高麗人参(朝鮮人参)の紅参なら日韓薬草研究会

高麗人参(朝鮮人参、おたね人参)の紅参(コウジン、こうさん)の専門情報サイト 日韓薬草研究会

高麗人参の上級品は紅参!
高麗人参(朝鮮人参)の本場、韓国 錦山の6年根紅参!
韓国産の高麗人参100%使用の証明、【韓国の農協マーク】付き商品は日韓薬草研究会
4ステップで絞り込んだ本物の高麗人参!お求めはこちら↓
http://www.nikkanyakuso.com
mail@nikkanyakuso.com
TEL/FAX : 042-729-3945(土日祝を除く9-18時)
※インターネットとFAXは24時間365日受付けております。

高麗人参(朝鮮人参)の余話

聖徳太子と神農

ブログネタ
花 植物との暮らし に参加中!
空【 聖徳太子と神農 】

日本に薬草と医学を制度化して普及し、定着させたのは聖徳太子とされています。


古代の記録書に「旧事本紀(くじほんぎ)」というものがあり、聖徳太子の偉業が詳しく書かれているようです。

聖徳太子は薬草に着目し推進しました。

「薬草は健康に非常に良いもので、薬草の在庫を蓄える必要がある」として、群臣を率いて山野に入り、薬草の種類などを人々に教え、これを採取し、役所には薬部を設置しました。

また太子は、「年老いて農耕ができなくなった者は、薬草の根を掘ってこれを薬部に売り、衣食の糧にしなさい」と、行政が買い上げる制度もつくったそうです。


聖徳太子は、日本には少ない薬草を海外からも取り寄せました。

朝鮮半島の新羅(しらぎ)・百済(くだら)・高句麗(こうくり)から薬草を貢がせるように外交交渉を行い、さらにその薬草を育て、日本や海外の薬草を蓄えたそうです。

後には遣隋使を派遣し、中国の医学を学ばせています。そして国内に各院と部を設置し、制度と体制を整え奨励したとされています。

また、設置した施薬院と施薬部には、中国の古代の皇帝で薬草の祖とも仰がれる神農の像と、日本の農業と医薬の基礎をひらいた少彦名命の像をかざったとされています。



高麗人参(朝鮮人参・おたね人参)紅参とメシマコブ(桑黄茸)なら韓国産の日韓薬草研究会
日韓薬草研究会
http://www.nikkanyakuso.com/
mail@nikkanyakuso.com
TEL/FAX 042-729-3945(祝・日・木を除く 09:00〜18:00)
※インターネットとFAXは、24時間365日受付けております。


韓国産(錦山)の高麗人参(朝鮮人参・おたね人参)紅参(6年根・100%)と桑の木栽培による本物のメシマコブ(桑黄茸)100%なら日韓薬草研究会

高麗人参(朝鮮人参)と美容

ブログネタ
LOHAS-HOME に参加中!
高麗人参(朝鮮人参)と美容【 高麗人参(朝鮮人参)と美容 】

高麗人参(朝鮮人参)は化粧品・化粧水など、美容に関しても非常に良いとされています。





ミス・コリアに娘五人のうち四人が入選した一家があるそうです。父母が語る秘訣の一つに、高麗人参茶を水代わりの飲ませたという話しがあります。


韓国などの朝鮮半島では、昔から美しい女性の特徴を「三白三黒」と言ったそうです。つまり雪のように白い肌、潤んだ目の白い部分、白くしっかり詰まった歯と、艶のある黒い髪、はっきりとした黒い瞳、鮮明な眉毛を指すそうです。

高麗人参産地の女性は、高麗人参や高麗人参の葉を湯通しした水を使って頭や体を洗う習慣があったそうで、髪の毛が黒くて艶があり、キレイな皮膚をしていると言われたそうです。

高麗人参液は、昔の人の生活の知恵からできた化粧水ともいえます。


高麗人参茶(朝鮮人参茶・おたね人参茶)紅参茶のお茶なら韓国産(錦山)の日韓薬草研究会
日韓薬草研究会 鈴木
http://www.nikkanyakuso.com/
mail@nikkanyakuso.com
TEL/FAX 042-729-3945(祝・日・木を除く 09:00〜18:00)
※インターネットとFAXは、24時間365日受付けております。

韓国・錦山産の確かな高麗人参(朝鮮人参・おたね人参)紅参(コウジン・こうさん)と最新の桑の木栽培によるメシマコブ(桑黄茸)100%なら日韓薬草研究会

高麗人参(朝鮮人参)の伝説

ブログネタ
暮らしのエッセンス に参加中!
高麗人参(朝鮮人参)伝説【 高麗人参(朝鮮人参)の伝説 】

韓国などの朝鮮半島で高麗人参(朝鮮人参)は数千年前から広く親しまれてきました。




高麗人参(朝鮮人参)は神秘とされ「神草」、肥えたこの地の精気を帯びているとして「土精」人の血に良いとして「血参」とも呼ばれたそうです。また高麗人参(朝鮮人参)は「生命の根」とも呼ばれ、それを食べて老人が若返った、力持ちになった、神仙になったなどの伝説がたくさん伝えられています。

深い森の中に自生する、この伝説なる高麗人参(朝鮮人参)を探し出すのは容易なことではありません。そのためか、高麗人参(朝鮮人参)は人の目を避けて1日に数百里も位置を変えるとさえいわれています。正直な人にだけ目にとまるとか、親孝行の息子にだけ神仙が高麗人参(朝鮮人参)のありかを教えてくれる、という伝説が伝えられています。

これらの伝説から、韓国などの朝鮮半島では人々が遠い昔から高麗人参(朝鮮人参)を身近に使ってきたことが想像できます。


高麗人参(朝鮮人参)紅参なら韓国産(錦山産)!
日韓薬草研究会 鈴木
http://www.nikkanyakuso.com/
mail@nikkanyakuso.com
TEL/FAX 042-729-3945(祝・日・木を除く 09:00〜18:00)
※インターネットとFAXは、24時間365日受付けております。

韓国産(錦山)の高麗人参(朝鮮人参・おたね人参)紅参(6年根・100%)と桑の木栽培による本物のメシマコブ(桑黄茸)100%なら日韓薬草研究会

高麗人参・姜処士の伝説

ブログネタ
父親の育児 に参加中!
高麗人参・姜処士伝説



【 高麗人参・姜処士の伝説 】

今から約1500年の昔、南二面に姜氏という士人が病床の母を思い祷りをあげていると、その最中に山神から啓示を授かり、進楽山の観音窟で山参(野生の高麗人参)を見つけたという伝説があります。

根を母に使い、実は種子として栽培しました。

これが錦山人参栽培の始まりだと言い伝えられているそうです。



高麗人参(朝鮮人参・おたね人参)紅参(コウジン・こうさん)なら韓国産(錦山産)の日韓薬草研究会
日韓薬草研究会 鈴木
http://www.nikkanyakuso.com/
mail@nikkanyakuso.com
TEL/FAX 042-729-3945(祝・日・木を除く 09:00〜18:00)
※インターネットとFAXは、24時間365日受付けております。

韓国産(錦山・クムサン)の高麗人参(朝鮮人参)紅参(6年根100%)と桑の木栽培による本物のメシマコブ(桑黄茸)なら日韓薬草研究会

仲睦まじい夫婦

ブログネタ
ささやか生活 に参加中!
仲睦まじい夫婦






【 仲睦まじい夫婦 】

昔々、黄海道南郡某村に仲睦まじい夫婦が住んでいました。
しかし二人にはいつまで経っても子宝に恵まれませんでした。夫婦は、どうしても子宝に授かりたく四神に祈祷しました。


百日が過ぎたある日、二人の前に白髪千条の仙人が現れ「お前たちの思いが奇特だから願いをかなえてあげよう」といって姿を消したそうです。二人が仙人の消えた方向を見ると、そこには人の形をした草の根っこ(高麗人参(朝鮮人参))がありました。

その根を大事に家に持ち帰り、丹精込めて育てたところだんだん人の形に似た大きな根になりました。それを食べたところ、いくらも経たずして婦人が妊娠し、元気な子供を産んだといわれています。


高麗人参茶(朝鮮人参茶・おたね人参茶)紅参茶のお茶なら韓国産(錦山)の日韓薬草研究会
日韓薬草研究会 鈴木
http://www.nikkanyakuso.com/
mail@nikkanyakuso.com
TEL/FAX 042-729-3945(祝・日・木を除く 09:00〜18:00)
※インターネットとFAXは、24時間365日受付けております。


高麗人参(朝鮮人参・おたね人参)の紅参とメシマコブ(桑黄茸)をお茶としてどうぞ。

高麗人参(朝鮮人参)の詩

ブログネタ
生活&趣味に役立つブログ? に参加中!
高麗人参(朝鮮人参)の詩【 高麗人参(朝鮮人参)の詩 】
中国の陶弘景(452〜536年)が書いた薬学書「本草経集注」の「名医別録」には、高麗人(高句麗人)が創ったという人参の歌「高麗人参賛」が掲載されているそうです。



三つの枝に五つの葉 陽に背を向け陰に立つ
我を求めにくるなら シラカンバの木陰に来たれ
(三椏五葉 背陽向陰 欲来求我 椴樹相尋)


この歌には、三つの枝に五つの葉をつけた人参の形態と、陽を避け陰に生息を求める生理学的な特徴、そしてシラカンバやシナノキ等の広葉樹の陰の肥えた湿土に自生する、生態学的特徴などが見事に表現されているそうです。

瑶光星(ヨウコウセイ)散りて / 人蔘をなす / 廃江准山(ハイコウジュンザン)
瀆の祠(トクノホコラ) / すなわち瑶光明ならず / 人蔘生ぜず
(瑶光星散 為人蔘 廃江准山 瀆之祠 則瑶光不明 人蔘不生)


その昔、北斗七星最下端の星、瑶光星が地球に散って人参になったと中国の漢詩は詠っています。


高麗人参(朝鮮人参・おたね人参)紅参(6年根100%)なら韓国産(錦山産)
日韓薬草研究会 鈴木
http://www.nikkanyakuso.com/
mail@nikkanyakuso.com
TEL/FAX 042-729-3945(祝・日・木を除く 09:00〜18:00)
※インターネットとFAXは、24時間365日受付けております。

韓国・錦山産の確かな高麗人参(朝鮮人参・おたね人参)紅参(コウジン・こうさん)と最新の桑の木栽培によるメシマコブ(桑黄茸)100%なら日韓薬草研究会

秦の始皇帝

ブログネタ
快適な暮らしをめざして♪ に参加中!
秦の始皇帝


【 秦の始皇帝 】

昔から山参があるところには紫色の光彩があり、空には曙光がさすと言い伝えられてきました。

夜、シンマニ(山参を掘る人)達は山に登り光のある所をみつけて矢で印をつけ、あくる日矢の刺さっている所から山参(野生の高麗人参)を掘り出すといいます。

山参がたくさん発見されると天の神が王を祝福し、豊年がもたらされ太平な世の中が約束されると言い伝えられています。また、千年経った山参を食べて神仙になったという伝説なども、語りつがれてきたようです。

紀元前、秦の始皇帝は古代中国を統一した後、高麗人参(朝鮮人参)を求めに方士、徐福を東の三神山に送ったという故事があるそうです。

三神山とは朝鮮半島の金剛山(クムガンサン)、智異山(チリサン)、漢拏山(ハルラサン)であり、秦の始皇帝が探し求めたものとは山蔘であったと、朝鮮半島では語りつがれているようです。

山参は高麗人参(朝鮮人参)の原種としてみることができます。いまでは人参(インサム)というと栽培参を指しますが、本来人参は山参を意味したそうです。



高麗人参茶、朝鮮人参茶、おたね人参茶、紅参茶、メシマコブ茶などのお茶なら日韓薬草研究会
日韓薬草研究会 鈴木
http://www.nikkanyakuso.com/
mail@nikkanyakuso.com
TEL/FAX 042-729-3945(祝・日・木を除く 09:00〜18:00)
※インターネットとFAXは、24時間365日受付けております。

高麗人参(朝鮮人参・おたね人参)紅参と桑の木栽培メシマコブ(桑黄茸)なら韓国産の日韓薬草研究会

高麗人参(朝鮮人参)・山参の値段

ブログネタ
お買い物♪お買い物♪ に参加中!
高麗人参(朝鮮人参)市場










【 高麗人参(朝鮮人参)・山参の値段 】

山参(野生の高麗人参)の値段は見た目、太さ、長さ、つや、年数などで違いますが、マッチ棒ほどの小さな2年ものでも9000円、30〜50年もので30万円、150年もので180万円ぐらいとなっているそうです。



高麗人参 紅参 朝鮮人参 おたね人参 韓国産 専門販売サイトはこちら
日韓薬草研究会 鈴木
http://www.nikkanyakuso.com/
mail@nikkanyakuso.com
TEL/FAX 042-729-3945(祝・日・木を除く 09:00〜18:00)
※インターネットとFAXは、24時間365日受付けております。

韓国産(錦山)の高麗人参(朝鮮人参・おたね人参)紅参(6年根・100%)と桑の木栽培による本物のメシマコブ(桑黄茸)100%なら日韓薬草研究会
日韓薬草ホームページはこちら
日韓薬草研究会
http://www.nikkanyakuso.com
リンク
日韓薬草研究会のホームページ
日韓薬草研究会ホームページはこちら

錦山人参祭り公式サイト
錦山人参祭り公式サイト

錦山人参祭り,韓国観光公社公式サイト
Geumsan Insam Festival
日韓薬草ブログのQRコード
QRコード
日韓薬草の携帯用ホームページ
日韓薬草研究会ケータイ用ホームページ









http://www.nikkanyakuso.com
スマートフォンや携帯でもご覧頂けます
【日韓薬草のブログ】で検索して下さい
  • ライブドアブログ