くまぱぱのブログ

お店での出来事。新入荷の海水魚、無脊椎の紹介、ちょっと気になった事など 色々読んでね。ホームページ や ツイッターもあるよ。詳細は画面右の くまぱぱのプロフィール(写真)をクリックしてね. ツイッターURL↓ http://profile.livedoor.com/nikkai/

カテゴリ : 甲殻類の紹介

本日ご紹介するのは・・・・ 3種類の 甲殻類 エビカニの仲間。

それも イソギンチャクに深~~~い 関係のある 甲殻類であ~~~~~る。

 

まず トップバッターは・・・・・・ カニダマシ

カニダマシは ダマシ とある事から 推測出来るように カニではない。

ヤドカリの仲間だ。 

む?

そもそも ヤドカリとカニの違いは?

ヤドカリ類の足は 一対 カニより少ないんだよ

カニは 5対 10本(ハサミを含む)・・・ であるのに対し

ヤドカリは 4対 8本(ハサミを含む)

そこのところで カニ類と ヤドカリ類を区別している。

もう一つ言うならば、 ヤドカリは カニよりも 腹部の保護が貧弱。 いわば 甲羅が薄いのである。

だから 貝殻などの 殻を 借りて 生活している種類が多い。

 

そんな中、 カニダマシは 貝殻を借りて生活しているのではなく・・・・・

 イソギンチャクを借りて・・・・・・違う 違う イソギンチャクは誰も貸してくれない。

 

イソギンチャクを宿としている。

そうだ クマノミ類が イソギンチャクに入るように・・・・

カニダマシも イソギンチャクに 身を隠して生活しているのである。

カニダマシはの もう一つの特徴は  なんと プランクトンネットを持っているのである。

そして その ネットを 振り回し プランクトンをゲットし 捕食している。

その様が 動画でたっぷり見ていただけるはずだ。

 

 

続きましては・・・・イソギンチャクエビ

彼らもまた イソギンチャクを 宿としている。 こう見ると、 イソギンチャクに入るのは クマノミだけじゃァ 無いんだよね。

その他の 生物も しっかり 利用している。

この イソギンチャクエビも 先ほどの カニダマシと同様 宿を借りているだけではなく・・

宿のお手入れ・・・・つまり イソギンチャクの 世話をしているんだよ。

 

どんな世話か? 

イソギンチャクの脱皮を 手伝っている。

 

うそだぁ。 イソギンチャクは 甲殻類じゃないんだから 脱皮などするか。

って

思うでしょうが するんだよね これが。

 いわば イソギンチャクも 定期的に 一皮むけるのだ。

その むけた皮を チョッキン チョッキン はさみで 切断。

こりゃ 助かるよね。

だから 我々は クマノミと同様 これら イソギンチャクに入って生活する生物を イソギンチャクと共生している と呼んでいるのだ。

つまり 双方に メリットがある・・・・・・

から 共に生きる 共生だ。

 

ちなみに 下記の映像は 左が雌 右がオス このカップルは 先日結婚したばかりの 新婚ほやほや。

べったりでしょ。

 

最後に ご紹介するのはキンチャクカニ

これも イソギンチャクに入る???? 

 

 

いや 違う なんと イソギンチャクを スマホみたいに 持ち歩いているぞ。 しかも 両手に・・・・・。

イソギンチャクは 常に キンチャクカニのハサミに 挟まれている状態だ。

これじゃ 痛いだろう。

これ ・・・共生??????

いや 強制???? だろう 

 

 

 

これでも イソギンチャクに メリットがあると 考えられている。

このカニは 捕食する際 餌を自分のハサミで直接取らず、 手に持っているイソギンチャクに付けて 口に運ぶ。 そのとき イソギンチャクに着いた餌を イソギンチャク自身も食べれてしまう。 これが メリットだ。

 

それにしても この イソギンチャク 常にハサミに挟まれていて、自分の好きなとこへ 行けないじゃん。 強制的に連れまわされている。まるで 監禁されているようだ。

可愛そう。

いや こういう考え方もある。

 イソギンチャク自身がいくら動いても 動ける距離は微々たるもの。

この カニさんなら 短時間で 色んな所へ しかも 餌まで つけてくれるから  ありがとう・・・・

って 言ってるかも。

 

いや それでも 痛そう。

 

こちらは ソデカラッパ。 
 ソデカラッパ?  ソデカラッパって なんだ>。

なんだと言われても・・・ソデカラッパは カラッパの仲間なんだけど・・・
・ そうそう わかりやすく言えば カニの仲間だ。


IMG_5750-4



でも この ソデカラッパ。 全然カニらしくない。 ハサミもなければ 足もない。
手を近づけてみると・・・・・ やや! 足がはえてきた。 颯爽と 逃げるつもりだ。
IMG_5756-4


よし 捕まえたぞ。 その途端、両腕が開き始めた。
IMG_5753-4


こうなれば、カニだ。それにしても でっかいハサミだ。
いや デカいのは腕で ハサミ自体は小さいね。
IMG_5755-4

おっと失礼 これが カニの裏側。 うわぁ はずかしい。かにらしい。

IMG_5754-4

でも、手を放すと・・・・・・ また元の姿に・・・・・・。
腕と 足が 一体型になっている コンパクト設計のカニである。
IMG_5750-4

コンパクトっていいね?              コンパクトって いいの? 
http://nikkai-web.com/SHOP/2041.html

ヤドカリは、宿を借りて ヤドカリ。 だれが付けたか、素晴らしい名前だね。 て いうか そのままジャン。
という 言い方もあるけど・・・・・・。

ヤドカリも 色々な種類が いるけど、 なかでも、弊店で大人気は スベスベサンゴヤドカリ。安くて丈夫だから。
そりゃ 丈夫だよ。 長いと10年も生きる。
でも 以外・・・・ 
結構 長生き させるのに 手こずっている方が多い。

IMG_5154

そこで ヤドカリの飼育ポイントを 二つ取り上げた。

餌 と  新しい宿。

餌って なんだ? ヤドカリの餌って 特別なの?????  
ちゃう ちゃう。 ヤドカリはなんでも食べる、お腹が空いてくると 苔まで食べちゃう。
それだけ、色々食べるヤドカリに対して、 間に合ってる?餌の量。

ヤドカリを底のお掃除屋さん と位置付けている人も 多いでしょう。
その残り餌だけの 量で ヤドカリ君が満足しているのかどうか・・? ・・・・・聞いて見たことある?ヤドカリに・・。

餌の上げ方が上手なら、残り餌は少なくなる。 ましてや 他に エビ カニがいれば、ヤドカリに回る餌が更に減る。
 なぜなら ヤドカリ君は 宿を背負って 移動するため、動きが遅い。宿を背負って 移動するため 体力の消耗も激しい。その事に、配慮をしてあげよう。

では どうするか? 
→ 餌をあげる。   ??????

そりゃそうだ。  でも 一杯あげると 魚も一杯食べる。→  魚がたくさん糞をする。 → 水が汚れる。

出来れば、 魚をよけて ヤドカリに餌を与えたい。 じゃあ どうしよう。

水槽の照明を消してから 餌を与えよう。 その方が、ヤドカリ君もゆっくり食事が出来るというものだ。 魚が寝静まってからが、ヤドカリ君の本当の時間なのだ。



IMG_5156

そうそう もう一つ 新しい宿を用意しておかなければならない。 
新しい宿?

そう 新居だ。 
ヤドカリって 古い宿は嫌うの、? 宿を借りている身分なのに? 贅沢ねぇ

いや いや そうじゃなくて、宿の新旧は どうでも良いんだ。 問題なのは 宿の大きさ。貝殻の大きさだ。
ヤドカリも成長に合わせて、宿をサイズアップしなくてはならない。 

でも 水槽の中には ヤドカリの新居を提供してくれる不動産屋がない。
だから、我々が 彼等のために ちょっと大きめの貝殻を水槽に入れて置く必要がある。これは とっても大事。それがないと、殻に入りきれず・・・・・他の魚に攻撃され・・・・。

と言う事になる。

餌 と  新しい宿。 これはヤドカリ飼育の鉄則。 ってな訳で 頑張って飼育してね。



ヤドカリって 可愛いでしょ。 空(から)の貝殻を背負って、歩き回る。 
空の貝殻を、なんで背負うかって?

空の貝殻は ヤドカリの宿なんだよ。 もともと、貝殻は 貝の骨格。 ヤドカリの物ではない。
ヤドカリは 貝殻を借りている立場だ。
だから 宿借(やどかり)。
今更ながら、だれが付けたか、良くできた 名前ですね。

可愛さの理由は、宿を背負いながら、宿を引きずりながら、生活するところかな。 危険だと判断すると、即 貝殻に 潜り込んでしまう。

img_5031-8[1]

海に潜る方、ダイバーの方は経験あるでしょう。
潜っていると、あちら こちらの岩から、ヤドカリが 転げ落ちるんだ。 

なぜ 転げ落ちるかというと、 ダイビングしている くまぱぱが 近づいてくると ヤドカリは 危険を感じ びっくりして、殻に閉じこもる。 たまたま その場所が 岩の斜面であれば、当然 ヤドカリは転げ落ちる。

転げ落ちるから くまぱぱは ヤドカリの存在に気が付いてしまう。
岩肌に ジーと動かずにいれは、 くまぱぱは 小さなヤドカリを 見つける事なく、通り過ぎるはずなのにね。


ヤドカリも 色々な種類が いるけど、 なかでも、弊店で大人気は スベスベサンゴヤドカリ。安くて丈夫だから。
そりゃ 丈夫だよ。 長いと10年も生きる。
でも 以外・・・・ 
結構 長生き させるのに 手こずっている方が多い。

では 飼育の ポイントを・・・・・ あ、
時間切れ。

飼育のポイントは 明日のこの時間に 会いましょう。
では 皆さん さよなら さよなら さよなら。

2億年前から、ほとんど、姿を替えずに現存している生物、カブトガニ。
カブトガニは周りの環境が変化しても、自らの姿かたちは変えずに、新しい環境に適応してしまう ずば抜けた適応力の持ち主だ。この小さなハサミで、残り餌を 綺麗に食べてしまう。↓
IMG_4969[1]

エビ カニも もちろん食べるけれど、 カブトガニは 半端ない食欲で綺麗にしてしまう。
考えてみれば、エビも カニも カブトガニも 底砂をきれいにするために、底掃除しているわけでは無い。
お腹がすいたから、残り餌を食べているだけだ。


IMG_4968[1]

言い換えれば、お腹いっぱいなら それ以上は底砂をきれいにする事は出来ない。
カブトガニは体型からおわかり・・・・・ エビや カニより 体幅が大きい。その分 食べるぞ・・・。


IMG_4972[1]


極めつけは、底砂の中だ。彼らは潜る事が出来る。↓、底砂に潜んでいる ゴカイなども 綺麗に食べてくれる。
エニや カニは あくまでも手の届く範囲をきれいにする。 つまり 底砂の表層は綺麗にするが、底砂の中までは 掃除してくれないんだよね。
IMG_4966[1]

このページのトップヘ