くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

カテゴリ : 揚水ポンプについて


先日 水中ポンプの寿命は1年どころではないよ。
数年も持つんだ。
、水中ポンプの心臓部分である インぺラーの掃除 あるいは インペラーの交換をすることで、
水中ポンプ本体を買い替えなくても、末永く使えます・・・・・・
といった内容のブログを書いた。

その時のブログはこちら

その時 インペラーの掃除 あるいは 交換方法も写真で記した。
インペラーの掃除は重要なので、そこのところだけ 簡単に再チェック。


まず、カバーをはずす。

IMG_5240

ピンクの矢印を 赤点まで回転させる。

BlogPaint

そして 引っこ抜くとインペラーカバーが外れ インペラーが抜ける。
IMG_5246

ところで・・・・・ 水中ポンプの吸い込み口は 購入当時は下記のよに標準スタイルである。
IMG_5238

そこに メーカーから出ている カミハタ水中ポンプ専用 コンバージョンキット

というい商品がある。↓
安価なので 是非つけよう。

IMG_5241

これを つけることで 格段に良くなる。
下記の写真は 他のメーカーのスポンジフィルターをつけた様子である。
78bf9368

どのメーカーでも 配管後継が 合えば それで良し。
IMG_6075

このスポンジが、 1週間で このざまである。↓
IMG_6076
IMG_6077

この汚れたスポンジを 水洗いしてみよう。
IMG_6079
IMG_6080

こんなにもの汚れがスポンジから出てきた。これは モーターすわれる前の スポンジに付いていた汚れである・・・・・よね・。
IMG_6081
もし このスポンジがついていなければ、この汚れは そのまま モーターに吸われ そのまま送り出される。
例えば 濾過槽につけたモーターなら、これだけの汚れを 濾過槽に行く前に このスポンジでカット出来たことになる。 つまり、インペラーそのものを この汚れから守ったことにもなる。

このように、 水中ポンプにスポンジフィルターを付ける 意義は大きい。
ちなみに URLは下記 

http://www.nikkai-web.com/products/detail.php?product_id=720
 

水中ポンプの水流が弱くなった。 そろそろ 買い替えか?
もう 1年も使ているんだ。寿命で揚水量が落ちたんだよね・・・ 


っと 思っているあなた・・・・・。

もち 寿命で 揚水量が落ちることは 理解できるが、1年? が、 寿命?  
水中ポンプの寿命って 1年どころじゃないよ・・・・・・・・・・ 弊店で使っているカミハタの水中ポンプリオは・・・そうだな・・・ おそらく 3~4年は使っている。 して まだ 稼働中。

揚水量が落ちている原因は インペラーの掃除をしていないからだ。・・・・・
インペラーを 掃除するだけで・・・新品同様の 揚水量に戻るよ。

掃除したけれど 揚水量が戻らない・・・ あるいは モーターから 異音がする・・・・
などの場合は 水中ポンプ全体を買い替えるのではなく  インペラーを交換してあげれば それで ほとんどの場合解決してしまう。
 
ところろで インペラーって  何?

インペラーとは 家庭用扇風機でいうと 回転する羽の部分。

この羽に たっぷり汚れが付いていたりすればどうだろう。

 当然 羽の回転する速度も落ちる。
また 回転したとしても 回転した分に相当する水流を作り出せない。
どういうことか? 

家庭用扇風機の羽で考えてみよう。
通常 家庭用扇風機の羽は平たい・・・・・ 当たり前だ。
この羽にたっぷりの汚れが付き 平たい羽が 分厚く しかも 平らというより 棒状になったとすれば どうだろう。 羽が回転しても 風はほとんど起きない。  よね。

それと同じことで、インペラーのチェックは 半年に1回 は行おう。

では インペラーの掃除 および 交換方法は簡単だから 覚えておこう。
  
これが カミハタリオ 水中ポンプ 

IMG_5238

まず 下のカバーを取り外す。
IMG_5240


指で触れいている部分 ギザギザになっているでしょ。 しかし 2か所(ピンクの矢印を参照) ギザギザがない部分がある。

ギザギザのない部分を  赤丸の部分へと 回転させ動かす。
BlogPaint

これで合った。
 IMG_5244
すると ギザギザの円盤をまっすぐ 垂直に持ち上げよう。 
すると インペラーが見える ・・・・・・
あるいは 写真のように 
ギザギザの円盤にインペラーが付いてくる。

IMG_5245


これが 分解した様子。 ペンチもドライバーもいらない。 簡単でしょ。

IMG_5246
この写真の↑ 真ん中の青い羽が付いている部品・・・・・・ これが インペラーである。
このインペラーを 歯ブラシなどで 慎重に水洗いしおう。
インペラーは 精密な部品 慎重に取り扱いたい。
 
中心に はしる白い棒と 青い羽には 特に 強い力は厳禁。気負付けてね。
ましてや インペラーを 床に落とすなんて・・・・。
それは 水中ポンプの掃除をした・・・・・とは言わず
水中ポンプの破壊をした、、、、、と・・・いう。

もう一か所洗うところが・・・インペラーは入っていた部分 水中ポンプ本体の穴・・・・。
ここも 歯ブラシなどで 水洗いしよう。

それが 終わったら戻す・・・・・んだけど。

IMG_5240


例えば こういう オプションパーツが カミハタから発売されている。
リオ水中ポンプシリーズのスポンジフィルターである。
IMG_5241
この スポンジフィルターは 弊店では ほぼ全部 使用している。
 価格も安いので これは是非皆様にもお勧めしたい・・・・・・
その理由は・・・・・・
次号・・・・・かな

日海センター くまぱぱより

このページのトップヘ