日健社員ブログ

日健マネジメントの社員ブログです。大阪・兵庫・奈良の有料老人ホーム、日健マネジメントの採用情報はこちら。

施設

こんにちは!緑橋のグループホームで
管理者をさせて頂いている山中です(*‘v‘ *)

今回のテーマは「ユマニチュードは魔法なのか?」
を考えてみます。

介護技術がどうこうというよりは
「物事の考え方」のようなお話になるかと
思います。

よろしくお願いいたします( *´艸`) 

【魔法なんかじゃない】


まず、自分の話をさせて下さい。

僕は現在、管理者をさせて頂いていますが
以前はもちろん、現場で働かせて頂いていました。

何年も現場で働かせて頂いていますと
当然、利用者様への介助や声掛けなども
より、状況に即したというか

「お客様の機嫌を損ねずに、
自分の目的を達成するためにはどうすればいいか」

考えるようになります。

何度も失敗を重ねながらも、声掛けや介助の仕方を
都度にブラッシュアップしていたつもりでした。

現場勤務をしていたある日
僕の介助をご覧になっていた職員さんが
こう、褒めて下さったんです。

「山中さんの介助は、魔法みたいですね」

何故、こんな事を仰って下さったのかというと

例えば、職員さんが認知症の利用者様に対して
「〇〇さん、トイレに行きませんか?」と
声掛けをさせて頂いても、上手く誘導出来ない。


果てには「もう、ええって言ってるのに!
やめて!!」みたいに、利用者様が立腹されて
目的が達成出来なかった。

そんな状況のあとで僕が、トイレ誘導のお誘いをすると
拒否もなく、スッと立たれてお手洗いに行かれた。

そういう状況を何回か目撃されているうちに
「山中さんすごい!魔法みたい!」という
表現で、僕の事を褒めて下さったのだと
考えています。

僕は自己評価の低い人間なので
「こんな事を言って頂ける人間になれたのか」
当時は、とてもとても嬉しかったのを覚えています。

その後も、ごくたまに同じ言葉で褒めて頂ける事が
あったのですが、嬉しい反面、心の中で
こういう想いも芽生え始めました。

「これは魔法なのかな?」
「・・努力で身に着けた技術じゃないのかな?」

【ユマニチュード】


「ユマニチュード」という言葉を聞いたことは
ありますでしょうか?

認知症介護を専門にされていないと
あまり聞き馴染みのない言葉かと思います。

「ユマニチュード」とは
フランス語で「人間らしさ」を意味する言葉です。


「人とは何か」の哲学的な思想を元にした
「認知症の方に効果的なケア」の考え方
実践的な技術の総称です。

この「ユマニチュード」はよく
「魔法のような認知症ケア」と称されます。

「ユマニチュードを実践して、認知症の方の
周辺症状(認知症を起因とした様々な行動、言動)が
収まった。マシになった」

「お薬をいくら飲ませても
環境を変えてもダメだったのに、凄い!」


みたいな事例が、いくつもあるみたいです。
テレビなどでも紹介される時「魔法のような」という
形容をされることがあります。

ここだけ聞くと、ユマニチュードをご存知ない方は
「へぇ、ユマニチュードってすごいなあ。
どんな方法なんだろう」
って思われますよね?

細かい説明は省かせて頂きますが
ユマニチュードを、とても簡単に説明すると

「目を合わせて、相手のお話をちゃんと聞いて
優しく触れて、穏やかに前向きな表現で返答して
相手の意思を尊重しながら、ケアを実践する」

というものです。

あなたにお聞きしたいのですが

この実践方法を聞かれても
「魔法」だと、感じますでしょうか?


僕もあなたも、基本的には
普段「人に対して当たり前にしていること」
ですよね?

ごめんなさい「ユマニチュード」を否定している
わけではなくて、僕が疑問に思っているのは

「ユマニチュードを魔法と表現すること」です。

「認知症の方に、上記の対応をする事が
まず難しくて、それを実践出来るから魔法なのでは?」


そうですね。それこそ認知症の周辺症状と
いうものは、発現理由も人によって様々です。

「徘徊」の症状ひとつとっても

「帰る家を探している」
「死別した伴侶を探している」
「失った何かを探しているが思い出せない」
「理由はないが、なんとなく歩きたい」

みたいに「徘徊という行動」は同じでも
「理由」は皆様違います。

その中で、ユマニチュードを過不足なく
実践出来る人は「魔法」と称されても
違和感はないのかも知れませんが

そこは「魔法」ではなく

実践者が「いかにユマニチュードの効果を
最大化するか」を考え、試行錯誤を重ねて体得した

「技術」

と、表現すべきではないのかなと
思うのです。


【「魔法みたい」という表現の危うさ】


「魔法」という言葉の意味ですが
「人間の力ではなし得ない不思議な事を行う術」

創作の世界、主にファンタジーなどでは
「敵に対抗する手段」
「絶対不利な状況から抜け出す奇跡の一手」

のように、とても幅の広い解釈と用途で
使われていますよね。

飽くまで自分の感覚としてですが

実際に成果の出ていること、ものを
例える時「魔法みたい」という表現を使われる方って

「瞬間の結果にしか目を向けていない」ような
印象を受けるんです。

僕の介護の話で例えますと

自分はコミュ障で、人と積極的に関わったり
喋ったりすることは、得意ではありません。

介護の仕事は10年くらい続けていますが
「お誘いする声掛け」だけをとってみても、

利用者様の中には、けんもほろろに断られたり
いきなり立腹されたり、罵られたりなど
上手くいかないことの方が多かったです。

それでも、何年も現場で働かせて頂くうちに
「この人は、一緒に歩きながら
声掛けすれば成功確率が高いな」とか

「このタイミングで声掛けしても厳しいな」とか

「この人には、このくらいのテンポ、声量で。
右耳が聞き取りやすいから、肩に手を置かせてもらって
このワードで声掛けしよう」みたいに

段々と「自分の特性」と「相手の特性」の
両方が、掴めてくるものです。


「自分の特性」を、僕はどういう手段で
把握したかというと

「自分が相手に表現された言葉」で
自分の使う言葉の向き、不向きを
考えていきました。

僕でいうと「優しそう」「穏やかそう」
「草食系っぽい」「頼りなさそう」「声が小さい」
「何も考えてなさそう」「威圧感を与えない」
「怒らなそう」「弱そう」

みたいな感じです。

例えば僕は、初対面では
「優しそうだけど頼りなさそう」
「なんでも言う事を、ハイハイ聞いてくれそうな人」


みたいに思われる事が多いのですが

その「相手が抱いた印象」に
自分の行動、言動を「沿わす」のか「裏切る」のか

「沿わす場合」は、どういう言葉を使うべきか
「裏切る場合」では、どういう態度を取るべきかなど

全部「利用者さまとの関わりの上で
自分が楽に仕事が出来そうな流れ」

持っていくために、都度にどういう対応をするべきかを
考えていたフシがあります。

管理業務を経験して、さらに具体的に
考えるようになりました。
文章に出来るようになったのは
ブログを書かせて頂いているからです。

今の自分の職場環境は
立場的には管理者、そして利用者様は
オープンの頃から知っている
関係性の出来た方が、多くいらっしゃいます。

ゲームで例えると「楽に攻略するための
チート行為」
を、毎日しているようなものなのですが

「この状況になるように立ち居振る舞いに気を付けた」
ことが、僕の「努力」「技術」なんです。

読んで頂いてお分かりのように
全然大した事はしていないのですが(;^ω^)

まだ経験の浅い職員さんが、僕の声掛けや介助が
成功した瞬間だけみたら「魔法みたい」と思うのは
不思議ではないのかも知れません。

ですが、職員さんが魔法のように見えているのは
「楽に仕事と向き合える環境を生み出すため
試行錯誤を重ねて、実践し続けてきた成果」
であり

「経験から得た、お客様と接する技術」
何者でもないのかなと、最近は思うのです。

【〇〇だから、出来たんだろ】

 話題を変えますが
「キングコング」というお笑い芸人さんを
ご存知ですか?

現在、梶原さんはyoutuberで登録者200万人以上
いまの、芸能人のyoutube参戦祭りのきっかけとなり

西野さんは絵本や個展、日本1位の
オンラインサロンを運営されていまして

コンビで突出した結果を残されている方々です。

数年前までは、
あんまり好きな芸人さんではなかったんです💦

梶原さんがyoutubeを始めた直後くらいから
芸人さんとの対談動画を目当てに見ていたのですが

その時の梶原さんの、聞き役としての上手さや
想いなどを拝見するたびに
「テレビの時の印象と違うなぁ」と思うようになり

結果的に良くも悪くも「テレビが
いかに印象を操作する力が強いか」が分かりました。

西野さんも、同様です。
梶原さんきっかけで「毎週キングコング」という
毎週お二人で雑談するチャンネルも見ているのですが

その時の西野さんの、梶原さんに対しての
「聞く姿勢」の素晴らしさが好きで
「本当、イメージって当てにならないんだな」
偏見だらけの自分を恥じました。

ちょっと本題とズレました、ごめんなさい💦

例えば、キングコングのお二人の
「努力量」「作業量」を知らなかった
以前の僕のような人間からすれば

「キングコング梶原
Youtube登録者数200万人突破!」
「キングコング西野、オンラインサロン
6万人突破!国内1位!」


という
「結果」だけをポンと突き付けられた時

「そりゃキングコングだからなぁ」とか
「あの二人だから出来たことでしょ」みたいな

「もともとその人は能力あったんだから」という
考え方、納得の仕方をしてしまいがちと思うんです。

これって、前の項目でお話した
「技術を魔法と形容している」のと
考え方としては同じなのかな
と、思ったんです。

こういう考え方をするようになると
「積み上げる思考が出来なくなる」というか

「継続することで得られる価値」を
知らず知らずのうちに、自分から
放棄してしまう人間になってしまうのでは
ないのかな
と、考えるようになりました。

キングコングのお二人が突出した結果を残せたのは
才能はもちろんですが
凄まじい努力と、作業量がすべです。
決して「有名だったから」ではありません。

僕が、キングコングの何を知っているわけでも
ありませんが少なくとも、人が結果を残した時は

そこに至ったその人の背景も想像しながら
自分とも比較して、物事を考えられたら
いいなと、いまは思っています。

【まとめ】

今回は「ユマニチュードは魔法なのか?」という
テーマで書かせて頂きました。

「魔法みたいですね!」と褒められて
引っかかるような偏屈は、多分僕だけです💦

相手もそんな深く考えているわけでは
ないと、分かっていますので
今回書いたような事を
伝えるなんてことは、ありません。

褒めて頂けたことを、ただただ感謝しますし
「もっとがんばろう」と思うだけです。

有名人が、最初から有名だったわけではないし
結果を残した人の結果が、最初から
そこにあったわけではありませんよね。


色々考えるのは、やっぱり
「自分がより良く生きていくため」です。

他人を否定せず、受け入れながら
その行動や発言を自分の糧に出来ればいいな

思っています。

よければ、緑橋で一緒に働きませんか?

現在、夜勤専従で勤務出来る方を
欲しております~( *´艸`)

本社

ラミレスよりも松井稼頭央が欲しかった、管理部コタローです。

昨日は秋に納車頂くヤリスの件でメーカーさんがご挨拶に来られました。
今はほとんど郵送でやり取りさせて頂いている車庫証明用書類やETCの
セットアップ申込書などの受け渡しとそれぞれのご説明を頂いたのですが

そこで新しく導入されたテレビ取付費用について新事実が発覚!

「支払方法でテレビの視聴可能日が変わります。」

(´・ω・`)?

「請求書払は納車後1ヵ月、口座引落は納車後2か月
 、クレカ払は納車日からテレビが視聴出来ます。」

「はぁっ!?」Σ( ̄ロ ̄|||)

走行中のテレビ視聴を推奨していないこととNHKの受信料を支払うことを理由に別途徴収
されることとなったテレビ取付費用ですが支払方法によって納車後もテレビが視聴できない
期間が発生するシステムにもなっていたそうです。テレビ取付費用については契約前に知ら
されていたものの支払方法によるテレビ視聴不可期間の発生については聞いていません。
おまけに法人にも関わらずクレカ払いでないと視聴不可期間が発生する仕様だそうです。
テレビが視聴できないからと言って営業車などにはさほど影響はありませんが役員や幹部の
方々が乗車するあるいは後部座席に乗って頂くのにテレビが視聴できないのは難有りです。

テレビ取付費用がメーカー社内でも評判が悪いという噂は聞いていますがせめて納車即日に
テレビ視聴が可能な支払方法を増やしてもらいたいと思います。

本社

プールの塩素で肌が荒れ始めました、管理部コタローです。

巷では新型コロナの第2波が口端に上るようになってきました。大阪でも昨日は
10人の新規感染者がいて、全国でもじわじわと実数が増えつつあります。ただ、
行政の言う通りこのレベルの増え方であれば第2波襲来という訳では無いでしょうし、
一部の人が提唱していた「重症しにくい若者には夏の医療がひっ迫しない時期に
集団感染して貰う方が第2波への対策になる。」が実行されているとも取れます。
あくまでも良い方に捉えようとすればの話ですが。

ワクチンも大阪が治験を始めているし、アメリカのファイザーのワクチンの治験は
今のところ好結果が出ているようで新型コロナ再流行時への対応は着々と進んでいます。

そんな中、中国で今度は豚のインフルエンザがブタから人、さらに人から人への感染が
確認されました。今回確認されたインフルエンザはやはり新型となり、これまでの
インフルエンザのワクチンや治療薬の効果が今のところ確認できていません。秋の流行
時期に向けて嫌な情報が入ってきたものです。後2、3か月のうちに新型コロナと新型
豚インフルエンザの2方面への事前対応を考える必要が出て来ています。

私レベルではこれまでと同じ感染症対策をするしかないんでしょうけども。

このページのトップヘ