三月末を越えて「春宵・読ミビトツドイテ」が無事に終わり、「ハナドクロ」が無事に幕を開けました。実は「ハナドクロ」をもう見ちゃったんですけど、いやあ、凄いよ。回転する劇場。大変だよ、回転する劇場。「トリドクロ」が心配だよ。そんな私は今は「スキップ」の稽古中です。春になって、ホントに急に忙しくなってきました。

演劇の稽古ってのも様々です。基本的には上演する戯曲を覚えて繰り返しトライし、演出家と話し合いながら精度を上げていくのが稽古です。つまり、戯曲が第一。その戯曲を立体的に立ち上げていくのが演劇の稽古なのです。

しかし、劇団や演出家によってはそれ以外の稽古をすることも多くあります。やり方は様々。数日掛けて戯曲を読み合わせながらディスカッションをする場合もあれば、いきなり立ち稽古になる場合もあります。原作小説や映画をみんなで見たりする場合もあります。いきなり飲み会を開いて親睦を図る場合もあります。遊んでいるようですが、これもまた稽古の一つのカタチです。
親睦を図るといえば、稽古開始時に全員でストレッチや筋トレをする場合もあります。全員で一緒にすることによってチームワークを高めるのですね。他には、ちょっとしたゲームをする場合もあります。お互いの名前を呼び合ったり、その順番を変えていったりするとか。プロデュース公演などでまだお互いの名前を覚えていない場合などに有効です。あるいは鬼ごっことか、ボールを投げ合うとか。いずれにしても、出演者同士がお互いに慣れたり、率直に意見を言い合ったりする為の布石です。遊びながら関係性を作っていく。要するに、カンパニーの人間関係を良くするのが目的ですね。

そんな演劇の稽古手段の一つに「エチュード」というモノがありまして、コレが今回ご紹介したい演劇用語なのですが、音楽や絵画でも使われる専門用語です。
音楽では「練習曲」という意味ですし、絵画では「習作」という意味です。「技術を高めるために既存の作品を模倣・練習する」といったトコロでしょうか。
これが、演劇においては「即興訓練」という意味になります。例えば「俳優陣にあるシチュエーションや役柄を与えて、自由に即興で演技をさせる」という様な訓練です。様々なやり方やパターンがありますが、その場で即興で作り上げていくのが基本です。

例えば、今手がけている作品の役柄で、戯曲には書かれていないシーンを作り上げていく。もちろんそれは上演されるシーンではありませんが、それぞれの役柄を掘り下げる一助になります。このキャラクターはどんな人なのか、そしてそれぞれの登場人物はどんな関係なのか。役柄になりきって即興で関係性を作るコトで役柄に対する理解が深まるってワケです。

あるいは役柄とは関係なく、もっと自由な設定でエチュードをする場合もあり、それによってお互いの性格を知る役にも立ちます。しばしば、自分自身でも予想しなかった人格が現れてきて、自分の演技や人格を再確認するコトもあります。あ、自分にはこんな一面もあるんだ、あの人は意外にもこんな人なんだ。そうすることによって、感情を開放したり、演技に自由度を増していったりするのです。

中にはエチュードで作品を作っていく団体もあります。全員で設定を考え、全員でセリフを構成し、全員で演出する。かつて「劇団青い鳥」ではそのようなエチュードによる創作手段を採っていたため、作・演出のクレジットが「市堂令」であり、カーテンコールで「作・演出、市堂令」と言いながら一同が礼をするのが名物でした。そういう団体もあるってコトです。
これほど端的ではなくとも、作劇にエチュードを採り入れる劇団も多く、演劇においては有効な訓練手法なのですよ。

そんな風に広く用いられているエチュードという手法ですが、実は、エチュードの好きな演劇人なんてそんなにいないのよね。大変だし面倒くさいし、何よりあまり面白くない。学生時代にエチュードを経験したことがある方ならお判り頂けると思います。訓練の一環ですから当然なのですが、とはいえ有効な訓練であるコトも確かなのです。まあ、できるだけ楽しくやっちゃいますけどね。

そんなエチュードっぽいコトもしながら「スキップ」の稽古は進んでいますよ。ええと、絶対に楽しい作品になると思いますので、お時間のある方はぜひともお越し下さいませ。4/26〜5/5にサンシャイン劇場ですよ。私自身も久しぶりのサンシャイン劇場での公演です。楽しみにしております。


around

現在「髑髏城の七人」が上演されているIHIステージアラウンド東京の外観。夏にはここに通います。


粟根まこと


72110e08.jpg

あわねまこと○64年生まれ、大阪府出身。85年から劇団☆新感線へ参加し、以降ほとんどの公演に出演。劇団外でも、ミュージカル、コメディ、時代劇など、多様な作品への客演歴を誇る。演劇ぶっくコラム「粟根まことの人物ウォッチング」でもお馴染み。


【出演情報】

pic_title
『スキップ』
原作◇北村薫
脚本・演出◇成井豊
出演◇霧矢大夢 深川麻衣 岡田達也 粟根まこと 木村玲衣 ほか
4/26〜5/5◎サンシャイン劇場
ホームページ:http://napposunited.com/skip/



◇コラム「粟根まことの人物ウォッチング」掲載の「えんぶ4月号」は全国書店で3/9発売中!



話題の舞台を“お得に”観る!割引チケット販売中!
4bbb344f