ブログネタ
奇跡のハーブ に参加中!
高麗人参(朝鮮人参)の語源【 高麗人参(朝鮮人参)の語源 】

高麗人参朝鮮人参)の学名はPanax ginseng C. A. Meyer(1843)と表記しますが、これは1843年ロシアの植物学者C. A. Meyerによって命名されたようです。




高麗人参の属名であるPanaxはギリシア語で、Panと Axosという二つの単語の複合語です。
また高麗人参の種名をさす「ginseng」は、高麗人参の中国語での発音を英語で表記したもののようです。

韓国での高麗人参の固有名詞は“シム”といわれています。
韓国の高麗人参の「シム」と呼ばれる固有の名前の語源及び使用年代は、正確にはまだわかりませんが、「東医宝鑑」、「済衆新篇」や「方薬合篇」に、高麗人参が「シム」と表記されていることから見て、「シム」が当時の常用名称であったことがわかるようです。

最近まで山参の採取人の隠語として、「シム」の呼び名が命脈を維持しています。



高麗人参 紅参 朝鮮人参 おたね人参 韓国産 専門販売サイトはこちら
日韓薬草研究会 鈴木
http://www.nikkanyakuso.com/
mail@nikkanyakuso.com
TEL/FAX 042-729-3945(祝・日・木を除く 09:00〜18:00)
※インターネットとFAXは、24時間365日受付けております。

韓国・錦山産の高級・高麗人参 紅参(6年根100%)をどうぞお試しください。