P1040519

悪い本を追放しましょう。

「悪い本」とは、この世に絶対的にあってはならない本の事です。

あってはならない本とは、悪い事がたくさん盛り込まれている本のことです。

「悪いことがたくさん盛り込まれている本」なんて山ほどあるはずなのに、そのポストには、一向に本が投入されることがありませんでした。

風紀委員は、そんなことはないはずだと、家をいくつか訪問して回りました。

しかし、やはり、悪い本は出てきませんでした。

絶対的にあってはならない本がないなんて、絶対的にないはずだ。

風紀委員は、いかにも、悪そうな本を持っていそうな少年に尋ねました。

「悪い本、持ってるでしょ? 出しなさない。」

「悪い本って、なにさ?」

風紀委員は、悪い本とはどういうものであるかを理路整然とわかりやすく説明しました。

少年は納得した様子で口を開きました。

「ああ、そういう本は、マジで持ってないですね。いや、マジのマジで。」

今度こそ確実に没収できると思った組織委員は、茫然とするほかありませんでした。

しかし、悪い本なんて、見つかるはずはありませんでした。

なぜなら、悪い本には、悪い本の隠し方や騙し方が、全て書かれてあったからです。

その上、悪い本がいかに悪い本ではないかまで書かれてあったからです。

その上、もはやそれらは、本ですらなく、サイト内に氾濫するものだったからです。

ちゃんちゃん


ノゾエ征爾


ノゾエさん

のぞえせいじ○75年生。脚本家、演出家、俳優。はえぎわ主宰。青山学院大学在学中の99年に「はえぎわ」を始動。以降全作品の作・演出を手がける。11年 の『○○トアル風景』にて第56回岸田國士戯曲賞を受賞。2月には初の主演映画『TOKYOてやんでぃ』が公開された。

【今後の予定】
新国立劇場 二人芝居―対話する力―vol.2
「ご臨終」
作:モーリス・パニッチ 翻訳:吉原豊司 演出:ノゾエ征爾
出演:温水洋一、江波杏子
2014年11月5日(水)~11月24日(月・休)
@新国立劇場・小劇場

http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/141101_003730.html



えんぶチケット日時・枚数限定、お得に販売中!
shop_rogo_sp

header_rogo

side_twitterside_facebook