こんにちは!緑橋のグループホームで
管理職をさせて頂いている山中です(*^w^*)

あなたは仕事で、上司や同僚に指摘されたり
怒られることって、ありますか?

そんな時、自己肯定感の低い人
過剰に落ち込んで、その後仕事にならなかったり
頭が真っ白になって、指摘されたことが
結局頭に残っていないという状態になりがちです。

僕がそうです

そんな「自分に自信のない人」が
「人に怒られても、へこたれない考え方」って
あるのでしょうか?

今回のテーマは「自己肯定感の低いままでも
それなりに、仕事と向き合う方法」

考えていければと思います。

よろしくお願いいたします( *´艸`)

【自己肯定感とは】

「自己肯定感」
とは
「自己を評価する感情」のことです。

自分のことを自分で「好き」「嫌い」
「よくやった」「なにしてんだ」などと
評価、判断する感情の動きのことです。

この、自分に対する感情の振れ幅が
マイナスに常に傾いている方は
「自己肯定感の低い人」と言えるかと思います。

まず「自己肯定感の低さ」における
「自分」「周囲」の認識の違いを
僕なりの解釈で、お伝えします。

まず「自己肯定感の低い人」と関わる人は
その方を「こだわりの強い人」という
イメージで捉える方が多いです。

僕も、「自己肯定感が低い」「自認」されている方と、
お話させて頂く機会を持った時は

「このひと、頑固だなあ」という印象を持ちます。
(相手も、僕のことを頑固だと言っています)

「自分に自信がない人は、他人の意見に
流されやすい」
と思われがちですが、実は逆です

他人のアドバイスを「そうした方が良い」
分かっていながらも、受け入れて、
実践する事が出来ません。



例えば「元々は喋るのが苦手だった人が、努力して
喋るのが上手になり、仕事で成功した」
という人が
いるとします。

その人が「現在、喋るのが苦手な、自分に自信のない人」
「こうした方が良いよ」と、アドバイスしたとします。

アドバイスする側は「自身の成功体験」
親身になって、伝えているわけですが、

このアドバイスは「現在、喋るのが苦手」という人には
刺さらない可能性が高いです。

その理由として、自己肯定感の低い人は
「成功体験」系のアドバイスをもらった時、
こういう思考に、なりがちだからです。

「この人だから、出来たんだ。私には無理だ」

これは「自信は無いけど、他人のアドバイスは
聞けない」
という心理傾向です。

もちろん、どちらにも非はないのですが
お互いにとって、有益ではありませんよね💦

アドバイスは「助言をする」
「相手のためになる言葉をかける」
という
意味ですが

「相手のためになるかどうかは
自分が判断することではない」
ので
アドバイスという心持ち、それ自体が
「自己肯定感の低い人」からすれば
「しんどい」ことかも知れませんね(;^ω^)

次に「自己肯定感が低いこと」の
「自分」の認識ですが

これは大抵「ネガティブな思考」
陥りやすいです。

「なんで私は、自信がないんだろう」
「なんでこんな簡単なこともできないんだろう」
「こんな私だから、誰にも好かれないんだ」


のような「過度な内罰思考」のループで
物事が上手くいっても、正当に評価できないし
失敗すれば、過剰に落ち込むという
「負のスパイラル」になります。

ここでひとつ、お気づきかと思います。

「自己肯定感の低い人」における
「周囲」「自分」の認識には
かなりの「差異」がありますよね。

これって、どういうことなのでしょうか?

これは、多分なのですが・・

「自分」が思う「自分」の姿と
「相手」が思う「自分」の姿は

ぜんぜん違う、ということなのかも
知れません。

【自信はどうやってつける?】

では、なぜ人によって「自己肯定感」
差が生まれるのでしょうか?

これは「幼少期の体験」や「環境」などの
要素で、複雑に形成される「自我」に寄るものです。

「生まれ持った個々の性質」という解釈も
ありますが、僕は

「人の本質」とは「変わらない」ものではなく
「変えようと意識しても、たまたま変わらなかった
部分を、段々自分が本質と勝手に思い込む」
のだと
思っています。

つまり、自分の自己肯定感の低さは
基本的に「外的要因」に寄るものなので

自分次第で変えられるものだと、思っています(*´v`*)

いえ、ムリに変えなくてもいいんですよ?

ただ、あなたがもし
「こんな自分がいやだ、苦しい」
「変わりたい」


などと、思っていらっしゃるのであれば

もう少し、読んでみて下さると嬉しいです。

【こういう考え方もあります】

まず「仕事」が、今のあなたにとって
「自己肯定感を下げる要因」なのであれば

今すぐ、辞めてしまって構いません。
(求人ブログにあるまじき発言ですが)

「上司から怒られる」⇒正式な手順を踏んで
(退職する〇〇日以内に申し出るみたいな)
正式に退職するのであれば、怒られる筋合いは
あなたには、ありません。

「会社に迷惑がかかる」⇒いま、あなたに迷惑が
かかっている
、この事実を問題にしましょう。

「無責任だと言われる」⇒その言葉を発する
側にも「責任」はありません。そして
あなたの人生の「責任」は、あなたしか取れません。

「陰口を言われるのが怖い」⇒そうですね。
自己肯定感の低い人にとって、それが一番
しんどいですよね。

職場を辞める時、残った職員から
「逃げた」ように表現されることが多いですが
そういう方は「選択したあなたへの嫉妬」や
「羨ましい」という感情が混じっています。

僕は、今、たまたま管理職なので
「退職したい」という方の相談は、
何度も受けてきました。

「雇用される側」「管理側」の気持ちって
掴みづらいかと思いますが、

僕の場合は、相談させてもらった結果、
相手の退職の気持ちを変えられないのなら

「いかに相手に悪感情を抱かせずに、
退職して頂くか」
に注力します。

管理側は、職員が退職される時につい
「今辞められたら現場が回らない」
「この人手不足の時に、無責任だ」
「ここを辞めて、通用するのか?」

みたいな「女々しいこと」
言ってしまいがちです。

これは管理側なりの
「責任感」から出る言葉で
「相手を責める」という意味合いではないのですが

こういう事を口に出してしまう上司と
「自己肯定感の低い人」との相性は
良くないことが多いです。

会社のために、あなたが有るのではありません。

自己肯定感を高める練習と思って
「辞める」という選択をする「自分」
「肯定して」差し上げて下さいね。

今の職場を辞めたところで、あなたの価値は
損なわれませんし、基本的に今は、
どこも人手不足です。

別の職場、職種を探すのも良いですし
実家で暮らされているのであれば、しばらく
休息期間を設けるのも、良いですね。

自己肯定感は、別にお仕事をしていなくても
高めることが出来ます( *´v`)

(以前の記事に書いたことをそのまま書きますが)
例えばお休みの日「朝8時に起きる!」
前日に決めて、時間通りに起きれたら
「偉いぞ自分っ」と、褒めてみるですとか

がんばって外出して、コンビニで
商品を買って、店員さんに感謝の気持ちで
軽く会釈が出来たら「自分天才か」
褒めてみるですとか

そんな些細なことで、いいんです。

「自己肯定感を高める」には
「成功体験の積み重ね」が必要です。

「成功体験」って「自分が設定した目標に
到達する」
ことで得られます。

それはこういった「些細なこと」でも効果がありますよ。

【ま と め】

今回は「自己肯定感の低い人」という
テーマで書かせて頂きました。

たとえ自己肯定感が低くても、相手が自分に抱く
印象は、悪いものだとは限りません。


HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)
「繊細、神経質、内向的と言われる方々がもつ気質」
が、一般的にも知られるようになってきましたが

僕はHSPの方から言われた言葉で、
深く傷ついた経験から

「繊細とはなんだろう」
「優しいとはなんだろう」

考えるきっかけになりました。

誰も傷つけない表現なんてありません。

自分も、多くの人を傷つけてきました。

何かを選択するということは
それ以外の何かを捨てることなのかも
知れませんが、あらゆる可能性を考えて
試してみたいと、思っています。

【感謝の気持ち】

この社員ブログを書き始めて
1年が経ちました。

ブログを書く切っ掛けを与えてくれた、
管理部のコタローさん、上層部の皆さま

そして緑橋で働かれている皆さま。
いつも感謝していますし、尊敬しています。

今回のような「求人ブログに相応しくない」テーマで
ブログを書かせて頂いても、怒られるどころか
評価して頂けることが多くて、日健マネジメントという
会社は懐が深いなぁいつも感謝しています(*^v^*)
(今回こそ、怒られるかも知れませんが)

そして、いつも目を通して頂いている、あなたに
一番感謝しています。

いつも、ありがとうございます(*^v^*)

仕事を継続するのって、大変ですよね。

「誰でも出来る仕事ではない」
介護職で
現場を守って下さっている方や
職員さんの悩みを聞いて、環境を良くしようと
奮闘されている管理職の方・・

あなたの気持ちが、少しでも楽になるように
今後も継続したいと思っていますので
また気が向いた時に、目を通して下されば嬉しいです。

パートでお考えの方
 




    

■大阪府・兵庫県・奈良県の有料老人ホームを運営する日健マネジメント
http://www.nikken-m.jp/
日健マネジメントではスタッフの募集を随時行っております。詳しくは、こちらの採用情報をご覧ください。