やっと終わったよツキドクロ。三ヶ月に渡ったツキドクロ。ダブルチームだったツキドクロ。楽しかった文化祭。みんなで頑張った体育祭。今日、僕たち私たちは卒業します。いや、卒業しません。もうすぐゴクドクロが始まるし、その後にはメタルマクベスもあります。豊洲通いはまだ卒業できないんです。

まあ、先の話はいいでしょう。取りあえず、ツキドクロは無事に終わりました。色々あったけど、体調不良でシャッフルキャストになっちゃったりしたけど、怪我とかもあったけど、まあなんとか終わりました。終わったら打ち上げでしょう!
この「打ち上げ」というのが今回ご紹介したい用語なんですが、今では一般の方々も使いますよね。大きなプロジェクトが完了した時とかに祝宴を開いたりします。でも、実は演劇用語からきているのです。
元々は、歌舞伎界で興行の最終日(千穐楽)を打ち終わるという意味だったのですが、それがその後の祝宴を指すように変化していったそうです。無事に終わって良かったねというねぎらいの宴なんですね。

無事に千穐楽が終われば打ち上げ! これが演劇界です。実は、無事に終わらなくても、公演中に色々あっても、ていうか大抵の公演で何かしらあるのですが、そんな苦労話もネタにしながら打ち上がるのです。テレビ業界では、毎収録ごとに呑みに行くことを打ち上げと言っているようです。毎回ゲストがいたりメンバーが違ったりしますから、その回ごとに締めていくんですね。しかし、演劇の場合は大体同じメンバーで稽古から本番まで長期間に渡って一緒ですから、終演後に呑みにに行くのはただの呑み会。打ち上げというのは基本的に全員参加の公式な行事なのです。

しかし、この打ち上げも公演形態によって多少の違いがあります。規模も違うしシステムも違う。これも色々あるんですよ。
小劇場の劇団公演の場合、予算がないので全員でバラシをします。盛り上がった千穐楽公演の後、みんなが作業着に着替えて劇場撤収をするんですね。さすがに照明や音響にはプロがいますが、プロを呼べる人数に限りがありますから劇団員みんなで手伝います。大道具もバラし衣装も小道具も片付けてトラックで搬出します。そして最後に大掃除をして劇場さんに感謝をしてから退出して、そして念願の打ち上げですよ! え? 積み込んだ荷物? そんなの明日明日! 荷下ろしは明日にして今日は呑むぞ−!
いや、そうもいかない場合もあります。そのままみんなで倉庫に行って荷下ろしをして、クタクタになった後に打ち上がる場合もあります。なんならそのまま倉庫で、缶ビールと乾き物で打ち上がっちゃいます。もう終電もありません。朝まで呑んでそのまま寝ちゃう。熱い演劇論を闘わせる時もあれば、普通に拳で闘う時もある。いや、私は経験ありませんけど、そういう劇団もあったそうです。新感線は穏やかなもんですよ。そんな日々の青春でした。

これが、公演の規模が大きくなると違ってくるんですね。まず、打ち上げは千穐楽にやりません。スタッフが参加できないから。器材が多すぎてスタッフは深夜に至るまでバラシがあるんです。なので、公式な打ち上げは千穐楽よりも前に行われるコトが多いのです。千穐楽の前夜とか、もうちょっと前の昼公演だけの日の夜とかに行われます。しかも参加者が多い! 全キャストと全スタッフと主催などの全関係者が一堂に会し、お互いに感謝をしあうのです。なんかね、もう戦友みたいなもんです。一緒に苦労を分かち合ってきた戦友。お互いに感謝しあいながら、ほどほどに呑む。だって明日も公演があるから。さすがにみんなオトナです。

そして無事に千穐楽を終えた後、俳優部は楽屋を片づけて、バラシはスタッフに任せて劇場を出ます。そしてどうするか。そう、呑みに行くんです。俳優部しかいませんが、公演が終わったことを祝いに呑みに行くんです。祝おうよ。終わったんだから。色々あったけど無事に終わったんだから。これまで毎日顔を合わせてきたけど、明日からはもう会わないんだから。会うかもしれないけどね。

打ち上げにはやはり達成感があります。達成感がなくとも、とりあえずホッとするんですね。お疲れ様でしたと、ありがとうと、またねと、色んな感情が渦巻く中、美味しいお酒を呑み交わすワケです。明日からは、また別々の道を歩みますが、今日はゆっくり呑みましょう。そして、また会いましょう。
また次の舞台に向かうために。

tokyotower

本文とは関係ありませんが、平昌オリンピックの開会式の日、オリンピックカラー(多分)になっていた東京タワー。ボケていてすみません。


粟根まこと


72110e08.jpg

あわねまこと○64年生まれ、大阪府出身。85年から劇団☆新感線へ参加し、以降ほとんどの公演に出演。劇団外でも、ミュージカル、コメディ、時代劇など、多様な作品への客演歴を誇る。えんぶコラム「粟根まことの人物ウォッチング」でもお馴染み。


【出演情報】

『トリスケリオンの靴音』3/28〜4/8◎赤坂REDシアター、5/11〜13◎一心寺シアター
『若様組まいる〜アイスクリン強し〜』 4/27-5/6◎サンシャイン劇場


◇コラム「粟根まことの人物ウォッチング」掲載の「えんぶ4月号」は全国書店で3/9発売!


話題の舞台を“お得に”観る!割引チケット販売中!
4bbb344f