くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

カテゴリ : お客様のエピソード

先日 ご紹介させていただいた かんたん槽NK-150 
1500×300×400  特注かんたん槽のその後・・・・・を・・・・

取材させていただいた。


imwages

じゃじゃぁ~~~ん。

こんな具合です。 
IMG_6927

リフジウム水槽が 中央に乗っている。
これ 奥様が ご自分で 設置。 
IMG_6926

そして ご自分で レイアウト。

IMG_6928

さすが センスが 違いますね。 ももも ののの 素晴らしい。 言葉がどもってしまった。
自分で何を言ってんだか?

すると 奥様 曰く 
「 隣の部屋には 娘の水槽が あるのよ・・・」

そこで 拝見  イ?
目の前には かんたん槽 パラダイス。
IMG_6914


左から かんたん槽NK-90
30キューブ水槽
かんたん槽NK-45
物入れ
かんたん槽NK-45

30キューブ水槽は こんな感じの ひっかけフィルター
フィルターの中には 弊店のオリジナル濾材 ハイブリットボールが入れてある。
これ(ハイブリットボール)を 入れると ひっかけフィルターでも 結構 海水魚は飼育できる。
IMG_6920

下記のかんたん槽NK-45は びっしり ハードコーラルが飼育されている。


IMG_6919

スカンクシュリンプの向こうに チョウチョウウオの姿も ちらほら・・・・・。

IMG_6923


こちらは かんたん槽NK-90 リフジウム水槽も左側に付いている。
IMG_6922

そういえば 水槽に やたらと メモ書きされている・・・・ これは 何だろう。

ラクトフェリン毎日
 クロマジェル 白点キラー フコイダン
IMG_6921

使う添加剤が 水槽ごとに 入れる量 まで 書かれてあった。
さすが 良く管理された 水槽なこと。

管理されているのは 水槽だけではない。

ワンちゃんも 一言で ピタッと 足元で止まる。

IMG_6924


いい子だ いい子だ。 ピタッと止まる子には ご褒美が あるんだよね。
ピタッと止まらない子にも  なんか 上げてね。
IMG_6925


かんたん槽 三昧の お宅訪問でした。

次は どこの お宅に 訪問? 

あ そういえば 水曜日には 1200のオーバーフロー水槽のセット・・・・に 訪問するんだった。


なんたって 十年以上ぶり ・・・・に取り直しました。
弊店の出荷風景 十年の月日は ・・・・・長いですね。
映っている くまぱぱも スタッフも 若いのなんの・・・・。
それよりも・・・ 
10年前の 解像度 と 今の解像度では ・・・・・・カメラの性能・・ こんなに 違うものなのか? あらためて 思い知らされますね。




十年前・・・・の動画・・・・↓

先日の お客様からのお話しで・・・
「 水面の油膜は どうやって取るのが 一番よいのでしょうか?
インターネットとか 見ると・・・・ 新聞紙を水面に広げ 新聞紙に吸わせ油膜を取るとか、 キッチンペーパーを 使うと 更に いいとか、 色々書いてあるんだけれど 実際のところ どうなんでしょう? 新聞紙じゃ インクが水槽に入りそうで なんか 気が進まないし・ キッチンペーパーも なんらかの 薬品が入ってそうで・・・いや 入っているでしょう。 だから まだ 実際には怖くてやって無いので・・・・  日海センターさんでは どのように 取っていますか?」


という 質問であった。なるほど 結構悩んでおられる方 多いようで・・・。 しかし そんな事で悩む必要 全く無。
新聞紙も キッチンペーパーも 一切使わない さらに 言うなれば 油膜をとる道具など一切使わない 方法を ご紹介しよう・・・・。


油膜を取る方法 は →  いうなれば 油膜が張らない水槽にすればよいのだ。
油膜が張らなければ 油膜を 取る必要もなくなる。しかも 永遠に・・・・

つまり 張ってしまった油膜の取りかたを どう取る どうする ではなく、 水槽に油膜など張らないような環境にする事、これが大事である。

油膜が 張りやすい水槽 或いは 油膜が張っている水槽は 必ずと言ってよいほど 生体の状態もかんばしくない。
なぜなら 油膜が張る という事は 水槽が酸欠 である という 断固たる証拠のようなものであるからだ。

以前も このぶろぐで紹介したとおり 水中の泡 エアレーションの泡では 酸素補給にならない。 エアレーションの泡は 水に溶けず すべて 水面に上がっていく。 という現実をお話ししたことがあるのだが 覚えておられるだろうか?
でも 実際 酸欠で苦しんでいる 金魚が 鯉が エアレーションで助かっているのも事実。
では なぜ エアレーションで 酸欠が防げるか? というと 下記のイラストですべてがわかる。

02
つまり エアレーションは 水流を起こしている・・・・そのことで 水面に刺さった酸素を 水中全体に拡散させている 働きをしている。 従って エアレーションでなくても、 水中ポンプ等で 水を動かしていれば 対流を起こしていれば 水槽は酸欠にはならない。

ただし これは 油膜の張っていない水槽のはなし・・・・。

油膜というのは、 字のごとく 油の 膜。 油は 水より軽い だから 水面に浮く。 水面に浮いた油は 油面を増やす一方 大気と 水のふれあいの場 水面を減少させる。

水面が減れば 酸欠になる。 水槽が 酸欠になれば・・・ ろ過能力も低下し 生体の調子も悪くなる。


まとめると 油膜は 厳禁。
油膜が張りやすい水槽から 即 脱出しなければならない。

それには どうするのか?
その一つの方法は 水面がさげられる水槽なら、 水面を下げることですべてが解決する。
通常 油膜の張る水槽は こんな感じになっているはずだ。


no title

すべての 水の出口が 水中に放たれている。
そのほうが 音は静かになり 一見良さそうだが・・・・生体の調子は悪い。
魚が生きないのでは・・・・何のために 水槽を設置しているのだろうか?
ほんとうに 生かすための 水槽設置とは くまぱぱには 思えない。

そこで 水面を下げればよい ↓

cats

A オバーフロ―から上がってくる


=====================

Aの オーバーフローから上がってくる は オーバーフロー水槽の水位を変更するのは 簡単ではない。
しかし
Bのシャワーパイプ や C の上部ろ過の場合なら 水面を下げる事で 水面の上から 水が落ちるようにすることができる。
ただ それだけなのだ。

それだけで OK。 それだけで すべてが解決。1時間もしないうちに、 油膜がとれるのである。
そして 永遠に 油膜が張らない水槽に 大変身するのであ~~~~~る。

水面を下げると なぜ 油膜が張らなくなるのか?
そのあたりは、 話が長~~~~~~~~くなるので、
詳しくは 次号の
ブログでね


くまぱぱでした。




先日 パーリージョーフィッシュ と ぺパーミントシュリンプの攻防を動画で紹介させていただいたの、覚えているだろうか?

そう 結構 評判のよかった お客様提供の動画である。
何度となく パーリージョーフィッシュが掘った穴に 侵入しようとしたぺパーミントシュリンプが・・
これまた 何度となく パーリージョーフィッシュに くわえられ、外へだされるぺパーミントシュリンプ。

その後 二人はどうなったのであろうか?
1ケ月後の動画である。



おもしろい動画を お客様から提供して頂いた。
その名も
「ペパーミントシュリンプとジョーフィッシュの仁義なき戦い」

お客様宅で飼育されている
ペパーミントシュリンプと
11142357_5466185e8bbf2

ジョーフィッシュである。 
LL_IMG_2128


この 二匹は なんとも 喧嘩ばかり・・・・
喧嘩といっても ジョーフィッシュが一方的に仕掛けているだけで・・・・
 ペパーピントシュリンプは ジョーフィッシュが大好きのようだ。 何度 ジョーフィッシュに はじき飛ばされても ジョーフィッシュに寄っていく様が 撮影されている。

では ご覧あれ。

このページのトップヘ