高麗人参(朝鮮人参)の紅参なら日韓薬草研究会

高麗人参(朝鮮人参、おたね人参)の紅参(コウジン、こうさん)の専門情報サイト 日韓薬草研究会

高麗人参の上級品は紅参!
高麗人参(朝鮮人参)の本場、韓国 錦山の6年根紅参!
韓国産の高麗人参100%使用の証明、【韓国の農協マーク】付き商品は日韓薬草研究会
4ステップで絞り込んだ本物の高麗人参!お求めはこちら↓
http://www.nikkanyakuso.com
mail@nikkanyakuso.com
TEL/FAX : 042-729-3945(土日祝を除く9-18時)
※インターネットとFAXは24時間365日受付けております。

朝鮮ニンジン

スマートフォンでもご注文可能です

ブログネタ
スマートフォンの活用術 に参加中!
スマートフォン



【スマートフォンでもご注文可能です】


すでにご利用されている方も多いと思い
ますが、携帯に続きスマートフォンからの
ご注文にも対応しております。



ページのリンクなど、まだまだ至らない
箇所も多々ございますが、外出先などからも
ご注文が可能になり、非常に便利とご好評を
頂いております。



【注文画面】以降は、パソコン画面と同じ
デザインになり小さく見づらいかも
しれませんが、スマートフォンの機能で
拡大して頂けると入力しやすく、そのまま
続けて注文を完了する事ができます。




もし間違えてしまったとしても、すぐに
ご連絡を頂けましたら取消しや修正も可能
ですので、どうぞご安心のうえお試し
ください。




決済などの個人情報入力画面は、暗号化に
よるセキュリティーで守られております。



スマートフォンをご利用の方は、どうぞ
ぜひ一度ご覧になってみてください↓
http://www.nikkanyakuso.com



日韓薬草研究会 鈴木
http://www.nikkanyakuso.com/
mail@nikkanyakuso.com
TEL/FAX : 042-729-3945(祝・日・木を除く09時〜18時)
※インターネットとFAXは24時間365日受付けております。

----------------------------------------

韓国産の高麗人参(6年根紅参)とメシマコブ(桑黄茸)
大好評!!円高還元セールにて販売中↓↓
http://www.nikkanyakuso.com/

----------------------------------------

高麗人参(朝鮮人参)の連作障害対策

ブログネタ
食べ物あれこれ に参加中!
高麗人参(朝鮮人参)の連作障害対策





【 高麗人参(朝鮮人参)の連作障害対策 】

毎年同じ土地に同じ作物を作ると、出来が悪くなる事を「忌地(イヤチ)」といいます。この問題は高麗人参朝鮮人参)栽培上のもっとも大きな難題とされています。

高麗人参の栽培では、連作障害を防止する方法として田に高麗人参を稲と輪作させる方法があります。


田に高麗人参を栽培する場合、高麗人参を収穫した後に、稲を栽培すれば土壌は還元状態になり、酸素が足りなくなって土壌中の根腐病菌は死滅して減少します。田で5年ぐらい稲を栽培してからまた高麗人参を栽培してもこれと言った障害が発生しないので、この輪作させるという方法は、高麗人参の再作年限を大きく短縮しました。



高麗人参 紅参 朝鮮人参 おたね人参 韓国産 専門販売ページはこちら
日韓薬草研究会 鈴木
http://www.nikkanyakuso.com/
mail@nikkanyakuso.com
TEL/FAX 042-729-3945(祝・日・木を除く 09:00〜18:00)
※インターネットとFAXは、24時間365日受付けております。


錦山人参協同組合の「参ノ元」のマークの入った安心・安全の高品質・高純度な高麗人参 紅参(6年根100%)をどうぞお試しください。

高麗人参(朝鮮人参)の由来

ブログネタ
ダイエットと健康 に参加中!
高麗人参のふるさと(韓国 錦山)【 高麗人参(朝鮮人参)の由来 】

中国の古典である「神農本草経」には、高麗人参朝鮮人参)の産地や品質などの具体的な説明が記してあり、野生の高麗人参の自生地や高麗人参の由来なども明かしています。



「高麗人参」はアジアの極東地方にだけ自生する植物で、北緯30から48°の地域である韓国、中国、ロシアの三つの地域で産出されています。高麗人参は栽培適地に対する選択性が強く、気候や土質等の自然環境が適さない土地で、高麗人参を適応、生育させるのはとても難しいとされています。

このような理由で、韓国は高麗人参の生育に最適な環境であり、特に韓国の人参を「高麗人参」という名前で呼び、世界的に「高麗人参」が高く評価されているのです。

日本では朝鮮半島から伝わった人参ということで、今でも「朝鮮人参・チョウセンニンジン」の呼び名の名残がありますが、現在では韓国と朝鮮をわけるためにも「高麗人参・コウライニンジン」の呼び名が一般的です。

また、高麗人参は「おたね人参・オタネニンジン」とも呼ばれますが、これは江戸時代に徳川吉宗が高麗人参の栽培を全国に奨励した際、朝廷から各藩へ、各藩から農家へとその高麗人参の「種」が受け渡される時に、それに「お」をつけて「御種(おたね)」と呼んだことに因むそうです。


高麗人参が書物に登場するようになったのは、今からおよそ2,000年前、中国の前漢元帝時代(BC48-33)の文献で高麗人蔘の「蔘」の文字が初めて紹介されてからですが、中国の後漢の文献でも記録が残っているようです。



高麗人参(朝鮮人参・おたね人参)紅参(6年根100%)なら韓国産の日韓薬草研究会
日韓薬草研究会 鈴木
http://www.nikkanyakuso.com/
mail@nikkanyakuso.com
TEL/FAX 042-729-3945(祝・日・木を除く 09:00〜18:00)
※インターネットとFAXは、24時間365日受付けております。

高麗人参(朝鮮人参・おたね人参)の上級品・紅参(コウジン・こうさん)なら韓国・錦山産
日韓薬草ホームページはこちら
日韓薬草研究会
http://www.nikkanyakuso.com
リンク
日韓薬草研究会のホームページ
日韓薬草研究会ホームページはこちら

錦山人参祭り公式サイト
錦山人参祭り公式サイト

錦山人参祭り,韓国観光公社公式サイト
Geumsan Insam Festival
日韓薬草ブログのQRコード
QRコード
日韓薬草の携帯用ホームページ
日韓薬草研究会ケータイ用ホームページ









http://www.nikkanyakuso.com
スマートフォンや携帯でもご覧頂けます
【日韓薬草のブログ】で検索して下さい
  • ライブドアブログ