くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

カテゴリ : くまぱぱの休暇

capture-20180829-193543

先日訪れたのは 西伊豆町 堂ヶ島。
何回も 車で 通ったことは あるものの・・・
車を止め 回遊し かつ・泊まったのは 初めて・・・・。

capture-20180829-185252


あちらこちらに 点在する 浮島が 非常に美しい。
これが 堂ヶ島の特長であろう。



丁度 下記のスポットは 、昭和天皇が 大好きであった場所だったらしい。
浮島を 丁度 横から一列に 一望できる 壮大な景色のスポットだ。
capture-20180829-185440


その 浮島を 正面に 展望する 絶景の 乗浜海水浴場。
capture-20180829-185539
手前が 砂浜・・・・ 夏も終わりなのか? いやいや 暑すぎるのか? 
一番の理由は・・・ 都心から遠いからだろうが・・・・海水浴客は まばら・・・おそらく
30人程度。
その半数くらいは 子供を見守る 親たちだ。
皆 ビーチの日陰で待機している・・・・

だから 実質 海中にいるのは 15人? 
すくなぁ これ プライベートビーチ・・・・???
こんなに 美しいのに・・・・

もちろん くまぱぱは 行っちゃった、対岸の 浮島まで ひと潜り
やっぱり 波打ち際とは違うね、 浮島まで行くと 透明度抜群。お魚も一杯。

ちなみに 浮島には 一つ一つ島名がついているものの  堂ヶ島という 名まえの島はなく このあたり 一体を堂ヶ島と呼ぶ 地名だそうだ。



ホテルの窓から見た 夕日・・・・・ 浮島と 浮島の間に沈む・・・・・
capture-20180829-185736

朝になり ホテルの窓から 一隻のボートを見た。
「やや もしかして・・・」


capture-20180829-185920

実は 堂ヶ島の観光スポットの一つに ””遊覧船洞窟めぐり””と 言うのがある。
船で 堂ヶ島の 数々の浮島を ボートで一周 そして 洞窟まで入っていくコースだ。
これが 昨日は 波のため 欠航・
上のいくつかの写真を見ても 晴れていて 波なんか ほとんどないのに・・・・

聞いたところによると・・・
この ””遊覧船洞窟めぐり”” は ボートで洞窟に 入るため、ちょっと波が有るだけで、船体が 洞窟の壁に当たり 大変危険。

ほとんど 波がない 日にしか運航されず 年 の 3分の2は 欠航しているのが現状だそうだ。

その 船らしきものが 窓から 見えるではないか・・・・


ホテルのフロントで 確かめると・・・
「 お客様 本日は 運行されています。 しかし 午後・・」

「ありがとう ございます それじゃぁ・・・ 」
ホテルマンの話を途中に・・・・
いざ 港まで・・・・走る走る・・・
「やった 乗れた」
capture-20180829-190011



今度は ボートから見た ホテルを撮影・・・・

capture-20180829-190056

洞窟に 入るぞ・・・ 結構狭くない?
capture-20180829-190124



入っていくと・・・・ 奥に 光が・・・・
capture-20180829-190219

そうなんだ、 洞窟の奥に一つ 大きな 天窓が 落雷で開いたらしい。
水色が やばいほど 美しい エメラルドグリーンである。
capture-20180829-190303



さて、 次に向かったのは ここ 
capture-20180829-190411

昨夜の夕日の(下の)写真 この 左の浮島 と 右の本土が 干潮になると つながるのだ(上の写真)。

capture-20180829-185736

本日は 昼の12時30分頃 干潮を迎える・・・

そこで 向かった・・・・

capture-20180829-190501

まだ 11時半ごろだけれども・・・ 
確かに 海が割れている。
左右から 波が来るのは 何とも言えない 不思議な感じだ。
capture-20180829-190643

しかしながら ・・・結構な人 人 人
写真には 写っていないが・100人以上は いただろう。
ただ 観光として 浮島まで歩く人より・・・

そこらじゅうに 座り込んでいる親子が多い。

「何してるんですか?」
と聞いてみたところ・・・・
「カニとか ヤドカリをとっているんですヨ」
と バケツの中の 採ったばかりの 沢山のカニを 見せてくれた。


なるほど・・・・他の人も良く見ていると 
皆 バケツや ブラケース そして  手あみを もって  子供と一緒に 一生懸命 沢山とっていた。 そんなに一杯とって どうするのだろうか? 食べるのか?


歩いて渡った 浮島から 本土を撮った写真。

capture-20180829-190815

大自然が 超 豊。 山もいっぱい 海もいっぱい

それ以外は ほんと 何もない・・・優美あふれるところでした。

さ~~~~て 久々の カテゴリー 「 くまぱぱの休暇 」

さ~ いっぱい  いや 一杯  頑張って作るぞ?
と まず  訪れたのは 
capture-20180829-184417

横浜・・・・・
 今日は 自分達で オリジナル元祖チキンラーメンを 一杯 作るのだ。
作りかたを教えてくれる 先生と 口を開けて聞いている参加者たち  
capture-20180829-184511

ガラスの向こう に見えるのは 次を待っている 参加者たち。 大変な 賑わい。

早速 スタートだ。
ボールに 小麦粉と出汁を入れ 素早く混ぜる。「え? ここから始めるの?」

capture-20180829-184538

混ざったら 今度は 手で握り固める。
capture-20180829-184609

さらに 棒で 自身の体重をのせて 固める。
ここが 結構大変。
汗が 一滴 落ちそう・・・・
capture-20180829-184641

今度は機械を使って 更に固め・・・
機械と言っても 動力はなく 手で回してるんだけど・・・・
capture-20180829-184756


さぁ 麺らしくなった。
capture-20180829-184838

これを 油で あげる。 これは 高温で危ないから 先生にやってもらう。
我々は ガラス越しに 外から それを見守る。
capture-20180829-184922


次に やるのは パッケージ作り。
そう 今 揚げている 麺を入れる 包装も 自身で書く。
capture-20180829-185019

くまぱぱの 娘が描いたのは こんな感じ。

capture-20180829-185052

くまぱぱと くまままが 描いたのは こんな感じだ。



capture-20180829-184957


他に 描く絵はないのか?
くまぱぱは ラーメンを 作っている最中でも お魚の事が 頭から離れないようだ。

左側がくまぱぱが書いた絵でした。



ちなみに 手作りチキンラーメンは このサイトだよ 

さて さて 次に訪れたのは・・・・・伊豆半島 赤い丸印あたり・・・・・・

capture-20180829-193543

西伊豆町 堂ヶ島・・・・
capture-20180829-185252

浮島が 沢山あって 美しいところ・・・・
後日ブログにて ご紹介。


金曜日の昼下がり・・・・・ くまぱぱが向かったのは・・・・  
名古屋方面。 天気は 快晴とはいかないものの、まあまあ良い天気。
風もなく穏やか。
PIC_1468

この辺りは 順調。 車数も 少な目。 
PIC_1483

ここが 東名 と 新東名の分かれ道。 御殿場ジャンクション。
もちろん、 くまぱぱが選ぶのは・・・新東名。
だって、 道が新しい分だけ・・、 アスファルトが美しくなめらか。 凸凹がなく スムーズに走れる。

PIC_1469

また、 新東名高速は 東名高速に比べ 極端なカーブもなく、 、直線道路多い。だから 目的地に早く着く事ができる。 
これが 良いところでもあり、悪いところでもある。
悪い面から言うと、 直線が長すぎる。
直線を貫くためなのか 山を迂回するのではなく、、山肌に穴をあけ・・・・  トンネルを掘ってしまう。
。しかも、 直線が長すぎる。従って  運転が単調で飽きる また、眠気に襲われやすい。


PIC_1488

お そうこう言っているうちに 富士山が見えてきた。↓
実におしい。 山頂だけ 雲に覆われている。 
ま いいか。


PIC_1479


名古屋を過ぎると 今度は名神高速道路。 ここでも 名神ではなく 新名神高速道路がある。
伊勢湾岸道路 と兼用ではあるが、 この道も 近道で 道も新しい。
PIC_1497

このころ すでに、17:30ごろ、 夕闇が迫ってきた。
PIC_1499

三重県 鈴鹿市をとおり、滋賀県大津市をすりぬけ・・・・
着いた・・・・・目的地 京都。
PIC_1515

宿泊先に到着した時刻は・・・20:40.
家を出てから、7時間あまり。もちろん 休憩も含めて・・・・。

PIC_1518

そして 翌日向かったのは、世界遺産でも有名な 清水寺から 車で 5分走ったところにある 長?館。
PIC_1604

さすが 京都ですね。周囲には 多くの着物姿の女性????
いや この写真、たまたま だと 思うけど、写っている人 みんな 着物姿ですねぇ。
PIC_1603

ここで 何が行われたかというと・・・・・・ もう お分かり。 皆さんの拍手の向こう側には ドレスを着た女性が 右から左へと歩いてく様子がうかがえる。
PIC_1555

そうです。 結婚式。 
そう くまぱぱの・・・・・/・・・・ 結婚式じゃないよ    くまぱぱの親戚の結婚式。

いいなぁ 若いころを 思い出すなぁ。 なんちゃって。
くまぱぱの 姉の 長男が   もう結婚するんだって。
くまぱぱの 子供が結婚するみたいなもだ。 いや はや 時の流れは速いものだ。

PIC_1557

というわけで、 長男夫婦の新しい門出のお祝いに、出席させていただいた次第です。

それでも まあ 困ったのが、くまぱぱ家のテーブルマナー。
お皿は一枚なのに やたらと スプーンやフォークや ナイフが ある。しかも 複数。

何をどう使えばいいのか、さっぱりわからん。

 箸はないのか 箸は????


PIC_1561

グラスも  一人あたり3~4個は あったぞ。
家は マグカップ1個で事は足りる。 家にある マグカップを持参してくれば良かったのか?

くまぱぱの プチ休日は・・・・やっぱ 釣りでしょう。 と 気持ちだけは 持ちつつ・・・・
実際は、なかなかその機会もとぼしく・・・・ 年に1度 いくか 行かないか・・・・・。

前回行ったのは・・・・・・
昨年8月25日 のブログにもご紹介した・・・・静岡県は沼津市 某防波堤。
その時の写真はこれ。↓
くまぱぱジュニアが イシガキダイを釣り上げたところ・・・・↓
a4b9fbc1

その時のブログは こちら・・・


今回 釣りに向かったのは・・・・・こちら
伊豆

昨年より ちょっと 足をのばして 戸田村。
実は 日海センターのお隣さんの おすすめ漁港。

何がおすすめかって言うと・・・・・・
魚影は 多い事は もちろんのこと・・・・・ 
釣り人が少ないとか・・・・・・・・。だからファミリーにはぴったりだって。

そこで 今回は 
くまぱぱジュニアと 
その友達・
くままま・ 
くまぱぱの 4人で 深夜2時出発。

移動距離 130キロあまり。

釣行開始は 5時前。
確かに・・・・・誰もいない。
天気曇り・・・ ラッキー 炎天下での釣りは ゴメン。暑すぎて煮干しになってしまうからね。
IMG_8900


さすがに ここまで来ると 透明度が凄い。水深15mの底がくっきり見える。
魚が全く いないのも 丸見え。
「 ぱぱ ここ 何にもいないよ 」 と くまぱぱジュニア。

IMG_8901


しかし、 仕掛けを投入して 数分・・・・・ ちらほら 魚が 眠い目をこすってか? 竿下に集まってきた。

ここの 魚たちは 朝が弱いのか? 

集まってきた魚は それほどの数ではないが・・・・・
ブルブル・・・・と 釣り針にかかってくる。


まず 釣り上げたのが・・・ これ 観賞魚だ。 カゴガキダイ。
IMG_8907


そのあとも ポツリ ポツリと 入れ食いでは ないものの 飽きない程度に・・・コンスタントに・・魚が上がってくる。
しかも、 時折 良い型が混じる。

マダイ23~4cmを筆頭に  ワカシ カワハギ カゴガイダイ アイゴ に 小アジ 小サバ と
IMG_8909

その他 こまい魚たち 合わせて40数匹あまり。

実は 釣り上げられなかったが 30cm級の魚も 2匹かかった。

タモを使って 掬いあげようとしたが・・・・・ まず 水面まで上がってこない。
20秒ほど 格闘したが・・・・・・ 切れてしまった。

正午  竿をたたんで 帰路に入る。

今回  良かったのは、くまぱぱ  初の 良型マダイ。こんなサイズの マダイは初めてだ。
もう一つ良かったのは、曇り・・・ しかも 2回ほど 小雨が降った。5分間ほど。
この小雨が シャワーになって 気持ちいい。

周りを見回すと・・・・・・確かに 釣り人は少ない。
漁港全体で 数人いる程度。

さて、 来年は どこに 行くかな?


 



先週の木曜日、くまぱぱが向かったのは、静岡県沼津市の 某防波堤。
何しに行ったかって・・・・ そりゃ ぁ 決まりでしょう。 釣りだよ~~~~n。

だって 休みなんだもの。
長男と くまままの3人で 家を出発したのは・・・・午前2時。2時といえば・・・・これからお休みになる人もいる時間帯。
実はそうなんだ。 くまぱぱが 寝る時間は 通常この時間帯だ。

夜中の道は すいていて 気持ちがいいねぇ。 
と 某防波堤に到着したのが、午前4時ごろ、
この時間は まだ 真っ暗。
しかし 防波堤を見ていると、 数十人は すでに 電気うきなどを 利用して、釣っている。 早
というか、 おそらく昨夜から釣っているのかな。

くまぱぱが釣行開始したのは午前4時半ごろ、天気は曇り・・・・・風 あまりなし 
しかし  6時近くまで さっぱり・・・・・つれない。 
今日はハズレ日か、 せっかく 朝早く来たのに・・・・・・・・。

と思っていたら・・ぶるぶるぶる・・・・・・
「きたきた 釣れた・・・・」
と・最初にサビキで釣ったのは くままま・・・・・。小アジ・・・・・1匹。
これをきっかけに 爆釣の始まり。
むらはあったものの 釣れだすと ほぼ 入れ食い状態

PIC_1266

●イシガキダイ ?十匹
●タカベ   ?十匹
●カワハギ 2匹
●メジナ  3匹
●アジ   3匹
●シイラ  1匹
●カマス  4匹
マダイの小さいの 1匹
隣のおじさんからもらった カツオ3匹

・・・・・。
ということで 午前9時30分には 小さなクーラーボックスが 満員御礼となり 竿をしまった。
IMG_1146

正確には 数えてないけど・・・
60~80匹 はいただろう。
 なぜ数えないか? って
だって 指で数える くまぱぱだから・・・・・ 両手 両足の指の数を超える計算は ・・・苦手・・・・・。
これで 数日 魚料理が続く・・・・・・・・。

その後は・・・・・・

このページのトップヘ