くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

カテゴリ: 水槽紹介

 

 

 

IMG_6355

という 変わっていて・・・・これまた 面白い 水槽が仕上がった。
側面からみると なんてことのない水槽だが・・・

上から見ると・・・・・

4部屋 まるで アパート。


IMG_6356

 水槽中心から 飼育水が 濾過槽に落ちる センター落とし。

IMG_6357

その 4部屋に仕切られている 仕切り板は 簡単に スライドして 取り外すことができる仕様。
IMG_6358

この 水槽はある魚種をターゲットに  作られた。
その 魚種とは・・・・
ジョーフィッシュ
砂を堀り下げ 砂をくわえて 運びだし・・周りをきょろきょろ 這うように泳ぐ。

・・魚とは思えないほどの 振り向く しぐさ   が超かわいい。
 

そんな彼らを 産卵させる目的で お客様 素案によってこの水槽が作られたのだ。

各部屋で それは それは  二人だけの世界が たっぷり 作れるよう  工夫をしたそうな。


  ■(上記はイメージ動画)

産卵? うまくいくかな?

 

 

 

 

くまぱぱにサポートを依頼している山田です😌


都内からお越しのK様。初めてのご来店です。

K様…「90cmの水槽が欲しいけど、お宅は重合やってる?」

重合とは 重合接着の略で アクリル水槽製造方法の一つ。
大型水槽等によく使われる より頑丈に仕上げるための接着法です。

「お客様 重合と 一口に言っても これも重合っていうんだ。 というような簡単な重合接着もありますヨ」
「そうなんですか」
「本来の重合とは熱重合のことで、 水槽を作る製作現場の部屋ごと 温め 熱による化学変化で 板 と板 を 張り合わせ 水槽にしていきます。」
「 温室で行うんですな」
「そうなんです。そして 水槽が 完成したら 徐々に 室温を下げて 数日かけて 常温に戻す製法です。したがって 熟練した技と 時間がかかり 高額になんですよ。」
「なるほど」

「最近は、常温重合 称して 色々なアクリル水槽が販売されてますが、時折トラブルを耳にします」
「常温重合は なにか 問題があるのですか?」
「それを 水槽購入者が 問題視するか しないか ということに なるのでしょうが・・・・常温重合とは 熱重合にくらべ 耐久性が劣るそうですよ
実は弊店でも  トラブルを 直接 ききました。」


「 ほほう」

「というのも 他店で 製作した 常温重合と称した 2メートルを超える 大型水槽なんですが・・・・・設置6年目で 漏水の トラブルが発生。大量の海水が 床に 流れ出ました。

弊社は この水槽の濾過槽を  担当 設置したので かかわりがありました。

そもそも 水槽も 濾過槽も 弊店に 製作依頼が 来ていたものの・・・・

濾過槽は やぱり 日海センター のが 信頼できると 弊店の濾過槽を採用してくれたものの・・・

アクリル水槽は 弊店が出した 見積もり価格が折り合わず・・・・ 水槽は 他店で製作し設置したのでした・・・。その水槽が 常温重合だったのです。 そして その水槽が 設置6年目で漏水を起こしたのです。 こわいですね」
「ほんとです。で どうしたのですか?」

「 なんか 関西の水槽製造元メーカー担当者が出張修理処置をし 漏水を止めたそうですよ 水槽の 出張修理費は 無料だったみたいですけど・・・・漏水のための損害・・・・大量の床のカーペットの交換 家具の取り換え料などは 払われなかったそうです」

「 そうなんですか・・ 実は私も  過去に水槽トラブルを何度か経験しているので 今回作る 新規水槽はトラブル ゼロにしたいんですよ」

「わかります わかります ところで K様は出張が多いんですね なので 飼育水の蒸発も心配 お魚たち とくに 大型ヤッコ類が お好き・・・地震 揺れに強い・ ということでしたら・・・かんたん槽が おすすめですよ 」

「 かんたん槽ですか・・・・ お宅のホームページを見て 気にはなっていたんですよね。それなら そのかんたん槽とやらを さらに頑丈に作ってくれませんか?」

「アクリルの厚みを増やし 10㍉にする事。こだわりの天板くり抜き工法にしましょうか」

天板くり抜きとは・・・水槽上側の フタを乗せる部分のアクリルが・・・・なんと 一枚の板をくりぬいて作る方法

一か月後 出来上がったのが・・・・

下記のかんたん槽120 x 45x40 H x10㍉です。

IMG_5823

「かんたん槽は思ってたより経済的だね。」
「ご注文頂き、ありがとうございます。最高レベルの安全対策済み かんたん槽が 仕上がりました」


さて、 水槽の新規セットですが・・・
既に お客様は 60水槽でウズマキキンチャクダイや その他を 飼育中です。
(下記はイメージ写真です)
11182031_619639a93d816


なので 今回は 準備海水の70%は弊店の水槽からの種海水を抜きました。

IMG_5888


かんたん槽は サイド(今回は右側)にろ過室があります。


IMG_5824

ろ過箱も そのまま・・・・・・・・・・・・・
IMG_5825


かんたんに ・・・・
IMG_5826

取り出し可能・・・・。 ろ材のメンテナンスが超楽です。
IMG_5827


かんたん槽には こんな うれしい装備もついています。

通常は 赤い矢印のパイプから  ろ過した きれいな海水が 濾過槽から 水槽側へ運ばれます。
IMG_5828

上記の写真の 白い矢印の キャップ(下記の写真 参考)をはずして・・・


IMG_5829
IMG_5830
IMG_5831

ポンプでくみ上げられた 濾過槽の飼育水は 水槽側には 行かず・・・・
 そのまま 濾過槽の BOXの中へ もどります。


IMG_5886

こうすることによって・・・・・
水槽のセット直後の濁り・・・・あるいは 濾過槽の大掃除の際の 濾過槽の濁りを・・・
水槽側へ 運ばず 濾過槽内で きれいになる(透明になる)まで 待つことができます。 

つまり・・これは ・ 濾過槽の濁りを 水槽に入れないための 予備配管が 初めから 用意されているということです。
IMG_5889


説明もおわり・・・




IMG_5890

積み込み・・・・
IMG_5891



あとは 水槽セットは・・・お客さん 自身で やられるようです。
配管等 すべてやってあるので・・・・
あとは 水槽に再程 用意した海水と ・・水槽底砂を いれるだけで ・・・・完成。

IMG_5893
かんたん槽のセッティング は その名の通り・・・・
簡単ですからね・・・。




先日 1200x450x450の水槽が お客様の元に 飛び立った。


IMG_5085


よいしょ・・・・・
と くまぱぱと 二人で 持ちあげ・・・

記念撮影・・・・
IMG_5088



奥様も 「(この水槽)こんなに 大きいのよ・・・・・」とアピール
IMG_5089

じゃじゃ~~~ん これ  かんたん槽なんです。     
いやぁ いい水槽ですね 光って見えますよ。
む?  頭かい??光ってるのは ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/

IMG_5084

 左側上に リフジウム水槽付 別宅付きなんだ。

ちなみにリフジウム水槽とは



かんたん槽の出発点である 元祖かんたん槽NK-45は (450x300x300こちら ) こんな サイズ⇩

0c40b41e-s

だからして 1200になると  一人では 持てません。
でかさが 際立つね。




IMG_5094

というわけで かんたん槽は お客さん様の希望に沿って 色んなサイズを 製作できるんだ。

特注だけに 時間はかかってしまうが・・・・・
かんたん槽は 細かな指示に従って 製作する1品なので
 仕上げるのに 1~2ケ月以上はゆうにかかる。

今回の特注かんたん槽も 仕上がるのに 1月半 かかった。

この 細かい指示のおかげで・・・
我々・ 水槽のユーザーとしては 超簡単に メンテナンスができる水槽なのであ~~~~~~る。
水交換も 月に1~2回    水量の 1~2割程度。

なのに サンゴも 魚も 長期的に 簡単に飼育できる・・・・・
だから かんたん槽なのだ。


具体的に言うと  硝酸塩値を下げる 硝酸塩還元塔(筒)が標準装備されているからだ。
硝酸塩とは?



IMG_5096

硝酸塩値を下がると 苔も減るし・・水交換も 大量にしなくて済む・・・・・

だから そこに費やすメンテナンス費用も メンテナンス時間も 減る・・・ というわけだ。

後は 車に 積み込み・・・・・


家に帰って 海水と ろ過砂を 注ぎ込み、 今の60cm水槽にいる お魚を 引っ越しするだけ・・・・・・。

「お客様 今晩 いい夢が見れそうですね。」
 
いいやあzx 逆かもしれません。

  わくわくで 興奮して 眠れないかも・・・」





あれま vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv(*'-'*) お魚の引っ越し大丈夫だろうかネ?

と 色々 心配する くまぱぱでした

かんたん槽シリーズは こちら

こんにちは、さとうです!
今回はこちらの水槽をご紹介(^O^)/
IMG_4065
600x450x450のアクリル水槽とオリジナル上部濾過槽です!
水槽の半分を占めるほどの大きさ濾過槽(゜o゜)
IMG_4067

汚れを分解する好気性(酸素を必要とする)のバクテリアが
活発に働けるようにシャワーパイプも2つあり、
より多くの酸素が入るような仕組みに!
IMG_4066
そして、フランジを利用して水槽の内側に濾過槽を設置♪
IMG_4068
こうすることで、塩だれが起こりにくくなりなります(゜o゜)
IMG_4069
水槽の蓋もぴったり合うように製作(^O^)/
IMG_4070
これで蒸発による水量の減少も抑えられます(^^♪
IMG_4071
また、混合濾材が7㎏、ハイブリッドボールは4Lも入るので
ろ過能力はバッチリ♪
S__40288260
比較するとどれだけの量があるのかわかりやすいかも(^^)/
お買いあげいただいたお客様の頭部よりも
濾材が入ってる袋が大きいかな?
S__40288264
ちょっとセットは大変かもしれないですけど、
これからがとても楽しみですね(^O^)/
S__40288262

横浜市在住の G様 あらかじめ電話によりご予約いただき この水槽をゲット。

IMG_4480

お魚を増やしたいけれど・・・・

もともと 手持ちの30cm水槽にいる お魚たちも それなりに 成長し・・・・
S__94273542


水槽が狭くなった? 
これでは  お魚を増やすどころではない・・・・・・・

と NEW水槽を探し求めていたところ・・・・・・
在った 町田市に 理想水槽が・・・・・
IMG_4477
と いうわけで ご来店。

この水槽も かんたん槽シリーズの一つである。
かんたん槽シリーズの中でも もっとも 豪華なセット
オーバーフロータイプである。
お値段も ちょっと 豪華だけどね。 いや 結構 豪華かも?

アンモニア 亜硝酸 硝酸塩対策 まで ばっちりゼロを維持してしまう オリジナルシステムである。 
IMG_4475



 もともと 手持ちであった 30cm水槽 この水槽が・・・

S__94273542
じゃじゃ~~~~~~ん
S__94273543

これに替わり 水量も約3倍に・・・・これなら お魚もゆったり 


鑑賞する 我々も ゆったり 
ゆったり しすぎて 居眠りを してしまうほど????。
お~~~~~い ねちゃぁ ダメだよ・・・・


G様 もう一つ 水槽を お持ち・・・・
ニッソーのクロスミニ という水槽だ。
この水槽も 実は 弊店オリジナルろ材や 硝酸塩還元対策も 導入いただいている。

ここには 数年飼育されている カクレクマノミのペアーが いる。
お嬢ちゃんと この カクレクマノミは大の仲良し

S__94273556

 
 毎日 会話をしている?????
あれ お嬢ちゃんは マスクをしていないで 話しているけど????
大丈夫?


アクリル板 越しだから 大丈夫 
っと いうわけか なるほど・・・ね。 

やっぱり コロナ対策にも アクリル水槽はいいのか ? 

いや それは 関係.......ない・・・・
くまぱぱでした。

このページのトップヘ