日本製衡所 社員ブログ

トラックスケール、産業用はかりの総合メーカー

トラックスケールなど産業用はかりなら
日本製衡所 www.nikko-scale.com

社内レク

連続ですみません。

総務課・新田です。


先月の16日にでっかいトロフィー争奪、社内ボーリング大会が行われました。本社・営業所の社員が一堂に会してのイベントで、大変盛り上がりました。
IMG_9017
皆さん、そろっての始球式の様子です。ここから本気モードの大会がスタートしました。
皆さんのスコアーが気になるようです。
IMG_9152
画面を見つめる視線が本気です!

さて、結果のほうですが、優勝は5月に入社した営業の鈴木君。
おめでとうございます。なんといっても満面の笑みの二人。素晴らしい一枚となりました。
IMGP1642
幹事の方には大変お骨折りを頂きありがとうございました。秋の旅行?(あるのかなぁ)楽しみ


インターンシップ

総務課 新田です。

先月の18日より二週間、本庄支援学校の木村君が来社しました。昨年に引き続き2回目ということもあり、慣れた手つきで作業していました。
IMGP1647
前回同様、木村さんに機械の使い方を指導いただき、部品作りをメインに行っていただきました。
本人の希望もあって、部品作成の時間を予定以上に行いました。
IMGP1652
実際に部品作成している様子です。
写真を撮り忘れてしまいましたが、溶接も体験していただき指導した木村さんから「お墨付き」を頂きました。
ケガもなく予定通り実習を行うことができました。関係部署の皆様に感謝!

インターンシップは日本製衡所へ

フロアースケールの更新

営業部 鴇田(ときた)です


 4月のとある日。。。

3~4年前に問合せのあった、ある工具商社さんから連絡があり、
あるお客様が計量器の不具合で困っているから、相談にのってほしいという連絡がありました。

さっそく弊社から200km離れた現場に行ってみると・・・

IMG_0538

計量台の上に、コンベアーが載っている、珍しいパターン

そして、
こういう珍しいパターンのときほど、営業の腕が試されるときです

はかりとコンベアがどういう関係なのか。。。
どこのメーカーで、どういった部品を使っているのか。。。
その上で、どういったことができるのか。。。

不具合が発生している状況で、
すぐにでもお客様は今後どういった方向になるか知りたいところ

点検~修理で対応する場合の方法やメリット・デメリット~金額帯
新規入替で対応する場合のメリット・デメリット~金額帯

運用や使用頻度なども全て確認して、
弊社でできる選択肢をご案内して・・・

結果、
今回は現場にある指示計は既存品を使用して、
計量台部分のみを更新することになりました

早速、ご注文を戴き、
先週、現地で入替作業

DSCF1277

計量台部分のみ、更新してきました
緑色部分が、弊社の計量台です。
塗装色も青色に合わせるか確認しましたが、弊社標準色になりました。

と、
簡単に書いておりますが。。。

入替の場合は、調整してある新品をただ持っていけば良いだけではないので、

現場・既存機の調査、コンベアの取り外し~取り付けの段取り、
計量台のみ入替える場合の必要作業の確認、
計量台のみ入替える場合の注意点や不確定要素、
既存指示計の情報集め 等々。。。

事前の確認や説明事項がいっぱいあります

特に今回は、残っている図面と実際の計量台の寸法が100mm違い、
お客様からだけの情報を信用していたら、結果えらいことに

もちろん、こちらは『はかり屋のプロ』として、
図面に間違いがあるということも念頭に置き、
しっかりと実物の寸法もあたりましたので、問題はありませんでした

最近は、設備が古く、
導入したころのメーカーやはかり屋も廃業して、
どうすれば良いかわからないということで、困っているお客様も多くいらっしゃいます。

このお客様も、
あと同じ計量器が2台(今回を含め3台)あり、順次更新して頂けるようです


自社にある計量器で、お困りごとがございましたら、
他メーカーの計量器でも、まずは弊社へご相談下さい


フロアースケールの更新は日本製衡所へ
プロフィール

はかりのニッコー

QRコード
QRコード