高麗人参(朝鮮人参)の紅参なら日韓薬草研究会

高麗人参(朝鮮人参、おたね人参)の紅参(コウジン、こうさん)の専門情報サイト 日韓薬草研究会

高麗人参の上級品は紅参!
高麗人参(朝鮮人参)の本場、韓国 錦山の6年根紅参!
韓国産の高麗人参100%使用の証明、【韓国の農協マーク】付き商品は日韓薬草研究会
4ステップで絞り込んだ本物の高麗人参!お求めはこちら↓
http://www.nikkanyakuso.com
mail@nikkanyakuso.com
TEL/FAX : 042-729-3945(土日祝を除く9-18時)
※インターネットとFAXは24時間365日受付けております。

御種人参

高麗人参(朝鮮人参)の名

ブログネタ
美容と健康 に参加中!
高麗人参(朝鮮人参)の名【 高麗人参(朝鮮人参)の名 】

高麗人参朝鮮人参)は、根の形が人に似ていることから”人”の字を入れるか入れないかで、他の形が異なるものとは区別されています。


米国参、中国参、三七参は、高麗人参とは種類が異なるので、"人参"の代わりに"参"の字だけを付け、米国参、中国参、三七参と呼ばれているようです。

・ 高麗人参種(Panax ginseng C.A Meyer) : 地理的に韓国をはじめ、中国などアジアの極東地域に分布

・ 花旗参(西洋参)(Panax quinque folium L) : アメリカ及びカナダ地域に分布

・ 田七人参(panax notoginseng F.H.Chen) : 中国南部の雲南省、広西省地域に分布

・ 竹節参(Panax japonicus):日本

・ 三七参(Panax notoginseng):中国

・ シベリア参(Eleutherococcus senticosus Maxim):ロシア


もともと人蔘とは、天然に自生する山蔘(サンサム)を意味するものでした。蔘(サム)は俗語で「シム」ともいい、今でも山蔘を山に掘りに行く人たちのことを、「シムマニ」と呼ぶのはその意味からでしょう。

人蔘の「蔘」には、参の他にも幾つかの字が使用されてきたようですが、朝鮮半島では昔から植物の中の王とし、「王草」の意味を込めて「参」の上に草冠をかぶせた「蔘」の字を当ててきたようです。

「蔘」はまた「参」にも通ずることから、三の意味も併せ持っています。天地人の「三位一体」の意味と、「父・母・子」のように三つでひとつの体であることを意味するともいわれます。

古代から東洋では、「三」という数字は完璧を意味する数字で、最も良い数字であるとされた為、完全に良い食材であるという意味合いで「参」の字を使ったとも考えられるそうです。

山の奥で自生したものを山参、野参と呼び、田や畑で収穫したものを圃蔘(ポサム)、家蔘(カサム)と呼んだそうです。畑から採った新鮮な生の根を水蔘(スサム)、表面の皮を剥がして乾燥したものを白蔘(ペクサム)、水蔘を蒸して乾かしたものを紅蔘(ホンサム)と呼んでいます。

良く耳にする朝鮮人参おたね人参高麗人参と同じものですが、数多くの別名があると言われています。

生産地を表す呼び名は、錦山産は「錦蔘(クムサム)」、開城産は「松蔘(ソンサム)」、江原道産は「江蔘(カンサム)」をはじめ、「出雲人参」「信州人参」「会津人参」、形の違いによる「陰陽参」「孤児参」「鳳参」、加工法の違いによる「紅参」「白参」「曲参」、根の部分では「ヒゲ人参」「尾参」「折人参」などがありますが、植物的には同じものを指しています。

1つの素材が別の呼び名を持つことは、あまり珍しくはないようですが、高麗人参(朝鮮人参)のように呼び名の多いものは希のようです。


高麗人参・朝鮮人参・おたね人参なら韓国産(錦山産)の日韓薬草研究会
日韓薬草研究会 鈴木
http://www.nikkanyakuso.com/
mail@nikkanyakuso.com
TEL/FAX 042-729-3945(祝・日・木を除く 09:00〜18:00)
※インターネットとFAXは、24時間365日受付けております。


錦山人参協同組合の「参ノ元」のマークの入った安心・安全の高品質・高純度な高麗人参 紅参(6年根100%)をどうぞお試しください。

天地人

天地人【 天地人 】
陽光と風と雨と雲を主管し、森羅万象を司る天。旺盛なる気運や変化無双のパワーを以て尊厳の意味を目覚めさせるその根源、新千年の息づきが私たちを見守っているのです。

強靭な生命力により、数多くの生命を孕み、また抱え込む母大地、その気運を費やし果ててさらに新鮮な乳の流れる生命の大地に私たちが住み着いているのです。

行き届いた精誠と懇ろな気配りのもとに生きる人々。自然に馴染み、自然の一部になりきった人々。天地の総てが人間でありまた自然なのです。人間と一つに打ち解けた山川草木、況や人参も薬草も人間と同化した、また一つの生命なのです。人間と自然が一つになって新千年を拓いていくのです。


9月22日から10月15日まで、韓国の錦山で開催されています「2006錦山世界人参エキスポ」。画像や文章は、以前頂いたその錦山の高麗人参のパンフレットからの抜粋です。

私ども日韓薬草研究会は、高麗人参の紅参(コウジン)と、韓国の最新メシマコブ桑の木栽培のメシマコブ・桑黄茸(サンファンボソッ)の販売を始めました。

高麗人参(朝鮮人参・おたね人参)紅参とメシマコブ(桑黄茸)なら韓国産の日韓薬草研究会
日韓薬草研究会 鈴木
http://www.nikkanyakuso.com/
mail@nikkanyakuso.com
TEL/FAX 042-729-3945(祝・日・木を除く 09:00〜18:00)
※インターネットとFAXは、24時間365日受付けております。


韓国産(錦山)の高麗人参(朝鮮人参・おたね人参)紅参(6年根・100%)と桑の木栽培による本物のメシマコブ(桑黄茸)100%なら日韓薬草研究会
日韓薬草ホームページはこちら
日韓薬草研究会
http://www.nikkanyakuso.com
リンク
日韓薬草研究会のホームページ
日韓薬草研究会ホームページはこちら

錦山人参祭り公式サイト
錦山人参祭り公式サイト

錦山人参祭り,韓国観光公社公式サイト
Geumsan Insam Festival
日韓薬草ブログのQRコード
QRコード
日韓薬草の携帯用ホームページ
日韓薬草研究会ケータイ用ホームページ









http://www.nikkanyakuso.com
スマートフォンや携帯でもご覧頂けます
【日韓薬草のブログ】で検索して下さい
  • ライブドアブログ