さあ! いよいよ終わります! 約二年に渡ってお送りして参りました劇団☆新感線のIHIステージアラウンド東京ラウンド。「髑髏城の七人」と「メタルマクベス」、合わせて8作品9バージョン。いやあ、長かった。なんとか無事に大晦日まで回しきりたいと思います。

そんな12月。今年の12月は例年より暖かいですが、そろそろ寒気もやってきそうですね。寒い冬でも舞台ではたいへん汗をかきます。新感線のような激しい舞台でなくても汗はかくんです。声を出すってのもかなりな運動なんですね。
となると水分補給が欠かせません。汗で失った水分を補填するためにも、ザラザラしてしまったノドを潤すためにも、こまめな水分補給が大事なんです。
頻繁に楽屋に帰れれば問題ないんですよ。自分で用意した飲み物もあるし、制作部さんんが用意してくれたウォーターサーバーやコーヒー、また差し入れで頂いた飲料なんかがたくさんありますから。
ただ、問題なのは出番の関係でしばらく楽屋に帰れない時。いっぱい喋ってアクションして、舞台ソデに戻ってきたらすぐに早替えしてまた出番。そんな時に活躍するのが「ステージドリンク」です。

このステージドリンクという用語は本来は音楽業界の言葉です。ライブの最中にボーカリストをはじめとするメンバーが飲むドリンクのこと。ステージ上で飲むからステージドリンク。判りやすいですね。コレが演劇業界では「舞台ソデで飲むドリンク」のコトを指すようになりました。演劇の舞台上では好きなタイミングで飲むことはできませんからね。
私が子供の頃は「スポーツ中には水を飲むな」なんて言われたりもしていましたが、今では適度な水分摂取が推奨されています。演劇でも汗をかかないために水分は控えた方がいいという説もありますが、演劇もある意味スポーツみたいなモノでして、水分は補給した方がいいと思います。だってどうせ汗はかくんだし。

ステージドリンクは基本的にPETボトルなどのフタができる物に決められています。舞台ソデには照明や音響の電子機器がたくさんあります。なので転かしたりしても零れないための注意です。もちろんドリンク置き場もそういった機器のないところに定められています。
ただ、その中身は人によって様々です。一番多いのはミネラルウォーターですが、ポカリスウェットなどのスポーツドリンクも多いですね。汗で失われた電解質を補給するためです。経口補水液の場合もあります。
また、最近では水に溶かすタイプのアミノ酸飲料やクエン酸飲料も人気です。もうね、何かにすがりたくてしょうがないんですよ。ちょっとでも疲れを取って、水分も補給でして、パフォーマンスが上がるヤツ。ステージドリンクは緊張の続く舞台でのひとときのオアシスとも言えるのです。

そんな必需品であるステージドリンクですが、通常の劇場の場合ならば上手ソデか下手ソデのどちらかに一本置いておけばほぼ事足ります。主役さんクラスになると出番が多くて上手と下手に一本ずつ置いたりもしますが、まあそんな程度。ところが、IHIステージアラウンド東京では勝手が違うんですね。何しろ舞台がいっぱいあるから。
この連載でも何度か書いていますが、ステージアラウンドは回転する巨大な客席の周りを取り囲むように何面もの舞台が設置されています。舞台裏の総延長は250m以上。上手とか下手とかのレベルではないのです。もう、ずっと舞台。あのシーン、あのセット。クライマックスあたりでは楽屋に帰ることなく次々と舞台裏を移動しながらの出番が続きますので、水分を補給するのも大変です。
それほど出番のない私でも、髑髏城の時はステージドリンクを二本用意して、しかもシーンによって移動させながら使っていました。メタルマクベスでは一本で済んでるけど。人によっては何本も用意していたようです。もちろん、場合によってはスタッフさんが持ってきてくれたり、大御所さんの場合はお付きの方が持っていたりもしますけどね。

そんなこんなのドリンク事情。年齢が増すごとに水分補給の重要さを感じております。皆様も汗をかかない冬だからといって水分補給を疎かにしないようにして下さいね。なんたって乾燥していますから。

higashiguti

本文とは関係ありませんが、現在建設中の下北沢駅東口。来年からはこちらが劇場街への最寄り口となりそうです。


粟根まこと

72110e08.jpg

あわねまこと○64年生まれ、大阪府出身。85年から劇団☆新感線へ参加し、以降ほとんどの公演に出演。劇団外でも、ミュージカル、コメディ、時代劇など、多様な作品への客演歴を誇る。えんぶコラム「粟根まことの人物ウォッチング」でもお馴染み。


【出演情報】

ONWARD presents
新感線☆RS『メタルマクベス』disc3
Produced by TBS
11/9(金)~12/31(月)◎IHI ステージアラウンド東京(豊洲)

◇コラム「粟根まことの人物ウォッチング」掲載の「えんぶ12月号」は全国書店で発売中!