日刊☆えんぶ『ノゾエ征爾-桜の島の野添酒店-』は2019年2月20日に引っ越しました。
新しい記事はこちらから読めます。

No.70 「20ねん」

024_24_0002

なんてことでしょう。はえぎわが今年で20周年を迎えました。
今回出演してくれている若い女優さん・中園さんに20年前の写真を持ってきてもらったら、一歳の赤ン坊だった。
こういう時に、ハッとする。
20年という長さを急に実感する。
悪い事してたわけでもないのに、まずい!とも思ってしまう。
こんなにやってたのか。
こんなにやれてたのか。
写真は15年ほど前の。
今回は、僕が撮ったのものではなく、長年撮っていただいている、梅澤美幸さんによるものを使わせていただきました。
20代後半か。まあ普通に若いですわね。
ただただガツガツしていた気がする。
15年後の姿は、もっともっとすごいところまで行ってる姿を想像してた気がする。
それくらい平気でいけるとも思ってた気がする。
けど、いま、現実の自分に別にがっかりはしない。
むしろ、恵まれてたなと思う。人に。本当に。
それへの感謝を急に感じる。
色んな人がふっふっと浮かんできて、ごめんなさいという気持ちも沸いてくる。
ありがとうとごめんなさい、比率で言えばどっちがどうか。
ごめんなさいの方がやや多いか。
それをも含めて、この20年、ありがとうございましたと、
新年をそんな気持ちでむかえているのであります。
って、いきなりはえぎわ新作本公演ですが、
今年も何卒よろしくお願いいたします。

ノゾエ征爾

ノゾエさん
のぞえせいじ○75年生。脚本家、演出家、俳優。はえぎわ主宰。青山学院大学在学中の99年に「はえぎわ」を始動。以降全作品の作・演出を手がける。11年 の『○○トアル風景』にて第56回岸田國士戯曲賞を受賞。2014年には初の主演映画『TOKYOてやんでぃ』が公開された。


【今後の予定】

しょう3

はえぎわ 20周年本公演
「桜のその薗 ~ミワクの鳥が踊る町の山の川の果ての鈴鳴る滝で一人龍を征す~」
2019年1月31日~2月6日
@ザ・スズナリ
http://haegiwa.net/kouen/sakuranosonosono/



★話題の舞台を“お得に”観る!割引チケット販売中!
4bbb344f

8e307e54

No.69 命売ります、からの、命生まれる

小

ひそかに、写真のような光景に、憧れておりました。
なので、そんな光景をみかけると、こっそりと写真を撮ったりしてしまうのでありました。
そんな光景が、もしかしたら、もう夢じゃないかもしれません。
舞台「命売ります」の稽古中。
命を売りに出したら、むしろ命が惜しくなっていってしまった主人公。
ではないけど、
命を売りに出す作品を作っていたら、命が生まれたのでありました。
40過ぎにして、ついに親となったのであります。
来年は、パパノゾエとして、また改めてよろしくお願いいたします。
今年もどうもありがとうございました。

ノゾエ征爾

ノゾエさん
のぞえせいじ○75年生。脚本家、演出家、俳優。はえぎわ主宰。青山学院大学在学中の99年に「はえぎわ」を始動。以降全作品の作・演出を手がける。11年 の『○○トアル風景』にて第56回岸田國士戯曲賞を受賞。2014年には初の主演映画『TOKYOてやんでぃ』が公開された。


【今後の予定】

しょう3

はえぎわ 20周年本公演
「桜のその薗 ~ミワクの鳥が踊る町の山の川の果ての鈴鳴る滝で一人龍を征す~」
2019年1月31日~2月6日
@ザ・スズナリ
http://haegiwa.net/kouen/sakuranosonosono/



★話題の舞台を“お得に”観る!割引チケット販売中!
4bbb344f

8e307e54

No.68「おばちゃんタクシー」

DSCF1095

少し長めの距離をタクシーを使った。
ぽわんとしたおばちゃん運転手だった。
少しゆったりしたかったから、ラッキーと思った。
少し急いでたので、高速使ってくださいとお願いした。
おばちゃんはすいすいと高速に入ってくれて、すいすいと飛ばしてくれた。
いいじゃないいいじゃない。
サンドイッチ食べてもいいですか?と聞くと、
ええもちろんです。とぽわんとした声で答えてくれた。
いいじゃないいいじゃない。
高速を降りるあたりになって、ぽわんとしてたおばちゃんの雰囲気が少しバタバタっとなった。
おばちゃんはぽつりと言った。
「間違えた」
え?おばちゃん?だめじゃないだめじゃない。
そして何か、変なところから降りて、少しぐるぐると回り始めた。
おばちゃん?だめなんじゃない?
結構遠回りした気がする。
予想時間より15分ほど多くかかって、ようやく目的地に着いた。
6230円の表示。
おばちゃんは、「少し間違えてしまったんで6000円でいいですよ」
また通常のぽわんとした声に戻ってそう言った。
一瞬そのぽわんに騙されそうになったが、
おばちゃん?230円引きだけ?もっと相当加算されたよね?間違えたことによって。
前乗った時、1500円以上安かったよ?
しかし、おばちゃんのぽわんの前に何も言う気にもなれず・・。
おばちゃん、完全にだめじゃない…。
ってまあ、仕事先の経費で乗らせていただいてたんだけど。


ノゾエ征爾

ノゾエさん
のぞえせいじ○75年生。脚本家、演出家、俳優。はえぎわ主宰。青山学院大学在学中の99年に「はえぎわ」を始動。以降全作品の作・演出を手がける。11年 の『○○トアル風景』にて第56回岸田國士戯曲賞を受賞。2014年には初の主演映画『TOKYOてやんでぃ』が公開された。


【今後の予定】

s_inochi_honchirashi

PARCOプロデュース「命売ります」
原作:三島由紀夫
脚本・演出・出演:ノゾエ征爾
2018年11月24日~12月9日@サンシャイン劇場(東京)
12月22日@森ノ宮ピロティホール(大阪)
http://www.parco-play.com/web/play/inochi/


★話題の舞台を“お得に”観る!割引チケット販売中!
4bbb344f

8e307e54
最新記事
日刊えんぶ
ラインナップ

池谷のぶえの人生相談の館

松崎ひとみサムナツ活動日記

一十口裏の妄想危機一髪

粟根まことのエッセイ「未確認ヒコー舞台:UFB」

松永玲子のエッセイ「今夜もネットショッピング」

ノゾエ征爾のフォトエッセー「桜の島の野添酒店」

植本潤(花組芝居)vs坂口真人(演劇ぶっく編集長)対談「『過剰な人々』を巡る♂いささかな☀冒険」

ふれあい動物電気

kugiri

小野寺ずるのお散歩エロジェニック

池谷のぶえの国語算数理科社会。

南信州・駒ヶ根だよりby劇団サムライナッツ

演劇キック
ラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

演劇キックツイッター