今回はSolarisにもMinecraftにも関係のないお話です。

今回購入したのはSHULEというメーカーの安い安いパスタマシンです。
6㎜/4mm/1.5mmのカッターが付いて1,980円!(送料別)
ただ、安い物には罠があるものです。


このタイプのパスタマシンは錆びるため水洗いができないのですが、
レビューに機械油のような汚れが付くので捨て生地を作って
ローラーとカッターを掃除した方がいいと投稿がありました。
説明書にも

「 ローラーとカッターの表面には、汚れと錆防止用の「ワセリンオイル(無害)」が残っていることがあります。」

とあります。
いいよ、そういう道具をメンテナンスしないといけないという
この面倒くさいじゃじゃ馬感、嫌いじゃないよ。



さっそく小麦粉と水で練った生地を通すと、さすがに引くレベルの汚れが。
100gの生地を2つに分けて20回くらい通してもまだまだ生地に残る。
こうなったらとことん付き合ってやろうと、
その日は本番の生地を通さず、掃除に専念しました。
どうやらローラーの両端部分に生地が当たると汚れる様子。

翌日、仕事が終わってから再度捨て生地を練って、
ついでに本番生地を練っておきました。
本番生地は練った後に1時間くらい寝かすので、
その間にさらに掃除をしてやろうという算段です。
前日、ローラーの両端に触れなければ汚れが付かないと学んだので、
とにかく中心部分に生地が当たるように調節しながら捨て生地を通します。

初めこそそれなりに汚れが付いていたものの、
数回通すとすぐにキレイな生地ができるようになりました。
そろそろ1時間経ったので、本番生地を通しました。

目に見える範囲で汚れはない。勝ちを確信した瞬間でした
しかし、それはボスの第一形態を沈めたにすぎなかったのです。

パスタ熱が最高潮な私は翌日、
仕事が終わると再度捨て生地を練っていました。
昨晩、確かにうまくいきましたが、
やはりローラーの端の汚れが気になっていたのです。

で、捨て生地を恐る恐る端に当たるように通すと・・・。

DSC_0601






















DSC_0603



















見ての通りです。
この機械を通った物を自分が食べたのかと思うとゾッとします。
かくして、分解することを決意したのです。


幸い、似た物を分解されている先人の皆様が居たので、
粗方の作業は予測できました。ただ、全く同じものではない。

ということで、それなりに苦労はありましたが、
何とか分解に成功したので、次の記事でその手順をまとめます。


[分解清掃・組立記事へのリンク]
・SHULEパスタマシンの分解方法(1/2)
SHULEパスタマシンの分解方法(2/2)
SHULEパスタマシンの組み立て方法