桜が慌ただしく咲いて慌ただしく散っていく四月。現在、私は「トリスケリオンの靴音」という舞台の本番中です。4/8までが赤坂RED/THEATERにて、そして大阪公演は一心寺シアター倶楽にて5/11〜13です。その間に「若様組まいる 〜アイスクリン強し〜」という舞台もやります。こちらは4/27〜5/6にサンシャイン劇場にて。

でね、その「トリスケリオンの靴音」は三人芝居なんですよ。私にとって初めての三人芝居への挑戦となります。この「三人芝居」というのが今回ご紹介したい用語なんですが、意味としては「三人の俳優が出てくる芝居」ということでして何のヒネリもありませんが、まあ日常生活では絶対に使わない舞台専門用語ではありますよね。
同様に二人の俳優しか出てこない場合は「二人芝居」といいます。もちろん一人しか出てこなければ「一人芝居」となりますが、こちらは日常でも使われる言葉ですよね。一人で空回りしてテンパっていたりしているのを「アイツの一人芝居だな」なんて言ったりします。
私自身は一人芝居はやったことがありませんが、作品としては数多くあります。加藤健一さんの「審判」や、イッセー尾形さんの作品群などが有名ですよね。あと、よく考えたら落語も一人芝居の一種のような気もします。
二人芝居ならばやったことがあります。坂本チラノさん作・演出の「パ・ド・ドゥ」という作品を高田聖子さんと二人でやりました。もう25年ほど前の事です。いやあ、なんとも懐かしい話です。

もちろん「四人芝居」や「五人芝居」なんて言い方もあるのですが、あんまり使いません。四〜六人くらいだと「少人数芝居」なんていったりもします。では一〜三人の場合とどう違うのかというと、やはり役柄間の関係性が急激に複雑になるからじゃないでしょうか。

二人芝居の場合、それぞれが一役しか演じない場合、その関係性は一対一となります。つまり二点の間に引ける線は一本です。そして三人芝居だとその関係線は三本になります。一本とか三本とか、このくらいのミニマムな関係性が特殊性を醸し出すような気がします。必要最小限というか、ドラマとして面白くなりやすいところなんだと思います。恋の三角関係なんてまさにそうじゃないですか。
これが四人だと六本、五人だと十本、六人だと十五本となり、一気に複雑さが増していきます。もちろん話としては複雑な方が面白いのでしょうが、シンプルな関係性を考えると三人というのが丁度いいトコロなんです。
(ちなみに一人芝居の場合、一人で何役もやったり架空の相手をたくさん出したりして、逆に何でもアリになるので別の話とします)

ただ、二人芝居や三人芝居では当然のコトながら一人あたりのセリフ量が多くなります。出番としてもほぼ出突っ張りです。気の休まる暇も無いほど大変ではあるのですが、その分、濃密なセリフ劇になるので、やっていて楽しくもあります。

「三」という数字は面白い数字で、実に多くの成語が作られています。三度目の正直とか、三人寄れば文殊の知恵とか、石に上にも三年とか、仏の顔も三度までとか、三位一体とか、日本三大がっかりとか、三バカトリオとか、まあとにかくたくさんあります。三は調和や安定を表すので、なんとなく使いやすいんでしょうね。「three is a magic number」という名曲もあります。洋の東西を問わず、「三」という数字にはなにやら神秘的な魅力があるのでしょう。

そんな三人芝居、現在上演中です。今週末までなので、気になる方は是非ともお越し下さいませ。当日券も出ますよ!

ushinaki

本文とは関係ありませんが、赤坂見附あたりにある牛鳴坂。路面が悪くて牛が鳴くほど辛い坂らしいんですが、それにしても牛鳴坂って。


粟根まこと


72110e08.jpg

あわねまこと○64年生まれ、大阪府出身。85年から劇団☆新感線へ参加し、以降ほとんどの公演に出演。劇団外でも、ミュージカル、コメディ、時代劇など、多様な作品への客演歴を誇る。えんぶコラム「粟根まことの人物ウォッチング」でもお馴染み。


【出演情報】

『トリスケリオンの靴音』3/28〜4/8◎赤坂REDシアター、5/11〜13◎一心寺シアター
『若様組まいる〜アイスクリン強し〜』 4/27-5/6◎サンシャイン劇場


◇コラム「粟根まことの人物ウォッチング」掲載の「えんぶ4月号」は全国書店で発売中!



若様組まいる お得なチケット販売中!
kick shop nikkan engeki