腹が凹むのが先か、ズボンの買い替えが先か、管理部コタローです。

昨日の産経系の独自ニュース

新型コロナ、4月1日から5類相当へ

具体的には

①1/20に岸田首相と関係閣僚が協議し、4月1日から新型コロナの感染法上の  
 位置づけを季節性インフルエンザと同じ5類にする。
②新型コロナにかかる医療費や入院費は当面全額公費負担とし、段階的に通
 常の負担区分にする。
③発熱外来に対する加算(平たく言えば支援金)も段階的に縮小する。
④発熱した場合はインフルエンザと同じ。療養期間や待期期間も不要。
⑤マスクについては屋内・屋外関係なく発熱症状がある人や高齢者、基礎疾患
 がある人など感染防止が必要な人に限る。

だそうです。「とっとと5類!」派の私としては①~④については納得は出来ない
けれど理解も出来るし、従えます。

けれど ⑤ お前はダメだ! (`・ω・´)

そもそもマスク着用率世界一の日本が新型コロナ拡大率も世界一という現実から
いえばマスクの効果は期待できません。「外国はまともに陽性者をカウントして
ないからそんな現実なんだ!」という人もいますが逆に言うと外国では新型コロ
ナは国が感染を管理する必要の無いレベルの病気と判断されているという事です。
また、感染防止が必要かどうかは個人個人が判断するべきで国が一括して決定し
無ければならない事項とは思えません。人権の考えからも新型コロナでマスク着
用を義務付けるような動きは慎むべきと考えています。

新型コロナ禍が始まって3年経ちました。その間に勤務形態や生活様態の変更もあり、
各種の補助金や支援金の申請や管理、事務スタッフとしてクラスターが発生した施設
で寝泊まりしながらの勤務などなど、事務管理部の通常業務以外の事柄をこなして
来ました。心身ともに疲れることも多かったですが現場スタッフの助けになれたこと
も良かったですし、その対価は会社から頂けているので良い経験をしたと言えます。
もう少し補助金や支援金の申請とそこに係る消費税の報告というイレギュラー業務は
残りますが報道の通り4月1日で新型コロナ禍以前の生活に戻れる事を期待しています。

    

■大阪府・兵庫県・奈良県の有料老人ホームを運営する日健マネジメント
http://www.nikken-m.jp/
日健マネジメントではスタッフの募集を随時行っております。詳しくは、こちらの採用情報をご覧ください。