リハビリのやり過ぎが不安です、管理部コタローです。

後顧の憂いも無くなり、週明けの準備も整ったので
ようやく京都冬の旅を再開です。
と言っても明日が最終日なので本当に行きたいところへ。

まずは伏見稲荷の北にある東福寺へ。
南禅寺程ではありませんがこちらも立派な三門があります。


20190317-1


ここでは運慶作といわれる金剛力士像と高さ3.4mの二天像が目的です。
玉眼の力士像と木眼の二天像ともにその躍動感が素晴らしく、
特に間近で見られる二天像の迫力は東大寺の四天王像に劣らないものでした。
また同じく展示されていた円山応挙の狗子はいつ見ても愛らしく、
その眼が特に魅力的です。

龍吟庵から宮川町を経て建仁寺へ。もちろん徒歩です。

建仁寺では霊源院で狩野山楽の布袋像と湛慶の毘沙門天立像を拝してから
両足院へ移動。

20190317-3

見頃にはまだ早い半夏生の庭園を眺めつつ、目指すは公開延長となった、

伊藤若冲の雪梅雄鶏図

小学校などで目にしていたあの鶏がここまで鑑賞に堪える生き物とは思いませんでした。
観察眼の細やかさと彩色の鮮やかさ。実物を目にしないと伝わらない感動です。

心を満たした後はお腹を満たす為、祇園から六角堂へ。
いつのまにやらCHOYAの梅の店やらスイーツ店やらが新しく出来ていましたが
京都の唐揚げの定番、梅しんさんへ。


20190317-4


ここの秘伝ソース唐揚げはいつ食べてもおいしいです。

次はいよいよフェルメール展へ!
    

■大阪府・兵庫県・奈良県の有料老人ホームを運営する日健マネジメント
http://www.nikken-m.jp/
日健マネジメントではスタッフの募集を随時行っております。詳しくは、こちらの採用情報をご覧ください。