おはようございます。
今は朝5時台の地下鉄で大阪空港へ向かっています。
これから7時の飛行機乗って東京へホオポノポノのベーシック2講座を受けに行きます。

この1か月、かなりいろいろなことが私の内側でも外側でも起こり
たくさんの思い込みに気付き、手放すことができました。 

まだ、こんなにもあったなんて‼です。
本当に無意識の世界にそんなしがらみがあるので、自分一人ではなかなか気付けません。
でも、気付いてみると、そう言えば薄々気付いていたような気がします。そんな微妙なところにあるものみたいです。

過去のしがらみを手放しながら、
前に向いて行く段階にいるような気がします。

本当に私は自分が何をしたいのか。
どう自己実現したいのか。
考えています。

いずれにせよ、過去のしがらみの中に、自分の本当のニーズ、したかったこと、そしてしたいことが一緒にセットになっているということ。

それをひとつひとつ叶えてあげていくことが、本当の自分のやりたいことに繋がっていくのだと思います。

過去の嫌だったことの中にある、本当の自分の必要としていたことは一体なんだったのか。本当にほしいものはなんなのか?

SASはそれを明確にしてくれる素晴らしいツールです

これから、私はSAS を続けながら、自分のこれからの自己実現に向けて、コーチング受けながら本当にやりたいことを探究していくことになりました。

これからはしばらくこちら⬇にフォーカスします。

⬜自分がどう扱われたいかを明確にする

□自分がどう生きたいかを明確にする

□自分の役割に遠慮しない

□自分の波動にあった立ち振る舞いをする

□自分が何を目指しているのかを明確にする

□自分がどうありたいのかを明確にする

そのため、
一旦、SASに特化する本ブログは一段落といたします。

又、SASに戻ってこちらのブログに書き込みするかと思いますが、その時はまたよろしくお願いいたします

ありがとうございました(*^^*)

みなさん、こんにちは!

出勤時間がギリギリになる喜び

について

SASを自分でやって探っていますが、

以外と出そうで出ない。

ウーン

そうこうしてるうちにまたもやギリギリしたりして。

やはり、前回出てた息子さんのトイレを我慢するお話しが近いのかなぁ

再度読み返したら、なんだかそんな気がしてきた。

トイレをギリギリまで我慢する喜びの過去をちょっと探ってみよう

わーい

HITキャラクトロジー心理学考案者であり
ヒーリングクリエイターの
山本美穂子さんのメルマガに、私のお悩み相談が取り上げられました。

以下に紹介します。メルマガそのまま転記します。



昨日に引き続き、まりなさんからの
「遅刻にならない寸前の
ジャストギリギリ出勤を
毎朝してしまう癖を
どうにかしたい」
というご相談に
お答えしてゆきます。

 
vol.167
ネガティブな喜びの経験と
遅刻ギリギリ出勤の関係性(2)


過去の何らかの
ネガティブな経験やトラウマに基づいて
その時の何かを再現する、
その時のドラマを再現する
 

私たちは誰もがこれを繰り返しています。



これが、
キャラクトロジー®心理学をはじめとする
当協会の提供するコンテンツにおいて
ベースとなる
「すべての悩みの下にはトラウマがある」
という考え方の所以です。



まりなさんからのメールを拝見していて
思い浮かんだことがあります。
それは
息子がまだ幼い頃
トイレトレーニングを
していたときのパターンです。


彼は、ギリギリまでおしっこを我慢し
我慢した上で放出することで
すごくホッとした喜びと
気持ち良さを感じていました。

 
それを繰り返し体験したくて
ギリギリまで我慢をして我慢をして
トイレに行かないということを
繰り返していたのです。



もちろん失敗することもあったのですが、
そのときにもし私が
それを咎めたり怒ったりすれば
ここに罪悪感がくっついてしまうと思い
それだけはしないようにしていました。


ただ、私は
彼がトイレに行きたくなると
自分もトイレに行きたくなるような感覚で
それを知覚していたので、

 
息子が我慢しているのを感じ取ったら
早くトイレに行ってくださいと
お願いはしていました。
(笑)
 

つまり
まりなさんの感じていらっしゃる
ギリギリの感じと罪悪感の中に
これに似た
ひそやかなネガティブな

喜びの経験が
あるように思います。



この部分には、
セルフアウェアネススキル(SAS)の
セッションや
プロセスグループの中で
取り組まれることをおすすめします。

 


★セルフアウェアネススキル
認定プラクティショナーは
こちら でお探しいただけます

★山本美穂子のリードする
プロセスグループの
全国開催日程はこちら からご覧いただけます


           
■□■□ キャラクトロジー�$(D"nあるあると □■□■
http://www.reservestock.jp/subscribe/17115?kg 
■□■□ 協会の最新の動向をお届け!□■□■

    
★★★パパママが知っておくべき
子どもにトラウマをつくらない子育て法★★★
http://characterogy.com/course/kosodatekoenkai/
   
    



一般社団法人 HITキャラクトロジー心理学協会

Email: info@heartintouch.net 
協会URL: http://characterogy.com 
HIT URL: http://heartintouch.net 
HIT FBページ: https://www.facebook.com/HITcharacterogy 
HIT ブログ: http://ameblo.jp/hitschool 
心の科学: http://www.kokoronokagaku.com 
 

質問者のまりなさんは私のことです。
…ということで、
この件に関して、SASして、のちほどご報告いたします。

 



 

 

 


 




 


↑このページのトップヘ