くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

カテゴリ : 水槽紹介


でました・・・・・ついに・・・・
練りに練った この水槽・・・・ 
水槽名・・・
かんたん槽NK-28スライド

なんたって 2日前に ようやく 名前も決まったの・・・なんのって・・・
略して かんたん槽スライドでも OK 
28と あるけど・・・・ 実はこの水槽 28cm角 だけれども・・・・オーバーフロータイプ。

IMG_7353


最大の 特長は・・・・・・ 濾過槽が引き出せる・・全く新しいタイプのオーバーフローである。
IMG_7355


引き出せると・・・・ 中に入っている 活性炭や 濾材など 出しやすい。
しかも・・・ この 引出し・・・取り出そうと思えば・・・ 全部 そっくり取り外せるのだ。
IMG_7357

という事は・・・(((( ;゚д゚))) ろ過箱ごと お風呂場で 丸洗いが出来る・・・・ なるほど・・・・
それいいね・
良いでしょう。

また 硝酸塩還元や ヨウ素殺菌 カキガラによるカルシウム補給システムが・・・・
見えるかな?グレーの配管の下に・・・・・

ま、 詳細はともかくとして、
3月下旬には 販売開始できそう? できない? 微妙なところ・・・・・。

なんせ 最近 お客様からの 特注水槽の注文が 目白押し・・・。
まずは お客様優先。
弊店の 新型水槽は・・・・ 後回しになってしまう。  (;´Д`)

でも がんばるぞ まけないぞ。
もう寝るぞ?

早々 店内に 展示してあるぞ
━─━─━─━─━─


おは・・・・・よう ござ・・・・・
います。

K様 特注の ご注文水槽 1200x600x450高 アクリル水槽 。
なんと 奥行が60cm 
つまり 横から見ると 60cm水槽
奥行が 1m20cmもある水槽になってしまう。


IMG_7346

この 水槽 一風かわっている。弊店スタッフも 集まってきた。
 なんせ・・・・ 弊店も色々 何百本と 沢山の水槽を作ってきたが・・・
このような水槽を 依頼され 作ったのは・・・・・実は 初めて・・・・。
IMG_7347

熱帯魚水槽では 良く 有るみたいだけれど・・・なんたって 弊店は 海水魚専門店。
IMG_7349

だからこそ・・・ろ過槽は デカい。 立派な上部ろ過槽が付いている。
IMG_7350

で? どこが 一風変わった水槽か わかるぅ?
この アングル↓ なら わかるでしょ?  底板に注目。
IMG_7348

底板が 真っ黒。 黒いアクリル板を使用している。
アロアナや ガーパイク ナマズ等は 底板が黒いほうが 良いんだって?
そう? そうなの? ふ~~~~ん。
勉強に なりました。

この水槽を ご注文いただいた K様です。
DSC_0002


何だったら 全面黒板の水槽でも 作りますよ。 
あ> それじゃぁ 魚が 鑑賞できないか?
ま  ご希望があれば、 なんだって 作っちゃいます。

さてさて、 次回 ご紹介する水槽は・・・・・
弊店の規格に仲間入りする予定の 新水槽だ。
お楽しみにね。


これが 今 ばんばん売れている タワー型ろ過Jr(ジュニア)
先月末 三重県M様に 発送させていただいた。

IMG_7265

タワー型ろ過Jr の最大の特長は ろ過材を入れるBOXが 内側に別途あるため、
BOXを取り出すことによって 濾材が簡単に取り出せる事。

IMG_7266


このようにポンプが着く。
太い配管は 排水 濾過されてきた水が 水槽へ戻る配管だ。

ろ過槽内にある 黒い太い配管は 硝酸塩還元デラックス。
硝酸塩還元デラックスの機能は 硝酸塩還元と 水の殺菌 カルシウム補給等が できる 一台三役 の優れもの。

そして 水温調整のヒーターも このタワー型濾過槽内に設置できる。

まとめてみよう。
このタワー型濾過槽Jrで 出来る事。
1 60リットルぐらいまでの 通常のろ過
2 硝酸塩還元
3 ヨウ素殺菌
4 カルシウム補給
5 水温調整

の 一台5役

後は 水が漏らない箱(水槽)と 水中ポンプがあれば・・・・・
簡単に海水魚が飼育できる・・・・・と・・・
いうことである。

そのタワー型ろ過Jr(ジュニア)今回は まとめて 2台 送 ちゃうぞ
IMG_7268

その他にも タワー型ろ過Jrにはセットには このような物もついている。

IMG_7270

梱包もばっちり・・・・。
IMG_7274

こちらは その他の 材料。
黒いのは ヤシガラ活性炭。
活性炭 そのもの マットに入ったものじゃなくて・・・活性炭バラも こうやって売っているんだよ。
ちなみにこれは 1kg袋
IMG_7273


こちらは 岩手県のM様 硝酸塩の還元塔のご注文。
IMG_7275

弊店は 配管もやってお渡ししちゃうので、 実に 楽ですよ。
もちろん 、
「やめてくれ、自分で配管したいんだ」
という場合は 一言 申し出てくだされ。
通販の場合 備考欄でも 一筆 書いてくだされば・・・・
配管なしでもOKです。
IMG_7276


日々 各地に向かう 弊店のオリジナル商品。
頑張って お客様の要望に 応えて、お魚を元気に 育ててあげてね。

で・・・ 魚が 大きくなったら、水槽も 大きく・・・・サイズアップ ね。


と いうわけで・・・ 降りましたね・・・
日中降り始めた雪は・・・・

IMG_7250

夜には・・・・・  やば・・・・
IMG_7255



この 極寒の中 登場したのが・・・ かんたん槽NK-60 何だけど・・・・
1

高さが 450   奥行も 450  つまり
外寸 600x450x450  これまた 都内のお客様の 特注 かんたん槽。

ほらね ちゃ~~~~んと リフジウム水槽も ついているからね。 by 日海センターv
リフジウム水槽とは?)
2

今度は 背面から 見てみよう・・・・・
これまた 特注パーツばかり・・・。
3


左の 細長いのは カルシウムリアクター・・・・
そして ろ過BOX
4

最右が 硝酸塩還元筒 
上から見ると こんな感じ。
5

写真には 写っていないが・・・・中央に見えている濾過BOXの 手前の空間にもう一つ・・濾過BOXがはいる。・・ つまり 濾過BOXは 二つ ある。
6

かなり 太い硝酸塩還元筒である。
これで たまりくる 硝酸塩も ゼロ・・・・・・。
イソギンチャクも サンゴも そして お魚も 沢山飼えると 言うものだ。
2

そして 今夜も またまた 
沢山のお魚が入荷する予定である。

今夜は どんな顔ぶれのお魚の入荷かな?


というわけで、 かんたん槽1500が またもや 店頭に 顔を見せた。


IMG_7066

今回も 水槽の上には リフジウム水槽が設置されている。
IMG_7067

モーターは 一つで・・・水の 行き先が三つ。

一つは 本水槽
IMG_7068

一つは 硝酸塩還元BOX 

IMG_7074

そして もう一つは 水槽本体の2階にある リフジウム水槽。
IMG_7069



この 各それぞれへの水量バランスを 確認及び  調整 しておく必要性がある。
これが 硝酸塩還元BOXからの 排水。

IMG_7073


かんたん槽 シリーズの特長の一つ。
それは、ろ過箱が そのまま
IMG_7075

取り出せるので メンテナンスが簡単なのである。
IMG_7077

今回は 水槽だけではない。 水槽を置く台も 用意した。
IMG_7078


ベニアにも 塩ビ板を張り付ける。

IMG_7079

そして 今回は ベニアの角に印をつけ・・・
IMG_7080

それを 削り落としていく。
IMG_7082

こんな感じにだ。
IMG_7083

さぁ 出来上がり・・・・・・?

なんか ちょっと 変な形の台????  でしょ。

IMG_7084

台の 上と下で 幅が違う。

台の上は 1500ミリ・・・・・・ もちろん 水槽サイズが1500あるからね・・・・。
しかし 台の下は 1400ミリ・・・・・・
10cm 小さい・・・・ 
IMG_7086

さて、 納品。 納品? 
そう 今日は水槽セット・・・・・・・に お伺いするのではなく・・・・
悪魔でも 納品。


IMG_7118

お客様の車には 乗らない水槽サイズなので、納品だけ。
セットは ご自分で 行う。


さて、 納品。じゃyぁ~~~N。

これで おわかり? なぜ 台があのような形をしていたのかが・・・・。

1400ミリしか 場所がないけれど・・・・ 
何としてでも ・・・・・1500のかんたん槽を 置きたい・・・という お客様の わがままが・・・
台をこんな形に 変えてしまったのだ。

硬い 鉄骨アングル台より お客様のわがままの方が 強かった という 事? 
なんだろうね


IMG_7121


でも・・・ むちゃくちゃ 良くない? 
だって だって 無駄なスペースが 全くない。どんぴしゃり。
これぞ オーダーメイド・・・・ 水槽もそうだけど  台もオーダーメイドだ。

実は この水槽を置いた場所・・・・・・。
1階と 2階を結ぶ 階段の踊り場なんだって、

水槽を反対方面 つまり リビング側からみると・・・こんな感じ。
お客様の視線の先に 水槽がある。
IMG_7123

確かに・・・ さらに上がっていく階段が見える・・・・。
なんとも 贅沢なスペース。 まさに ここの場所は・・・
この家庭にとって・・・は 
階段の踊り場・・・・・・ではなく・・・・
海水魚の泳ぎ場・・・・として 
今後も 大活躍していくのであろう。

後日 お客様から 水槽セット後 生体が入った後の お写真を 頂ける・・・・との ことなので・・・そのときまで 待つとしようかな。

このページのトップヘ