くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

カテゴリ : 取材

いよいよ この日が 来てしまった。カメラの前で、 マイクの前で しゃべらなければ ならない。 いやだな。緊張するな?誰かかわって、、、、。
時は待ってくれない。 テレビ朝日スタッフも 待っては くれなかった。
テレビ朝日スタッフ、 さすが 速い。 ためらう私に 容赦なく    しかも 瞬時に マイクを私の胸元につけてしまった。

スタッフ 「今日は、このお店は クマノミの繁殖で有名と お伺いしましたが、どのようなクマノミが 実際に繁殖しているのですか?」

くまぱぱ  「はい、^~~~~っと 、こちらにいます。」 と 質問には答えず、実際に繁殖コーナーへ誘導し、「こちらが、繁殖している親たちです。左から順に、ペルクラクラウン カクレクマノミ・・・・」いや 汗だくになってしまいます。緊張と緊張の嵐でした。
「くまぱぱさんが選ぶ海水魚のベスト10は どんな生体でしょう。ご紹介ください」
そうそう、 そういえば そんな質問が来るって言っていたから一応原稿も作ってきたが「エーット カブトガニ・・・と・・・」 、だめだ、 頭が真っ白、、その次が出てこない。

開店10:00と同時に 始まった取材が 気が付いたときには、夜の10:00に、、さすがテレビ局の方々のパワー、凄かった。、 いや スタッフの皆様 お疲れ様でした。 ついでに くまぱぱも お疲れ様でした。

昨日 テレビ朝日が 弊店に 取材にきました。 というのも、先日行われた お台場での エコアクア 海の学校2010 に、テレビ朝日の関係者の方がご来場されていて、弊店のクマノミ類の赤ちゃんに感動されたそうです。

取材申し込みのお電話にて、
担当者
「来週の半ばぐらいに取材に伺いたいのですが?、そして その時カクレクマノミの孵化の瞬間も映像に収めたいのですが?」

くまぱぱ
「 取材ありがとうございます。カクレクマノミの孵化って、今から、何時です。とは中々いえないんですよ。水温によって 早まったり 遅くなったりしますので、・・・・・・ 。

ご提案なのですが、本日はいかがですか・? 今日生まれる予定の子が フタカップル います。 カクレクマノミと ブラックオセラリスです。」

担当者
「えぃ 今日ですか? それは無理です。カメラマンの手配も出来ないし、本日取材しなければならない 別件がありますし~~~~~。 どうしよう。
もう一度 折り返し ご連絡します。」

10分後
担当者
「別件の取材 断りました。 それと 何とか カメラマンの手配が付きましたので、今夜 8時ごろ 伺います。」

くまぱぱ:: いやいや 積極的な担当者の方です。
「 ありがとうございます。ブラックオセラリスは 大体 21:30から 22:00の間に孵化します。 照明が消えてから孵化するんですよ。

担当者
「え~~~、 真っ暗なとき 孵化するんですか? いや どうしよう。真っ暗じゃ、赤外線カメラが必要だ。 これからじゃ 赤外線カメラの手配は出来ない、、。」

くまぱぱ
「 じゃぁ、 孵化する直前、と 孵化直後を撮影したらどうでしょう。孵化直前親がしきりに 卵をゆさぶるんですよ、孵化を促すように、 孵化直後は  親の周りを無数の稚魚が泳ぎ回るシーンが撮れますよ。」

担当者
「わかりました。じゃぁ そうします。20:30分ぐらいにお伺います。」

と電話が切れました。

その夜 担当者は なんと 赤外線カメラを 持って来たではありませんか? なんという 執念。孵化の瞬間を撮影するんだ、、という 執念。 すごい。

いや 出来うるならば 良い仕事をしたい、クマノミの最高のシーンを撮りたい。 というのでしょう。 ほんと 頭が下がる思いでした。

店内を真っ暗にし 赤外線カメラをセットし、スタッフみんなで モニターを囲んだ。 くまぱぱは 孵化ということは いつもの事なので、奥で別の仕事をしていました。
すると、モニターを囲んでいたスタッフの方から いきなり 「きゃ きゃ うおー」という ざわめきが 起きたかと思うと 拍手が始まりました。

何だろうと 孵化でも始まったのかな と 奥にいたくまぱぱは モニターを 見ると、 いや すごいですね。 卵の薄い皮を破って 飛び出す稚魚が ワサ~~ わさ~~ と 親のひれにあおられて出てくる 出てくる。

そういえば、くまぱぱ は 孵化の瞬間を ほとんど見たことがなかった。
なぜなら、真っ暗にして 孵化を待っていたから、孵化前と 孵化直後しか 記憶にない。

特に赤外線カメラで見ると、その暗さでは 肉眼では見えないものが見えている、 また アップで撮れば 肉眼で見るより 拡大して見る事ができる。
テレビ関係者ともども、改めて感動した くまぱぱでした。
夜遅くまで、スタッフの皆様 ご苦労さまでした。

本日は さし当たって 産卵シーン撮りで、

一週間後には、 産卵以外の オリジナル商品や システムを撮影する予定です。 今度は くまぱぱが カメラの前で 喋るぞ。 出来るかな??

このページのトップヘ