20年以上にわたって女性だけの出演者により、 上質で極めて馬鹿馬鹿しくブラックなナンセンス喜劇を生み出してきた 喜劇団「げんこつ団」団長・一十口裏による妄想サーカス。

第46回 秘密部隊

himitsu1

ここのところ二階の天井裏からガサゴソと音がして、

ネズミでもいるんじゃないかと思うとゾッとした。

今日も音で起こされて、ベッドから飛び起き、ホウキを掴んで、

椅子に飛び乗り、天井をドンドン叩いた。

叩いてようやく静かになって、

わたしはホウキの柄を天井に突き立てたまま、首をぐったりうな垂れた。


日本上空が巨大ソーラーパネルに覆われてからというものの、

庭の草は黄ばんできている気がするし、妙に気分も優れない。

わたしはちょっとイライラしていた。

わたしはイライラするのが好きじゃないから、

なるべくイライラしないように生きてきた。

いつもイライラしている人は、イライラするのが好きなんだろう。

不満を抱えて、不安を抱えて、顔を強張らせて、口をひん曲げて。

そんな娘たちを、わたしはとても不思議に思う。

それの何が楽しいのだろう。それの何が役に立つんだろう。


夫も年齢を重ねるほどに、娘たちと同じような顔になってきた。

ゆっくりと娘たちが、夫に乗り移っていくようだった。

その顔はとてもよく似ていたから、わたしは度々笑った。

でもわたしが笑うほどに、夫の顔も娘の顔も強張った。

もう、どうすればいいんだと思う。


しかも夫に対する反対運動は未だ続いていた。

「キヨフミ反対運動」は瞬く間に全国各地に広まったうえ更に勢いを増し続け、

今や世界各国の主要都市にも続々と支部が設立されているという。

もう、キヨフミは死んでるのに。


ロンドンでパリでニューヨークで、ローマでジュネーブでイスタンブールで、

モスクワでシンガポールでバンコクでカラチで、キヨフミ反対、No more Kiyohumi。

もう、いったいどういうことだと思う。


彼らが猛反対しているのは、毒にも薬にもならない夫だ。

良くも悪くも特になんにも、成し遂げていない夫だ。

年を取ってくたびれて、ちょっと気持ち悪くなっただけの夫だ。


イライラするのが嫌いなわたしは、出来るだけイライラしたくなかった。

だから天井に突き立てたホウキを下ろさず、うな垂れた首を持ち上げず、

ただしばらく、ボーッとした。

こうしてボーッとしていると、いつしか両口端があがってくる。

ひん曲げたゴムが元の位置にじわりと戻るように、自然と口端があがってくる。

大丈夫、なんでもない、なんでもいい、どうでもいい。

そうしてやがて、いつものわたしに戻っていく。

少しずつイライラが消えて、救急車らしきサイレンが近づいてきて、

いつもは通り過ぎていくサイレンが、ふいに家のすぐそばで止まった。

好奇心が胸を躍らせた。


どれ見に行ってみましょうかと思った、その時だった。

こんなところが開くとは夢にも思わなかった天井の一部がパカッと開いて、

そこから男が降ってきた。

男だ、事件だ、何事かと、不思議と楽しい気分のまま驚いていると、

男はわたしを見たまま、ピーッと笛を吹いた。

するとベランダを破りドアを破り、男女が一斉に部屋に雪崩れ込んできた。

あら、この寝室にこんなに人がいるなんてなんか不思議だわ、と思っているうちに、

わたしはすっかり囲まれた。


「あなたはキヨフミに、賛成か反対か」

「いいかげん、はっきりしてくださいよ!」

「その意によっちゃ、我々も意見を変えるかもしれない」

「あなたはこれまで一度も、はっきりとした答えを出していない」

「あなたの意見が大事なんです、世界を左右するんです」

「反対を強要はしない。ただ率直に、賛成か反対かを言え」

「サア、ドッチデスカ!」


さあ、ドッチでしょう。

率直に、と言われても、率直に、ドッチでもない。

彼らはとても真剣だった。

わたしはまるで真剣に考えたことがなかった。

お茶でもお出しした方が良いかしらと思ったが、

まず決めろというので、仕方なくわたしはベッドに座り、考えに考えた。

夫と出会ってからこれまでのことを、出来るだけ詳細に振り返った。

それでも、わたしは夫に、賛成でも反対でもなかった。

それでは、彼らは納得しなかった。


仕方なくわたしは、更に考えた。

夫の言葉や態度を詳細に思い出し、夫の顔と身体を詳細に思い出した。

懐かしいことから思い出したくもないことまで、色々と思い出してみたけど、

それでもやはり、困ったもので、わたしは夫に、賛成でも反対でもない。

まったくもって、ちょうどぴったり、賛成でも反対でもないのだった。




僕は気が気じゃなかった。

なんせあれからもう三ヶ月が経った。今日でちょうど三ヶ月目だ。

僕はシェフにお願いして、ランチとディナーの間の時間に、柴崎さんの家に走った。

柴崎さんの家に立て籠もっているのは、キヨフミ反対運動の、過激派の各国メンバーだ。

それが奥さんに、賛成なのか反対なのか、はっきりしろと問いつめている。

危害は加えないという。ただ答えが知りたいだけだという。

ただ、いくら経っても全くもって、その答えが出ないのだという。


あの細長い奥さんは、大丈夫だろうか。

いつもニコニコ、というか、ニヤニヤしていた奥さんは、大丈夫だろうか。

ほんのいっときとはいえ、いい雰囲気になった仲だ。

僕にとっては、今は唯一の、スペシャルなひとだ。

危害は加えないと宣言しているとはいえ、

こんなに長い立て篭りは尋常じゃない。心配でたまらない。


柴崎さんの家の周りは、今日も警察が取り囲んでいた。

あれから24時間体制でそうしているが、その割に何も進展しない。

しかも夜になってビストロが終わってからじゃ、偉い人は帰ってしまう。

それじゃ話にならないのだ。


だから僕は詰めよった。

いったいどうなっているのだと、奥さんは無事なのかと、

僕は爪先立ちで背伸びをして、一番偉そうな人に食ってかかった。

もう前にも何度か食ってかかった、一番偉そうな人だ。

だからか彼は僕だけに、こっそり耳打ちするように教えてくれた。


「実はすでに特殊秘密部隊に、突入命令が下ったらしいので…」

「では間もなく突入ですか?それはいつなんですか?今日ですか?」

「わかりません、なにせ秘密部隊ですから」

「でもよかった、きっと間もなくですよね?」

「ええ、彼らが動けば瞬く間に、問題は解決します」

「じゃ早くしてください、もうその辺に居るんでしょう?」

「おそらく」

「じゃ早く!奥さんが心配なんです」

「ええ、しかし彼らに任せるしかないんです」

「彼らはどこで何をしてるんですか」

「恥じらっています」

「え?」

「恥じらっていますから」

「え?」

「なのでどうぞ、ご安心ください」

「え?」

「恥じらい部隊は我が国最強の、秘密部隊ですから」

「でも恥じらって」

「ええ、恥じらっています。もじもじしています」

「いやとっとと連れてきてくださいよ!」

「彼らは決して見つかりません、その存在は決して明かされないんです」

「なんで」

「恥ずかしいからです」


なんということだろう。

我が国最強の秘密部隊は、我が国最強の恥じらい部隊だった。

最強でありつつ、恥ずべき部隊。恥じ入りつつも、最強の部隊。

彼らこそが、日本最強の部隊。

彼らこそががもじもじと、日本の治安を守るのだ。


なるほど、と僕は思った。

きっと永遠に、奥さんは賛成か反対かを決められない。

きっと永遠に、恥じらい部隊は恥じらったままだろう。

ずっと永遠に、このままだ。


そのときちょうど五時になったらしく、空は一気にわざとらしい夕焼け色に変わった。

僕は踵を返した。

僕はディナーの開店準備に、ビストロに戻らなくてはならない。

山のようなシェフの待つ、火山という名のビストロ『ヴォルカン』に。


料理を作れない僕は、料理を作る気もない僕は、

シェフがやれということを、やれというだろうことを、やるしかない。

お客がやれということを、やれというだろうことを、やるしかない。


そこに居ても永遠に役立たずの僕は、わざとらしい夕焼けを背に、

自分がやるしかないことをやるために、店に走った。


himitsu2
 


【著者プロフィール】
profile
一十口裏

いとぐちうら○ 「げんこつ団」団長

げんこつ団においては、脚本、演出のみならず、映像、音響、チラシデザインも担当。

意外性に満ちた脚本と痛烈な風刺、容赦ない馬鹿馬鹿しさが特徴。

また活動開始当初より映像をふんだんに盛り込んだ作品を作っており、現在は映像作家としても活動中。

【公演予定】

2017年 5月26日(金)〜28日(日) (全日昼夜二回)

げんこつ団 番外公演vol.1 『コミュニティ』@東京おかっぱちゃんハウス 

作・演出/一十口裏


出演/

植木早苗 春原久子 大場靖子 河野美菜

望月文 川端さくら(乙女装置) 三明真実(アリエス) 津波恵

伊藤美穂 遠藤弘章(東京タンバリン) 中山裕康


げんこつ初の番外公演は、古民家が舞台の、参加型げんこつ喜劇。
閉鎖空間に繰り広げられる、終始奇怪な物語。
愛と希望と絶望と、なんだかよくわからないものが渦巻く、ある一族の物語。
その未来は、何故だかあなたの手に委ねられる。



お得なチケットいろいろ発売中です!
4bbb344f

8e307e54

第45回 手遅れ

手遅れ1

わたしは痛みに鈍感だ。

転んで足を切っても、血が流れ落ちるのを見るまで気づかなかったし、

虫歯も痛くならないので、顔が腫れ上がって初めて病院に行くことになる。

高熱があっても盲腸でも腎盂炎でも、ぶっ倒れて救急車で運ばれるまで不調に気付かない。

たいした病気でもないのに、危うく手遅れになるところだった。


心の痛みにもおなじく鈍感だ。

ブスだデブだバカだハゲだと、正直に事実を言ってはいけない理由がわからなかった。

友達がなんで泣いているのかわからなかったし、母がなんで怒っているのかわからなかった。

どんなに泣かれても怒られても、わたしの心は痛まなかった。


だから大人になったわたしは、心療内科でカウンセラーをしている。

その痛みのしくみに興味を持ったし、実際、何年勤めても興味は尽きない。

研究熱心で冷静に的確な診察をこなすわたしの評価が、上がらないはずがない。

勿論いまはもう、ブスだデブだバカだハゲだと言わない。それだけで、仕事は順風満帆だ。


「翔子、お父さんが交通事故にあったの」

母が真っ青な顔でそう伝えてきたときも、どんな顔をすればいいのかわからなかった。

「翔子、お姉ちゃんから上空でお父さんを見たと電話があったの」

母がよくわからない表情でそう伝えてきたときも、どんな顔をすればいいのかわからなかった。

ただ、そう伝えてきたときの母の下唇がぷるぷると震えていたことは興味深かったので、

わたしはうつむき、テーブルの下でこっそりメモをとった。

そして翌朝、太陽が昇る前に、散歩に出た。

誰も居ない早朝の散歩は、ここのところ気が向かず、とても久々だった。

なので今日は、太陽がハリボテになって、初めての早朝散歩だった。

そういえばわたしはこの夜がどう明けるのか、見たかった。


姉は大学を出てすぐに一人暮らしを始めたが、わたしはずっと実家暮らしだ。

満員電車は嫌だったが駅から近い我が家に不満はなかったし、

小学五年から書き溜めた父と母に対する研究ノートを中断するのは勿体なかった。

いつも帰りが遅く、あまり話をしない父の顔をわたしがじっと見ると、

「そんな怖い顔すんなよ」と、父は顔を背けて、すぐにどこかに行ってしまう。

だから父のノートは母のノートの、10分の1ほどしかなかった。

だから父の顔は、正直あまり覚えていない。


まだ真っ暗な道の先で、丸い灯りが灯っていた。

仕入れのあと仕込みをして、一旦休憩してから店を開けるというシェフの朝は早かった。

一旦休憩するのをやめれば、そのぶん眠っていられるのにと言うと、

山のような身体を揺すって、シェフは笑った。

シェフがわたしのために置いてくれた小さな丸椅子に座って、

わたしはぼんやりと、仕込みの様子を眺めた。


近所の「ヴォルカン」というビストロのシェフは、

何年かの間、時折こうして朝の仕込みを眺めていたわたしに、何年か前、付き合おうと言った。

それから何年かして、やっぱり別れると言った。それから何ヶ月かして、やり直そうと言った。

わたしはその度、頷いた。ということは、わたしは今、シェフと付き合っているのだろう。

わたしの気持ちはいつも、刻まれる野菜や焼かれる肉、

そしてそれらに振りまかれるスパイスの香りに、半分以上、向いていた。

わたしはシェフを、「ヴォルカン」のシェフとしてしか知らないし、

シェフはわたしを、たまに厨房にやってくる女としてしか知らない。


「それで。今日は謝りにきたの?」

わたしたちは喧嘩をしていたのだろうか。

「俺はすごく傷ついた」

わたしはシェフを傷つけたようだ。

「ごめんなさい」

「うん」

わたしたちは仲直りしたようだ。


実際なにかあったのかもしれないし、少なくともシェフの中ではなにかあったのだろう。

シェフもわたしも仕込み中の料理から目を離さないまま、

わたしたちの会話は、だいたいこんな感じだ。

付き合うことになった理由も、別れた理由もやり直した理由も、わたしにはわからない。

でも大抵頷いていれば勝手に物事が進むので、シェフと居るのはとても楽だ。


シェフはひととおり仕込み作業を終えて、珈琲を出してくれた。休憩だ。

わたしはシェフの休憩を邪魔しないよう、珈琲を飲んだら店を出る。その間、いつも会話はない。

しかし今日は、シェフが口を開いた。

「いややっぱり許せないや。もう二度と来ないでくれる?」


山のような身体を見上げて、わたしはシェフの目を初めてしっかりと見た気がする。

多分シェフも、わたしの目を初めてしっかりと見たのだと思う。

ああ、なんだかよくわからないけど、終わりだ。

理由を尋ねたら、理由もわからず謝ったことがバレる。わたしは黙って頷いた。

そして「それじゃ」と、いつものように珈琲カップを置いて、わたしは店を出た。


すると街灯の灯りの下で、親指ほどの大きさの父が、隊列を成して行進していた。

隊列の後ろは闇に紛れて、何人居るのかわからない。とにかく大勢の父だ。

笑っている父、怒っている父、泣いている父、真顔の父が、手を振り足を振り、行進していた。

楽しそうな父、苦しそうな父、疲れた父、元気な父が、手を振り足を振り、行進していた。

そのままわたしの前を行き過ぎていこうとするその隊列に、わたしは思わず声をかけた。

「お父さん?」

大量に居る全ての父が、わたしの顔をいぶかしげに見上げた。

「誰だ?翔子か? 悪いがお前の顔はよく覚えていない」

足下の父がそう言うと、全ての父が一斉に、わたしから顔を背けた。


わたしは走った。住宅街の向こうには山がある。暗くて今は見えないが山がある。

山のようなシェフはわたしのなにに傷ついて、わたしのなにが許せなかったのか。

街灯の当たらない暗い道にはまだ小さな父の行進が続いているかもしれないし、

父を踏みつぶしていないか不安になったが、まああれだけ居るのだから、とも思いながら走った。


そうして家が近づいてくると、灯りのついた二階の窓に、母のシルエットが見えた。

妙に高い位置に、妙にうつむいて、母は居た。

気味が悪いほど真っ直ぐな一本の、線の影の下に、母は居た。

ということは、あれは多分、吊るされた母だ。首を吊っている、母だ。

わたしはぶっ倒れた。


ぶっ倒れたわたしの耳に、サイレンが聞こえてきた。サイレンが近づいてきた。

ああ、あれは、我が心療内科の救急車だ。


隊員は素早く車を降りるとキビキビと言う。

「心療内科救急、これより応急処置にあたります」

わたしの前で五円玉を揺らして言う。

「はい、あなたは今5才です。なにが見えますか」

わたしの肩を揺すってぴしゃりと言う。

「はい、心を開いて」

わたしの目を見て優しく尋ねる。

「はい、なにが見えますか?」


さすがの手際の良さに身を委ねるも、ハリボテの太陽はなかなか昇らない。

陽が昇らなくては、なにも見えるはずがない。


わたしは笑った。笑いが止まらなかった。

わたしはどうやら、手遅れのようだった。

手遅れ2
 


【著者プロフィール】
profile
一十口裏

いとぐちうら○ 「げんこつ団」団長

げんこつ団においては、脚本、演出のみならず、映像、音響、チラシデザインも担当。

意外性に満ちた脚本と痛烈な風刺、容赦ない馬鹿馬鹿しさが特徴。

また活動開始当初より映像をふんだんに盛り込んだ作品を作っており、現在は映像作家としても活動中。

【公演予定】

げんこつ団最新作 2017年11月29日〜12月3日 駅前劇場


※次回は2017年2月27日(毎月第4月曜日)更新です。


お得なチケットいろいろ発売中です!
4bbb344f

8e307e54

第44回 安全なフライト

anzen1

はい死にましょう!と、走り来る車に体当たりし、

はい成功!と、ドーンと気持ちよく跳ね飛ばされたことは確かだった。

ドーンとなって、どこまでも吸い込まれそうな空にひとつ満月が見えて、

これまでの人生が走馬灯のように、頭を巡った。確かに巡った。

しかし私は今、何事もなかったように、道をスタスタ歩いている。 

気付いたら、道をスタスタしていたのだ。
 

私は普段のスーツを着て、いつもの鞄を持っている。

ということは、私はこれから出社をするんだろうか。

駅に向かうその道には駅に向かう人達が、あちこちの道から合流してくる。

その流れに逆らって一人だけ足を止めようとは思えなかったし、

何より『反対』とだけ書いたプラカードを持った人々が、

路地の向こうからこちらを伺っているのが、チラッと見えた。

しかし彼らは私に気付かなかった。なんと気が付かなかった。

しめた!と私は更にスタスタと、駅に吸い込まれ、電車に吸い込まれた。
 

そうしてギリギリ閉じられたドアに押し付けられながら見た窓の外には、

幼稚で安っぽい芝居の書割りのような空が広がっていた。

無料のイラスト素材をテキトーに引き延ばして貼付けたような青空。

いや「ような」ではない。あれはフリー素材そのものだ。

あれはどういうことだろう、なにがどうしたというんだろう、

車に衝突した衝撃で奇妙な世界に迷い込んでしまったのかと、一瞬わくわくしたものの、

着いた駅は相変わらずの駅で、着いた会社も相変わらずの会社だった。

ただ空だけが嘘っぱちだった。
 

いつもの椅子に座ると、ようやく初めて首を傾げた。私はなぜ死んでいないんだろう。

ざわざわと出社してくる部下たちを斜めに眺めながら、

走馬灯の後半に交互に巡り続けた、妻の笑顔と娘のしかめっ面を思い出した。

表情は真逆だが、とてもよく似た顔だ。それが物凄い早さで延々と、交互に現れた。

なんなら一人にまとめてもらっても構わない気がした。

そうしたら娘の笑顔が見られた気がしたかもしれない。
 

そう思って窓に目をやると、ペタッと空に貼り付いた雲のイラストとは別に、

太陽のイラストが東から西に少しずつ、移動しているのに気付いた。

はて。あれはいったい、どういう仕組みになっているんだろう......。
 

「皆さま、まもなくフライトです。

座席のリクライニングは離陸後シートベルトサインが消えてからご使用になれます。

皆さま、今一度、シートベルトをご確認くださいませ。

皆さま、今一度、私たちは飛べる、と、念じてくださいませ」
 

旅客機は滑走路を滑り始める。羽田発、名古屋行き。
 

「もっと強く、念じてください。もっと深く、信じてください。

この飛行機は、皆さまのお気持ち無しでは飛びません。

はい、もう少しです。あとちょっとです」
 

旅客機はふわっと滑走路から浮かび上がる。そしてそのまま順調に高度を上げる。
 

「ありがとうございます。只今水平飛行入りました。

シートベルトをお外しになり、リラックスしてお過ごしください」
 

飛行は順調。平常通り。恭子は一通りアナウンスを終えると、あくびを噛み殺した。
 

どの国のどの航空会社においても、ここ二十年程、大きな事故はない。

各国の技術者達が、改良に改良を重ねた結果だ。

まず、この旅客機にはエンジンがない。

エンジンどころか機械らしいものは何もない。燃料も一切積んでいない。

本当は翼も尾翼も要らない。なんなら機体自体もいらない。

つまり操縦士も、もちろん副操縦士も要らない。

その方が確実に、安全なのだ。

そうして事故の原因となるものは全てが取り除かれた。

そしてそれでも飛べるということが立証された。

全ては気持ちの問題だ。

しかしそれらしさがないと、なかなか気持ちは伴わないことも判明した。

体裁を整えることで、信憑性が増す。信憑性が増せば、人は物事を信じやすくなる。

そういうわけで、ハリボテながら機体っぽいものに、

操縦士っぽい者と副操縦士っぽい者と客室乗務員っぽい者を乗せることにした。

そういうわけで、恭子は客室乗務員っぽいことをしている。

そのリーダーとしてそれらしくすることが、恭子の仕事だ。

おかげで飛行機は、今日も飛ぶ。
 

今どき飛行機が空を飛ぶことに疑問を持つ者はほとんど居ない。

それは飛ぶものだし、それは目的地に着くものだ。そう思えば、そうなるものだ。

今日は、日本上空が巨大なソーラーパネルに覆われて初めてのフライトだったが、

政府は全ての空路を計算し、むしろこれまでよりも安全であると宣言していた。

それを疑わなければ、それは安全だ。恭子はそう教えられていた。
 

窓の外に見えるのは、いつもの空とは似ても似つかない、ベッタリとした水色の青空。

よく見るとその青空には東西にレールが敷いてあり、そこから太陽のイラストがぶら下がっている。

近づいて行くとそれは思ったよりも巨大であり、その装置は小刻みにギクシャクと震えていた。

恭子はそれをもっとよく見ようと、窓に身体を近づけた。
 

「ほう、こうなっているのか」
 

恭子がそう思ったとき、恭子はそう聞いた。その声は父のものだった。

いつの間にか巨大な太陽を覗き込むように、巨大な父の間抜け顔が浮かんでいた。

眉と目の間が離れていて、鼻と口の間が離れている、もともと間の抜けた顔が、

いつもの何十倍も間抜けに見える。恭子は条件反射的にしかめっ面になった。
 

「お。恭子」 
 その巨大な目がぎょろりとこちらを向いた。

と同時に、機内には老若男女の悲鳴が轟いた。

乗客達は皆、進行方向に向かって右側の窓の外に浮かぶ巨大な初老男性の顔に、

何をどう思って良いのかわからなかった。

ただ悲鳴をあげて、仰け反ったり立ち上がったり口をあんぐりと開けたりした。

恭子も何をどう思って良いのかわからなかったが、その顔は父である。

「落ち着いてください、大丈夫です!父です」
 

恭子はマイクをONにすると、とりあえずそう言ってみた。  

乗客全員の顔が恭子の方を向いた。その全ての表情は、どういう表情ともつかない表情だった。

強いて言えば「キョトン」だ。いやこれぞまさしく本物の「キョトン」なのかもしれない。

そう思う恭子の顔を見て、乗客達も一様に同じことを思った。

マイクを握ったままの恭子の表情もまた「キョトン」という言葉でしか表せないものだった。

そしてここの誰にも見えないが、操縦室に居るであろう操縦士や副操縦士も、

同様に「キョトン」としているであろうことが想像できた。
 

目前に突如現れた柴崎清文(62才)の巨大な顔に、乗員全員の心が真っ白になった。そしてその巨大な顔は、楽しそうにも見える表情でキョロキョロと辺りを見渡しながら機体に近づき、嬉しそうにも思える声で小さく言った。 

「やっぱり父さんは、死んだのかな」
 

そう言った唇は不必要にぬらぬらと濡れていて、恭子は思わず更に顔をしかめた。

と同時に、機体は太陽のイラストにめり込んでいった。

めり込むや否や「そら見たことか!」と、

乗り込む時にはヨボヨボしていた老齢の男が、甲高く叫び、勢いよく立ち上がった。

それを合図に機内は騒然となった。

「やっぱり政府の言うことなんか全部嘘っぱちだ!」「どうするんだ!」「どうなるんだ!」

男達の怒声の合間に、合いの手のようにリズミカルに女達の悲鳴が挟まる。
 

「落ち着いてください、座ってください、信じてください、信じてください」

一応そうは言ってみたものの、とてもじゃないけどムリだと恭子は悟った。

じっさい予定の空路の先に太陽はあったのだし、じっさいまんまとぶつかった。

政府の宣言は嘘だったし、翼は割れるし、機体は崩壊する。彼らはそれを目の当たりにしている。

物事を信じるには最低限の体裁が必要だ。それが目の前でことごとく壊れていった。

ああバラバラに砕けていく、と思えば思う程、機体はバラバラに砕けていった。

それでも唯一、最低限の冷静さを保った恭子は、

シートベルトを閉め、訓練で教わった通りに脱出ボタンを押した。
 

父は崩壊していく機体を見つめたまま、口をぱくぱくさせていた。

「恭子、恭子、恭子、恭子」という声は音にならないまま、大量の息を吐き出していた。

崩れゆく機体から一人、シートに座ったまま飛び出した恭子は、その生臭い息を全身に浴びた。

恭子の顔は、ますますしかめっ面になった。
 

父の黒目ほどの大きさの恭子は、父の目の前に制止した。

その恭子の姿を、父の目は真っ直ぐに捕らえた。

その目は徐々に、潤んでいった。
 

「恭子、よかった、恭子は助かるんだね。

 恭子、やっぱり、父さんは死んだんだね」
 

しかし、しかめっ面の恭子は、父の黒目の先に、目的地の名古屋を見ていた。

ペッタリとしたイラストの青空は、どこまでも続いている。

どこまでも吸い込まれそうな青空は、もうどこにも見ることが出来ない。

私はどこにも吸い込まれない。天候の心配はなにも要らない。私は安全なフライトを信じる。
 

恭子は潤んだ父の目から涙が溢れ出るのを待たずして勢いよく前進し、

父の右の黒目に突き刺さり、父の後頭部から飛び出した。
 

そうして恭子はただ一人、シートひとつで予定通り、名古屋に向かって飛んでいった。
 

anzen2


【著者プロフィール】
profile
一十口裏

いとぐちうら○ 「げんこつ団」団長

げんこつ団においては、脚本、演出のみならず、映像、音響、チラシデザインも担当。

意外性に満ちた脚本と痛烈な風刺、容赦ない馬鹿馬鹿しさが特徴。

また活動開始当初より映像をふんだんに盛り込んだ作品を作っており、現在は映像作家としても活動中。

【公演予定】

げんこつ団最新作 2017年11月29日〜12月3日 駅前劇場


※次回は2017年1月23日(毎月第4月曜日)更新です。


お得なチケットいろいろ発売中です!
4bbb344f

8e307e54

最新記事
日刊えんぶ
ラインナップ

松崎ひとみサムナツ活動日記

池谷のぶえの国語算数理科社会。

一十口裏の妄想危機一髪

小野寺ずるのお散歩エロジェニック

粟根まことのエッセイ「未確認ヒコー舞台:UFB」

松永玲子のエッセイ「今夜もネットショッピング」

ノゾエ征爾のフォトエッセー「桜の島の野添酒店」

植本潤(花組芝居)vs坂口真人(演劇ぶっく編集長)対談「『過剰な人々』を巡る♂いささかな☀冒険」

ふれあい動物電気

kugiri

南信州・駒ヶ根だよりby劇団サムライナッツ

連載小説「煩悩サンスクリット」山田佳奈

男が惚れる男たち STAR☆JAKCSが大阪からやってくる!

だから芝居はやめられないゾ! 〜ほのぼろ稽古場通信〜

『電車という名の欲望』ができるまで。 本能中枢劇団

演劇キック
ラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

演劇キックツイッター