「本水」

いやー、終わりました! やっと終わりましたよ「トリドクロ」! 色んなコトがありました。そりゃもう色んなコトが。でもまあ、なんとか無事に終わってホッとしております。でも、すぐに「サブマリン」の稽古が始まって本番があって、その後すぐに「ツキドクロ」の稽古も始まります。相変わらずのバタバタです。


さて、そんなこんなの「トリドクロ」ですが、行われていたのは出来たばかりの新劇場・IHIステージアラウンド東京。客席が回転するという画期的な劇場です。
ステージアラウンドシステムの劇場はオランダのアムステルダムが第一号。そして、世界で二番目、アジア初となるのがこのIHIステージアラウンド東京なのです。

真ん中の軸を中心に回転する円形の客席を取り巻くように舞台が配置されています。四角いドーナツというか、食パンにハムを載せたようになっているワケです。外周部分にある舞台をいくつかに区切って、それぞれにセットを組み、いくつかのシーンを作ります。そして、客席を回転させてそれぞれの方向に向ければ、それぞれのシーンになるっていう寸法です。これがこのステージアラウンドシステムの最大の特徴ですね。
通常の演劇では、たいてい舞台面は一つです。一つの舞台でセットチェンジをしてシーンを切り替えるのですが、転換の時間を短くするためにセットが簡略化(もしくは抽象化)されるコトが多いのですね。まあ、それが演劇の面白いトコロでもあるのですが、あまり複雑な仕掛けを設置しにくいという難点もあります。
しかし、ステージアラウンドならばセットの組み替えが必要ないため、かなり凝った造りのセットを作り置きにできるのです。しかも様々な仕掛けもふんだんに使用することができます。
今回使用した様々な仕掛けの中に「本水(ほんみず)」ってのがありまして、それが本日ご紹介したい演劇用語というか、歌舞伎用語なのです。では本水って何でしょう?

演劇で水を表現したい場合、様々な方法があります。青や銀の布をひらひらとさせたり、ゆらゆらと揺れる照明で表現したり。いずれも本物の水を使わずに水を表現する伝統的技法です。なぜならば、舞台上で本当の水を使うのは大変だから。
舞台上で本物の水を使う場合、防水対策が大変なのですね。万が一、水が漏れてしまった場合、劇場を汚してしまう可能性があるからです。汚すだけならまだしも、電気を使う照明や音響システムに悪影響を与えてしまう場合もあります。なので、舞台で本物の水を使う時には細心の注意を払う必要があるのです。
だからこそ、日本の歌舞伎だけでなく、海外の演劇においても、本物の水を使わずに水を表現する技法が進化してきたのです。いってみればニセモノの水、つまりニセ水です。

しかし! やっぱり演目によっては本物の水を使った方がよい場合があるのですね。「東海道四谷怪談」の隠亡堀の場とか。そういう場合には万難を排して本物の水を使うワケです。これが本物の水、つまり「本水」です。演劇で本水を使う場合、相当の苦労をして使っているのだとご理解下さい。

で、先ほども書いた通り、IHIステージアラウンドでは様々な仕掛けを仕込んだセットを作り置きにできます。ですので、本水が使いやすいってワケ。
しかも、ただ単に水を水槽に溜めて池として使うのではなく、水を循環させた小川や、傾斜を付けた複雑な地形を流れる川として使うコトができるのです。さらに、天井部分にパイプを通して雨を降らせることもできちゃうんです。もちろん、普通の劇場でもこれらの演出はできるのですが、その仕掛けが他のシーンへの制約となる場合もあり、気軽には採り入れることはできません。それなりの予算と準備と覚悟が必要なのです。
その点、ステージアラウンドでは他のシーンへの影響を考えなくてもいいので、比較的採り入れやすいと言えます。
「ハナドクロ、トリドクロ」をご覧頂いた方々なら、ああ、あのシーンだなと思い当たるのではないでしょうか。しっとりとした小川があったり、雨が降る中、派手にバシャバシャと水を跳ね散らかしながら暴れるシーンがありましたよね。あれです。あれが本水です。

本水を使う場合、漏水対策などの他に、水の衛生にも気を使う必要があります。特に俳優が水の中に入ったり被ったりする場合には特に注意が必要です。今回使用した本水には、除菌力が強いうえに安全な特殊な水が含まれています。ですので、我々俳優部も安心して水の中に入ることができるのですね。
更に大変なのが衣裳部さん。正直、俳優部はビショビショに濡れます。なので、替えの衣裳を用意しなくてはならないのです。当然、洗濯すべき衣裳の数は倍になるし、履き物も倍になるし、舞台裏でも衣裳をタオルで拭いたり、床をモップで拭いたり。音響さんもマイクに水が入らないように注意したりと、全スタッフが大忙しです。ことほど左様に本水を使うというのは大変なんです。その分、演出効果は絶大なのです。


トリドクロは真夏でしたから比較的マシでしたが、年末から上演されるツキドクロは真冬の公演となります。きっと寒いぜ! 冷たいぜ! 私も出演しますので、どうぞよろしくお願いいたします! 11月末からです! あ、その前に! 東京ハートブレイカーズ「サブマリン」もよろしくお願いいたします! 9/19〜25に、吉祥寺STAR PINE'S CAFEですよ!


wire

本文とは関係ありませんが、こういう電線っていいよね。


粟根まこと


72110e08.jpg

あわねまこと○64年生まれ、大阪府出身。85年から劇団☆新感線へ参加し、以降ほとんどの公演に出演。劇団外でも、ミュージカル、コメディ、時代劇など、多様な作品への客演歴を誇る。演劇ぶっくコラム「粟根まことの人物ウォッチング」でもお馴染み。


【出演情報】

東京ハートブレイカーズ「サブマリン」
 sub
9/19(火)~25(月)
吉祥寺STAR PINE’S CAFE

◇コラム「粟根まことの人物ウォッチング」掲載の「えんぶ10月号」は9/8、全国書店で発売!



話題の舞台を“お得に”観る!割引チケット販売中!
4bbb344f

「演出助手」

「トリドクロ」も半分終わりました。一ヶ月以上もやって、まだ半分。うひゃあ、先は長いなあ。とりあえず身体に気をつけて頑張っていきたいと思います。


さて、先月のえんぶ本誌での連載「人物ウォッチング」では演出助手の山﨑総司くんを書きました。長いつきあいの総司くんを褒めたり貶したり。まあ、それはいいんですが、さて、演出助手って何をしている人なのか。具体的にご存じの方は少ないのではないでしょうか。

演出助手、我々は略して「演助」と呼んでいますが、要するに読んで字の如く「演出家の助手」です。これで説明が終わってしまうのですが、もうちょっと詳しくご説明いたしましょうか。

まず、演出家の仕事をまとめましょう。この連載でも以前に「演出家」について書きました。→http://blog.livedoor.jp/nikkann-awane/archives/41618104.html
長いので無理して短くまとめますと「脚本を読み込み、それに則って美術、照明、音効、小道具などのスタッフに指示を出して作品世界を立体化する。俳優には演技指導し、ダメ出しをして作品世界を構築する」のが演出家。これらによって作品を完成させるのが仕事です。映画でいうところの監督に当たります。
このように演出家の仕事は多岐に渡り、多忙なのですね。決めるべきコトが山ほどあります。なので、それを補佐する人が必要になりまして、それが演出助手なんです。
公演の規模やスタッフの人数によって演助の仕事は変わってきますが、基本的に、演出家の助手として演出家を支え、また、スタッフやキャストとのパイプ役になるのが主な仕事となります。

演出家がスタッフと打ち合わせをする時、演出助手も必ず同席します。というのは、演出家はだいたい無茶を言います。無理難題をふっかけます。予算や物理的制限を無視したりもします。夢を見るのです。もちろん良い舞台にしようとしてのコトですが、無理なものは無理です。
演出助手と舞台監督と制作チーフは、その無茶を説得してやめさせます。予算と現実を言い含めます。そして実現可能な代替案を提案して丸く収めるのです。
ああ、しまった。これはスタッフ全体の悩みでしたね。もうちょっと演出助手個人の実務をご紹介いたしましょう。

稽古中、演出家は突然色々なコトを言います。セリフの変更やミザンス(動きや立ち位置)の変更、スタッフへの要求などを突然言い出すのです。もちろんキャスト・スタッフはすぐにそれに対応するワケですが、バタバタして忘れちゃうこともあるのね。ですので、演助はすぐにそれを台本に書き込みます。我々俳優は変更されたセリフや動きが判らなくなったら演助さんに教えてもらいに行くのです。ホント、バタバタするから忘れちゃったりするのね。
また、稽古中に俳優がセリフを忘れた場合は即座にセリフを言って思い出させます。コレを「プロンプ(またはプロンプト)」と言います。たまに、俳優がワザと間を取っている時にも忘れたと思ってプロンプして、怒られたりもします。

各俳優の出番をシーンごとに書き出した「香盤表(こうばんひょう)」を作るのも大事な仕事です。そこにはストップウォッチで計った所要時間も書き込まれていきます。なので演助はストップウォッチを常備しているのです。それを見て衣裳の早替えが可能かどうかを考えたりもします。また、キャストのNGを把握して、香盤表とすりあわせて稽古スケジュールを立てるのも演助です。場合によっては演助が代役として稽古に参加する場合もあります。台本を持ちながら、ちょっとたどたどしくセリフを言って動いたりします。

現場によっては本物の音効さんが来るまでは稽古中に音楽を出したりもします。暗転や明転など、重要な照明変化のキッカケを声に出すのも仕事です。だって稽古場はずっと明るいですからね。
そんな稽古中、休憩になれば再開時間を発表し、そこまでの稽古の問題点などをまとめ、スタッフとも打ち合わせ、次のシーンの準備をし、そして急いでトイレに行ってきます。忙しいのです。

ほらもう、演出家の助手というよりも、何でも屋みたいに忙しく働いているでしょ。とにかく、稽古を円滑に進行させるのが演出助手の仕事なのです。
そして、稽古が終わって劇場に入ってからも、舞台稽古からゲネプロでも数多くの修整を調整し、初日が開いてから数日間は問題点を洗い出していくのです。ああ、なんて忙しい!

こんなに忙しいのに、演出家からは矢継ぎ早に指示を出され、スタッフからは早くしろとせっつかれ、キャストからは口うるさいんだよと怒られ、中間管理職のように板挟みになりながらも、より良い舞台を作るために頑張っているのです。ガンバレ演助! 負けるな演助!

初日が開いて数日して舞台が落ち着くと、演助の仕事は終わりです。そして次の現場へと移動します。苦労して作り上げた舞台を後にして去って行くのです。我々は、あんなに邪険にしていた演助を、実は頼りにしていたんだなあと確認しながら、感謝の気持ちをこめて送り出していくのです。また次回もよろしくね、演助!


syutokoh

本文とは関係ありませんが、ゆりかもめ新豊洲駅そばのゆりかもめ上空で首都高速10号晴海線が繋がりました。毎日工事の様子を見ていましたからね。


粟根まこと


72110e08.jpg

あわねまこと○64年生まれ、大阪府出身。85年から劇団☆新感線へ参加し、以降ほとんどの公演に出演。劇団外でも、ミュージカル、コメディ、時代劇など、多様な作品への客演歴を誇る。演劇ぶっくコラム「粟根まことの人物ウォッチング」でもお馴染み。


【出演情報】

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥 Produced by TBS

髑髏城PR

作◇中島かずき 
演出◇いのうえひでのり
出演◇阿部サダヲ 森山未來 早乙女太一/松雪泰子/粟根まこと 福田転球 少路勇介 清水葉月/梶原善/池田成志 ほか
6/27~9/1◎IHIステージアラウンド東京
<お問合せ>0570-084-617(10時~20時)


◇コラム「粟根まことの人物ウォッチング」掲載の「えんぶ6月号」は全国書店で発売中!



話題の舞台を“お得に”観る!割引チケット販売中!
4bbb344f

「サンプラー」

「トリドクロ」が始まりました! 始まっちゃいました! あと二ヶ月くらいあります! ステージアラウンド東京は大変だと聞いていましたが、ホントに大変です。スタッフもキャストも、毎日物凄い距離を歩いたり走ったりしていますよ!


でね、前回は「殺陣」について書いたのですが、今回も殺陣に関した用語です。今回ご紹介したい用語は「サンプラー」でして、正直に言ってコレは楽器用語です。ていうか、楽器の一種です。しかし、演劇の現場にも大変馴染み深い用語なのですよ。ええと、正確には「殺陣とかのある一部の演劇の現場」なんですけど。

サンプラーという楽器は、元々は実際の楽器の音をよりリアルに再現するために作られました。1960年頃に実用機が開発されたシンセサイザーという楽器は様々な波形を電気的に作り出すコトができるので、当時は「全ての楽器の音を再現できる」とまで言われていました。確かに、持続音(ロングトーン)だとかなりリアルに再現できます。しかし、音の鳴り始めのアタックの部分や、ノイズ成分の多い打楽器などは苦手なのです。そこで1980年頃に開発されたのがサンプラーです。
サンプラーでは、生の楽器の音を録音し、その波形をメモリに保存して、ボタンを押せばその音が出るようにします。波形を延ばしたり縮めたりすると音程が変わるので、それをキーボード(楽器の鍵盤の方ね)の音階に合うように調整してやれば、その音色で音楽を奏でるコトができるのです。

何しろ本物の楽器の音を録音して再生しているのですから実にリアルです。ドラムの皮の鳴りとか、トランペットのアタックの音とか、シンセでは作れない音色をリアルに再現できるので、すぐに流行の楽器となりました。
音ならば何でも再現できるので更に新しい使い方も出てきました。例えば「オーケストラ・ヒット」。オーケストラの全楽器で「ジャン!」と鳴らした音。これをアクセントに使います。有名なのはプログレバンド・Yesの1983年のヒット曲「Owner of a Lonely Heart」でしょうか。
また、人声をサンプリングするのも流行りました。PrinceがプロデュースしたChaka Khanの1984年のヒット曲「I  Fell for You」冒頭の「チャカチャカチャカ、チャカカーン」というフレーズはインパクトありましたよね。この二曲をご存じない方は、是非YouTubeとかで探してみて下さいな。
その後、HipHopやBreakBeatsなど、既存の曲の有名なフレーズをサンプリングして使用することで独特のグルーヴを作るのはもはや定番となっています。
このように、どんな音でもサンプリングできるサンプラーは様々な可能性のある楽器として大流行したのです。

で、そんな楽器が演劇とどんな関係があるのか。そろそろ本題です。かつての演劇、2000年くらいまでの演劇では、音効さんは以前にも紹介したオープンリールテープで音楽や効果音を出していました。長い音には有効なのですが、単発のSE、つまり銃声とか剣戟の音とかは苦手だったのです。しかもそれを連発で出したりするのはとても辛い。手が追いつかないのですね。
例えば昔の新感線の場合、その当時から殺陣は多かったのですが、剣戟の音は基本的にありませんでした。どうしても欲しい場合にはあらかじめ殺陣の音を作っておき、その音に合わせて殺陣をしていたのです。「カン、カン、キーン。キーン、ズバッ」みたいなSEをテープで編集して、その音の方に合わせて演技をしていたのね。それでもいいんだけど、やっぱり臨場感に欠けてしまうのです。

1986年頃、学生だった私は宅録と呼ばれる自宅録音音楽にハマっていました。ギターやシンセで多重録音して曲を作るのです。そんな中、音楽雑誌で語られる先進の楽器・サンプラーの存在を知り、先述のヒット曲で使われているサンプラーの音に衝撃を受けました。そこでハタと思いついたのです。何の音でも録音して再生できるのなら、舞台のSEでもできるんじゃないかと。役者の動きに合わせて剣劇のSEが出せるのではないかと。

そこで、ツテを辿って、色んな演劇の音楽・音効さんとして活動していた元・劇団そとばこまちの佐藤心さんがサンプラーを効果音マシンとして使っているという情報を得まして、そのサンプラー(Roland社のS-50)をお借りし、使い方も教わって、新感線の現場で効果音マシンとして使用したのが1988年の「星の忍者-風雲乱世篇-」。剣戟の音とか拍子木の音とかをサンプリングして、役者の動きに合わせて鍵盤を叩けば即座にその音が出る。感動しました!
もちろん現場では音効さんが操作をしてくれるのですが、そのセッティングをするのは佐藤心さんから教えを請うた私です。そして、出番の合間には音効室に行ってサンプラーを操作して効果音を出したりしておりました。
今回、この話を書くために佐藤心さんに確認を取りましたら、その時のサンプラーレンタル料は差し入れでもらったお酒・ズブロッカ(ロシアの強烈なウォッカ)の横流し一本だけだったという話を書けと言われました。そうなんです。予算がなかったんです。その節はすみませんでした。そんなロシア人っぽい顔の作曲家・佐藤心さんのHPはこちら→http://studio-shin.com/shinsato/

そして、その有用性を確信した私はすぐにRoland社のS-330というサンプラーを自腹で購入し、新感線の現場で大活用し始めたってワケです。現在の新感線ではチャンバラの音が普通に入っていますが、それを始めたのは実は私なのです。
当時のサンプラーは今はなき3.5インチのフロッピーディスクでデータ管理をしていました。本体に入るデータ量は数十秒程度、しかもそのデータローディングには数分かかるというシロモノでして、今となっては相当に貧弱なマシンでしたが、当時は夢のマシンだったのよ。
もちろん、今ではサンプラーという楽器は使わずにコンピュータのサンプリングソフトを使ってやっていますが、元々はサンプラーという楽器でやっていたんだよという話です。新感線の音効席にキーボーディスト並みに数段組のキーボードが並んでいるのはその名残です。昔とは比べものにならないくらいの音質と音数と容量になっていますけどね。


よく「演劇にサンプラーを持ち込んだのは誰だ」みたいな話が出ますが、当時は同時多発的にみんな同じ事を考えていたのだと思います。コレ、使えるんじゃね? みたいに。ただ、私は結構早くから採り入れていたんだよというコトを、ここにちょっと自慢げに書き込んでおこうと思います。是非拡散して下さい。
そんな殺陣も多い「トリドクロ」。豊洲のあたりで九月頭までやっていますよ!


kitchencar

本文とは関係ありませんが、ある日のトリドクロ劇場入り口横に出店していたキッチンカー。公演中はほぼ全日なんらかのキッチンカーが出るようですので、是非ご利用下さい。


粟根まこと


72110e08.jpg

あわねまこと○64年生まれ、大阪府出身。85年から劇団☆新感線へ参加し、以降ほとんどの公演に出演。劇団外でも、ミュージカル、コメディ、時代劇など、多様な作品への客演歴を誇る。演劇ぶっくコラム「粟根まことの人物ウォッチング」でもお馴染み。


【出演情報】

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥 Produced by TBS

髑髏城PR

作◇中島かずき 
演出◇いのうえひでのり
出演◇阿部サダヲ 森山未來 早乙女太一/松雪泰子/粟根まこと 福田転球 少路勇介 清水葉月/梶原善/池田成志 ほか
6/27~9/1◎IHIステージアラウンド東京
<お問合せ>0570-084-617(10時~20時)


◇コラム「粟根まことの人物ウォッチング」掲載の「えんぶ6月号」は全国書店で発売中!



話題の舞台を“お得に”観る!割引チケット販売中!
4bbb344f
最新記事
過去の記事はこちら
日刊☆えんぶ
ラインナップ

池谷のぶえの人生相談の館

松崎ひとみサムナツ活動日記

一十口裏の妄想危機一髪

粟根まことのエッセイ「未確認ヒコー舞台:UFB」

松永玲子のエッセイ「今夜もネットショッピング」

ノゾエ征爾のフォトエッセー「桜の島の野添酒店」

植本潤(花組芝居)vs坂口真人(演劇ぶっく編集長)対談「『過剰な人々』を巡る♂いささかな☀冒険」

ふれあい動物電気

kugiri

小野寺ずるのお散歩エロジェニック

池谷のぶえの国語算数理科社会。

南信州・駒ヶ根だよりby劇団サムライナッツ

演劇キック
ラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

演劇キックツイッター