2017年07月26日

横浜FC所属 三浦知良選手、イバ選手、野村直輝選手へ取材!夏休み 『小学生向け番記者体験イベント』 実施(産経ニュース)

d11000-32-788176-07月23日(日)に、横浜FC・LEOCトレーニングセンターにて、オフィシャルクラブスポンサーのリストグループPresentsの、小学三年生以上の子供たちが参加する横浜FC所属選手への番記者体験イベントが実施致されました。

イベントに参加したのは、三浦知良選手、イバ選手、野村直輝選手。


※以下、原文まま

『当日は、神奈川県在住の27名の小学生が参加し、横浜FCのスタッフから番記者について学び、緊張の面持ちで、練習後の選手達がイベント会場である体育館へ来るのを待っていました。三浦知良選手、イバ選手、野村直輝選手が会場に入ると、大きな拍手で迎え、思い思いに考えてきた質問を選手に聞きました。「どうしてサッカー選手になったのか?」という質問から「今まで何点(得点を)とりましたか?」という子供目線のユニークな質問まで、各選手それぞれ答えていただき、子供たちも選手の回答に対して、しっかりメモをとって、真剣に耳を傾けていました。

 自由にオリジナルの新聞を作成する時間では、質問した内容をもとに、それぞれが感じた選手の姿を記事として書きました。作成後は、横浜FCの選手が実際に食べているバランスのいいアスリートメニューを食べ、充実した時間を過ごしました。

 夏休みの自由研究課題としては勿論、憧れのサッカー選手に質問ができて、子供たちの夏の思い出作りの一つとなりました』


…こういうイベントは、若年層の支持を得る絶好の機会。

多くの若者が、もっとこのようなイベントに参加できる機会があれば、横浜FCのファンをもっと増やせると思います。

魅力あるチーム作りには、いろんな目線でのリサーチも重要。横浜市民が進んで応援したくなるチーム作りを期待したいですね。

nikki440 at 22:11|PermalinkComments(0)横浜FC 

2017年07月25日

J2得点ランク首位、横浜FCのFWイバに第2子が誕生「とても嬉しく誇りに思う」(マイナビニュース)

IMG_20170207_223212横浜FCは25日、FWイバに第2子となる次女が誕生したことを発表。

イバの次女は、7月24日に誕生。現在32歳のイバは「新しい家族を迎え、とても嬉しく誇りに思います。家族と一緒に過ごす日々をとても楽しみに心待ちにしています」とコメント。

今季、J2リーグ戦24試合に出場し、16得点を挙げ、現時点で得点ランクトップに立っているイバ。

横浜FCは24試合を終え、11勝5分8敗の勝ち点「38」で5位。

ベビーのためにも、ますますイバにはゴールを量産してもらわないと!

次節、ゆりかごダンスが見られるといいですね!

nikki440 at 22:53|PermalinkComments(0)横浜FC 

2017年07月24日

本田のFK生きる!パチューカでプレー福田氏太鼓判(日刊スポーツ)

Pachuca-2004-05-PUMA-away-kit-Kenji-Fukuda先週の17日付けの日刊スポーツで、本田のパチューカ移籍に際し、横浜FCの強化ダイレクターの福田健二氏のコメントが掲載されていました。

6か国もチームを渡り歩いていたんですね、すごい!


※以下、原文まま

【本田のFK生きる!パチューカでプレー福田氏太鼓判】

メキシコ1部パチューカに05年に在籍した福田健二氏(39)が、同クラブへの移籍が決まったFW本田圭佑(31)の成功に太鼓判を押した。16日、強化ダイレクターを務めるJ2横浜FCの練習試合の後に取材に応じた。メキシコリーグは日本人に合うとし、標高約2400メートルの本拠地で本田のFKの威力が増すだろうと指摘した。

 現役時代に6カ国12クラブを渡り歩いた福田氏は、パチューカでの05年の挑戦を懐かしむように言った。「本田圭佑らしい選択だなと思った。なかなか知られてはいないけれど、可能性のあるチーム。欧州にも遜色はない。体格的にもそんなに大きな選手がいるわけではないが技術は高い。だから日本人には合う。絶対にやれる」。どこか“後輩”の誕生がうれしそうだった。

 福田氏によると、生活面の心配は無用のようだ。「オーナーも熱い方だし、土地もあるので家も広々としたところに住めるはず。タコスも美味しい。メキシコシティーまで車で約1時間ほど走れば日本の食材も入手できる。レストランもある。家族での生活も問題ありませんでした。本田はスペイン語も学んでいると聞いているし」。

 「1つ苦労するのは」として挙げたのは、標高の高さだ。パチューカ市の標高は約2400メートルで「私も10日間くらいは、1本ダッシュをしただけで(疲労で)腰が曲がってしまった」と振り返る。メキシコリーグの本拠地で最も標高が高いのは、トルーカの本拠地トルーカ市で、標高は約2700メートルある。福田氏の記憶には、「3300メートルくらい」と残るほど、空気が薄く感じられ、苦労したという。逆に「海抜0メートルに近い」ベラクルス市や、ティフアナ市などの港町での試合は「楽だった」と笑った。

 だが、本田には高地でのプレーはプラスの面もあるとみる。「標高が高い分、空気抵抗が減るから、ボール速度が速くなる。得意のFKにはアドバンテージになると思う。大いに生かして欲しい。FKレンジ(距離)も広げていけると思う。楽しみです」。ACミランでは出番に恵まれなかった本田が、新天地での“高地トレ”で復活することに期待を寄せた。【鎌田直秀】

 ◆福田健二(ふくだ・けんじ)1977年(昭52)10月21日、愛媛・新居浜市生まれ。現役時代はFW。千葉・習志野高から96年名古屋入り。98年にはストイコビッチと2トップを組んでチーム得点王。東京、仙台を経て、グアラニ(パラグアイ)−パチューカ−イラプアト(以上メキシコ)−カステヨン−ヌマンシア−ラスパルマス(以上スペイン)−イオニコス(ギリシャ)−愛媛−夢想駿其(香港)。パチューカではリーグ戦21試合出場12得点。昨年6月に引退し、同7月に横浜FC強化ダイレクター就任。179センチ、73キロ。利き足は左。

nikki440 at 23:25|PermalinkComments(0)横浜FC 

2017年07月23日

レドミ初陣にカズ「本番でギアが上がった」、敵将高木監督「存在感大きかった」(ゲキサカ)

j2-yokohama-wa203720170722-w1300_0ゲキサカを始め、様々なメディアで、昨日のレアンドロドミンゲスの活躍を報じています。

応援するチームが勝ち、あちこちで取り上げられ、大変嬉しいですね!

湘南ベルマーレ・アビスパ福岡と、そろって負けたのも大きく、自動昇格圏内の2位まで、勝ち点差は8。

リーグ後半戦、横浜FCの反撃旋風で、J2が面白くなりそうですな!


※以下、原文まま

【レドミ初陣にカズ「本番でギアが上がった」、敵将高木監督「存在感大きかった」】

[7.22 J2第24節 横浜FC2-1長崎 ニッパツ]

 J1昇格へ、強力なピースが加わった。FWレアンドロ・ドミンゲスが横浜FCに完全移籍で加入。名古屋に在籍していた15年J1リーグ第2ステージの新潟戦(4-2)以来、2年ぶりにJリーグの舞台に帰ってきた。J2リーグでは柏時代の10年、第38節の草津戦(4-0)以来、約7年ぶりの復帰。正確なキックや強烈なボレーで相手の脅威となり、長崎の高木琢也監督も「存在感は大きかった」と舌を巻いた。

 チームメイトもレアンドロ・ドミンゲス加入による効果を口にした。決勝FK弾を決めたMF中里崇宏は「練習してから日にちが経ってない中でもうまく自分たちに合わせてくれた印象。改めて素晴らしい選手だと実感した」と、合流から約3週間でのフィットぶりに感嘆。トップ下でタメをつくり、攻撃の起点となったブラジル人助っ人に「前でボールを取られないので僕たちも安心してボールを預けられる。DFラインも押し上げられるし、連動性が出る」と変化を口にした。

 Jリーグ初代MVP受賞のFW三浦知良は後半23分から途中出場。11年MVPのレアンドロとの競演が実現した。カズは「決定的な仕事をする選手。非常に心強い」と歓迎。「僕はブラジル人の気質もわかっているつもり。本番でギアが上がるのはわかっていたけど、その通りに仕事をしてくれた」と質の高いプレーを喜ぶと、「練習の時よりもディフェンスを頑張ってくれていたので安心しました。『そこまでやってくれるんだ』って」と、献身的な仕事ぶりに笑顔をこぼした。

nikki440 at 23:59|PermalinkComments(0)横浜FC 

2017年07月22日

2017J2第24節【横浜FC 2-1 V・ファーレン長崎】(ニッパツ三ツ沢)

Fotor_150072749214928レアンドロドミンゲスのJリーグ復帰戦は、見事勝利!

来日して3週間、チームに溶け込み、イバとの連携も問題なし。トップ下でタメをつくり、ボールの収まりどころとなるだけではなく、正確無比なキックでチャンスを量産。

前半6分には先制点の起点となり、中盤に下がってボールを受け、センターライン付近から鋭いクサビのパス。イバが落とし、ワンタッチでMF野村直輝がスルーパスを送ると、DFラインの裏に走り込んだFWジョン・チュングンがGKとの1対1から先制ゴール。

間違いなく、ここから横浜FCの逆襲が始まるでしょう!

暫定ではありますが、チームは5位に浮上。レアンドロドミンゲスの益々の好プレーに期待したいですね!


本日、ニッパツ三ツ沢球技場に来場された皆さん、応援お疲れ様でした。

nikki440 at 23:59|PermalinkComments(0)横浜FC | ホーム

2017年07月21日

レアンドロドミンゲス、いよいよ明日、ベールを脱ぐ…?

P20170716yokofc_reandoro_kaz001-w1300_0 (1)明日、ニッパツ三ツ沢球技場で開催される、V・ファーレン長崎戦。

この試合から出場可能となるレアンドロドミンゲスが、出場するのかが注目です。

練習試合では、連携に課題があったものの、決定的なパスも出すなど、その潜在能力の高さを見せつけたようですし、非常に期待が膨らみます。

かつてのホベルトのように、チームに勢いを与える旋風を巻き起こしてほしいですね!

nikki440 at 00:01|PermalinkComments(0)横浜FC 

2017年07月20日

奥寺会長&キング、ヨコレイを表敬訪問

20170719yokoreiスポンサー訪問に、キングが御自ら出向くとは。

来季も、出来れば末長く、御贔屓に願いたいという、横浜FC側の強い想いなのかも知れませんね。


※以下、ヨコレイHPより原文まま

<J2プロサッカークラブ 横浜FCが当社に来訪>

7月18日(火)、横浜FCを代表して奥寺会長、北川社長、三浦知良選手の3名が当社へ来訪しました。

当社は今年度より、サッカーJ2リーグに所属する横浜FCとのオフィシャルクラブトップパートナー契約を締結しており、今回はスポンサー会社への表敬として来社されました。吉川会長、西山社長を始め当社の主要役員と暫し会談した後、当社のオフィス内を案内しました。

現在チームは6位に位置し、J1昇格を目指して熱戦が続いています。奥寺会長は「今年は良いスタートが切れた。しかしこれから後半戦を迎え、一戦一戦が重要になってくる。必ず勝ち抜いてJ1復帰を目指す。」と力強い言葉で語られました。


nikki440 at 23:31|PermalinkComments(0)横浜FC 
横浜FCゲームスチュワード
横浜FCゲームスチュワード
VAMOSなHP
横浜FCオフィシャルホームページ

ニッパツ三ッ沢球技場

希望が丘商店会

英国風パブ HUB

横浜西口五番街商店会

平倉社会保険労務士事務所

東洋美術印刷株式会社

LEOCグループ

株式会社ゼンショー

DISK GARAGE

J:COM横浜

横浜熱闘倶楽部

さっかりん

東仁学生会館

帝京大学グループ

SEVEN SENSE

CHICK CLOVER

横浜中華街 老維新

三崎まぐろラーメン

新横浜ラーメン博物館

割烹平野屋

携帯版Top
携帯版VAMOS!!横浜FC
週間天気WIDGET
QRコード
QRコード