P1010126

桜島です。

九州は鹿児島にあります。

サッカー日本代表の遠藤保人の実家もあります。

「野添」の親戚も多くいます。

ちょうど100年前の1914年、桜島は大爆発しました。

その溶岩で、九州本土と陸続きになりました。

当時の激しさを物語る鳥居が残されています。

3メートルの高さにあった鳥居が、大量の降灰により、ひざ下にあります。

今でも大小の噴火は日常的に起きており、彼らの生活は、降灰と共にあります。

地下では、100年前に空っぽになったマグマがまた溜まってきていると聞きます。

あと10年ほどで満杯になるそうです。

それでも人々はそこで生活を続けています。

8月23日から始まる、はえぎわ本公演は、少し、桜島をモデルにしています。

久々にまた、桜島に行きたい。


ノゾエ征爾


ノゾエさん

のぞえせいじ○75年生。脚本家、演出家、俳優。はえぎわ主宰。青山学院大学在学中の99年に「はえぎわ」を始動。以降全作品の作・演出を手がける。11年 の『○○トアル風景』にて第56回岸田國士戯曲賞を受賞。2月には初の主演映画『TOKYOてやんでぃ』が公開された。

【今後の予定】

2014_haenoyounimai_01

はえぎわ(15周年)新作本公演
『ハエのように舞い 牛は笑う』
作・演出:ノゾエ征爾
2014年8月23日(土)~31日(日)
@東京劇術劇場シアターイースト
http://www.haegiwa.net/



えんぶチケット日時・枚数限定、お得に販売中!
shop_rogo_sp

header_rogo

side_twitterside_facebook