記のように  小分けワムシが8区分され てパッキング。 袋ごとに 数字が明記してあるので
その数字の順に ワムシを 稚魚のケースに 投入していくだけ・・・・。

IMG_7366
 

もう 栄養強化しているので 二次培養とか なんたらかんちゃらは 一切不要。
袋の中のワムシを ワムシネットで越しとり 稚魚のケースに 入れるだけ。 そうなんです。 これなら ワムシを培養しなくても すむんです。

但し、 制限....もあるんだ。 
ワムシを培養しないのだから・・・・ワムシは増えない。
つまり 袋に入っているワムシの分しか 数的に 稚魚が育てられないという事だ。
それでも うまくすれば 2~30匹は 大丈夫じゃないかな?

もっとも 稚魚の生存率は 卵の良しあしによっても変動するのから なんとも言えないけどね。


ついに クマノミの繁殖も 新たな時代へ突入した.....と....感じる   今日この頃でした。
 


おととい、 水戸ナンバーのお車が店頭にご到着・・・・。
タツノオトシゴの繁殖がうまくいかない・・・・・とうお客様だ。
孵化したブラインシュリンプを与えても、食べるものの・・・・一向に成長しない・・・。
しかも、毎日 ぽち  ぽち  と・・・・数を減らし・・・・・
1週間で・ いなくなってしまうそうだ。

行きつけのショップに、ご相談したところ・・・・・・ワムシというブラインシュリンプより細かい餌を 与えないといけないんじゃない? といわれ、

ネットで ”ワムシ” を検索したところ・・・・弊店が引っかかってきた・・・・というわけだ。
それにしても、茨城県水戸市から わざわざ、足を運んでいただいている事に、感謝感謝、、、、です。

IMG_1204

という事で、ワムシ培養セットをご購入いただいたんだけれど・・・・・・。

くまぱぱに言わせてもらうと、 タツノオトシゴの餌は、孵化したブラインシュリンプでも食べてくれるし、成長するはず・・・・・。

要点は ワムシとか ブラインシュリンプとか・・・・という事ではなくて、その与える餌を2次培養しているか どうかという事である。2次培養していない餌を与えても・・・タツノオトシゴ(にかかわらず海水魚の稚魚は・・・)は成長しない。

2次培養をするための商品は ”マリンスペシャル栄養強化剤” という商品で・・・ちゃんと・・・ワムシ培養セットの中に付属されている・・・。上の写真で言うと 緑色の粉末である。

2次培養とは・・・・・・

その前に 1次培養とは・・・・ ワムシ(あるいは ブラインシュリンプ)等のプランクトンを ストックしたり、増やすための培養の事をいう。

2次培養とは・・・・・・ その増えたワムシ(あるいは ブラインシュリンプ)等のプランクトンを 稚魚に与える前に栄養を強化するための培養の事をいう。

1次培養と 2次培養と 具体的にどう違うのか・・・・ というと・・・・
、 ワムシ(あるいは ブラインシュリンプ)等のプランクトンを培養するときに使う 餌が異なる。

1次培養に使う餌は 淡水産クロレラ、
2次培養に使う餌は マリンスペシャル栄養強化剤     ・・・・である。ただ それだけ・・・・

 栄養強化・・・・2次培養しなければならない理由の一つは・・ 不飽和脂肪酸を含有しているところである。
淡水産クロレラには 不飽和脂肪酸(DHA/EPA)は含まれない。 この不飽和脂肪酸は海水魚の 特に稚魚には必須成分で、これが 含有されていない餌を食べても・ 速やかに成長することが出来ないし、いずれ★になってしまう。
もちろん、それ以外に アスタキサンチンや ・・・・稚魚の成長に必要なあらゆる栄養素が含有されているのが さきほど ご紹介した 弊店オリジナル マリンスペシャル栄養強化剤なのである。
弊店は この マリンスペシャル栄養強化剤を 親たちにも 与えているのだ。
なぜか?って 言うまでもない。 栄養満点の卵を産んでもらうためである。



ところで・・・培養するときの話にもどすと・・・・。
最初から つまり 1次培養の時から マリンスペシャル栄養強化剤を使っていれば いいんじゃないの?
と 思うかもしれないけれど・・・  それは・・・・ブー  ブー
マリンスペシャル栄養強化剤は 養分が有り過ぎて、プランクトンの飼育水を 速攻で腐らせてしまう。
そのため、マリンスペシャル栄養強化剤を添加した飼育水は 1日で新しいものと 交換しなければ 培養中のプランクトンが死んでしまう。

毎日 プランクトンの水を全部取り替える????? そんなこと で  き  な  い 。  でしょ。

要するに、マリンスペシャル栄養強化剤では うまく 培養が出来ないのだ。
単純に 培養(1次培養)するには・・・・・やはり、淡水産クロレラ・・が・良い。



という事で、 茨城県水戸市から ご来店のお客様。 マリンスペシャル栄養強化剤も セットに含まれている・・・・という事で、ワムシ培養セットを 1式 ご購入いただいた。

最後に 「遠いところありがとうございました・・・。」 と 言ったくまぱぱに・・・

「 いえ いえ でも  そんなでもないですよ・・・・ すいていると、1時間30分ぐらいで つきましたよ」

??? そんなに 近い? 
 は は~~~ん。
 信号を守っていないのか?   それとも スーパーカー か?
外見は 普通の国産車だったが・・・。












昨日はフィリピンから 送られてきた海水魚を 成田空港まで迎えに行った話だったよね。
 通関業務も踏まえ、輸入するという仕事は、くまぱぱも 国際的な ・シゴトをしているんだなぁ・・・・・

と つい 大きな気持ちになっちゃうんだけど、今日は、その反対。
え?見えるの? ってなくらい 超ちっちゃいものの話。
そのサイズ 45ミクロン・・・・・ 弊店で独自に培養し続けている ワムシだ。

wamusi-01[1]

45ミクロンって いうのは 0.045ミリ・・・・。
それら小さなワムシを掬えるネットは 弊店オリジナルのワムシネット。
そのネットの目のサイズは30ミクロン。
IMG_0523-1
これが そうだ↑。

今日はそのワムシネットを見てみよう。
IMG_0522-1

円形に切り取ったワムシネットを乗せ

IMG_0524-1

リングをかぶせ↓
IMG_0525-1

後は コンコン コン・

IMG_0527-1

後は シールを貼って おしまい。
IMG_0529-1

この逆をしてもらえれば ご自分でワムシネットを交換することが出来る。
交換用ワムシネットは 500円で売ってるので、通水が悪くなってきたら 即交換しよう。
水キレがわるいと イライラするもんね。
あ、 そうそう 交換は
ご自分で・・・・。

このページのトップヘ