gokinjo-1

俺は家を買った。
面白くもないが嫌でもない仕事でそこそこ昇進し、
何の変化もない一人暮らしのマンションには心底飽きた。
結婚する当ても気持ちもさらさらないが、
良さそうな場所に良さそうな物件をたまたま見つけた。
また出勤にちょっと時間はかかっても始発なので座って通える。
そんな郊外物件の購入にあるあるな理由も手伝った。

休日に家の掃除や庭いじりするのを楽しみたい。
そのうち面倒臭くなるような気もするが、
もともとそういうことが好きだし、
いつまでも楽しく暮らせるような気もした。
そのうち寂しくなるんじゃないかと思ったが、
もともと一人が好きだし、一人で好きに過ごせる家は快適だろう。
まあとりあえずは近くのスーパーに適当な食料でも調達しに行こう。
引越して初めての日曜は昼頃に起きて、俺は適当な服に着替えた。
着替え終わったところで丁度、玄関のチャイムが鳴った。

玄関を開けたら、見覚えのある奥さん三人が笑顔で立っていた。
引越してきた日、ご近所には一応、挨拶に行った。
またご近所らしき人に道で会ったときにも一応、笑顔で挨拶した。
どこの誰だかは覚えていないが、
そのいずれかで顔を合わせたことのある三人だ。

三人はそれぞれ両手でタッパーを持って、笑顔で言った。
「隣の者です」「向かいの者です」「上の者です」
「上?」
俺はタッパーから視線を外して、三人の顔をもう一度見た。
「山崎さんの所でお料理教室をやってるの」
「ほら山崎さん元シェフだから」
「そんな風には見えないのにね」
「あらそう?」
「いかにもじゃない?」
「だって痩せてるじゃない」
「やだシェフって別に太ってないわよ」
「やだ太ってるわよ、大抵」
「あの、上って」
「え?」
三人は上を向いた。

「でね、ちょっと作り過ぎちゃって」
「藤田さん、お食べになるかなと思って」
「でもきっとお料理上手だわよね」
「そうそう男の人の方が上手よ、大抵」
「だから恥ずかしいんだけど」
また喋りだした三人の顔を、俺はよく観察してみた。
三人とも、挨拶に行ったか、
その辺でよく見かけた顔であることは間違いない。

「でもま、よかったら食べてみて」
「お口に合うといいんだけど」
「どれが一番美味しかったか、教えてね」
「やだ、やめてそれ」
「今、上って言いました?」
俺はもう一度、聞いてみた。聞き間違いだったかもしれない。
しかし三人は言った。
「せっかくお隣なんだもの。困ったことがあったら何でも言ってね」
「ええせっかく真向かいなんですから。お一人じゃ色々ご不便でしょ?」
「ええせっかく真上なんですから。ね?」

俺は真ん中の奥さんの指差した、上を見上げた。
何もない。この辺は高い建物がなく、ただ青空が広がっている。
「まあ、向こう三軒、両隣、上下、仲良くさせて頂けたら」
「下?」
俺は一気に下を向いた。急に上を見て下を見たものだから目眩いがした。
「池崎さん」
左端の奥さんが真下を指差した。
「今日もお誘いしたんだけど」
「お子さんの発表会だったみたいで」
「あら何の?」
「何だったかしら」
「でもま、無類の世話好きだもの」
「その内ひょっこり現れるわよ。その辺から」

右端の奥さんがちょっと背伸びをして、
俺の家の廊下の真ん中辺りを指差した。
「その辺から?!」
「ええ、その辺から」
「大丈夫よ」
「この辺はみんな、いい人ばっかりだから」
「じゃ、ご感想、聞かせてね」
「あらいいわよそんなの」
「お口に合わなかったら捨てちゃってね」
「またお伺いするわ」
「タッパーなそのときにでも」
「ああ洗ったりしなくて結構よ」
「大変でしょ?お一人じゃ」
「ほんと」
「何でも言ってね」
「じゃまた来ます」
三人は順々に俺の手の上にタッパー積み重ねると、
後ずさった俺の鼻先で、ドアを勢いよく閉めた。
古い車のドアを閉めるように、勢いよく閉めた。

俺はそのまま振り返って、廊下を見つめた。
よく見ると、廊下のその部分だけ木目が新しかった。
木目に沿って切れ目があった。
来る。
池崎さんとやらが、そのうちそこから、ひょっこり現れる。
俺はタッパーを放り出して、鍵もかけずに家を走り出た。

平和な日曜の住宅街。
老夫婦や若い夫婦や子連れが穏やかな顔で道を歩くなか、
そのまま走って、息が続かなくなるまで走って、
それからどうしようと、今夜はどうしようと、この先どうしようと、
漠然と思いながら、ただ、走った。

gokinjo-2


【著者プロフィール】
profile
一十口裏
いとぐちうら○ 「げんこつ団」団長
げんこつ団においては、脚本、演出のみならず、映像、音響、チラシデザインも担当。
意外性に満ちた脚本と痛烈な風刺、容赦ない馬鹿馬鹿しさが特徴。
また活動開始当初より映像をふんだんに盛り込んだ作品を作っており、現在は映像作家としても活動中。

【活動情報】
げんこつ団最新作 10月17日(水)〜21日(日)@駅前劇場
(春に番外公演か個人企画公演の可能性有り)


クリスマスセール実施中!
kick shop nikkan engeki