一年三ヶ月に及んだ「髑髏城の七人」シリーズがやっと終わり、そして六ヶ月に及ぶ「メタルマクベス」シリーズの稽古が始まりました。大晦日までの長い旅です。最後まで気をつけて頑張りたいと思います。

そんな髑髏城も含めて、昨年から今年に掛けては舞台が続いておりまして、物理的にも精神的にも余裕がなくてあまり舞台を見に行っておりませんでした。しかし、この五月の後半はオフ。チョコチョコと仕事したりネタを探したりはしていましたが、いくつか舞台を見に行くことができました。舞台って本番をやっているとツラくなるけど、オフの時に見るとやりたくなるから不思議ですね。

舞台を見に行くとよくもらうのがチラシの束。もらうっていうか配られるというか、半強制的に渡されるアレね。今後行われる色んな舞台のチラシがまとまってるヤツ。結構な枚数で、かなりな厚さで、意外と重いアレ。人によっては、アレいらないわーって思っているかもしれません。
しかし! あのチラシの束には我々演劇人の思いが詰まっているのですよ。思いが詰まって重いのです。それぞれおもいおもいの思いが。なんつって。おっ、もーいいか。すみません、駄洒落を思いついちゃったもんで。

既に高度情報化社会です。IT時代です。大抵の演劇の情報も、テレビの情報番組やネットで集められますよね。SNSではオススメの舞台情報がRTされたり、いいね!されたりしています。実際、私もほとんどの舞台情報はSNSで知ることの方が多いです。あとはクチコミ。まあ、SNSもクチコミの一種ではありますが。
そんな情報化社会でも、偶然の出会いは必要なんです。いかに音楽の情報がネットに溢れていても、やっぱりタワレコに行って試聴したりジャケ買いしちゃいますし、いかに書籍の情報が溢れていても、やっぱりジュンク堂に行ってパラパラ見買いしちゃうんですよ。もうね、必ず買うね。目当てのCDや本はハッキリしているのに、ついでに色々見て回って、そんで予定外の買い物を山ほどしちゃうんだよね。

演劇のチラシも同じです。おっ、こんな舞台やるんだ。あっ、あの人も出るんだ。そんな出会いがあのチラシの束の中には詰まっているのです。
私は舞台を手ぶらで見に行くことが多いんです。冬場は釣りベストで、夏場はヒップバッグで。そんな時、あのチラシの束は結構邪魔になるんですよね。でも、偶然の出会いを求めて持って帰ります。釣りベストの背中部分に入れて。ヒップバッグに押し込んで。重いんだけど、それはしょうがない。
そして持ち帰ったら、一枚一枚眺めながら、気になるチラシをピックアップして、出演者と日程をリストアップしていきます。そしてメモにまとめておくんです。休みの日に見に行くために。
また、見に行く気はないけど、デザインの気に入ったチラシも取っておきます。一応、今でも細々とチラシデザインの仕事もしておりますので、最近の流行が気になるんです。最近では、色味の少ないザラッとしたシンプルなのが流行っているみたいですよ。

このように、あのチラシの束には様々な出会いがあるんです。今では多くのチラシ折り込み代行サービスがありまして、機械で大量の束を作って配布していますが、昔はみんな劇場の前に行って自分の劇団のチラシを配っていたんですよ。それが後に、色んな劇団の人が劇場のロビーに集まってグルグル回りながらチラシの束を作るようになり(挟み込みといいます)、それが今では代行業者が主流になったってワケ。

演じる側としても、デザインする側としても、挟み込む側としても、あのチラシの束には色んな思いが詰まっております。ぜひお持ち帰り頂いて、今後のご観劇の参考にして頂ければと思います。
とかいいながら、作ったリストを見ながら細かい情報を集めるのはネットでなんだけど。ま、いいよね。
そして最後に演劇用語をお教えしようと思いますが、このチラシの束を「チラ束」と呼ぶのは私だけ? どう? 私はそう言うんだけど、これが正式な演劇用語かどうかは判りません。なんじゃそりゃ。


gunma

群馬県高崎市の歴史博物館に行ったんだけど、エントランスには縦横5mくらいある群馬の立体模型がありました。しかもプロジェクションマッピング。


粟根まこと

72110e08.jpg

あわねまこと○64年生まれ、大阪府出身。85年から劇団☆新感線へ参加し、以降ほとんどの公演に出演。劇団外でも、ミュージカル、コメディ、時代劇など、多様な作品への客演歴を誇る。えんぶコラム「粟根まことの人物ウォッチング」でもお馴染み。


【出演情報】

ONWARD presents
新感線☆RS『メタルマクベス』disc1
Produced by TBS
7/23(月)~8/31(金)◎IHI ステージアラウンド東京(豊洲)


◇コラム「粟根まことの人物ウォッチング」掲載の「えんぶ6月号」は全国書店で発売中!



kick shop nikkan engeki