わっちゃんのブログ

わっちゃんのブログです

わっちゃん師匠の色々なメモ帳
デジタル関係PC関係のことの自分用のメモ帳です

ふわっちで配信してるど
https://whowatch.tv/profile/t:wattyandesu
連絡先 wattikun99☆gmail.com (☆を@にしてください)

steamウインターセールで買って試したもの

THQノルディックの定価7980円で売ってたパックを試してみた

マイナーすぎて日本国内でも誰もやってないと思う
動画探しても海外プレイヤーの再生回数激少ない動画ぐらいしかない

ゴシック3とゴシック4(オープンワールドRPG)
サイレントストーム1と2(ターン制RTS)
アクアノックス1と2(潜水艦FPS)
スペルフォース1と2(RTS)
パンツァーフロントアクション1と2(戦車FPS)
あと2Dアクションもの2本(横スクロール2Dアクション)
たぶんかろうじてわかるものはXBOXでも発売されたゴシックシリーズしかないと思う

こういうドマイナーなPCゲームを触れることができるのもDL販売のすばらしさでいいですね

サイレントストームは判りやすく言えばXCOMと一緒のターン制RTSで
インターフェイスが解りにくいことを除けば画期的でおもしろいと思う

アクアノックスは潜水艦FPSなので360度敵を探す察知能力が要求される
ポータルよりも3D酔いしイージーでも難易度が高い玄人向け
FPSモードと潜水艦シミュレーターモードの操作があり更にマニアック
海底で潜水艦のシミュレーター操作がやりたいって人にはおすすめ
僕のお祖父さんがWW2の頃、高卒海軍で潜水艦乗りだったのでお祖父ちゃんは凄かったと感じた
潜水艦でよくわからない無人島に着陸して、ウサギを食べて乗り切ったり
あまり話をしてくれなかったが現在と違って
スナイパーじゃないライフルで狙撃するしかない話と弾薬が無い話
ハイライトっていうドきつい煙草を1日5箱吸ってたのは覚えてる

スペルフォース1についてはIntelとAMDの種別により動作しない問題あり
普通のRTSにRPGを混ぜたのようなもので斬新すぎるシステムで
簡単にカスタムマップできるウォークラフト3をしてる気分と同じ

パンツァーフロントアクションについてはWindows10で起動不可能
Windows8でcore.dllの非公式修正パッチを当てると見事に動作した
リアル系統の戦車TPS・FPSではないが全然まっすぐ戦車の砲弾が飛ばない
まったく照準のとおり砲弾が飛ばない戦車で空爆と地上部隊戦車の砲弾を避けながら
最初のミッションから何も考えずに突撃すると即死するし
まっすぐ照準合わせてもズレまくるのでその実際に戦車の砲撃が当たるであろうっていう
感覚で当てるしかないもので、とてつもなく難しいFPSというと大体分かる

ゴシック3と4は、スカイリムかTwoWorldを既に持っているなら買う意味ない
以上

Divine Divinity 追加情報

 

ウインドウモードは基本的に出来ない

Dxwindowのツールは古いD3D限定でWindows8と10で適応できず

800x600以上の解像度は選べるが画面表示下がはみ出してしまうのでこの解像度以上は選べないと考えたほうが◎

 

主人公が「神なりし者(死んだ事)」になって転生しラストエリア(ラストダンジョン)にテレポートすると二度と現世(元の世界に)戻れないのでセーブしないほうがいい

史上最強の剣「石の剣」名前が非常にしょぼいがこの喋る剣を石から抜いて手にすると宿っていた亡霊が無限に襲ってくるので注意が必要

イベント上、元に戻すのはこの石の剣をドロップするだけでいいのだが

あまりにも強くてしばらく使い続けると気分爽快で最高にテンション上がる

 

イベントの進行をプレイヤーに委ねたりショボい名前の剣が最強の武器だったり

個人的に「アクションRPGになったロマンシングサガがコレなんじゃないか」と

思わず思ってしまった

「七種族会議」というラストイベントのフラグをとりあえず立たせてクエストをしていけば割と短時間でクリアできるが、ハチミツのおいしい作り方のメモやストーリーを補足する真面目な本を読み集めたりするのが醍醐味だと思う

シーフスキルで宝箱をロックピックで開錠しまくっていくと多分100時間はかかるぐらいマップが広い

 

人間・エルフ・ドワーフ・インプ・オークらの魔法の巻物を入手すれば各所に点在しているテレポーターを起動することができ、移動が楽になるがそこまで進めるのに普通なら面倒くさいと思っていたが、緊張感のある戦いを切り抜けていくのが意外と面白かった

 

開始時点では、街の中でフリーズ魔法をぶっぱなして町人を凍り付かせたり町人全会一致で変人されてたぼけジジイが人間族代表の大賢者だったとは想像できなかった

 

序盤のゲームバランスが非常に悪いのでこれをどうにかするともっと万人受けする洋ゲーRPGになると私は考える

 

せっかく5クラスのキャラクターが最初に選べて固有のスペシャルムーブが1個あるので

セーブデータをエディットできるddsaveedit.exeで新規にセーブ保存してからデータを調整したほうがいいと思う。スキルポイントを調整して増やしたらちょうどいいバランスになるはず

 

といっても運が良ければいいドロップアイテムが見つかるっていう面白みが損なわれることはないのでセーブデータエディットは有用だと思う

 

いかに早く「フリーズ属性武器」「デススコーピオン」を使えるか、がこのゲームの最大の攻略の鍵となるので、あえてそのチート性能の武器とスキルを使わずに戦うのもいいかもしれない

Divine divinity クリアしたので感想レビュー

最近自分はRPGはやっておらずレベルを上げるのもアイテム探すのも興味もなく嫌いになってたのだがなぜかこの洋ゲーRPGだけはとてつもなく面白くてハマった
なんで?と言われたら神がかってるBGMとアホらしいギャグ満載のストーリーに西洋とファンタジー世界を2Dドットで緻密に描かれたクォリティにハマったのだと思う
steamで売られてる本作は英語版だがMODで日本語化できる◎
Windowsタブレット スティックPC GPDWIN でも動く◎

 

ゲーム開始直後に町の外に出ると瞬殺されるので地道に1体ずつモンスターをぎりぎり倒していくしかなく、ポーションも店で買えるものが有限で高いので序盤のゲームバランスは非常に難しくてやる気が失せる難易度になってる

序盤の鬼の難易度を乗り越えてレベルがある程度上がるとHP回復スキルがやっと覚えれるのでこれとMP回復ポーションを用意して瞬殺されるのを免れ戦うことがやっとできる

出てくるモンスターが有限なので一般的なRPGと違ってどこまでも強化することができない、ドロップアイテムも有限ということになりハック&スラッシュとはまた違う

普通に進めてたら絶対にクリアできないRPGなのではないかと中盤に疑問に思った所

チートレベルのスキル「デススコーピオン」を見つけた

盗賊スキルのデストラップを取得して怪しいおっさんからスコーピオントラップを買うと

デススコーピオンをばらまくことができ、大量の敵を誘導してからばらまくことにより一網打尽することができる最強スキル。

このトラップが「召喚」扱いになるので別途コントロールスキルをかけるとプレイヤーの仲間に引き連れていける

こればっかり使ってても、装備品とHPが足りてないと遠隔攻撃といきなりの大ダメージでもちろん死ぬ危険性があるので面白みは大いにある。チートスキルがあろうが死ぬのがDivinity

見た目はディアブロ2みたいなハック&スラッシュ系統だがストーリーは全然シリアスじゃないアホらしい面白いストーリーで100

スカイリムを2DにしたオープンワールドRPGで世界に散らばってる本とメモを集めたり

どのアイテムオブジェクトも自由に配置したり

自分の部屋に設定した場所も自由にカスタムできるサンドボックス的な楽しみがある

序盤の理不尽さ× 神BGM◎ ストーリー〇 自由度◎ 総合90

AMD APU ノートPC 人柱レビュー

 PS4に採用されたCPUを分割し省エネ化したCPU

+windows 10 64bit +USB3,0レディーブースト

+SSD換装 +システムの軽量化全て済み

+外部電源によるノートPC冷却台で冷却強化

 

現在持ってるSteamPCゲームを消化するために購入した

一体この5WクラスのAPUOPENGL、3Dゲームが動くのか

すごい気になったから即購入。10インチで1,1キロという驚異の軽さも〇

 

一般的な利用の仕方をすれば絶対にAMDAPUは絶対に選ばないだろうと言い切る

一般というか普通の使い方で軽快さを求めるならIntelCPUを選ぶだろう

RADEON HD シリーズが好きでAMDが好きな人間しか選択肢は無い

もうひとつ付け加えるならAMDGPUと相性がいいPCゲームがあるなら。

自分の場合は高い電気代を払いたくもないしできれば省エネで

SteamのライブラリにあるFPSやハクスラや2DRPGができればいいという

目的に無事に起動、実用十分なフレームレートを達成できたので〇 合格

どこでもハーフライフ2がしたいしスカイリムもしたい

RADEON HD8900?数値ではわからない体感速度ありのGPUだった

 
Windowsタブレットでも3Dゲームを次々とベンチマーク的な起動実験を繰り返した師匠だからこそ言える
AMDのノートパソコンは携帯できるゲーム機として考えると物凄く優位な存在に位置する
普通の人間は絶対考えないであろう、PS3とXBOX360世代の3Dゲームを
Windowsタブレットの内蔵HDグラフィックかAMDのノートPCの内蔵グラフィックが優位か
それを確かめるのには十分なベンチマーク以外の体感速度で感じることが出来た師匠である
GPDWINとかGPD7インチノートが最近話題になっていますがAPU搭載してくれたら
みんなが納得する携帯できるGPU強化方法だと思います

 

Windows10の更新が主導、手動で止める事ができない件について

 

Windows10からはむかつくことにWindowsアップデートを自分の手で止める事ができない

勝手にダウンロードされて勝手にインストールが始まり、

出先で携帯のテザリングでネットしてたら3GBも勝手にWindows更新ファイルがDLされていた

ちょうど月初め、10月入ってから4日にテザリングだけで3GBも消費されてるっておかしいと思っていたら、まさにWindowsアップデートの更新ファイルが勝手にテザリングでDLという悲劇に遭遇。まさかの展開でWindows10に憎しみの念を感じることしかその時は出来なかった。

グループポリシーエディター gpedit.msc コマンドプロンプトでレジストリ操作して止めるのがベストか試していたが、

Windows管理ツール内のサービス→Windows update の自動→無効の選択で強引に止めることができた

その他メモリを無駄に消費しているWindowsサービスを止めるのにも効果的なので

この管理ツールのサービスへのショートカットをどこかに置いておくのがベスト

POS端末機能っているか?店頭販売ディスプレイ機能のこと

スマートカード認証機能、生体認証機能、個人で使うパソコンってパーソナルなコンピュータのことだと思うのでそういう無駄なシステムサービスを停止した

それ専用のWindowsエディションを搭載のシンクライアント端末で分けて稼働させるのが選択肢だと思う。勿論普通のPCにその機能目的で使う手段も大いにある。

かつてのSDカードが16MBで高額だった頃と同じでSSDの大容量化と相場が下がる時代がくればモーター駆動のHDDが消滅し省電力性と故障率も下がるでしょう

20170910_014555ATOM3735Fを4Ghz x4で動作させることに成功しました
色々と試行錯誤して今までは2Ghzが限界でしたがある方法により限界突破です

このATOM 3735Fは最高で92℃まで耐えるのですが
そこまでのCPU温度臨界点まで到達してしまうとクロックダウンしてしまいます
CPU(本体)を丸ごと冷却するシステムを自分でなんとか構築できないか、色々考えていました。

逆に考えるとこのCPUはとことん冷却させてしまえばどこまでも周波数が上がるのではないか?という疑問が湧いてきて
内蔵GPUクロック周波数も620Mhzで意外と動く
あとチップセット内IntelSSTオーディオの音もヘッドフォンで聞くとなかなか良い

褒める点は色々あるが
ただし発熱が半端ではなく
夏場は使ってる人間が暑さで死にそうになった
まさに今年の夏のことである

タブレットにこの3735Fを採用しているモデルはけっこうありますが
おそらく薄さとバッテリーの問題で
定格1,8GhzX4からあまり周波数は上がらないと思います
















これが4Ghzクアッドコアにさせた 究極の方法
20170913_155553ノートPC冷却台の上にスティックPCをまず置く
冷却ファン2枚の冷却台
置く場所は割と適当でいい
べつにライトが点灯する冷却台じゃなくていい
とにかく↓から↑へものすごいパワーで風量を送ってくれるノートPC冷却台でなくてはならない

ものすごい、やかましいぐらいの冷却ファンを搭載している台
スティックPC本体に冷却ファンは搭載しているのですがこれはもう本当にオマケ程度の効果しかないです

ここで原始的な方法で空間を冷却する
20170913_155603要するに
コンピュータも人間も一緒なんだと
悟りを開いた考えを
今年の夏場は教えてくれた
ノートPC冷却台(ハイパワー)の上にスティックPCを密着させてからその上に蓋をする
写真のように僕はお茶パックの箱の片側をハサミで切り取って蓋の代わりに使った

↓から↑に冷却される
↑方向にはお茶パックの箱があるので内部で風が循環され
↓方向に暖かい空気は排出される
冷却台はまた新しい外気を吸ってPC本体を冷やし続ける

まさにこのお茶パックの名前のとおり
ノートPC冷却台と単なる箱による
二種焙煎効果である

人間と一緒とは
クーラーをつけてから窓を閉めると部屋が涼しくなり人間が快適に過ごせる

スティックPC先輩まさかの人間説ここに書き留めておこう

ipega BTコントローラ購入したので解説
Bluetooth接続のゲームパッドが欲しかったので 購入して試してみました
このコントローラは使うのもペアリングする時点でも既に鬼門です
WindowsとiOS android対応と書いてありますが
1499050584007


超絶巨大ゲーミングタブレット

誰も見たことない独自の組み合わせ
でゲーミングタブレットとして使いたい方に

既に持ってて使い道なくなったandroidタブレットの再生も出来るはず






1 iOSでの使用 無理
しょぼいiCADEアプリしか対応してないので
脱獄済のiphone ipad でしか基本的に対応していません


2 androidでの使用 最高にお手軽

特別何もしなくてもペアリングした時点で使える ゲームパッドに対応しているアプリで問題無く使用できる androidは最近コントローラ対応しているアプリが多いので
(例えばアスファルト8やデッドトリガー、 GTAシリーズ、モダンコンバット5等)
圧倒的にこっちでの使用をお勧めできる
ぶっちゃけタッチパネルで操作なんて無理なスマホアプリは多々あるが 自分はUSBゲームコントローラを使ってました
その部分の難点といえばmicroUSB端子を塞いでしまうので 充電しながら出来ないという事。
それらを解決出来るので十分価値がある

3 Windowsでの使用 地獄だが設定出来たら最強

たぶんパソコンで使う時が一番混乱と全く意味が分からない現象が起きると思う ペアリングするモードがこのコントローラは3種類あるから
@1スマホ用、@2ゲームパッド、@3マウス&キーボード、この3モードがあり
ボタンとペアリングボタン同時押しでBT接続で認識させないといけない
この時点で自分はこんな意味の分からないゲームパッドを使った事がないので
本当に理解不能になった

WindowsPC用で実際に使うには?
マウス&キーボードモードで接続したあとjoytokeyでボタンを割り当てる

左スティックと右スティックにマウス動作を設定 十字キーによく使うであろうWASDキーをそれぞれ割り当てる
左トリガーと右トリガーに左と右クリックを割り当てる
その他のボタンは適当にそのPCゲームで使うであろうキーを割り当てる

joytokeyで設定したらこの設定を基本とし各種プログラム用に保存
この基本設定とスティックの傾き加減でのマウス操作速度の調整が 1番重要な事になる、
これは自分の好みの加減で調整するしかない

あともう1つ このゲームパッドの本来の姿 DirectInputモード 今となっては古い形式。
steamで売ってる最近のxbox360コントローラ対応の PCゲームはこれで操作は出来ない
 Xinputモードだから
これを強引に解決するフリーソフトで対応
x360ceをインストールすればipegaですらPS3コントローラですら Xinputで強引に操作することが出来る
ipega先輩をペアリング後、x360ce師匠をインストール これは簡単に設定できる

x360ceフォルダにxinput1_3.dllファイルが保存されるので そいつを各ゲームプログラムがインストールされているフォルダ内に コピーする
これで箱○コントローラじゃなくてもipega先輩やPS3コンでいけるぞ!
スクリーンショット (1)




ややこしいと思うが
ボタンを押せば反応するので

割り当てやすい








面倒くさすぎるこの初期設定が出来上がったときの喜びは 初代バイオで往復する通路のゾンビをナイフで倒せたけど1回噛まれた 微妙な喜びに通じるものだと思う


こんな玄人志向なPCゲームの初期操作設定するより
玄人志向のサングラスを知らない一般の方は androidのスマホかタブレットで使うのがお手軽です


Windowsタブレット持ってる人に実はお勧め ipega先輩はキーボードとマウス機能を割り当てることが出来るので ショートカットキーをボタンに割り当てると ちょっとしたWindowsタブレットの操作性が意外と良くなる

以上!BT無線で安いから別に損はしないと思う(笑)

僕の場合はIntelコンピュートスティックで動かしてみました
特にこれといった不具合もなく普通にキーボード及びXBOX360コントローラーで操作できます
ATOM3735Fでメモリ2GBで内臓グラフィックっていう今なら1万円ちょうどで買えるようなタブレットの中身ですが。
LOW設定でも8インチの小さな画面でスカイリムを実際に自分の目で確認してみたところ
画面サイズがそもそも小さく密度の多い3Dなのでけっこう画面綺麗です

スティックPCとPCモニタでやる目的っていうのは最高でも15W程度しか消費しない超省エネパソコンなので
コンシューマーゲーム機でやるより(箱○で160W)電気代が非常にお得になります



こっちはLeft4Dead

なんと1月3日まであるSTEAM大セールで
僕がコマンドス2を399円ぐらいで前に買ったのに1,2,3すべて入ったコンプリートパックが160円ぐらいで売ってる!!!!っていうことで2を買ったのにコンプリートパックも安いから買ってみた!!!!!!!

かなり変則的な構成で
初代1作目はなんと2本構成
2と3は普通に1個ずつ

2は3,7GBで3も4GBぐらいのHDDインストール容量が要る。なんで???古い2Dなのになんで?ってなる
まず衝撃を受けたのが1枚絵の2Dだと思ったら3方向の角度を切り替えながら進めていく。
2Dなのに3種類の角度がある むしろ3Dで表現したほうが容量いらないはず
一枚絵を3方向から全て書き直してる どうしても最終ステージのパリは燃えてるかステージを1枚の絵画で表現したかったのかなと
こんなに制作サイドのこだわりのあるゲームは今まで見たことない(笑)

このページのトップヘ