わっちゃんのブログ

わっちゃんのブログです

わっちゃん師匠の色々なメモ帳
デジタル関係PC関係のことの自分用のメモ帳です

ふわっちで配信してるど
https://whowatch.tv/profile/t:wattyandesu
連絡先 wattikun99☆gmail.com (☆を@にしてください)

僕の場合はIntelコンピュートスティックで動かしてみました
特にこれといった不具合もなく普通にキーボード及びXBOX360コントローラーで操作できます
ATOM3735Fでメモリ2GBで内臓グラフィックっていう今なら1万円ちょうどで買えるようなタブレットの中身ですが。
LOW設定でも8インチの小さな画面でスカイリムを実際に自分の目で確認してみたところ
画面サイズがそもそも小さく密度の多い3Dなのでけっこう画面綺麗です

スティックPCとPCモニタでやる目的っていうのは最高でも15W程度しか消費しない超省エネパソコンなので
コンシューマーゲーム機でやるより(箱○で160W)電気代が非常にお得になります



こっちはLeft4Dead

なんと1月3日まであるSTEAM大セールで
僕がコマンドス2を399円ぐらいで前に買ったのに1,2,3すべて入ったコンプリートパックが160円ぐらいで売ってる!!!!っていうことで2を買ったのにコンプリートパックも安いから買ってみた!!!!!!!

かなり変則的な構成で
初代1作目はなんと2本構成
2と3は普通に1個ずつ

2は3,7GBで3も4GBぐらいのHDDインストール容量が要る。なんで???古い2Dなのになんで?ってなる
まず衝撃を受けたのが1枚絵の2Dだと思ったら3方向の角度を切り替えながら進めていく。
2Dなのに3種類の角度がある むしろ3Dで表現したほうが容量いらないはず
一枚絵を3方向から全て書き直してる どうしても最終ステージのパリは燃えてるかステージを1枚の絵画で表現したかったのかなと
こんなに制作サイドのこだわりのあるゲームは今まで見たことない(笑)

コマンドス2をゲーム配信するために強制的にウインドウモードでしないといけなかった。

強制的に窓にするソフト D3D等を試してみたがまったくうまくいかなかった
そこでコマンドス2のフォルダ内部にあるコンフィグファイルをテキストエディタである部分を書き換える手法をとってみるとウインドウモードで起動できた。だがこれは強制的にウインドウにして動作している状態なので
配信ツールやブラウザをいじってからコマンドス2大先輩の窓に戻ってやろうとすると
なんとフリーズしやがる。だいぶ配信しながらコマンドス2をやるのは手間をとるがこれはプログラムが古すぎるのでしかたないと思います
書き換える部分
COMM2.CFGファイルをメモ帳じゃなくてテキストエディタで開く

  .ULTIMAS_POS_POR_MISION  .ZOOMOUT_ATAJOESCENARIOS
2  .MARGENES_UNLOCK 0  .NUM_ROLLING_INICIAL_EN_DEMO 0  .PERMITEVISTASALEMANES 1  .NOVIOLETAS 0  .CAMARAVISOR 1  .CARGADINAMICA_MASKSVOL 0  .GENERAR_TODOS_VOLSCOMP_CAMARA 1  .GESTION_DINAMICA_VOLSCOMP 0  .BICHOS_FIJA_ESCENARIOS3D_ENMEM 1  .CARGADINAMICA_ESCENARIOS3D 0  .CARGADINAMICA 1  .TIPOCPU 4  .INVULNERABLEINVISIBLE 1  .CIRCULOSSELECCION 1  .MODOVIDEO 0  .PINTARSONIDOS 1  .MENSAJE_MOMENTANEO 0  .TOOLTIP 0  .YUVDESCOMPRIMIDO 1  .INICIAR_EN_FULL_SCREEN 1  .CACHE 1  .NUMENTRADASCACHE 50  .MEGACACHE 1250  .COMPRESION_ANIMACIONES 1  .ELIMINA_MATERIALES_REDUNDANTES 0  .INFOVUELTAPROGRAMAENROLLING 0  .ROLLING_EN_VENTANA 1  .VERSION_DEMO 0

このコンフィグ項目群が羅列されてる部分の
INICIAR_EN_FULL_SCREEN 0
にした後、上書き保存

僕のようにゲーム配信のためにウインドウモードでやらないといけない制約がある人以外はやらないほうがいいと思います。OSに依存すると思うのですが強制窓化なので頻繁にフリーズが発生します

あと
Windows10での動作について。
最大解像度で起動すると画面の表示がおかしくなりステータス表示等が見えません
最小解像度に変えてみるとちゃんと表示されます。
別に解像度が細かくても一枚絵の見える範囲が増えるだけなので拡大されたほうが細かいドットが見やすくて
意外とマップの情報が分かりやすいです。(笑)

インテルのスティック型パソコンを購入したので試してみました

スティックパソコンは初めてですがWindowsタブレットと同じCPUなので
まったく同じではないのかと思ってましたが違いました
まず
ATOM3735FがCPUで使われてるのですが
タブレットだとターボブーストで1,8Ghzx4までしか出ません
しかしIntelのスティックPCの同じATOM3735Fは2Ghzx4コアで動きます
これはたぶんBIOSレベルでタブレットは制限されてるのだと思います

Steamにある3Dゲームが動くのか試してみました

事前に用意するもの
1 4ポートあるUSBハブ
2 いつも使ってるキーボード
3 いつも使ってるマウス
4 XBOX360コントローラー
5 USB扇風機か冷却台
もし他の場所でも使う予定なら
1 Bluetoothキーボード
2 Bluetoothマウス
3 HDMI延長ケーブル
4 付属のACアダプタのUSBコードは短いので長いUSBケーブル

3Dゲームをするには
2GHz4コアで動かすために本体を冷やすためのUSB扇風機か
ノートPCを冷却するような強力な冷却装置が別途必要です

試したもの

1 Skyrim
普通にテレビモニターで動く、たまに重くなる程度で
プレイ可能なレベルのフレームで動きます

2 レフト4デッド
シングルプレイでやるなら高解像度設定で出来ますが
オンラインで他の海外サーバーでやるなら遅延の問題もあり
画面の設定を変えてやるほうが絶対に良いです

3 HALFLIFE2
問題無し

4 Half-Life1 DAYOFDEFEAT1 カウンターストライクCZ
実はシングルコアしか対応してない古い3Dゲームがフレームが
あまり出ないのと音がズレたりする
DirectX11じゃなくもっと古い3Dゲームのほうが動作が厳しい

5 DAYOFDEFEAT Source
レフト4デッドよりも処理能力を必要とする対戦特化FPSですが
普通にマルチプレイで対戦に影響もないぐらい動作します

6 バルダーズゲート エンハンスドエディション
見た目は2Dゲームですがゲームエンジンが変わってて意外と処理能力が必要
AndroidタブレットやiPad版もありますが小説のような長くて細かい文字で
描かれるストーリーを読むにはPCモニタやテレビ画面でやるほうがずっと目の負担がかからないのでおすすめです。個人的に最高の名作

以上。

番外編としてWindowsストアで配信されてる無料アプリ

1 アスファルト8
2 モダンコンバット5
ちょっとだけカクつくシーンありますが普通に出来ました

中華Windowsタブレットはコスパ最強の携帯ゲーム機にすることができる はず
そういうワチダイ死傷の思惑が前からあった
中華タブレットは基本的に安いのでどれだけハードな使い方をして壊れてもあまり痛くはない
そこでSteamをインストールしてどれだけ中華Windowsで使われてるATOM3735Fシリーズで動くか試した

3Dゲーム
エルダースクロール スカイリム (ビデオ設定をすべてLOWにすれば意外と快適に動いた
BULLY (ビデオ設定をすべてLOW 安定して動く
バイオハザードリベレーションズHD (設定をすべてLOWにしても30FPSが出ず、無理
GTA3 (このゲームそのものが古いOSとdirectXにしか最適化されておらず逆に重めになる
(Steamで販売されているGTA3はパッケージ版と異なるので日本語化MOD入れると起動しなくなる)

Steam運営VALVE社の製品
halfーlife (超快適に動く
day of defeat (directXは使えないがopenGLで超快適に動く、BOTMODも普通に動いた

Microsoftの過去製品
ダンジョンシージ1&2 (互換性の問題、directX11に対応してないのとIntelHD3000で起動しなかった

2Dゲームは完璧に動くので省略します

今僕が超ハマってるのがday of defeatという第二次世界大戦を描いたFPSで個人的に推しておきます(笑)

CPU:AMD V120 2.20GHz / メモリ:1GB / HDD:250GB / DVDマルチ / 15.6"ワイド / Windows 7 Home Premium

このAMD V120 というのはなんと今時めずらしいシングルコアで、軽い作業をこなすことすらもはや難しい
Windows7でメモリ1GBというのはかなりキツイ。ノートPCの裏側にあるパネルを空けたら簡単にメモリ増設できるのが多いですが
この機種は厄介なことにノートPCを全分解してメモリとHDDにアクセスできるタイプでめっちゃメモリ交換に手間がかかるという。

1 難点部分 まずメモリ交換してもこの爆熱なシングルコアでは性能アップは見込めないのでは?
ということでとりあえずUSBメモリを利用した軽量化をする レディーブーストしてみた。もっさりは変わらず
ニコニコ動画再生ほぼ不可能、YOUTUBEは240P動画でも物凄くカクカクする
基本的にブラウザとテキスト主体で使うしかない

2 便利な部分   DVDRWドライブが使える、USB端子がけっこうついてる、画面でかめ(視野角度は狭いが)
友人の家から持って帰るときに徒歩でしたが めちゃくちゃ重たくて(約4キロ)途中で自分の家までの距離で死にそうになりました

3 どう使うか
インテルのCPUじゃなくてAMDのCPUってAPUって呼び方をするのを始めて知った(笑)
意外と3Dはこの世代のノートPCではけっこう良い方じゃないかな
RADEON HD4500 ちなみにYOUTUBEの動画はガックガクで見れたもんじゃなかったですが
PPSSPPでのゲームは60フレームでたり、意外と動きましたがEPSXEはギリギリ
2Dの軽いMMORPGはメモリ不足で動作不能
手持ちのGVUSB2を使ってみたがこれは外部機器で処理した映像をUSB経由でPCに映してるだけなので普通に使えた

最終的結論 「GVUSB2(ビデオキャプチャ)でテレビモニタとして使ってます、ブログを書いたりするのはけっこう快適ですが動画無理です」 

なんか色々いじってたらメンドクサイなと思い、SDカードにバックアップして初期化した
どうにもWindowsストアにある3Dゲームでやりたいのがあったのですが
そいつのファイルが巨大すぎてインストール出来なかったのが原因・・・(笑)
「ダーククエスト5」「アスファルト8」「モダンコンバット5」
どれもUBISOFTの子会社GAMELOFT製品ばっかりですが僕は昔から好きです
よくネガティブな意見で「あのジャンルはパクリじゃないか?」とかありますが
携帯端末で家庭用ゲーム機並の事をやろうとするのって僕的には凄まじい事だと思う
まずその発想が・・・HAVOKエンジンで携帯用MORPGを作るぞっていうのが凄い(笑)
Windows8,1タブでもけっこう3Dが綺麗に描画出来るのがよくわかるので気に入りました
ノートPCライクに使うにはマウスとキーボードに拘ったほうがいいかな? 

僕のレッツノート、Core2duoの一番性能低いやつでVISTAだったんだけど

絶対にやめたほうがいい、もしくは中古のCore2duoでもWin10は買ってはいけない理由がある

この世代のCPUでWindows10にしたとしても
Windowsストアでダウンロードできるアプリがまともに動かないからまったく意味がないんでは?
他にも弊害が色々出る。外部VGAモニタがちゃんと機能しないとか
(特に3Dゲームは全滅状態。画面表示がバグって出来ない。2D描画のものですら限られる)
で、GPUに問題があるならグラフィックドライバ更新すれば→965expressはIntelがもうサポートしてない
そしてノートPCはGPUを個別に変えることができない 絶望的な状態に・・・(笑)

もちろん普通に動画や音楽聞いたり、データ管理・ネットする分には問題はないと思う
でも、それってWindows10にする必要性が感じられない
僕がWindows8,1が好きだったのはWindowsストアで携帯分野にも力を入れていこうとするマイクロソフトが好きだったわけで、デスクトップとモバイルをあまり分けずにアプリケーションや端末的にも一本化して新しい革命を起こそうとしてるのが今のマイクロソフトだと思うからです。それがWindows10携帯やsurfaceシリーズだったりしますが。やっぱり公式ストアのアプリが使えないってなると便利じゃないし意味がないと思います 

な・・・なんやこれは・・・三角形のタブレット?android4,4?Windows10が起動する・・?にしては色々端子がついてるな・・・と思いきや
僕の予想から言いますとUSBハブ、LAN、HDMI端子等を加えた単なるWindowsタブレットでは?いやそれでは
タブレットという形状になっていないはずだというのがこのPIPO X9というよくわからん端末
でも大抵のWindowsタブは電源端子がmicroUSB兼用だったり、HDMIがついてなくて遅延のあるWi-Fiディスプレイだったりするんですよね。汎用性の無さという最大の欠点を補うかのようなものがこれかなと
 pipo_x9-1



なんや・・これ?なんか見た目可愛いかんじやしこれ持ち歩いて使ったら最高に目立つやろな(笑)タブレットとして使うには角度固定やん!!って無線アンテナでっかいなぁ
x9_2 
 











一番びっくりしたのがフルサイズのHDMIとLAN端子がついてる
そして電源コネクタがある
これはひょっとして
よくあるスティック型PCにタッチパネル画面を無理やりくっつけたもので
本体の画面はオマケ程度に使用で、テレビや外部モニタ接続をメインにUSB機器を接続して使えば意外と便利な代物なんでは?と

思うのは僕だけだと思う・・・(笑) 





x9_3 標準サイズUSBが4ポートついてるのはスティックPCやWindowsタブでは実現できなかったと思う

けっこう安い
海外で140$で売られてる
(普通に安い)
業務用端末とかで使われるのかもしれませんね
なんかカラオケボックスに置いてそうな形じゃない?あの歌探すやつ(笑)
もしくはゲーセンでタッチパネルでオンライン将棋とか麻雀する筐体の中にこいつを突っ込んで運営してもいいんじゃないかな?(笑)

というわけで このPIPO X9の性能
OS: Android 4.4 KitKat + Windows 10
CPU: Intel Atom Z3736F Quad-core 1.83GHz
GPU: Intel HD Graphics (7th)
RAM: 2GB DDR3L
ROM: 32GB
サイズ: 248×192×88mm
重量: 524g
ディスプレイ: 8.9インチ タッチパネル 静電容量式
解像度: 1920×1200 WUXGA
カメラ: 無し
通信: WiFi 802.11 b/g/n, Bluetooth 4.0, Ethernet 10/100Mbps (RJ45)
センサー: 無し
外部端子: microSD(Max 64GB), USB 2.0 x4, microUSB, HDMI, 3.5mmオーディオジャック
バッテリー: 無し
電源: DC 5V

「幅広く普及している低電圧、省エネルギーなモバイル用チップセットを常時使用する事を考えると豊富な端子を揃えており、androidとWindowsのアプリ両方利用出来る事。それを上手くユーザーが活用出来れば。
新しいデスクトップPCの一つのカタチだと思う」って

超個人的にWindows8.1や10のPCと連携を考えた場合のアプリ
image

Microsoftのワードとエクセル、パワーポイント。
特に便利なのがアウトルックのカレンダー機能でしょうか
自動的にWindowsPCのカレンダーと同期してくれるのですごくいいです
これらは最初いきなり落ちたり、まったく使い物にならんかったレベルですがやっと使えるようになりました。

Nexus7で7インチタブレットを爆発的に世に広めたASUSのランチャー
いわゆるASUSが推してるZenPhone2や僕のMemopad7などでも使われてるZEN UIです かなり見やすい
image


テレビチューナーやNASNEに保存した番組をタブレットやスマホで無線通信で見れるっていう奇跡のアプリがTwonky beamです
基本的なことは無料ですが800円だったかな、一回買えばCATVや地上波の生放送をなんとリアルタイムでみれます。単純に言うともう1個テレビが増えるって事ですが、テレビ放送をタブレットで見るのは意外と省電力で楽です(笑)
image


次に、ゲーム。すごく個人的に好きなジャンルで
古くからウルティマオンラインをずっとやっててオープンワールドRPGが好きな僕は、Android版バルダーズゲートEEが非常に面白い

本編ともう1個のシナリオが収録されているが、闘技場で用意された装備でひたすら戦略を組み立てて戦う全く別のゲーム、例えればRTS(リアルタイムストラテジー)の面白さが詰まってて良いです

確かにやりごたえが半端ないが大画面スマホかタブレット以外は構図が全体的に細かすぎて厳しい。
WindowsとLinux版がsteamで販売されてるので、そっちのほうがいいかもしれない
image

このページのトップヘ