くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

カテゴリ : 外仕事

お魚大好きくんだよ。先日相模原の料亭から、水槽の台の交換の依頼があり
行って来たよ。その様子を見てね。
DSC_0154
DSC_0156
このように足が腐蝕して、危険な状況だよ
さあ、入れ替えの開始だよ。
DSC_0169
DSC_0167
DSC_0172
DSC_0171
DSC_0175
これで完了だ❗このように、活魚水槽の設置、メンテナンスも
手がけているので、宜しくね。お魚大好きくんでした。

(弊店 日海センターは こんなショップです)

お魚大好き君だよ。今回は、先日おうかがいした座間市のお客様水槽の、メンテナンスの様子をご紹介させてもらうね。水槽のサイズは、90*45*45cmのオーバーフローだよ。その下置き濾過槽のお掃除をしたんだよ。では、写真を見てね🎵
DSC_3074
DSC_3075
濾過槽のタイプはnk式で、東熱紫外線殺菌灯
と、オリジナル硝酸塩還元ボックスが、組み込まれているよ。
DSC_3077
DSC_3078
これは、洗浄後の濾過材のハイブリッドボールと、混合濾材だよ。
これは日海がお勧めする最高の組み合わせだよ。
DSC_3079
このように、スノコを取り外し濾過槽内を、綺麗に洗浄するんだよ。
作業が終わったら、スーパーバイオとフコイダンの出番だよ。
DSC_3089
DSC_3093
日海では、このように出張しての、お客様水槽のメンテナンス入荷も力を入れているんだよ❗
ご相談は下記にアクセス宜しくね。お魚大好き君でした。
その他 ろ過槽各種商品 こちら


巨大かんたん槽 NK-200が積まれた。

IMG_8392

そうだ 今日は かんたん槽セットに お客様宅へ Goo

IMG_8394
その他 海水が260リットル。

IMG_8395

それとは別の もう一台の車にも 荷物びっしり。

IMG_8393

さて、 到着 これらのかんたん槽が これから撤去される。
IMG_8396

そこに この長いの・・・・かんたん槽NK-200が・・・・・
IMG_8397

どんどん 水槽の水をぬく・・・。
IMG_8398

魚が上下に泳げなくなる水深まで 水位がさがったら 
岩をとりだす。 それから 魚を移す。

IMG_8399

そうすれば きれいな水を抜くことが出来るし・・・・・魚も すぐに捕まえられる。
先に 魚を掬ったら・・・・・
魚も すぐに採れないし 水は濁るし・・・・・最悪。
IMG_8400

お魚は 即 綺麗な水で 酸素パック。
IMG_8404

水槽が一時撤去された。 
IMG_8405

そこに 現れたのは かんたん槽NK-200 

IMG_8408

cats

 水槽の入れ替え。依頼人の ハコフグお嬢様も わんちゃんも みんなで観察されながら 無事完了。
そして その左横には かんたん槽NK-90 が再セット。 

IMG_8416


こちらは 以前購入されている、かんたん槽NK-150 
1m50cmのかんたん槽だ、。

IMG_8409

サンゴも お魚も 超元気。
IMG_8413

かんたん槽は 硝酸塩までゼロにしてしまうので、 お魚も サンゴも 一緒に 手軽に飼育する事が出来る画期的な水槽である。



今回 設置以来をくださった、 ハコフグお嬢様は 実は かんたん槽が5台目。
彼女は
かんたん槽の魅力に魅せられているひとりである。

かんたん槽の魅力・・・・・・
■メンテナンス が簡単であること
■お魚や サンゴが 簡単に長生きする事
■水槽内に ヒーターや ポンプ等 余計なものが一切ない事。
■そして 総合的に ホントに良い水槽・・・・・・
なのであろう。
出なければ・・・・ 5台も買うわけはない。

かんたん槽は 規格サイズもあるけれど、 オーダーで さまざまな かんたん槽が作れちゃう。
みんなも 一度 かんたん槽シリーズで 飼育してみたら・・・・
海水魚が こんなに 簡単に飼育できることに 気が付かされるよ。

こんにちは、くぼたです!♪(^^)/

先日、1月にもご紹介させていただいた鈴木香里武(スズキカリブ)さんのお宅に、新しい水槽をセットさせていただきました♪
香里武さんは今月発売のマリンアクアリストに「足元の海を覗いてみよう 岸壁幼魚採集」という記事を寄稿されていらっしゃいます♪
おもしろいので、ぜひご覧になってください!
マリンアクアリストNo.88
http://www.mpj-aqualife.com/marineaquarist.html

で、採集のスペシャリスト!の香里武さんの水槽はやはり採集した楽しい魚がいっぱいで、水槽もたくさんあるのですが、今回は今までご使用されていた900×300×300の水槽が手狭とろ過不足の心配があり弊社設備に切り替えさせていただき、水槽も900×450×450にバージョンアップさせていただきました!

水槽はこちら!
DSC_0005

もちろん硝酸塩還元塔付き!
DSC_0002

DSC_0004


全て組んで言ってるので現地では組み立て直すだけ!
DSC_0026

香里武さんが微妙にレイアウトをして♪

DSC_0026

ライトを付けると!
DSC_0027


やっぱり新品の水槽は気持ち良いですね!

温度があったところでドンドン生体も入れていき♪

DSC_0038

DSC_0037

何と言っても驚いたのは深海生物のテヅルモヅル様!!!
こんなに身近で見たのはおいらも初めてでした!!!

DSC_0033

翌日、
香里武さんさんが落ち着いたところで写真を撮っていただき送ってくださいました♪(^^)/

20180614_141938

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、この時点でとんでもない量の生体が入っており(^^;
キタマクラ、サツキハゼ、ヘビギンポ、モロコシハギ、タカノハダイ、キヌバリ、カゴカキダイ、サバ(幼)!?、ブリ
(幼)!?、イソズジエビ、テヅルモヅル様!(笑)、その他もろもろ!
総勢100匹以上入っているでしょう!!!!!(^^;

でもそれでこの水のピッカピカ具合は手前味噌になりますが♪日海センターろ過槽のパワーです!(^^)v

1月にセットさせていただいた900×450×450オーバーフローセットの方も、呆れるくらい(笑)魚が大きくて、たくさんいてびっくりしました!(笑)

DSC_0006

DSC_0007

こちらの本当に魚の状態が良くて♪とても嬉しかったです!
以前の水槽は水の黄ばみが凄かったですが、今度はクリアです!♪

セットさせていただいた水槽を大事にご使用いただいて、魚が元気に育っていると、セットさせていただいた喜びが倍増します!(^^)/

これからも
香里武さんのご活躍を楽しみに応援させていただきたいと思います。

香里武さんの㈱カリブコラボレーションのサイトです。
いろんな情報が載っていて面白いです♪
http://karibu-collabo.main.jp/top/




IMG_8228

先日 神奈川県にある 某大学に ちょこっと 行ってきた。
IMG_8229

硝酸塩還元塔の増設のためであった。

この大学では 複数のカクレクマノミペアーを 飼育し 産卵させ・・・
生まれてくる稚魚の粘膜についてを 研究している。
IMG_8231

粘膜の形成・・・それと 初めて イソギンチャクに入れるようになる表皮との関係などが 研究テーマらしい。
IMG_8232

これが 実験水槽である。↓ ↓

IMG_8234

この水槽に 硝酸塩還元塔を 増設する。 硝酸塩還元塔を 増設する事により、水槽内の硝酸塩濃度が減少 さらなれば、 自然の海と同様 硝酸塩ゼロを 実現してしまう。
IMG_8235

既存の水槽に 硝酸塩還元塔を 増設するためには・・・・方法が二つある。
別途 揚水ポンプを 増設する方法と 既存の水槽のポンプを利用する方法である。

IMG_8237

今回は 既存の揚水ポンプが大きかったので 既存のポンプから 水量を分けて使うようにした。

そのため、 配管を切断する必要が生じ、 くまぱぱが出張してきたというわけである。
赤い部分を切断・・・・。


IMG_8238

そこに ティーズ配管を入れ込み・・・・↓
IMG_8240

そこから 硝酸塩還元塔に 水流を送るのだ。

IMG_8244

赤い矢印は 切断した 配管から 硝酸塩還元塔へ向かう配管
 青色の矢印は 硝酸塩還元塔から 出てくる排水
IMG_8245
これで 苔も激減するし、 イソギンチャクの長期飼育も可能になる。


IMG_8246

イソギンチャクの長生きが見込めないと、 クマノミの産卵も不安定になるというもの・・・・。
IMG_8252

なんたって イソギンチャクは クマノミの ハウス


イソギンチャクが居ない事は クマノミ自身にとって 死活問題とは ならないものの・・・・
クマノミのハウス(イソギンチャク)が無ければ・・・・どこに 産卵したらよいのか?迷うところで・・・なかなか 安定した産卵にならない と 思われる。

我々も そうだが、 家がなきゃ・・・・部屋がなきゃ・・・・
 睡眠ですら・・・ゆっくり とることも 出来ないよね。

このページのトップヘ