日健社員ブログ

日健マネジメントの社員ブログです。大阪・兵庫・奈良の有料老人ホーム、日健マネジメントの採用情報はこちら。

カテゴリ:

鼻の中身が気になる、管理部コタローです。

昨晩で回数券を使い果たし、今夏から始めたナイトプールも11回を終えました。
11回でようやく子供の頃の泳ぎに近づいたというところです。現在では泳いでる
最中に水を飲むことも鼻に水が入ってくることもほぼ無くなりました。後は
水中での回転ターンが復活すれば小学生時代レベルに泳ぎが回復したと言って
良いかと思います。

そんなナイトプールですが最近は軽い筋トレを取り入れた水中ウォーク150Mを
3セット、その合間にクロールや背泳ぎ600Mを2セットで計1時間のルーティンで
やっています。が、これだと水泳前に描いていた程のカロリーが消費出来ません。
アディダスのアプリにワークアウトを手入力するのですが水泳は時間でカロリー
計算をされるらしく、このワークアウトで250カロリー程度。パウンドケーキ2個
といったところです。ランニングであれば1時間で最低11km、600カロリーは消費
するので効率的では無いですね。ただ、水泳は全身運動ですのでランニングよりも
疲労度は格段に上です。

ランニングのようにしっかりとワークアウト結果を測れるガジェットが欲しいです。

飲み物の氷はかみ砕きがち、管理部コタローです。

先月末に申請を終えた介護事業者慰労金ですが先週の金曜日に大阪府から
書類に不備がある為、9月に出し直す必要があるとの通達がありました。
ただ、不備の内容を確認すると到底納得できない事だった為、申請前に
こちらからコールセンターへ問いかけた際の回答と今回の慰労金事業に
関わる厚労省のQ&Aの内容を伝えました。大阪府の回答は

「厚労省がこうしたQ&Aをなぜ出しているかわからない。」

「それはコールセンターが嘘を教えていますね。」


・・・ (*`Д') はぁっ?!

事業主体である都道府県が厚労省が主に事業主体向けに作成しているQ&Aを
確認していないし、読んでもその意図が理解できないってこと?

今回の事業の唯一の問合せ先であるコールセンターが正しい手続きを案内
出来ないってどういうこと?

と、その回答に色々な考えと感情が湧き上がってきましたが最終的には呆れ
スイッチがオンした為、目的達成以外に興味が無くなりました。結果、

「では、慰労金を確実に受け取れる申請手続きを教えて下さい。」

ということで慰労金申請書類の完備・不備を判断する担当者の方が正しいという
手続きを教わり、その担当者宛に9月中に再申請することとなりました。

当初の予定より慰労金の受け取りが1ヵ月延びることは現場の方に申し訳なく
思いますが10月中には必ず給付できるよう、業務を進めたいと思います。

しかし、ほぼ繋がらない&繋がっても嘘を教えるコールセンターって委託してまで
設置する必要があるんですかね。まだ、絶賛稼働中みたいですし。 (´・ω・`)

買ったベーコンが見当たらない、管理部コタローです。

11日は所用で上新庄へ行ってきましたが満を持して遅い昼食にクラムスバナナへ。
高槻のバナナジュース専門店が阪神百貨店への臨時出店の後、駅マルシェ大阪へ
9月7日に出店しました。証明を落とした店内で注文したのがこちら。

20200911-1

オーダーを紹介すると

まずは一番高い濃厚バナナジュース! ¥562-

20200911-2

何気にストローがハート型なのがキュートです。とおじさんが言うとキモいですが。
濃厚とだけあって小さい頃母親が作ってくれたバナナジュースよりもずっとバナナ
牛乳の配合が少ないのか使ってないのか。けれど重くなくて飲みやすいです。もち
ろんバナナ味で美味しいですよ。

そしてローストビーフサンド&フルーツサンド 各¥280-

20200911-3

作っているのはくれおーるです。これが美味!特にローストビーフサンドは
ローストビーフとマスタード、野菜がベストマッチ!フルーツサンドはメロン
にカスタードクリーム&ホイップが良い塩梅でデザート感しっかりですしかも
2個でバナナジュースと同じお値段ですからお買い得と錯覚します。

トータルとなると昼食にしてはかなり高くなりますがたまにはこういうのも
良いですよね。他にも美味しそうなサンドイッチとバリエーション豊かなバナナ
ジュースが揃っています。大阪駅を通る際には一度味見に行ってみても良いと
思うお店でした。

次はチョコチップバナナジュースだ!!  (´▽`)

正常化の動きに一安心、管理部コタローです。

知人は無事タイに戻ることが出来たし、ウインズや競馬場も時短ながら再開、
野球なども1万人OKになるし、25日には関空~台湾の空路も再開とようやく
まともな判断の元、世間が動き始めたなぁと喜んでいます。

そんな中昨日は和泉市の軽自動車協会へ行ってきました。用事は車検証の記載
変更です。前回と違うのは使用場所が八尾市から堺市になる為、新しいナンバー
プレートを取らないといけない点です。先週の経験に沿って協会が作成している
OCRファイルで必要書類をパソコンで作成して社印を押印の上、今度は和泉支所
へ出向きます。

事務手続きの違いは前回はすぐに書類確認窓口へ伺いましたが今回はナンバー
プレートの窓口がスタートという点。そこで工具を借りて現ナンバープレートを
外して提出します。あとは前回と同じ手順で窓口巡りをして最後に再びナンバー
プレート窓口へ。そこで1,500円を払って新しいナンバープレートを買い、また
工具を借りて新しいナンバープレートを車に取付て終了です。

この間わずか15分! Σ(・ω・ノ)ノ

空いていたとはいえこの早さ。ほんと工事業者や行政書士に頼んだ際の手間賃の
時間単価ってバカ高いですよね・・・。('д` ;)

軽自動車の場合、ナンバープレートはレンチやプラスドライバー(#2以上?)で
簡単に取り外せます。バンパーなどにタップが切ってあるので正直原付のナンバー
プレートより脱着はすごく簡単です。また車庫証明の提出も後日で良いので

かなり 楽!! (・∀・)

こうした手続きで経験していないのは弊社の車種ですと普通四輪だけになりますが
こっちは車庫証明の提出や盗難防止用ロックのあるナンバープレートの為、軽より
かなり難易度が上がりそうですがこれだけ外注費が高いのなら社内業務として挑戦
してみたいと考えています。

今週中にクラムスバナナに行くべ、管理部コタローです。

昨年の10月から3段階で計画されていた生活扶助費の給付引き下げですが
今年の10月に予定通り引き下げられることとなりました。当初の計画では
今年の4月にも引き下げがあり、今年10月に7万900円(堺市など)となる
はずでしたが消費税増税の影響で今年の4月はほぼ下がらず、そして10月に
7万1900円(堺市など)となります。

物価がほぼ下がったままで労働者の平均賃金も上昇幅が小さいので年金同様、
生活扶助費も引き下げがあっても仕方が無いことと個人的には考えますがこれ
に伴う業務が今日からスタートすることになります。簡単にまとめると

・生活扶助費の引き下げ後も受給者の方の生活が成り立つよう、弊社の月額
 利用料などを見直す。
・決定した料金改定を行政に報告・相談して理解を得る。
・料金改定の覚書を作成し、受給者の方に説明の上、覚書を交わす。

になります。新しい生活扶助費の金額が決まったのが先週ですから1ヵ月の間に
これらを完遂する必要があるので意外とハード。9月は連休も多いので早め早めに
済ませて行きたいと思います。 (≡ω≡.)

このページのトップヘ