「サンプラー」

「トリドクロ」が始まりました! 始まっちゃいました! あと二ヶ月くらいあります! ステージアラウンド東京は大変だと聞いていましたが、ホントに大変です。スタッフもキャストも、毎日物凄い距離を歩いたり走ったりしていますよ!


でね、前回は「殺陣」について書いたのですが、今回も殺陣に関した用語です。今回ご紹介したい用語は「サンプラー」でして、正直に言ってコレは楽器用語です。ていうか、楽器の一種です。しかし、演劇の現場にも大変馴染み深い用語なのですよ。ええと、正確には「殺陣とかのある一部の演劇の現場」なんですけど。

サンプラーという楽器は、元々は実際の楽器の音をよりリアルに再現するために作られました。1960年頃に実用機が開発されたシンセサイザーという楽器は様々な波形を電気的に作り出すコトができるので、当時は「全ての楽器の音を再現できる」とまで言われていました。確かに、持続音(ロングトーン)だとかなりリアルに再現できます。しかし、音の鳴り始めのアタックの部分や、ノイズ成分の多い打楽器などは苦手なのです。そこで1980年頃に開発されたのがサンプラーです。
サンプラーでは、生の楽器の音を録音し、その波形をメモリに保存して、ボタンを押せばその音が出るようにします。波形を延ばしたり縮めたりすると音程が変わるので、それをキーボード(楽器の鍵盤の方ね)の音階に合うように調整してやれば、その音色で音楽を奏でるコトができるのです。

何しろ本物の楽器の音を録音して再生しているのですから実にリアルです。ドラムの皮の鳴りとか、トランペットのアタックの音とか、シンセでは作れない音色をリアルに再現できるので、すぐに流行の楽器となりました。
音ならば何でも再現できるので更に新しい使い方も出てきました。例えば「オーケストラ・ヒット」。オーケストラの全楽器で「ジャン!」と鳴らした音。これをアクセントに使います。有名なのはプログレバンド・Yesの1983年のヒット曲「Owner of a Lonely Heart」でしょうか。
また、人声をサンプリングするのも流行りました。PrinceがプロデュースしたChaka Khanの1984年のヒット曲「I  Fell for You」冒頭の「チャカチャカチャカ、チャカカーン」というフレーズはインパクトありましたよね。この二曲をご存じない方は、是非YouTubeとかで探してみて下さいな。
その後、HipHopやBreakBeatsなど、既存の曲の有名なフレーズをサンプリングして使用することで独特のグルーヴを作るのはもはや定番となっています。
このように、どんな音でもサンプリングできるサンプラーは様々な可能性のある楽器として大流行したのです。

で、そんな楽器が演劇とどんな関係があるのか。そろそろ本題です。かつての演劇、2000年くらいまでの演劇では、音効さんは以前にも紹介したオープンリールテープで音楽や効果音を出していました。長い音には有効なのですが、単発のSE、つまり銃声とか剣戟の音とかは苦手だったのです。しかもそれを連発で出したりするのはとても辛い。手が追いつかないのですね。
例えば昔の新感線の場合、その当時から殺陣は多かったのですが、剣戟の音は基本的にありませんでした。どうしても欲しい場合にはあらかじめ殺陣の音を作っておき、その音に合わせて殺陣をしていたのです。「カン、カン、キーン。キーン、ズバッ」みたいなSEをテープで編集して、その音の方に合わせて演技をしていたのね。それでもいいんだけど、やっぱり臨場感に欠けてしまうのです。

1986年頃、学生だった私は宅録と呼ばれる自宅録音音楽にハマっていました。ギターやシンセで多重録音して曲を作るのです。そんな中、音楽雑誌で語られる先進の楽器・サンプラーの存在を知り、先述のヒット曲で使われているサンプラーの音に衝撃を受けました。そこでハタと思いついたのです。何の音でも録音して再生できるのなら、舞台のSEでもできるんじゃないかと。役者の動きに合わせて剣劇のSEが出せるのではないかと。

そこで、ツテを辿って、色んな演劇の音楽・音効さんとして活動していた元・劇団そとばこまちの佐藤心さんがサンプラーを効果音マシンとして使っているという情報を得まして、そのサンプラー(Roland社のS-50)をお借りし、使い方も教わって、新感線の現場で効果音マシンとして使用したのが1988年の「星の忍者-風雲乱世篇-」。剣戟の音とか拍子木の音とかをサンプリングして、役者の動きに合わせて鍵盤を叩けば即座にその音が出る。感動しました!
もちろん現場では音効さんが操作をしてくれるのですが、そのセッティングをするのは佐藤心さんから教えを請うた私です。そして、出番の合間には音効室に行ってサンプラーを操作して効果音を出したりしておりました。
今回、この話を書くために佐藤心さんに確認を取りましたら、その時のサンプラーレンタル料は差し入れでもらったお酒・ズブロッカ(ロシアの強烈なウォッカ)の横流し一本だけだったという話を書けと言われました。そうなんです。予算がなかったんです。その節はすみませんでした。そんなロシア人っぽい顔の作曲家・佐藤心さんのHPはこちら→http://studio-shin.com/shinsato/

そして、その有用性を確信した私はすぐにRoland社のS-330というサンプラーを自腹で購入し、新感線の現場で大活用し始めたってワケです。現在の新感線ではチャンバラの音が普通に入っていますが、それを始めたのは実は私なのです。
当時のサンプラーは今はなき3.5インチのフロッピーディスクでデータ管理をしていました。本体に入るデータ量は数十秒程度、しかもそのデータローディングには数分かかるというシロモノでして、今となっては相当に貧弱なマシンでしたが、当時は夢のマシンだったのよ。
もちろん、今ではサンプラーという楽器は使わずにコンピュータのサンプリングソフトを使ってやっていますが、元々はサンプラーという楽器でやっていたんだよという話です。新感線の音効席にキーボーディスト並みに数段組のキーボードが並んでいるのはその名残です。昔とは比べものにならないくらいの音質と音数と容量になっていますけどね。


よく「演劇にサンプラーを持ち込んだのは誰だ」みたいな話が出ますが、当時は同時多発的にみんな同じ事を考えていたのだと思います。コレ、使えるんじゃね? みたいに。ただ、私は結構早くから採り入れていたんだよというコトを、ここにちょっと自慢げに書き込んでおこうと思います。是非拡散して下さい。
そんな殺陣も多い「トリドクロ」。豊洲のあたりで九月頭までやっていますよ!


kitchencar

本文とは関係ありませんが、ある日のトリドクロ劇場入り口横に出店していたキッチンカー。公演中はほぼ全日なんらかのキッチンカーが出るようですので、是非ご利用下さい。


粟根まこと


72110e08.jpg

あわねまこと○64年生まれ、大阪府出身。85年から劇団☆新感線へ参加し、以降ほとんどの公演に出演。劇団外でも、ミュージカル、コメディ、時代劇など、多様な作品への客演歴を誇る。演劇ぶっくコラム「粟根まことの人物ウォッチング」でもお馴染み。


【出演情報】

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥 Produced by TBS

髑髏城PR

作◇中島かずき 
演出◇いのうえひでのり
出演◇阿部サダヲ 森山未來 早乙女太一/松雪泰子/粟根まこと 福田転球 少路勇介 清水葉月/梶原善/池田成志 ほか
6/27~9/1◎IHIステージアラウンド東京
<お問合せ>0570-084-617(10時~20時)


◇コラム「粟根まことの人物ウォッチング」掲載の「えんぶ6月号」は全国書店で発売中!



話題の舞台を“お得に”観る!割引チケット販売中!
4bbb344f

「殺陣・立ち回り」

二ヶ月以上に渡って上演されていた「ハナドクロ」もそろそろ終了。そしてそれから二週間ほどすれば「トリドクロ」が始まります。ハナドクロメンバーからは大変だとしか聞いておりませんから、我々トリドクロも大変なんでしょうなあ。


今回、一年三ヶ月に渡ってお送りする「髑髏城の七人 花鳥風月」は、これまで七年ごとに四期五回も上演してきた「髑髏城の七人」の最新版。あらすじとしては、ええと、「戦国末期、七人の半端者が強大な髑髏城に殴り込みを掛ける」という全くもってタイトル通りの作品でして、タイトルから想像できる通りに殺陣が多いのです。何しろ戦国末期に殴り込みを掛けるのですから、そりゃ闘うでしょう。27年前の初演から、殺陣の多い作品なのです。

で、今回ご紹介したい演劇用語が、この「殺陣」です。殺陣と書いて「たて」と読みます。元々、歌舞伎用語で刀での斬り合いシーンを「立ち回り」と言い、略して「立ち」と言い、そこから「たて」という用語ができたというのが定説です。ではなぜ「殺陣」という字を当てるのか。それは剣劇で有名な新国劇で「殺陣(さつじん)」という演目があったからだといわれています。

まあ、語源はいいでしょう。要するに演劇や映画においていわゆるチャンバラシーンのことを殺陣と言うのだと思って下さい。最近では刀を使ったシーン以外の、徒手空拳での殴り合いシーンも殺陣と言ったりしますが、こちらは「アクションシーン」と呼び分ける場合もあります。

用語としては「殺陣」も「立ち回り」も両方とも良く使います。「ココは殺陣で繋ぎます」とか「このシーンは立ち回りがあります」とか。頻度としては同じくらいでしょうか。いや、ちょっとだけ「立ち回り」と言う方が多いかもしれません。しかし、殺陣シーンを作る責任者は「殺陣師(たてし)」と呼びまして、「立ち回り師」とは呼びませんけどね。

殺陣師というのは、映画や演劇で殺陣シーンをデザインする人なのですが、最近では立ち回りの手を付ける以上に、そのアクションシーンの演出にまで口を出せる「アクション監督」という言い方も増えてきています。新感線でも、メインの殺陣師である川原正嗣さんは「アクション監督」という役職になっています。
私も新感線という殺陣の多い劇団に所属しておりますから、そこそこ殺陣シーンもやってきましたが、ちゃんとお仕事した殺陣師は新感線での田尻茂一さん、川原正嗣さん、前田悟さんと、「真田十勇士」での渥美博さん、亀山ゆうみさんくらい。映画やドラマで殺陣のある役をやっていないので、舞台だけだとそうなります。

もちろん、現場には殺陣師の方々以外にも、その弟子筋にあたる数多くのアクションのプロが共演者として出演していますから、ことあるごとにご教授頂いて勉強するワケです。時間的な制約から、基本的な殺陣の訓練をすっ飛ばして舞台用の殺陣を付けて頂きますので、泥縄というか付け焼き刃というか、基礎編を飛ばした応用編のみの殺陣ですが、長くやっているとそれなりに覚えていくものです。
よく言われるのは「ダンスではできるだけ顔を残して回りますが、殺陣ではまず顔を回して相手を確認してから次の手に移る」とか「周りの人に当ててしまわないために、刀は体の前半分でしか動かさない」などの注意事項です。いずれも事故を起こさないための注意です。
そして、ある程度できるようになると言われるのが「殺陣はセリフと同じです」という言葉。一つ一つの手に意味があり、セリフを応酬するように刀を応酬する。言葉での駆け引きと同じように刀を駆け引きする。そうすることによって「生きた殺陣」になっていくのです。難しいコトですが、できる限りそうしようとは思っています。

殺陣を作るのには物凄く時間が掛かります。演出家の意向を汲んだ殺陣師が、アクションメンバーと共に殺陣シーンを作り上げ、それを俳優に渡して覚えさせる。その上で修整を加えていく。大人数での大乱闘ともなりますと一日がかりです。いや、一日では完成せずに後日に持ち越される場合もあります。そして、それを「生きた殺陣」にするために日々練習するワケです。いやあ、大変です。大変なのですが楽しくもあります。いや、大変なんですけどね。

ちなみに、田尻さん率いるアクションの専門家に殺陣を付けて頂くようになったのは1996年の「野獣郎見参!」から。ではそれ以前の、例えば1990年初演の「髑髏城の七人」などでは誰が殺陣を付けていたのか? なんと、演出のいのうえひでのりとか古田新太とかが殺陣を付けていたのです。しかも映画やドラマで見たカッコイイ殺陣シーンを参考にして見よう見まねで。うーん、劇団が大きくなってプロに頼めるようになって良かったなあとつくづく思います。

そんな殺陣が満載のトリドクロ。今月末から二ヶ月ちょっと頑張ります。ちなみに、私が演じる小田切渡京は裏切ってばかりなので、あまり殺陣シーンはありません。でも、他の人々は精一杯闘っていますよ。お楽しみに!


juuki

本文とは関係ありませんが、「スキップ」公演会場のサンシャインシティ隣の造幣局東京支局の取り壊し作業現場。休日だったので重機が集められていたのですが、何やら重機の井戸端会議みたいでカワイイったらありゃしない。


粟根まこと


72110e08.jpg

あわねまこと○64年生まれ、大阪府出身。85年から劇団☆新感線へ参加し、以降ほとんどの公演に出演。劇団外でも、ミュージカル、コメディ、時代劇など、多様な作品への客演歴を誇る。演劇ぶっくコラム「粟根まことの人物ウォッチング」でもお馴染み。


【出演情報】

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥 Produced by TBS

髑髏城PR

作◇中島かずき 
演出◇いのうえひでのり
出演◇阿部サダヲ 森山未來 早乙女太一/松雪泰子/粟根まこと 福田転球 少路勇介 清水葉月/梶原善/池田成志 ほか
6/27~9/1◎IHIステージアラウンド東京
<お問合せ>0570-084-617(10時~20時)


◇コラム「粟根まことの人物ウォッチング」掲載の「えんぶ6月号」は全国書店で発売中!



話題の舞台を“お得に”観る!割引チケット販売中!
4bbb344f

「タッパ」

既に春から初夏へと移りゆく昨今。ハナドクロが現在公演中ですが、トリドクロの稽古も始まりつつあります。ハナドクロのキャスト・スタッフに聞くと、実に大変だという話ですから不安にもなりますが、まあキッチリ稽古していきましょう。
そして、このゴールデンウィークに上演しておりますNAPPOS PRODUCE「スキップ」も終盤。ていうか、もう終わりましたか? とりあえず、無事に終われれば良いなとか思いながらこの原稿を書いております。


演劇の稽古では、途中で稽古場が変わる場合があります。まあ様々なケースがありますが、大抵の場合は狭い稽古場から広い稽古場に移動することが多いですね。つまり、劇場舞台よりもちょっと小さいけど場所代の安い稽古場から、劇場舞台とほぼ同じサイズだけど場所代の高い稽古場に移動するワケです。一ヶ月を超えることの多い稽古期間ですから、このような手法を用いて支出を抑えるカンパニーも多いのです。

稽古場のサイズってとても重要なのです。狭い稽古場では、もうちょっと広いつもりで稽古をするわけですが、移動距離も相手との距離感も変わりますし、何よりダンスやアクションが本番通りにできません。ですから、稽古期間の後半は劇場のサイズとほぼ同じ広さの稽古場に移動してみっちり詰めるワケです。これを「実尺(じっしゃく)の取れる」とか「実寸(じっすん)の取れる」稽古場とか言ったりします。

実尺が取れる稽古場ならダンスやアクションもきちんと稽古できますし、俳優の位置関係(ミザンス)http://blog.livedoor.jp/nikkann-awane/archives/33830004.htmlもハッキリします。舞台装置やちょっとした段差も本番と同じように作れますし、従って数々の導線も本番と同じようにできます。このように、広い稽古場に移るのには大変な意義があるのです。

「スキップ」でも稽古場が途中で変わりましたが、実は、一つ目の稽古場でも割と本番に近いサイズが取れていたのです。では何故変更になったのか。それは「タッパ」が足りなかったから。そして、今回ご紹介したい舞台用語がこの「タッパ」なのです。

タッパは「立端」とか「建端」とも書かれ、元々は建築用語です。要するに「高さ」ですね。稽古場のタッパが高い、と言えば天井が高いという意味ですし、このパネルのタッパ、と言えばパネルの高さという意味です。日常でも「君、結構タッパあるよね」と言えば身長が高いという意味になります。あと、料理が余っちゃったらタッパーに入れて冷蔵しておくと明日も食べられますよね。うん、もう別の話だよね。

「スキップ」では舞台上に小振りの盆(回り舞台)が置かれており、その一部にジャングルジムのようなセットが組まれていて、その上に登って演技する演出があったのですが、二階部分のある盆は結構な高さなので、タッパのある稽古場が必要だったのです。しかも手動で回す盆ですから、回す段取りも回りながらの演技も、実物を使って稽古ができたので大変助かりました。
演劇では二階建てのセットなどを組む場合も多いので、稽古場には結構なタッパが必要なのです。二階部分や階段を使った演技も、本番に近いセットが組まれた稽古場なら安心して稽古ができるってワケです。

またしても建築用語由来の舞台用語でしたが、このタッパには「立端」以外の由来の説があります。ウソかマコトか、それは「top」だと言うのです。「トップ」からの「タッパ」。へー、としか言いようがありませんが、あながち全否定できないのも事実です。


そんなこんなで終わりつつある「スキップ」ですが、52歳にして高校生役もやっておりますよ。いやあ、高校生って楽しいですねえ。


mono

本文とは関係ありませんが、消しゴムが欲しくてセブンイレブンで見つけたMONO消しゴム。超可愛いミニサイズ。


粟根まこと


72110e08.jpg

あわねまこと○64年生まれ、大阪府出身。85年から劇団☆新感線へ参加し、以降ほとんどの公演に出演。劇団外でも、ミュージカル、コメディ、時代劇など、多様な作品への客演歴を誇る。演劇ぶっくコラム「粟根まことの人物ウォッチング」でもお馴染み。


【出演情報】

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥 Produced by TBS

髑髏城PR

作◇中島かずき 
演出◇いのうえひでのり
出演◇阿部サダヲ 森山未來 早乙女太一/松雪泰子/粟根まこと 福田転球 少路勇介 清水葉月/梶原善/池田成志 ほか
6/27~9/1◎IHIステージアラウンド東京
<お問合せ>0570-084-617(10時~20時)


◇コラム「粟根まことの人物ウォッチング」掲載の「えんぶ6月号」は全国書店で5/9発売予定!



話題の舞台を“お得に”観る!割引チケット販売中!
4bbb344f
最新記事
過去の記事はこちら
日刊☆えんぶ
ラインナップ

池谷のぶえの人生相談の館

松崎ひとみサムナツ活動日記

一十口裏の妄想危機一髪

小野寺ずるのお散歩エロジェニック

粟根まことのエッセイ「未確認ヒコー舞台:UFB」

松永玲子のエッセイ「今夜もネットショッピング」

ノゾエ征爾のフォトエッセー「桜の島の野添酒店」

植本潤(花組芝居)vs坂口真人(演劇ぶっく編集長)対談「『過剰な人々』を巡る♂いささかな☀冒険」

ふれあい動物電気

kugiri

池谷のぶえの国語算数理科社会。

南信州・駒ヶ根だよりby劇団サムライナッツ

演劇キック
ラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

演劇キックツイッター