日健社員ブログ

日健マネジメントの社員ブログです。大阪・兵庫・奈良の有料老人ホーム、日健マネジメントの採用情報はこちら。

2019年03月

業務

こんにちは!緑橋のグループホームで管理者をさせて頂いている山中です(*^▽^*)
いよいよ明日は新元号が発表されますね!
明治、大正、昭和、平成と時代は移り変わりますが、次はどんな感じになるんでしょうね~
誰にとっても、心穏やかに過ごせる時代が来るといいですね(*´ω`)

つい先日、介護従事者にとっては見過ごせない出来事がありました。
介護中の死亡事故で、勤務されていた准看護師の職員さんに、
有罪の判決が出されたという事です。
特別養護老人ホームに入所されていた利用者様が、おやつで配られた
ドーナッツを召し上がられ、窒息による低酸素脳症で、一か月後に
亡くなられたとのことです。

痛ましい事故です。
介護従事者として、他人事ではないなあと思います。
自分が同じ状況に置かれない保証なんて、どこにもありません。

有罪か、罪に問われないかの争点は、その日介助に携わっておられた
職員さんに過失があったのか、状況的に、起こるべくして起こった事故なのかで
客観的に判断されるべきものですが、公に罪の有る無しを決められて
例えば無罪になったとしても、または過失から有罪と判断されて、
その罪の対価を清算したとして、その職員さんの心は救われるのでしょうか。

また、その施設に預けると決めた利用者様のご家族様にも、
どれほどの想いがあったのか計り知れませんが、その職員さんが
有罪になれば、幾ばくか気持ちは晴れるのでしょうか。
訴えを起こすという事は、相手側に一定以上の事故による責任を
認めてもらいたいという想いがあるのですから、公に、罪があると
断じてもらいたいという、その側面はあるのだと思います。

今、実際に現場を守って頂いている職員の方ほど、この判決に
戦々恐々とされているのではないでしょうか。

やや暴力的に、介護従事者側の視点でこの事例を読み解けば、
「介護従事者は肉体的、精神的にもきつい、つらい、苦しい介護の現場で
仕事をしているが、世間的な地位も、給与も高くない。にも関わらず
過失(不注意でしでかす過ち)で利用者に重大な損害を与えた場合
個人の責任が問われるケースも稀ではない」ということですよね。

このニュースをご覧になられた方は、率直に
介護の仕事に対してどういうイメージを持たれるのでしょうか?
正直、「ハイリスク、ローリターンな仕事だな」って、思われませんか?
・・いえ、僕も思います(;^ω^)
「介護の仕事したいな~」って思いますか?
・・僕だったら思いませんね(; ・`д・´)!

人生ゲームのように、職業の選択肢が複数提示されている中であれば、
介護職の選択順位って低いはずです。それは、先のリスクの高さ、
相対的な給与の低さが影響しています。そんな状況の中でも
今現在、介護の現場を守って下さっている職員さんは、
須らく偉大であり、立派です。

ですので僕は、現場の職員の皆様を、尊敬しています。
現場の職員さんの給与を、管理職より高くするべきですよね。
だって現場の過失の責任を、現場の職員さんが
そのまま問われるのであれば、責任者の給与を高くする価値って
一体どこにあるんだって思いませんか?

今の介護の現場は「間違い、事故を許さない絶対正義」があり
その悪循環の中で、ギリギリ成立しているような
印象があります。職員さんは、利用者様の事故を恐れて
ピリピリする。みんながピリピリするから施設の雰囲気は悪い。
施設の雰囲気悪いから、利用者様も不穏になりやすい。
職員さんも、職場環境が悪いから離職しやすい。
その結果どんどん人手が足りなくなる。残ってがんばっている職員さんの
負担がますます増える。人員足りないから事故も起こりやすい。
職員さん、事故を恐れてますますピリピリする(以下ループ)という悪循環です。

こういう状況になれば、それは辞めますよね ( ;∀;)
修行僧じゃないのですから、「なんでそこまでして・・」って想いが
生まれて当然です。そして、そういう状況でこそ管理職の能力が
問われるのだと思います。

だから僕はピリピリしない。ドン!(ワンピース風)

・・という、自分の中のある種の信念に基づいて
仕事をさせて頂いています(;^ω^)
何らかの指摘をする時も、感情を交えず、「なぜこういう指摘をするか」を
説明したうえで、理不尽と思われないような配慮をさせて頂いています。

緑橋には、未経験、無資格からスタートされて、今もしっかりと
現場を守って下さっている職員さんが複数いらっしゃいます。
「介護って怖いな・・」って考えて二の足を踏むことをためらっておられるので
あれば、よければ一緒に働いてみませんか?

僕も、あなたと一緒です(^-^)
変な会社、怖い職場では働きたくありません。
もしご興味があれば、下記のリンクからご応募下さい(*´Д`)
気が向いたらで構いませんよ~

パートでお考えの方

本社

甲子園とくればカレー、管理部コタローです。

今日は満を持してこちらです!


20190330-1


母校・智辯和歌山が無事2回戦に勝ち上がり、ただ勝っても明日は晴れと
日曜日で混むので今日観戦です。
試合開始は14:00でしたが前2戦が大量得点もあって時間が押してしまい
15:05試合開始。おまけに

20190330-2


雨降ってるし。

2回終わって中断だし。

17:30再開だし。

ナイターだし。

まぁ、無事に勝てて一安心です

明日は近畿大会で負けた明石、

レッツ、リベンジ!! 行けないけど (・・)

本社

♪ストーブの前は猫のもの~♪ 管理部コタローです。

昨日は例によって書記をしていましたがその途中、
施設長から電話があり、

「すいません、4月納車予定のミライース、どうなりました?」

ミラ・・イース? 

あっ、そう言えば!? Σ(´д`;)

早速総務に電話を入れると

「ミライースの稟議書出してましたよね?」
「あぁ、ありましたねぇ。ミライース。」
「いつ通ってましたっけ?」
「2月の12日に通ってますねぇ。」

言ってよ!! (TДT)

いや

確認忘れてた自分の責任や (´;ω;`)

取り急ぎリース会社へ連絡して即発注。
納期は予定より遅れるものの、その間を繋ぐ車両の手配も終えて
何とかリカバリー出来たと思います。

きっと・・・

多分・・・


出来てればいいなぁ (;´Д`)

本社

ロボットのようにシャカシャカと業務をこなしている、管理部コタローです。

昨日は入居者様の4月利用料の引落依頼の締切日でした。

今月中旬から急遽奈良と兵庫の担当になり、全くの初心者の為、
正直不安もありましたし、なによりお金にまつわることなので
他の業務と違い、100%を求められるのがプレッシャーでしたが
前担当者のサポートのお陰で無事間に合わせることができました。

忙しいのに厚かましく質問してもサクッと答えていただけた、S様に感謝!(^人^)

この業務上の質問や問い合わせに関して私がよく言われるのが
「忙しそうにしているから聞きにくい。」です。

この発想が私には理解できないわけでして。
これって
「仕事の邪魔をしてはいけないとあなたを気遣って質問できませんでした。」
ではなく、
「あなたのせいで質問できなかったのだからそれで起こったトラブルもあなたのせいだ!」
ですよね。

自分の業務の責任は自分で負うべきですから相手がどれほど忙しくても
「質問あるけど聞いていい?」くらいは言うべきだと思います。
質問に答えるタイミングは相手に任せればそれで十分相手を気遣っていると思います。

本社

♪カモン、カモン、カモン、福沢諭吉♪ 管理部コタローです。

ようやく昨日で主だった保険の加入、更新が終わりました。
しかしながらまだまだ保険料の未入金の管理や宛先不明対応などが
残っています。さらに今月からは奈良・兵庫の施設の利用料管理も
担当となっていますのである程度先が見えるまでは巻いていくしかありません。

仕事と同じく悩ましいのがデスクの苔テリウムで茶色が目立ってきました
伸び放題になれば剪定すればよいものの茶色く弱っているとそれも難しいです。

光が足りないのか?
水が足りないのか?
逆に水が多い?
風がない?

調べてもラチが開かないので休みにmoss-connectさんにお邪魔してみます。

今年度も残り3営業日、最後までやり遂げましょう!

このページのトップヘ