日健社員ブログ

日健マネジメントの社員ブログです。大阪・兵庫・奈良の有料老人ホーム、日健マネジメントの採用情報はこちら。

2019年08月

業務

こんにちは!緑橋のグループホームで
管理者をさせて頂いている山中です(*^w^*)

8月の最終日ですね。
今月は、コンスタントにブログを更新できて
ほっとしています(隙あらば自分語り)

今日のテーマは「礼儀正しい人は
どういう価値を生むのか
」です。

あなたの職場に、あなたが「苦手だなあ」と
感じてしまう方って、おられますか?

もしおられた場合、その方の特徴って、
結構共通していると思うんです。
(飽くまで、職場内で接するときの態度です)


・自身のその日の感情で、勤務態度が変わる人

・自分の意見を曲げず、感情論で反論する人

・言動が、なんだか否定的、攻撃的な人

・相手によって、態度を変化させる人



上記の特徴の方って、自分が関わる場合
「ちょっと苦手だなあ・・」って思いませんか?

ぼくは大変苦手です(;^ω^)


こういう価値観が苦手で、職場に上記のような特徴を
持った方がいらっしゃった時、
あなたならどうされますか?

・・とても難しい問題ですよね💦

職場で仕事をされる時、仕事に対しての意欲が
下がるのって、価値観の合わない方と一緒に仕事を
しなければいけない状況ではないでしょうか?


ですが、職員さんと自分の価値観が違うことは、直接
あなたを不快にさせるものではありません。

列挙した上記の対応の中で、共通していることが
ひとつあります。

「人に対して無礼な態度を取っている」
という事実です。

人とのコミュニケーションを
円滑にする方法は、一つだけだと思っています。

それは「言い方に気を付ける」という
ごくごく、当たり前のことです。

ぼくは、現場で働いて頂いている方、皆さん尊敬しています。
だからこそ、
「言い方をもっと意識すれば、もっと成長できるのに」
という思いがあります。


介護職の年数が経過してくると、今までの経験から
介護の知識、技術をもっと高めたいという意欲が出てくると
思います。それは素晴らしいことです。

ですが、知識や技術よりも、年数を重ねて
「自分の接遇は、根本的にどうなのか」
という「振り返り」をして頂く事の方が
大事だと考えています。

介護は接客業です。
接客業は「自身の発言、行動の発露により
お客様にサービスを提供する」ことで
成立します。

介護の知識を使うのも、技術で身体介助を
負担なく実施するのも、全て「自分」発信でないと
行えないものです。


介護の知識や技術をいくら高めても
介護福祉士などの資格、国家資格を取得しても

「自身の土台」となる接遇をおろそかにしたままで
介護士として、利用者さまに「満足して頂くレベルの」
サービスを提供する事が出来るのか、疑問に思います。

「今更、そんなこと言われても・・」
「これが自分のやり方。今までも、これで通用してきた」

こんな風に考えておられる方も、いらっしゃると思います。

「礼節の価値」は、研究の対象にもなっています。

これは介護職に限った話ではないのですが、
「職場に無礼な人が存在するだけで、
そうではない職員のパフォーマンスが、著しく低下する」

という、研究結果が出ています。

具体的には
48%の人が仕事にかける労力を減らし
47%の人が仕事にかける時間を減らし
38%の人が仕事のを下げる

という研究結果が出ています。

つまり、無礼な職員がいる環境だと、
「半数近くの職員が意図的に手を抜く」
ということです。

これは会社にとって、大きな損失ですし
個人にとっても、仕事への意欲に関わる問題だと
考えます。

互いに相手を尊重し、能力を認め合い、
コミュニケーションが、柔軟に取れる職場であれば、
個人の能力を最大限に引き出すことが出来るため
結果的に、個人も、会社にも有益です。

管理職の方も「礼節の価値」を、今一度
考えて頂ければと思います。

介護職は、圧倒的な人手不足です。
5年、10年と年数が経過していくにつれて
状況は加速度的に深刻なものとなります。

日本の超高齢社会、5080問題などの
社会問題も背景にあり、介護士不足の
状況は、悪くなることはあれ、
良くなることはないと考えています。

以前も社員ブログで書かせて頂きましたが
介護士は、職場を吟味出来る状況です。

「人材が不足していく」ということは、市場での
介護士の価値が高まるため、給与の水準は
上がっていくでしょう。資格を持たれている方は
より有利かと思います。

企業間での「人材の奪い合い」が、今後、より
苛烈になることは誰もが予測できます


そんな中「無礼な人間」が存在する職場で
働きたいと思うでしょうか?
「長くこの職場に関わりたい」と、思って
もらえるでしょうか?

介護士は、立派な仕事です。
誰でも出来るわけではありません。


そんな仕事を長く続けてこられたあなたは、
そんな仕事に興味を持って下さったあなたは
もっと、その価値を認められるべきです。

そのためにも「人に接する時の自分の態度」
何度でも振り返ってみて下さい。

礼節は武器です。

利用者様、同じ現場で働く職員さん、
他の職種で施設に関わって下さる方、

誰に対しても、相手の立場、尊厳を尊重しながら
会話をしようと心がけることは、年数を重ねるたびに
これ以上ない程の価値を、あなたに生み出します。

もしよければ、少しでも意識してみて下さい(*^v^*)
きっとあなたのちからになるはずです。

パートでお考えの方
 
参考文献:「礼儀正しさ」こそ、最強の生存戦略である
クリスティーン・ボラス 夏目 大〔訳〕





本社

ニューヤングTV登録完了、管理部コタローです。

このブログの主目的である求人応募UPですが他地方ではもっと深刻らしく、
行政主導の求人応募UP作戦はスケールも大きいですね。

先月は島根県での保育士就職プログラムを見ましたがこれはその土地を
知ってもらおうと無料のバスツアーを企画。そこにある各保育園を訪問しつつ
観光名所や果物の食べ放題、夜の宴会付きです。宴会では各保育園長の
勧誘付きですが。

そして先日見たのが高知県の外国人介護職員獲得作戦。なんとモンゴルで
日本語学校を開設!そこで言語等を習得してもらった上で高知へ来てもらいます。
またホームシック解消用にモンゴルの方が使えるゲルまで用意。当然寮もあります。

しかし外国人就労者の獲得もどんどん拡大しています。拡大せざるを得ないとも言えます。
最初は中国、フィリピンなどでしたが発展するにつれて人件費は上がるし、より良い
労働環境や複雑な労働へ就労します。結果さらに発展途上の国へ労働力を求めに行く。
そうしてベトナム、タイ、マレーシアなどと拡大していき、今やミャンマーやモンゴルへ。
ある意味いたちごっこなこの拡大もどこまで行くのでしょうね。

本社

朝晩のランニングで秋を感じます、管理部コタローです。

8/23に会社のチケットをいただいて同僚2人と京セラドームへ行ってきました。
私は日ハムファン、一人はバッファローズファン、一人は海外サッカーファン。
試合は大田のホームランの後、堀が吉田、ロメロに2者連続ホームランを浴びて
オリックスの逆転勝ち。確かに負けはしましたがホームランを見れたので良いかなぁ。

けど、やっぱり口直しにと日曜日はレフト外野スタンドで心置きなく日ハム応援!

1回3連打無得点、ランナー1塁というオリックスの拙攻から流れが来て
終わってみれば6-1の完勝です!( ´_ゝ`)ノ
ホームランこそ無いものの中田の天井弾と近藤の大飛球も見れて大満足。

しかし球場を見渡せば至る所に広告があり、キャンペーンがやっていて、
ブライアントのランチミーティングもあってどれだけ各企業がブランディングや
マーケティングに力を入れているかわかります。
経験価値と交換価値のどちらも与えられる企業づくりの大切さと大変さが身に沁みました。

業務

こんにちは!緑橋のグループホームで
管理者をさせて頂いている山中です(*^w^*)

残暑厳しい中、みなさまにおかれましては
如何お過ごしでしょうか?

今回のテーマは「お客様は神様」と自分から言う人は
結果的に損をしているのではないかな?というテーマです。


これは、簡単に言うと
自分は金を払ったんだから、何をしてもいいだろ
という意識がある方や
レストランで店員さんに横柄な態度をとる
ような精神性の人に顕著です。

少し前、店員さんに土下座させて、その様子を撮影し
SNSで発信している方がいました。
ニュースでも取り上げられていましたね


言葉は悪いですが、とても低俗な行動だと思います。

以前から、こういう考え方の人は
一定数存在されていたと思います。

昨今のインターネットの発達によって、情報の共有が
進み、少し変わった価値観の方があぶり出され・・
悪目立ちするようになった背景があるかと思います。

まず前提として、言っておきたいことがあります。

「お客様は神様」ではありません。

この言葉のそもそもは、芸事に関してのものです。

聴衆(お客さま)を神様と見立てることで
神前での祈りのように雑念を払い、
自身が最高のパフォーマンスを発揮させることが
出来る心持ちでいられるようにする。

という
意図の言葉であったのですが、いつしか
サービスを受ける側の立場の人間が
お客様は神様だから、お金さえ払えば
なんでも許されるだろ
」という意味に曲解して
使用するようになりました。

日本人の気質というか、「おもてなし」の精神性を
都合よく解釈した結果なのかも知れませんね。

サービスの提供者と利用者は
本来対等な関係です。


サービスを利用する側が支払う金銭の意味は
その「決められたサービス」を受けるため、支払うものです。

サービスの提供側は、営利目的です。

他の会社との差別化を図るため、また、
サービスを、より良い環境で提供するために
自社努力をされる企業が増えています。

接客、接遇に力を入れたり、施設内に他の施設にはない機器
(通信カラオケとか、シーリングファンとか、大画面テレビなど)
を置く・・それらは、顧客獲得のための努力です。

会社の、自社努力の部分や、働かれている職員さんの
接客態度、それらをすべてひっくるめて
お金を払ったから受けられるサービス」と勘違いした結果
何か自身に気に入らない事があると、本来のサービス外の
ことにまで言及し、自身の解釈でクレームをつけ・・
というのが、クレーマーと呼ばれてしまいやすい方々の
特徴なのかなと思います。

金銭を払っても、本来の正当なサービスを
受けられなかったのなら、指摘するべきですが
そうでなければ、サービスを提供する側の
営業を妨害している可能性があります。


立場が対等なら、お客さんに敬語を使う必要ってあるの?」
いえ、必要はありません。ですが現在の接客業では必須です。

なぜか?
他のサービス提供者と比較されるから」です。


例えばA社とB社があり、同じ料金で同じサービスを受けられる。
ですがA社は職員が全員タメ口、B社は全員敬語の場合
あなたはどちらの会社でサービスを利用したいと
思いますか?


大多数の人は、B社を選択するのではないでしょうか。


会社は、常に顧客の奪い合いをしています。
人は無限には存在しません。それぞれがそれぞれの意思で
会社を比較検討し、「より良いサービスを提供してくれるところ」に
顧客は集中します。

顧客を獲得できない会社は、事業を継続できませんよね💦
タメ口の接客」が基本的に存在しないのは、
利用する側が、それを良しとしていない価値観だからです。

ただ、現在は多様な価値観に溢れています。
数十年後には、もしかしたらタメ口の接客が
スタンダードになっていたりすることも、あるかも
知れませんね(;^ω^)

結論です。

サービスの提供者、利用者。
社会で生きる上では、どちらの立場も経験します。

とっても当たり前なことですが、自分がどちらの立場に立っても
相手を尊重出来るような態度で接する事ができれば
良いですね(●^w^●)


パートでお考えの方
 








施設

お陰様で平成31年3月1日、宝塚市安倉に「フォーユー宝塚Ⅱ」がオープンしました!!

開設にご助力を賜りました皆様に心よりお礼申し上げます。
誠にありがとうございます。

しかし、まだまだフォーユー宝塚Ⅱでは

正社員・スタッフを募集中です!!

最新の施設で入居者様の安心と安全、そして充実した生活のサポートを
一緒に考えて、閃いて、実現して、そして笑いあう仲間を求めています。

アリの心臓ほどでもフォーユー宝塚Ⅱでのお仕事にに興味がわいた方は
下の「こちら」からそれぞれの専用ページをご覧ください。

正社員に興味がある方は こちらから

パート
に興味がある方は こちらから

まずは私たちに会いに来て下さい。

宝塚の新天地で
新しいスタートを一緒にきりましょう!!

このページのトップヘ