えっ、ホテルの無料宿泊券が貰えるって?
仮にそんな株があるとしても、かなり高いんじゃないか?

と思われる方もいるかと思いますが・・・

いやいや・・・
割安株ですからもちろん10万円以下の投資で実現する事ができます。

さてその会社とはどこでしょうか?
具体的な銘柄を取り上げてご紹介していきます。

日本株のサムティ【3244】という不動産会社があります。

・サムティの株価
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=3244.j

本日付で1株30,900円で購入できる銘柄ですが

こちらの株を2株以上保有していると、
11月末株主記載にて株主優待で東京・大阪にあるビジネスホテルの
無料宿泊券をなんと2枚もらう事が出来ます。

実はもともと、無料宿泊券が1枚だったのですが・・・
今年の1月に業績の下方修正と配当無配の発表とともに
株主優待の倍増を発表しました(笑)

なんともありがたい話です。

こちらが会社のホームページです。

・サムティ
http://www.samty.co.jp/

この発表以降も、株価は無配の発表もあって
弱い動きをしていましたが、最近の日本株式市場の復調と共に
このサムティも遅れながらも上昇して動意づいてきました。

おそらく株主優待狙いの個人投資家がこつこつ買っているからだと思います。

ちなみにこの無料宿泊できるホテルですが

東京は日本橋にあるセンターホテルで
大阪は淀屋橋から徒歩2分の所にあります。

ホテルですが、いわゆるビジネスホテルですね。

・センターホテル
http://www.centerhotel.co.jp/

今、現在の株価は1株30,900円くらいなので、2株61,800円となります。

2010年11月末に株主保有の記載が
あると翌年2月に株主優待としてホテル無料券が2枚貰えます。

ちなみに東京のビジネスホテルですと、
一泊あたり8000円近くしますので

2泊分の無料宿泊が高いとみるか?安いとみるか?
人によってそれぞれだと思いますが

2株分で6万円弱の投資で1年間にホテル2泊分の宿泊が
無料となりますので利用する人にとっては割安株だと思います。

ちなみにサムティは不動産デベロッパー事業のほかに
賃貸事業もしており不動産会社としては安定的に収益を確保できる
キャッシュフローがあります。

その為、ここ数年の世界恐慌に伴う不動産下落で
この不動産業界もかなりのダメージを負って倒産する会社が後をたたない中で
黒字経営を維持しています。

やはりそこは不動産デベロッパーだけの事業だと難しかったと思いますが
サムティのように安定的に収益を得られる賃貸事業があるからだと思います。

と言うことで今後も堅実な業績を継続されていくものと見ています。

サムティのPBRも0.31倍でかなり割安の数値となっています。

※ PBRについてはこちらをご確認ください。
http://www.w-stock.biz/a/t/PBR.html

一般にPBRが1倍であるとき、株価が解散価値と等しいとされ
それ以下だと割安株として扱われる。

1倍以下の水準では会社が保有する純資産の額より
株式時価総額のほうが安いことを意味しています。

と言うことで割安株銘柄としてのサムティのご紹介でした。

では、本日はこの辺で!


長期投資をしている株式銘柄の一覧表です。

いかに投資効率が良いかこれでわかります。
また各銘柄の詳細は個別記事でご確認ください。

−保有銘柄−

ゼンショー 取得価格507円

株数 100株
取得時期 2009年2月19日
配当金540円×2
株主優待 3000円×2(グループ食事優待券)

※ ×は1年間に何回かという意味です。

サムティ 取得価格12,800円

株数 2株
取得時期 2009年2月19日
配当金 −
株主優待 8,000円〜10,000円×1(ホテル宿泊無料券)⇒ ホテル宿泊券2枚増額

イマージュ 取得価格154円

株数 100株 ⇒ 優待条件変更 300株保有につき以下の条件
取得時期 2009年4月27日
配当金 -
株主優待 8,400円×2(自社化粧品)

⇒ 2010年4月2日 342円売却 ⇒ 保有なし(100株保有のみだったため優待条件変更による売却)

極楽湯 取得価格209円

株数 100株
取得時期 2009年2月19日
配当金 360円×2
株主優待 1,600円×2(温泉利用無料券)

⇒ 2009年12月2日 394円売却 ⇒ 2009年12月15日 300円買付

ビックカメラ 取得価格25,550円

株数 1株
取得時期 2009年4月27日
配当金 900円
株主優待 3,000円×1(店舗利用券)


いかがでしょうか?
冷静に長期投資で保有し続けたらいつ頃に投資元本が確保できるか?
イメージできると思います。

また保有銘柄は少しずつ増えていきますので、こちらに公開していきます。


nikkyuu3man at 22:16|Permalinkclip!長期保有銘柄の一覧