くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

カテゴリ : サンゴ紹介


さぁーて 本日 ご紹介するのは くまぱぱお手製の フラグサンゴ。

聞いたところによると・・・・・
どこかのブログ? か 何かのSNSで 「 安くて 良いサンゴがあるよ」
と 日海センターの フラグサンゴが 高評判を 受けている・・・・・らしい・・・
との事で その情報を聞きつけた お客様が 本日も 多数 遠い処から おいでなさった。

IMG_0929

くまぱぱは 知らないよ そのSNSを見ていないので なんて 書かれているのか・・・・・は・・


IMG_0937

ただ くまぱぱが言えるのが・・・・
くまぱぱお手製なので 自分で言うのは 言いにくいけれど・・・・・
サンゴの状態は 抜群だと思う。
IMG_0938


下記のミドリイシ・・・・
 あたかも 地面に落ちた爆弾が爆発するかのように
触手が放射線状にまっすぐ 伸びている。 
日々成長しているのが わかる。
IMG_0939

先日のブログでも ご紹介した アザミサンゴ↓
下記が2か月前の 小分けにした直後の写真だ。

6ced8998-s


それが 今では 触手が ふさふさ。
くまぱぱの 髪も ふさふさにならないかなぁ・・・
IMG_0940


こちらは ハナヤサイサンゴ・・・・・
IMG_0941

拡大すると こちらも ふさふさ
IMG_0942


こちらの ミドリイシも 
IMG_0933


拡大してみると ポリプが 美しく開いている。
IMG_0931


こちらの トゲサンゴ
IMG_0936


こちらも 触手満開。
IMG_0935


これが みんな 一律 2400円+税 だから・・・・
ちょっと 安すぎ・・・・・

とはいっても この2400円は 希望小売価格なので・・・・

どうしても 3000円 払いたい・・・
いや 4000円 置いていく・・・・・というのは ご自由に・・・・OKですよ


こちらは ソフトコーラルの水槽だ。
IMG_0943


イエローポリプなんだけど 一個 マメスナギンチャクのグリーンも混じっているよね。
これが お手製のいいところ・・・
IMG_0945



ちっちゃな トサカちゃんまでいるぞ。
IMG_0946


周囲レッドのマメスナギンチャク↓
番号が12-083 と 書いてあるでしょ。
IMG_0947

これは 1200円の083番と言う意味だ。

下記は ウミアザミ

IMG_0948

1200円の060番


こちらも 爆発したのか ウミキノコのロングポリプ↓
IMG_0949


下記は ウミキノコだけれども ショートポリプ。
IMG_0950


こちらの ソフトコーラルは 一律 1200円+税
希望小売価格ね・・・・・ それ以上 お支払いただいても  いくら払ってもOK


おっと フラグサンゴの手前に・・・・・ トサカや ウミキノコの 小分けした
IMG_0951

このが 転がっているでしょ。
下記は マメスナギンチャクや スターポリプもあるね。
IMG_0952



こちらは フラグに付ける前の個体・・・
フラグとは・・・・
IMG_0928

こういうもので、
この上にサンゴが乗せられているのだ。


その 載せられる準備段階の サンゴ達が フラグに載せられるのを 今日か 明日かと 待っている状態なのである。

IMG_0953

実は この 準備段階のサンゴ達も・・・・・販売OK フラグは 付いていないけど・・・
フラグ無と いう事もあって・・・・1000円+税・・・・・・ 安~~~~~い



こんな フラグサンゴ達 は こちらに 勢ぞろい
だよ 


今年 3月8日のブログでご紹介したアザミサンゴ達・・・今現在は こんなに成長をしている

IMG_0564

と いきなり 言われても 2か月前のブログだ。その時 どんな 姿か 覚えてないよね・
くまぱぱは ちゃんと・・・・・ 覚えていない・・・・・

どれどれ・・・・思い出してみよう。

 そもそも 群生しているアザミサンゴ。 これを 小分けにし フラグにしたわけだ。

IMG_0131

その時 1フラグに  1ポリプを 載せていった。 こんな感じだ。

IMG_0133


すると どうだろう・・・・・・・・
なんと 小分けにしてから 2週間 しか 経っていないのに・・・・・・
周りから 何やら ・・・・・・・・・
IMG_0135

ニョキニョキ   にょきにょき   出てくる 出てくる ・・・・・・
出てくるでは ないか?

まだ2週間しか経っていないのに・・・・

IMG_0136

その時の新しいポリプは どんどん生えてくるも・・・・色は 親ポリプのメタリックグリーンとは ほど遠い 薄い感じだった。

まぁ 水槽でサンゴが増えているのだから 正直 色までは 期待していなかった。
ところが、 それから 2ケ月たった 今は ・・・・・・下記のような 姿である。


IMG_0564


色も 親ポリプと全く変わらない 見事なメタリックグリーン色で  親ポリプの周囲に広がっていた。

それに伴い どんどん 太くなってきている。
上に伸びるような形で、成長すると くまぱぱは 思いきや 横にも成長するんだね。 
いや むしろ 横にばかり成長し  体をがっちり固めている感じだ。
それが 終わってから 上に伸びていくのかなぁ

サンゴの種類にも よるんだろうけど 条件が合致すると 以外にも サンゴの成長は速いもんだ。

この アザミサンゴ達は のこり残り 10本ぐらいは あるよ


くまぱぱでした。





と 近年 めっきり 主流になっている フラグサンゴ。
下記の ウスコモンサンゴも フラグサンゴである。

24-031

フラグサンゴとは・・・・ サンゴを 下記のように 小分けしたものを言う。くまぱぱが 今持っている白いもの これが サンゴの土台となる フラグと呼ばれているものだ。
e2ea8a7b-s

そこに サンゴ専用の接着剤をつけ、
634d31f7-s

小分けしたサンゴを 載せていく。
0c89bb96-s

こうやって出来たサンゴ達を 紹介しよう。下記は スターポリプ。
土台の白いフラグ幅は25mm。 これが どんどん 水槽条件によっては 増えてくるから楽しい。

スターポリプ12-019

この シャコガイ・ 彼らも 実は フラグに固定されている。

45-175
45-177



こちらは ツツウミヅタ。お花をいっぱい咲かせている。
ほら 左下から 赤ちゃんポリプが 数本出て来ているのかわかる。

ツツウミヅタ12-036


下記は ベトナム産のマメスナギンチャク 周囲が蛍光オレンジで いいね。
マメスナ12-039

こちらは センターオレンジタイプなんだけど・・・ 白いリングが あちこちにある 変わったタイプ。
マメスナ12-047

下記は センターオレンジ と センターグリーンが 1つの フラグに混在している。
これは ちょっと お買い得かも・・・・
マメスナ12-048




ところで 気が付いてもらえただろうか?写真に堂々と 掲載されている数字、 例えば 上記
12-48と明記されている。これは ネット上での商品整理番号 12-48番という事だ。
スターポリプ12-019

上記の12-19と 下記の 12-8と 比べてみよう・・・。 写真では 比べられても、 番号なして いざ 注文が入ったとき この注文は どの実物だぁ? となる。
なんせ いきものだから  ポリプの開き方は日によって違うし 写真と同じ向きで置いてあるとは限らない。
スターポリプ12-008
そこで 考え出されたのが 商品整理番号をつけ それゴト 写真に収める。
「お 12-8のご注文だ」 と 一目瞭然となる。

また 商品整理番号は インターネット上では商品整理番号なのだが, 店内では 値札としても 利用されている。12-8 とは 1200円(税抜)の8番 という意味になる。


下記は 2400円(税抜)の31番 という事になる。 これぞ 一石二鳥。
24-031



その他 フラグサンゴは こちらに掲載中

とまぁ ネットにUPされている フラグサンゴは 20~30個ぐらいあるのだけれど・・・・
実は、 載せきれていないのが現実で、実店舗では・・・・・

IMG_0327

ぱっと 見ただけで 上記のハードコーラル水槽・・・40個はある。

下記の ソフトコーラル水槽では・・・・70~80個は ゆうに見受けられる。
IMG_0328

従って ネットにUPされているのは 氷山の一角といえる。ご来店いただけるのであれば、すべて ご覧いただけるはずだ。

しかし・・・・・ネットにUPされている商品は 実は 実は 特選品・・・・・沢山あるフラグサンゴの中から くまぱぱが 独断と偏見で 「これは きれいだね」 というフラグばかりを 載せている。

ただ 問題なのは くまぱぱが ・・・・思っている・・・・・と言う点だ。
お客さんA曰く 「私は こちらのフラグサンゴの方が 可愛いと思う」 などなど 
人それぞれ 美しさ 可愛さの 基準が 異なる。

そこが 楽しい すばらしい。
  くまぱぱも ふくめ 色んな人の好みの違いで 多種多様な 趣味 人生が広がって行くんだね。


くまぱぱでした。

このページのトップヘ