既に春から初夏へと移りゆく昨今。ハナドクロが現在公演中ですが、トリドクロの稽古も始まりつつあります。ハナドクロのキャスト・スタッフに聞くと、実に大変だという話ですから不安にもなりますが、まあキッチリ稽古していきましょう。
そして、このゴールデンウィークに上演しておりますNAPPOS PRODUCE「スキップ」も終盤。ていうか、もう終わりましたか? とりあえず、無事に終われれば良いなとか思いながらこの原稿を書いております。


演劇の稽古では、途中で稽古場が変わる場合があります。まあ様々なケースがありますが、大抵の場合は狭い稽古場から広い稽古場に移動することが多いですね。つまり、劇場舞台よりもちょっと小さいけど場所代の安い稽古場から、劇場舞台とほぼ同じサイズだけど場所代の高い稽古場に移動するワケです。一ヶ月を超えることの多い稽古期間ですから、このような手法を用いて支出を抑えるカンパニーも多いのです。

稽古場のサイズってとても重要なのです。狭い稽古場では、もうちょっと広いつもりで稽古をするわけですが、移動距離も相手との距離感も変わりますし、何よりダンスやアクションが本番通りにできません。ですから、稽古期間の後半は劇場のサイズとほぼ同じ広さの稽古場に移動してみっちり詰めるワケです。これを「実尺(じっしゃく)の取れる」とか「実寸(じっすん)の取れる」稽古場とか言ったりします。

実尺が取れる稽古場ならダンスやアクションもきちんと稽古できますし、俳優の位置関係(ミザンス)http://blog.livedoor.jp/nikkann-awane/archives/33830004.htmlもハッキリします。舞台装置やちょっとした段差も本番と同じように作れますし、従って数々の導線も本番と同じようにできます。このように、広い稽古場に移るのには大変な意義があるのです。

「スキップ」でも稽古場が途中で変わりましたが、実は、一つ目の稽古場でも割と本番に近いサイズが取れていたのです。では何故変更になったのか。それは「タッパ」が足りなかったから。そして、今回ご紹介したい舞台用語がこの「タッパ」なのです。

タッパは「立端」とか「建端」とも書かれ、元々は建築用語です。要するに「高さ」ですね。稽古場のタッパが高い、と言えば天井が高いという意味ですし、このパネルのタッパ、と言えばパネルの高さという意味です。日常でも「君、結構タッパあるよね」と言えば身長が高いという意味になります。あと、料理が余っちゃったらタッパーに入れて冷蔵しておくと明日も食べられますよね。うん、もう別の話だよね。

「スキップ」では舞台上に小振りの盆(回り舞台)が置かれており、その一部にジャングルジムのようなセットが組まれていて、その上に登って演技する演出があったのですが、二階部分のある盆は結構な高さなので、タッパのある稽古場が必要だったのです。しかも手動で回す盆ですから、回す段取りも回りながらの演技も、実物を使って稽古ができたので大変助かりました。
演劇では二階建てのセットなどを組む場合も多いので、稽古場には結構なタッパが必要なのです。二階部分や階段を使った演技も、本番に近いセットが組まれた稽古場なら安心して稽古ができるってワケです。

またしても建築用語由来の舞台用語でしたが、このタッパには「立端」以外の由来の説があります。ウソかマコトか、それは「top」だと言うのです。「トップ」からの「タッパ」。へー、としか言いようがありませんが、あながち全否定できないのも事実です。


そんなこんなで終わりつつある「スキップ」ですが、52歳にして高校生役もやっておりますよ。いやあ、高校生って楽しいですねえ。


mono

本文とは関係ありませんが、消しゴムが欲しくてセブンイレブンで見つけたMONO消しゴム。超可愛いミニサイズ。


粟根まこと


72110e08.jpg

あわねまこと○64年生まれ、大阪府出身。85年から劇団☆新感線へ参加し、以降ほとんどの公演に出演。劇団外でも、ミュージカル、コメディ、時代劇など、多様な作品への客演歴を誇る。演劇ぶっくコラム「粟根まことの人物ウォッチング」でもお馴染み。


【出演情報】

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥 Produced by TBS

髑髏城PR

作◇中島かずき 
演出◇いのうえひでのり
出演◇阿部サダヲ 森山未來 早乙女太一/松雪泰子/粟根まこと 福田転球 少路勇介 清水葉月/梶原善/池田成志 ほか
6/27~9/1◎IHIステージアラウンド東京
<お問合せ>0570-084-617(10時~20時)


◇コラム「粟根まことの人物ウォッチング」掲載の「えんぶ6月号」は全国書店で5/9発売予定!



話題の舞台を“お得に”観る!割引チケット販売中!
4bbb344f